葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の費用
  3. 一日葬の費用相場は?メリット・デメリットについても解説

葬儀の費用

一日葬の費用相場は?メリット・デメリットについても解説

一日葬の費用相場は?メリット・デメリットについても解説

従来の葬儀は、通夜、翌日(あるいは翌日以降)の葬儀告別式と2日がかりで行うのが一般的です。しかし、近年は葬儀の一連の流れを1日で完了する「一日葬」が選ばれつつあります。

本記事では、従来の葬儀の短縮版と言える一日葬について、費用の相場や内訳、支払い方法、メリット・デメリットについて紹介します。

一日葬とは?

一日葬とは、通夜を行わず葬儀・告別式と火葬のみを1日で行う形式の葬儀を指します。

通夜を執り行わないため、通夜の準備の負担がなくなり、通夜の参列者への対応が不要になります。

また通夜の後に食事を用意する「通夜振舞い」の準備もなく、通夜を省略する分だけシンプルで、精神的にも肉体的にも、経済的にも遺族の負担が軽減されるスタイルと言えるでしょう。

比較的新しい葬儀スタイルですが、一日葬が選択されるケースが都市部を中心として近年増加傾向にあるようです。

また、一日葬とはあくまで「1日で全工程を完了する形式の葬儀」であるということ以外の定義を持ちませんので、葬儀規模は限定されません。

しかし、実情としては身内だけで営むか、一般参列者がいるとしても少なく、小規模な葬儀となる場合が多い傾向です。そのため会場となる場所の規模や祭壇がコンパクトになります。

一日葬の費用相場

一日葬の費用の相場はどの程度で、内訳としてはどういったものがあるでしょうか。また、一般的な葬儀と比較して費用面でどういった特徴があるでしょうか。

一日葬の費用相場は?

一日葬に掛かる費用は、地域、宗派、参列者数などによって幅があるため、その相場は一概には言えませんが、費用の全国平均は約40万円~200万円と言われています。

一日葬の主な費用内訳は?

一日葬の主な費用の内訳としては次のようなものがあります。

  • 遺体の搬送・安置に掛かる費用
  • 葬儀式場利用費
  • 祭壇・装花・棺など一式の料金
  • 火葬料金
  • 飲食接待費
  • お布施、心付け
  • 葬儀スタッフの人件費
  • その他雑費
  • 遠方から参列する親戚の宿泊施設料

お布施とは、読経をしてくれた僧侶や戒名を付けてくれた僧侶に感謝の気持ちを表すものとして金銭を渡すことを指します。その金額の相場は、10万円〜30万円と言われています。

お布施の額に違いが出てくるのは、戒名の有無の他、その位(ランク)によって金額が変わるからです。加えて地域によっても相場が違ってきます。

葬儀費用は、一般的に葬儀後に支払います。葬儀社によっては葬儀前に前金として一部入金が必要な場合があります。

また一般的に支払い期限は、葬儀後1週間以内となっていることが多いですが、葬儀社によって期限が違うため確認しておきましょう。

支払い方法は各葬儀社が指定する方法で支払います。現金払いが主流ですが、最近ではクレジットカード払いや分割払いに対応できる葬儀社が増えてきています。

一日葬に掛かる費用の特徴

一日葬では通夜を営まないため、通夜で必要となる通夜振舞いの費用などが掛かりません。また、参列者数が少なくなるケースが多いため、返礼品などの費用も抑えられることが多いです。

一方、通夜を営まないとはいえ、準備の都合上、葬儀会場を前日から借りておかなければならないケースもあります。その場合、式場利用費に関しては2日間かけて執り行う一般的な葬儀と変わらなくなるでしょう。

式場利用費の例に限らず、一日葬を選択することによって確実に削減できるのは通夜振舞いの費用や、スタッフの人件費程度であり、その他の費用については必ずしも抑えられるとは限りません。

また、参列者が少なければそれだけ香典も少なくなるということを認識しておきましょう。

通夜を行わないため葬儀全体としての費用は抑えられることが大半ですが、一般的な葬儀と比べて日数が半分になるからといって費用も半分になるということはほとんどないと考えたほうがよさそうです。

一日葬のメリット・デメリット

一日葬のメリットおよびデメリットにはどういったものがあるでしょうか。また、デメリットの解決策も紹介します。

一日葬のメリット

費用を抑えられる

通夜を行わない分費用を抑えることができます。

遺族側の意向により葬儀を知らせる範囲が限定されることもあるため、参列者数が少なくなるケースが多いようです。

少人数での葬儀は、食事や会葬礼品の用意が少なくて済みます。加えて、広い式場を借りる必要がなくなり、式場利用費を抑えられる可能性が高まるでしょう。

遺族・親族、参列者の負担が軽減される

2日間にわたって執り行なわれる一般的な葬儀は、遺族が高齢である場合などにはかなりの負担となることも考えられます。1日で葬儀の全工程が終わる一日葬であれば、それだけ遺族の負担も軽減されます。

