葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

葬儀の知識

遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

人が亡くなってから葬儀・火葬を行うまでの間、遺体を適切な場所に保管(安置)しておく必要があります。

本記事では、安置するまでの流れ、安置に必要な準備や費用、宗教ごとの安置方法、各安置場所のメリット・デメリットなどを解説します。

遺体安置とは

遺体は、死亡確認から24時間以上経過してからでないと火葬してはならないと「墓地、埋葬等に関する法律」の第3条で定められています(特定の指定感染症で死亡した場合を除く)。そのため、火葬前に必ず1日以上は遺体を安置する必要があります。

葬儀の日程や、友引などで火葬場が休みであったり、火葬場の予約の空き状況次第では火葬までにそれ以上の日数がかかることも多く、遺体をその間保管(安置)する場所が必要になります。以前は自宅に安置することが一般的でしたが、近年では葬儀社の安置所や、安置専用施設を利用することも多くなりました。

そのため、故人を亡くなった場所から安置場所へ搬送してから、葬儀の準備などを進めることになります。安置している間、故人と会えないことはなく、安置場所によっては面会して線香を上げたり、付き添って夜を過ごすこともできます。

遺体安置までの流れ

病院で亡くなった場合、病院の霊安室にずっと安置しておくことはできません。病院側からなるべく早く退去するよう求められるため、速やかに遺体の安置先を決め、搬送します。

逝去

医師により死亡確認が行われます。

病院の場合は原則的に担当医師が行いますが、自宅療養中などに亡くなった場合にはかかりつけの医師に依頼することになります。

末期の水

逝去後、遺族が希望される場合には、安らかに旅立ってほしいという意味を込めて「末期の水」の儀式を行います。

故人と縁の深い人物が、水に湿らせた脱脂綿などで故人の口を湿らせます。

清拭

故人の身体を消毒液や湯水で拭く「清拭(せいしき)」を行います。この際、体の穴に詰め物をして体液の流出を防ぐ場合もあります。

昔は自宅で亡くなる場合も多く、清拭は家族によって行われてきましたが、病院で亡くなる方が大半となった現代では、看護師が行うことも多いです。

着替え

清拭で故人の身体を清めた後は着替えを行います。ここでは浴衣を着せることが多いです。故人に着せるものとして死装束もありますが、こちらは納棺時に着替えさせるものとされています。

死化粧

着替えが完了したら、故人の顔に死化粧を施します。これには、故人の尊厳を守る意味や身だしなみを整えた状態で旅立ってほしいとの遺族の想いがあります。

男性の場合は、髭や髪の毛を整えるのが一般的なやり方です。

女性の場合は、髪の毛をとかして整えたあと、化粧品を用いて顔に化粧を施します。この際、故人の愛用していた化粧品があればそれを使うのもよいでしょう。

死亡診断書の受け取り

死亡確認を行った医師が死亡診断書を発行します。

発行された死亡診断書は、役所への死亡届の提出時や、遺体搬送時などに必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

関連記事

死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

「死亡診断書」とは、読んで字のごとく、死亡を診断する書類であり、人が亡くなった際には法律上で必ず必要となる書類です。 死亡診断書が発行されて初めて法的に死亡が認められることになるため、家族...

続きを読む

搬送先の決定

遺体を搬送する先、つまり安置する場所を決定します。

自宅以外に、葬儀社の安置所や民間の安置施設が選択肢としてありますので、予算や自宅の環境などに応じて決めます。

葬儀社や遺体搬送業者の手配

葬儀を依頼する葬儀社が既に決まっているのであれば、その葬儀社に連絡しますが、まだ決まっていない場合は、依頼先を検討します。遺体搬送を専門に行う業者もあります。

搬送

安置場所へと遺体を搬送します。

葬儀社に搬送を依頼する場合、死亡診断書の携行を求められるケースも少なくありませんので、用意しておきましょう。

なお、自宅で亡くなって、そのまま自宅に安置するケースでは、当然ですが搬送は不要です。

安置

遺体を安置します。

前述しましたが、死亡が確認されてから、火葬までは法的に24時間以上間を空ける必要があります。

安置に掛かる費用と金額目安

遺体の安置に掛かる費用の内訳と、それぞれの金額目安を確認しておきましょう。

遺体搬送料

葬儀社や遺体搬送業者に寝台車で遺体の搬送を依頼する場合に掛かる料金は、搬送距離によって決まっています。10kmまでの基本料金が約1万円~3万円、10km増えるごとに2000円~5000円程度の加算というイメージです。

