葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の費用
  3. 家族葬にかかる費用はいくら?相場やメリット・デメリットについても解説

葬儀の費用

家族葬にかかる費用はいくら?相場やメリット・デメリットについても解説

社会の変化に伴い年々増えている家族葬。

しかし、遺族の立場でないと関わることがないのが家族葬の基本スタイルであるため、実際に参列することで情報を得るという機会がめったになく、その詳細についてはよく知られていないのが実情かと思います。

本記事では、家族葬の特徴、費用、メリットおよびデメリットなどについて解説します。

家族葬とは?

家族葬とは、その名称のとおり、家族や親族といった身内を中心に行なう葬儀を指します。

とはいっても、必ずしも参列者を家族や親族のみに限るものではなく、生前にごく親しいおつきあいのあった友人などが参列するケースもあります。

一般的な葬儀(一般葬)において家族や親族のほかに仕事関係者や近所の人たちなど、広く参列してもらうのとは対照的です。

人数が多くても少なくても家族葬に変わりはありませんが、そのように参列者を限定することから、多くの場合は小規模な葬儀となります。

具体的には参列者は10人程度、多くても30人程度に収まることが一般的です。

家族葬は費用が安い?

家族葬は一般葬に比べ費用が安いというイメージがあるようですが、実際にはどうなのでしょうか。 葬儀規模は一般葬に比較して小さくなることがほとんどですが、それに応じて費用も安くなるかというと、必ずしもそうとはいえません。

参列者の人数に比例する費用もあれば、参列者の人数に関わらずほとんどあるいはまったく変わらない費用もあります。

さらに、参列者が少ないということは、いただくお香典(=葬儀費用に充てられる収入)も少ないということになります。

これらを差し引くと、結果的に一般葬を営む場合の費用と大差ないといったようなケースも出てきます。家族葬だから経済的負担が軽くなるとは一概にはいえないというのが実情です。

家族葬の費用相場

家族葬の費用の相場はどの程度なのでしょうか。費用内訳や、費用を抑えられる点・抑えられない点について説明します。

家族葬の費用相場

家族葬にかかる費用は、ほかの形式の葬儀と同様に宗派や地域性などにより変動するため、あくまで参考金額となりますが、全国平均で約80万~100万円程度(僧侶へのお布施を含まない金額)となっています。

家族葬の主な費用内訳

家族葬にかかる費用の主な内訳は、ほかの形式の葬儀の場合とほぼ同じで、次のようなものが挙げられます。
■葬儀会社に支払う費用  
・ご遺体搬送費・安置費用  
・葬儀一式費用(式場使用料、祭壇、装花、遺影、棺、霊柩車、人件費 等)
■火葬料金
■飲食接待費(通夜振る舞い、精進落とし、会葬返礼品など)
■僧侶・寺院へのお布施・心づけ(戒名料、車代など)

家族葬にすることで抑えられる費用

ほとんどのケースで参列者が少人数となる家族葬の場合、広い会場は通常必要ありません。したがって、設備利用料は抑えられるとみて良いでしょう。

また、参列者の人数に比例する会葬返礼品や飲食接待費なども安くなるケースが大半です。

家族葬にしても抑えられない費用

僧侶へのお布施や火葬料金などは参列者数とは関係ありません。したがって、ごく小規模な家族葬であっても一般葬同様の金額が必要となると考えなくてはなりません。

また、祭壇・装花・棺などの一式料金については、グレードを下げて簡素なものにするのであればそれだけ費用を抑えられますが、一定の金額はかかりますので、安くできるとしても限られます。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリットおよびデメリットにはどういったものがあるでしょうか。また、デメリットの解決策にはどのようなものがあるのか、確認しておきましょう。

家族葬のメリット

どういった点が家族葬のメリットといえるでしょうか。

近しい人たちだけでゆっくりとお見送りができる

一般葬では、決めなくてはならないことや会葬者への対応に追われてしまい「故人との別れを惜しむ余裕が時間的にも気持ち的にもないままに、気がつけば葬儀が終わっていた」ということも少なくないようです。

その点、遺族や親族を中心とした少人数でお見送りするスタイルの家族葬なら、ゆったりとした進行の中で故人との別れを惜しみ、落ち着いた静かな気持ちでお見送りすることができるでしょう。

遺族の精神的・肉体的負担が少ない

家族を失い大きなショックを受けている状態で、会葬してくださった方々への失礼があってはならないと気を配り続けることは遺族にとって大きな負担です。

ほぼ身内しかいないという家族葬であればそこまで気を遣うこともなく、精神的負担は少なく済むでしょう。

また、特に遺族が高齢である場合などには、葬儀における肉体的な面での負担も問題となってきます。その点でも身内ばかりの家族葬であれば、無理をする機会は減ると考えられます。

家族葬のデメリット

何事も良いことばかりとはいかないものです。家族葬にはデメリットもあります。 具体的にどういったデメリットがあるでしょうか。

葬儀にお呼びしなかった方から苦言を呈される可能性

葬儀にお呼びしない方々の中には、「生前にお世話になったのに最後のお別れができないなんて……」と感じて苦言を呈される方もいらっしゃるかもしれません。

デメリットの解決策

前述のデメリットの解決策としてはどういったものが考えられるでしょうか。

家族葬を営む旨を知らせる

身内のみで葬儀を営む(あるいは営んだ)旨を葉書などできちんとお知らせするとともに、故人の希望や遺族の気持ちを丁寧に伝えることで、相手の気持ちを和らげるよう努めましょう。

また、葬儀当日に駆けつけてくださった方がいた場合、応対せざるを得ませんので、可能であれば葬儀前に家族葬であると知らせておくことをおすすめします。

後日の弔問を受け入れる

参列する機会を与えられなかった方からは、後日個別に弔問を受けることが考えられます。 葬儀当日に参列者を限定する以上、避けられないことでもあり、わざわざ弔問していただけるというのはありがたいことです。

弔問客との良好な関係をその後も維持することにもつながりますので、特段の事情がなければ、葬儀後の個別の弔問を受け入れるようにしましょう。

家族葬の支払い方法

葬儀費用の支払い方法は、家族葬に限りませんが、各葬儀会社が指定する方法により行ないます。

一般的であり且つどの葬儀会社でも受け付けている支払い方法は、銀行振り込みや手渡しによる現金一括決済です。

以前は、葬儀費用の支払いは現金決済に限られることが一般的でしたが、近年ではクレジットカード払いを受け付ける葬儀会社も増えています。

また、分割ローンでの支払いが可能な場合もありますので、入用な金額をすぐに工面するのが難しい場合には、葬儀会社の担当者に確認してみましょう。

なお、クレジットカードで支払いたい場合や分割ローンを利用したい場合には、実際に葬儀を行なう前に葬儀会社の了承を得ておくのが原則です。葬儀後に申し出ても受け付けられない可能性もありますので、注意してください。

また、葬儀前に一部入金が必要なケースもあります。突然現金が必要となって慌てることのないよう、葬儀会社の担当者にあらかじめ確認しておきましょう。

最後に

高齢化、少子化、人づきあいの希薄化などといった社会の変化に沿う葬儀形式として、家族葬は今後も増加していくと考えられます。 家族葬が完全に一般化し、その考え方やマナーが周知される日は遠くないかもしれませんが、一般葬に比べまだ浸透していない家族葬の現状を考慮する必要があるといえるでしょう。 家族水入らずで穏やかな気持ちで故人との別れの時間をゆっくりと過ごしてはいかがでしょうか。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応