葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 後日葬とは?流れや費用相場とマナーについても解説します

葬儀の種類

後日葬とは?流れや費用相場とマナーについても解説します

後日葬とは?流れや費用相場とマナーについても解説します

新型コロナウイルスが流行するなかで、従来の葬儀形式で行うことが困難なケースも増えており、規模の縮小化など、葬儀の行い方にも変化が生じています。

葬儀形式について、最近では「後日葬」という言葉が聞かれるようになりました。この「後日葬」とは、一体どのような葬儀形式のことをいうのでしょうか。

今回は、後日葬の基本的な意味や流れ、費用などについてお伝えしてまいります。

後日葬とは

後日葬とは、家族など近親者のみで先に火葬を行い、「後日あらためて行う葬儀」のことを意味します。

新型コロナウイルス流行下において、多人数が一同に会することを避けるために、家族など近親者のみで火葬を済ませ、流行が収束してから葬儀を行うという、後日葬が注目されているのです。

たとえば、感染リスクを減らすため、やむを得ず家族だけの火葬式で済ませるものの、生前に故人がお世話になった方々に日を改めて葬儀の場を設定しよう…という考え方に基づいて後日葬を行うケースが挙げられます。

後日葬という呼び方について

「後日葬」という呼び方は、新型コロナウイルスが発生したあとから急激に見られるようになったものです。先に火葬をしてのちに葬儀をするというスタイルそのものはコロナ禍以前からありました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには先に火葬することが推奨されており、一般の人たちが認知しやすいように一部の葬儀社が用い始めた名称だと思われます。ですから、「後日葬」という呼び方は業界統一のものでもありませんし、すべての葬儀社が用いているものでもありません。

後日葬に似た他の葬儀スタイル

先に火葬をして、日を改めて葬儀やお別れ会をするスタイルには「密葬と本葬」や「骨葬」などがすでにあります。

「密葬・本葬」とは、まずはじめに身内やごく近しい人たちが集まって葬儀と火葬を行い(密葬)、その後日を改めて対外的なお別れの場をとしての本葬を行うスタイルのことです。

社会的影響力の大きい人などが「密葬・本葬」を採用します。大規模葬儀では葬儀の準備や訃報の連絡に時間がかかるため、身内向けの葬儀と対外的な葬儀とを分けて行います。本葬のスタイルもさまざまで、寺院を招く仏式の葬儀で行われることもあれば、ホテルなどで行われるお別れ会形式のものもあります。

「骨葬」とは、遺骨を安置して執り行う葬儀のことです。つまり、先に火葬をすることが前提となります。

東日本の一部の地域など、古くからの慣習として今でも骨葬を行うところが多く見られます。また、地方から都市部に移住した人が亡くなった場合、先に火葬をして、遺骨を故郷に持ち帰って骨葬にするというケースもあります。

後日葬は、基本的にはこれらと変わらない葬儀スタイルだと思って構わないでしょう。

また、お寺で行う「法要」がそのまま後日葬の意味をなすこともあるでしょう。葬儀の時には集まることができなかったが、故人様の四十九日法要や一周忌などの法要の際に、お寺に親戚や関係者が集まって供養をするというものです。

後日葬の準備と流れ

後日葬といいましても、宗教宗派、規模、会場などによって色々な行い方があります。ここでは、病院で亡くなり仏教形式で行う後日葬の流れを一例として紹介いたします。

火葬までの流れ

まずは、逝去から火葬という段階の流れです。

逝去

病院で医師の死亡診断を受け、死亡診断書を受け取ります。そして、葬儀社または遺体搬送業者を手配します。

遺体搬送・安置

故人を自宅または葬儀社の安置所などに搬送します。通常は法的に死後24時間経過しないと火葬ができないため、火葬当日まで故人を安置しておく場所が必要です。

葬儀社との打ち合わせ

葬儀社とどのように後日葬を進めていくのか、日程、宗派、必要な葬祭用品などについて打ち合わせをし、決めていきます。後日葬の詳細な内容については、火葬が終わってから打ち合わせを行うことが一般的です。

納棺

故人に死装束を整え、お身体を棺の中へと納めます。納棺は火葬当日に行うこともあれば、火葬当日を迎える前に行う場合もあります。

火葬

僧侶に読経を頂き、故人と最後のお別れをし、火葬場へ向かい、故人の火葬を行います。

後日葬の準備

寺院、葬儀社と連携を取りながら準備を進めていきます。

葬儀社との打ち合わせ

葬儀社と、どのような後日葬を行うか決めていきます。

定められた形式はなく、日程、僧侶をお呼びするかどうか、規模、会場、必要な葬祭用品、料理、返礼品などについて葬儀社と相談しながら進めていくことになります。

なお、遺体搬送や火葬を依頼した葬儀社とは別の葬儀社に後日葬を依頼するという選択肢もあります。

関係者への連絡

訃報、後日葬の日程や会場の案内を関係者に行います。必要に応じて受付や会計係の依頼もしておきます。

後日葬当日の流れ

後日葬でも僧侶にお越しいただき、葬儀告別式として行う場合の流れです。

会場に集まる

遺族や親族など参列者が後日葬の会場に集まります。

葬儀告別式開式~閉式

導師に読経を頂き、遺族から順に焼香を行います。式の最後には、遺族代表者から会葬御礼の挨拶をする場面があります。 前述のとおり、遺骨の状態で行われますので、式中、祭壇前には遺骨が安置されていることになります。