ただし、地域によって差があり、深夜・早朝時間帯の割増料金などもありますので、確認しておきましょう。

また、葬儀を依頼する葬儀社に搬送をお願いする場合、近距離であればパッケージ料金中に含まれることも多いようです。

航空機や船舶で遺体を搬送する場合もあります。航空機を使用する場合、日本国内であれば約20万円~30万円が相場です。船舶での遺体搬送については、東京都の港湾から伊豆諸島へ船舶を利用した場合の搬送費用で約15万円~25万円が相場です。

関連記事

遺体搬送の費用や流れは?海外からの遺体搬送についても解説

遺体搬送の費用や流れは?海外からの遺体搬送についても解説

病院で逝去された場合、最初の段階で家族が行うべきことの一つは、遺体搬送を依頼する業者の手配です。 亡くなる場所は日本国内とは限らず、出張先や旅行中など海外で亡くなって、飛行機で遺体搬送を行...

続きを読む

安置施設利用料

葬儀社の安置所や民間の安置施設を利用する場合には、施設利用料が掛かります。地域差などもあり一概には言えませんが、1日当たり約5000円~3万円程度が施設利用料になります。

ドライアイス費用

自宅で安置する場合や、冷蔵施設のない安置所を利用する場合、遺体の状態を保つためにドライアイスが用いられます。

必要なドライアイスの量は季節(外気温)によっても変わってくるため、あくまでおおまかな目安ですが、1日当たり約5000円~1万円程度掛かると考えておきましょう。

付き添い・面会費用

安置場所での面会や通夜を行う場合など、遺族や親族が夜通し付き添い、線香の火を絶やさないように遺族が希望すれば行うこともあります。

全ての施設で付き添いができるわけではありませんが、付き添いの宿泊ができる場合、付き添い費用が発生します。施設により幅がありますが、金額目安として1日当たり約5万円前後です。

宿泊できる安置施設は限られますが、面会はほとんどの施設で可能です。無料のところが多いですが、一部施設によっては面会費用が発生することがあり、1時間当たり約3000~1万円程度が目安となります。

エンバーミング費用

安置が長めの日数となる場合などに検討する費用として、エンバーミングの費用があります。

ドライアイスでは遺体の状態保全に限界があるため、それよりも遺体を保つための施術(エンバーミング)を行います。

専門技術を持つ資格保有者(エンバーマー)によるエンバーミング施設での費用は、約15~25万円程度が目安となります。

関連記事

エンバーミングとは?手順や費用について解説

エンバーミングとは?手順や費用について解説

エンバーミングとは?手順や費用について解説 終活や葬儀の事前相談を行っていると「エンバーミング」という言葉を耳にする機会があるかもしれません。 エンバーミングは「なるべく生前の姿のままお見...

続きを読む

安置場所の種類、メリット・デメリット

安置場所にはいくつかの選択肢があり、状況や費用に応じて選びます。それぞれのメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

葬儀社や斎場の安置施設

近年で一般的なのは、葬儀社や斎場の安置施設での安置です。

安置中は温度管理などのケアが必要ですが、そうしたケアを葬儀社側・斎場側に任せられ、遺族の負担がその分軽くなるのもメリットです。

デメリットとしては、施設利用料などの費用面での負担や、施設によっては宿泊しての付き添いが許可されなかったり、面会時間が制限されていたりして故人との最期の別れをゆっくりと過ごせないといった不自由さが挙げられます。

