葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の費用
  3. 直葬(火葬式)の費用相場は?費用の内訳も紹介します

葬儀の費用

直葬(火葬式)の費用相場は?費用の内訳も紹介します

直葬(火葬式)の費用相場は?費用の内訳も紹介します

家族構造や価値観の変化などを背景に、直葬と呼ばれる葬送方法を利用される方は年々増加しています。 一般的に安く済ませることが出来ると考えられる直葬ですが、実際のところ費用は幾らくらいかかるものなのでしょうか。

今回は直葬の費用に関して解説してまいります。

直葬(火葬式)とは

直葬とは一般的に「通夜式や葬儀式・告別式を行わず火葬のみを行う葬儀形態」のことで、「火葬式」と呼ばれることもあります。直葬は例えば次のようなパターンがあります。

  1. 葬祭ホールなどで故人と対面、お別れを行ってから出棺し、火葬場で火葬を行う。
  2. 火葬場に遺族や葬儀社スタッフが集合して火葬する。
  3. 故人の関係者は火葬に立ち会わず、火葬後に葬儀社から家族へ遺骨を引き渡す。


1と2については、火葬場の炉前で僧侶に読経をしていただくケースもあります。なお、様々な葬儀形態の中で、通常であれば直葬は最も費用的な負担が少ないと言われています。

直葬の費用相場と費用の内訳

ここでは直葬の費用や相場についてお伝えしてまいります。

直葬にかかる全国的な相場とは

全国的に見ますと直葬にかかる費用は約20万円が相場です。この金額は葬儀社に支払う費用と、火葬場に納める火葬料金の合算です。 ただし、家族の希望でオプション的な商品・サービスを追加した場合や、遺体の状態などによって、直葬であっても40万円以上の費用となることもあります。

それでも葬儀費用の全体的な全国平均約195万円と比較しますと、直葬は費用面で負担が軽いということがお解りいただけると思います。

直葬の費用内訳

次に直葬にかかる費用には、どのような項目があるのか主な内訳を見ていきましょう。

寝台車や霊柩車の費用

寝台車は、病院などの死亡場所から自宅や葬儀社の霊安室などへ故人を搬送するために使用します。 霊柩車は、自宅や葬儀社の霊安室などから火葬場へと霊柩(故人が納められた御棺)をお運びするための車です。

寝台車も霊柩車も基本的に距離に応じた料金設定となっていて、10キロ未満の走行距離であれば、それぞれ約1万円~2万円が相場です。

安置費用

葬儀社の霊安室や遺体保管専門施設を利用する場合には、安置費用が必要となります。安置費用は1日約1万円が相場です。

ドライアイス代

亡くなってから火葬を行うまで遺体を保全するためにドライアイスを使用することが多く、ドライアイス代の相場は1日分で5千円~8千円程度かかります。

火葬費用

火葬費用は公営の火葬場の場合、その自治体の住民であれば無料~4万円ほど、民営の火葬場では3万円~6万円が相場です。

棺代

棺にも色々な種類があり3万円~数十万円が相場ですが、直葬では3万円~5万円程度の棺が使用されるケースが多いようです。

骨壷代

骨壺は5千円~3万円が相場となります。

直葬の費用が変動するポイント

直葬でも様々なケースがあり、費用は変動することがあります。変動する主なポイントも把握しておきましょう。

亡くなってから火葬までの日数

安置費用やドライアイスが日数分必要となり、亡くなってから火葬までの日数が長くなるほど料金が増加します。

寝台車、霊柩車の走行距離など

寝台車や霊柩車は走行距離に応じた料金設定であるため、長距離になればなるほど料金が増加していきます。また深夜や早朝については割増料金となる点も要注意です。

火葬場の料金

火葬場の料金は市民料金、市民外料金というように自治体の住民かどうかで利用料金が変わることが一般的です。

直葬のメリットとデメリット

直葬にはメリットもあればデメリットもあります。確認してみましょう。

直葬のメリットとは

  • 一般葬や家族葬と比べて費用的な負担が軽い。
  • 一般葬や家族葬と比べ、各方面への連絡、諸々の準備や手配など家族として行うことが少なく、日程的にも短く済むため、身体的負担が軽くなる。
  • 一般会葬者に気を遣うことがないという点で、心理的負担が軽くなる。
  • 直葬のために縛られる時間が短いという点で日常生活への影響が少ない。

直葬のデメリットとは

  • 直葬後、訃報を知り弔問される方がいた場合、その都度対応しなければならず負担となる。
  • 簡素な葬儀スタイルである為、抵抗を感じる人もいる。
  • 菩提寺がある場合、直葬で行うには菩提寺の了承を得る必要がある。
  • 菩提寺に無断で直葬を行ってしまうと、納骨時などトラブルに発展することがある。
  • 一般葬や家族葬と比べて、香典による収入が期待できない。

直葬のその他の注意点

ここでは直葬を行う場合の主な注意点をお伝えいたします。

家族親族の理解を得ておく

直葬は、従来から馴染みのある葬儀スタイルではないため、批判的な意見を持つ方がいることも考えられます。特に主だった親族については、直葬にすることについて充分な説明を行っておくことが大事です。

菩提寺の了承を得ておく

先にも少し触れましたが菩提寺がある場合には、基本的に菩提寺の了承を得ておかなければ直葬で行うことはできません。

特に菩提寺にお墓がある場合には、無断のまま直葬で済ませてしまうと納骨を断られる可能性がありますので要注意です。

総額でいくらかかるのか確認する

インナーネットのサイトや新聞折込広告などで「直葬〇万円~」と格安の料金を謳っている葬儀社もありますが、「~」と付記してあるとおり、場合によってはそれ以上掛かる可能性がありますので注意が必要です。

必ず総額でいくらかかるのかを確認しておくことをオススメいたします。また追加される可能性のある費用項目も併せて確認しておきましょう。

最後に

今回は直葬の費用に関して解説してまいりました。直葬は葬儀にかかる費用を抑えたい場合には最も適した葬儀形態です。 しかしながら家族や親族の理解を得ること、菩提寺の了承を得ることなど直葬で進めるためにクリアしておくべき課題も忘れないようにしておきましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応