会食

参列者への感謝の気持ちを込め、故人を偲びながら会食の席が設けられるのが通例です。

ただし昨今の葬儀の現場では、新型コロナウイルスの感染拡大を恐れ、会食の席を設けないケースが多くなっています。会食をするにしても大皿料理ではなく、参列者に個別の料理を準備する、あるいは持ち帰り用の弁当を用意するなどの対策がとられています。

解散

遺族代表者が挨拶を行い、会食の席が終了し、解散となります。

以上が流れの一例です。

その他、僧侶など司祭者を呼ばずに、一周忌などに合わせて後日葬と年忌法要を一緒に行う場合なども考えられます。

後日葬のメリットとデメリットとは

後日葬にも、メリットとデメリットがありますので確認しておきましょう。

後日葬のメリット

  • 後日葬前の火葬を極小人数で行うことにより、感染症対策となります。
  • 故人が新型コロナウイルスに感染していた場合でも、遺骨の状態で行うため、故人から感染を広げる心配が無くなります。
  • 後日葬においては、遺体の状態や火葬場の空き状況を気にする必要がないため、日程の調整がしやすくなります。
  • 参列していただきたい方々への案内や、後日葬の内容の検討や打ち合わせが時間的に余裕を持って行うことができます。

後日葬のデメリット

  • 遺骨の状態で行うため、故人と遺体の状態でお別れをしたかった、最期の姿を見たかったという参列者の希望に沿えないことがあります。
  • 火葬費用とは別途後日葬を行うことで、費用負担が増えることが考えられます。
  • 火葬から後日葬が終わるまで長期に渡る時間がかかるため、また火葬を終えて、改めて後日葬の準備をしなければならないことで家族の心身的負担が増えることもあります。
  • 新型コロナウイルスの収束を待って後日葬を行うことを考えている場合、いつ開催できるかが不透明です。

後日葬のマナーとは

基本的には後日葬であっても、注意すべきマナーについては通常の葬儀と大きく変わることはありませんが、ここでは後日葬に関するマナーの主なポイントを紹介いたします。

喪主側の立場として

  • 現在のところ後日葬は広く行われている葬儀形式ではありませんので、後日葬を行う場合には、日程や主旨などについて司祭者や親族の理解を得ておくと良いでしょう。
  • 後日葬の案内を行う際、逝去日や火葬日実施など、既に故人が火葬済であることも伝えておきます
  • 香典、供花、弔電などを辞退する場合には、後日葬の案内を行う際に合わせてお知らせをしておきます。
  • 香典を頂いた場合には、通常の葬儀と同様に返礼品をお渡しします。

参列者側の立場として

  • 香典、供花、弔電などについて辞退する旨の案内があった場合には、無理強いすることはマナー違反となります。
  • 事前に喪主側から香典辞退の案内がない限り、香典は通常の葬儀と同様に用意して参列します。
  • 基本的には喪服で参列することになりますが、お別れ会や会食形式の場合など服装に関する案内が喪主側からあった場合には、この案内に従った装いで伺います。
  • 後日葬のあとに用意された会食の席にお誘いいただいた場合には、参加することが望ましいですが、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されていますので、丁重に辞退することも選択肢の一つです。臨機応変に対応しましょう。

後日葬の費用イメージとは

  葬儀では、費用面を気にされる方も少なくありません。後日葬を行う場合には、どのような費用が、どのくらいかかるものなのでしょうか。 おおまかには「火葬にかかる費用」と「後日葬そのものにかかる費用」とが必要となってきます。

火葬にかかる費用

火葬部分については、おおむね約20万円~30万円の費用が相場です。 主な費用項目は下記のとおりです。

  • 遺体搬送費(距離に応じて費用が変動し、10キロ未満で15,000円~20,000円程度
  • ドライアイス代(遺体の保冷に必要な費用で、1日あたり8,000円前後が目安)
  • 遺体安置料(火葬当日まで遺体を葬儀社や遺体安置施設に預かっていただくための費用)
  • 火葬プラン利用料金(棺や骨壺などの葬祭用品、死亡届や火葬場の手続き代行など)
  • 火葬場使用料(葬儀社ではなく、火葬場の施設に納める費用)
  • 御布施など(僧侶など司祭者を呼ばない場合はかかりません)

後日葬そのものにかかる費用

祭壇などのグレード、参列者人数、宗教、会食の有無などによって後日葬の費用は大きく変わります。 後日葬の内容によって20万円~30万円程度でできるケースもあれば、100万円を超えるケースもあります。 主な費用項目は下記のとおりです。

  • 会場費(葬祭ホール、ホテル、寺院などを利用するための料金)
  • 後日葬プラン利用料金(祭壇、焼香用具、受付備品、追悼動画上映、司会進行など)
  • 御布施など(僧侶など司祭者を呼ばない場合はかかりません)
  • 飲食費(会食の席を設ける場合に必要となります)
  • 返礼品料金(礼状、会葬御礼品、香典返しの費用)

その他、遠方から来られる参列者の宿泊代や交通費を喪主側が負担する場合があります。

最後に

今回は、後日葬の基本的な意味や流れ、費用などについてお伝えしてまいりました。

後日葬は「後日あらためて行う葬儀」のことで、新型コロナウイルスの流行下において注目されるようになっている葬儀形式です。

感染リスクを避けるため、仕方なく近親者のみで小規模葬や火葬式で済ませた場合に、故人が生前お世話になった方々に対して礼を尽くし、はっきりとした区切りをつけることにも有効な方法となり得ます。

感染対策で近親者のみで葬儀を済ませた方、後日葬を検討されている方など、今回の内容を参考にして頂ければと存じます。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能/