(※安置のための施設利用料を含めたパッケージプランが用意されている場合もあります)

専門の遺体保管施設

メリットとしては、24時間営業であることが多く、葬儀社や斎場の安置施設を利用する場合よりも面会などの自由度が高い点が挙げられます。

葬儀を依頼する葬儀社が決まっていない場合にも利用しやすいという点もメリットです。デメリットとしては、面会は可能でも付き添いができないことがあります。

葬儀社や斎場安置の場合も同様ですが、遺体を安置する料金は日割りで必要です。亡くなった時期が年末年始であったり、火葬場の予約が空いておらず火葬まで時間がかかりそうな場合には、葬儀社に事前に安置費用を確認しておくと費用の心配が少ないかもしれません

自宅安置

自宅に遺体を安置する場合、施設利用料は掛かりません。また、故人との別れの時間をゆっくりと過ごすことが可能です。

故人を入院先の病院などから、「住み慣れた自宅に連れて帰ることができた」という気持ちの面もメリットだと言えるでしょう。

その一方で、遺体の状態保全のために室温を低く調整しなければならないなどの管理面での負担、ドライアイスの交換や処置対応で葬儀社のスタッフの出入りが発生することへの気配りなどがデメリットです。

自宅を安置場所にする場合の注意点

自宅を安置場所とした際は、事前の準備など、注意が必要な項目がいくつもあります。

自宅がマンションやアパートなどの賃貸住居である場合は、遺体を搬入するストレッチャーが通れるかどうかや経路を事前に葬儀社に確認するか伝えておくとよいでしょう。

自宅での安置場所は、冷房で部屋を涼しく保てる環境であることが望ましいです。

神棚がある場合は、神棚の戸を閉じて白い布や半紙で閉じる神棚封じを行います。

安置場所を選ぶ際の注意点

安置場所を選ぶ際に注意したい点としては、次のようなものが挙げられます。

付き添いや面会の可否

施設によっては付き添いや面会が認められない場合もあります。付き添いや面会を望むのであれば、可能かどうか、面会時間に制限はあるか、別途発生する料金はいくらかについて確認しましょう。

葬儀を依頼するかどうか

葬儀社所有の安置施設を希望する場合、その葬儀社への葬儀の依頼が前提となっていることもありますので、事前の確認が必要です。

搬送費用

亡くなった場所から安置先や安置場所から葬儀場までの距離が長いと、搬送費用が高額になる可能性があります。遠方の安置先や葬儀場を検討する場合は特に、搬送費用の確認が必要です。

宗教ごとの安置方法

仏式

仏式において、安置する際の頭の位置は、北枕(難しい場合は西枕)となるように安置されることが多いです。魔除けの意味を持つ「守り刀」を用意することや、仏壇の扉を開けておくか閉じておくかは宗派や地域によって異なりますので、寺院や葬儀社に確認して対応します。

遺体の枕元に、白木の小台の上に香炉、ろうそく、鈴、お花立、水、枕飯、お団子を供えて枕飾りを整えます。

関連記事

枕飾りとは?宗教別の飾り方やマナーを解説

枕飾りとは?宗教別の飾り方やマナーを解説

枕飾りとは、自宅などに安置されたご遺体の枕元に設置される祭壇のことです。実際には目にしたことがなくても、多くの人が映画やドラマなどで枕飾りを見たことがあるのではないでしょうか。 この記事で...