また、遠方に住む参列者がいる場合、通夜と告別式を行うならば一泊してもらう必要が出てきますが、一日葬であれば日帰りで対応可能な場合もあり、参列者側の負担も軽減されます。また日帰りであれば、仕事や学校などがある親族もスケジュールの調整がしやすくなります。

遠方から参列する遺族のための宿泊先を手配する必要がなくなる場合もあるため、喪主側の負担も軽減されます。

仕事の都合でなかなか時間を取れないということも多い現代社会では、一日葬で執り行う葬儀は遺族にとっても参列者にとっても負担軽減となります。

一日葬のデメリット

都合がつかず参列できない人が出る可能性がある

親族であればたいていの場合「身内に不幸があった」ということで忌引き休暇を取るなどして参列します。

一方、知人・友人などの一般参列者の多くは、仕事のある平日昼間に行われる告別式ではなく、夜間に行われる通夜に弔問することが多い傾向です。

一日葬の告別式が始まる時間は、正午あたりになることが多く、参列できる人が限られます。仕事がある人は葬儀に参列できないこともあり、通夜を営まない一日葬の場合は、故人との最期のお別れをすることができない人が出てくる可能性があります。

デメリットとは言えませんが、通夜を行わない一日葬でも、告別式の準備のために2日分の会場費を支払わなければならない場合があります。費用も変わってくるため、見積もりを取る際にいつから会場費が掛かるのか確認しておくとよいでしょう。

そして、通夜、葬儀・告別式を一日で執り行うため、故人とのお別れの時間が十分持てなかったと感じる方もいます。

菩提寺には一日葬であることの確認を取る

菩提寺がある方は、一日葬を営むことを必ず事前に確認しておきます。一日葬はまだまだ新しい葬儀スタイルです。理解してくれる菩提寺も増えてきましたが、仏式の通夜と告別式を行う一般葬しか認めないお寺もあります。トラブルに発展させないためにも事前に確認が必要です。

一日葬のデメリットの解決策

どうしても都合がつかず参列できなかった人が後日自宅への弔問を希望するケースは少なくありません。

葬儀を終えた後にはなりますが、個別の弔問を受け入れることにより、故人とのお別れの時間を持てなかった方々の気持ちに応えることができるでしょう。

故人の付き合いの範囲が広かった場合、後日各方面からの弔問の対応に追われることも考えられますので、そうした場合には一日葬にはしない方が賢明でしょう。

一日葬の支払い方法

一日葬に限らず、葬儀費用の支払い方法は各葬儀社が指定する方法で行います。

銀行振り込みか、手渡しによる現金一括払いが多いです。

現金決済以外は受け付けないという葬儀社は珍しくありませんが、近年ではクレジットカードでの支払いも受け付けている葬儀社も増えてきています。

その他、利息は発生しますが、分割ローンでの支払いが可能な場合もあります。どのような支払い方法が可能かについて葬儀社の担当者に確認しましょう。

なお、クレジットカード払いやローンを組んでの分割払いが可能な場合でも、電話で申し込むときや打ち合わせのときなど、葬儀を執り行う前の段階で支払方法について葬儀社に確認しておきましょう。

支払いタイミングにも注意が必要です。葬儀後の支払いが一般的ですが、葬儀社によっては葬儀前に一部入金が必要といったケースもあります。

また、事前に予約しておくことで早期予約割引を適用する葬儀社もありますので、可能な限り費用を抑えたいと考える場合には、事前に見積を取るなどを検討してみる価値はあるでしょう。

関連記事

葬儀費用は分割支払いは可能?葬儀ローンや支払うタイミングなどを紹介

葬儀費用は分割支払いは可能?葬儀ローンや支払うタイミングなどを紹介

近親者が亡くなると、遺族は悲しみを抱えながらもさまざまな準備や手続きを行う必要があります。なかでも、高額な葬儀費用については、支払いが可能なのかと悩むことも多いことでしょう。 この記事では...

続きを読む

まとめ

「遺族が高齢で身体的負担を軽減したい」「親族が遠方に住んでいる」「費用を抑えたい」「スケジュール的に厳しい」などの理由から一日葬というスタイルが選ばれるケースが増加しています。

しかしながら、増えてきているとはいってもまだ一般的とはいえない状況です。参列者が限定されてしまうことや、仏式で定められた一連の儀式とは異なることなどに抵抗感を覚える人も少なくないでしょう。

葬儀は故人との最期のお別れとなる大切な時間です。悔いやしこりを残すことのないよう、一日葬を選ぶに当たっては親族にも丁寧に説明をして理解を得ておくようにしましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/