続きを読む

キリスト教

遺体の頭の向きに決まりがあるわけではありませんので、状況に応じて安置します。花を飾る場合は必ず生花にします。

仏式のような枕飾りは設置しませんが、テーブルに白い布をかけて聖書、十字架、ろうそく、花を供える場合もあります。花を供える場合には生花であることが必須です。

神式

仏式同様、北枕で安置することが多いです。

枕飾りとして、白木の小台に榊、ろうそく2本、お神酒、水、塩、洗米を供えます。

まとめ

最後に、これまで解説した遺体の安置について重要な項目をまとめます。

まず、死亡後24時間以上の安置が法律で定められています。そのため、安置する場所が必要ですが、自宅の他に、葬儀会社・斎場の安置施設、民間の遺体保管専用施設があります。

価格や付き添い・面会の可否などを含め、希望が適う所を選ぶとよいでしょう。また、安置に必要となる費用には、搬送料、施設利用料、ドライアイス費用、などがあります。

以上、大切な方が亡くなって心の余裕がないときに備えておく知識として参考になれば幸いです。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    告別式が終わった後、棺は霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せられ、遺族に見送られながら火葬場まで搬送されます。 霊柩車といえば、豪華な飾り付けがされているイメージを持っている方が多いかもしれませ...

    葬儀の知識

  • 火葬の後に葬儀を行う骨葬とは?流れやマナーも紹介

    火葬の後に葬儀を行う骨葬とは?流れやマナーも紹介

    葬儀にはさまざまなスタイルがありますが、そのうちの一つである「骨葬」というものを知っていますか? 通常の葬儀では、通夜や葬儀告別式を終えてから、火葬場へ出棺し、故人の遺体を火葬します。 ...

    葬儀の知識

  • お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    宗教が違えば葬儀の作法もそれぞれ異なってきますが、故人との最期の別れの場として、その全体的な流れは共通していると言えます。 また、日本国内で行われる葬儀で多くを占める仏式葬儀の内容に限れば...

    葬儀の知識

  • 一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

    一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

    葬儀は通常、1日目に通夜、2日目に告別式と、2日にわたって行われることが一般的です。 しかし近年では、通夜を行わずに1日だけで儀式を完了する「一日葬」という形式の葬儀が徐々に増加しています...

    葬儀の知識

  • 訃報の連絡方法を詳しく解説

    訃報の連絡方法を詳しく解説

    家族を失って深い悲しみの中にいても、訃報の連絡は迅速かつ的確に行わなければなりません。 本記事では、訃報の連絡の優先順位やタイミング、連絡方法、連絡先、注意点などについて詳しく解説します。...

    葬儀の知識

  • 危篤の連絡をする際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども解説

    危篤の連絡をする際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども解説

    身内が危篤に陥った場合、誰にどのように連絡すればよいのでしょうか。反対に危篤の報を受けた場合には、どのように対処すべきでしょうか。 落ち着いて的確に行動するためには、事前にシミュレーション...

    葬儀の知識

  • 危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

    危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

    近しい方が危篤状態になってしまった際は、気が動転してしまって「何をしていいかわからない」という状態になるかもしれません。 しかしそのような中でもやらなければならないことは多くあります。 ...

    葬儀の知識

  • 葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬儀に参列しなければならなくなったとき、子育て世代を悩ませるのが子供たちの服装です。 大人のように喪服を持っていることはほとんどなく、どんな服を着せれば失礼にならないのかが分からないという...

    葬儀の知識

  • 老人ホームで身内が亡くなった場合に必要な手続きを解説

    老人ホームで身内が亡くなった場合に必要な手続きを解説

    近年、老人ホームで息を引き取る人が増えています。 厚生労働書の2019年の統計調査(参考:「死因別統計データ」国土交通省)によると、死亡者全体の71.3%が病院で亡くなっているのに対し、老...

    葬儀の知識

  • 献杯とは?注意点や挨拶の例文を紹介

    献杯とは?注意点や挨拶の例文を紹介

    結婚式などお祝いの食事の場では「乾杯」が行われますが、葬儀や法要後に用意される食事の席では「献杯(けんぱい)」が行われます。献杯と乾杯は持っている意味がまったく異なり、マナーや注意点にも違いがあ...

    葬儀の知識

  • 社葬とは?社葬を行う場合と開催の流れを紹介

    社葬とは?社葬を行う場合と開催の流れを紹介

    社葬は、社内的にはもちろんのこと、対外的にも重要な意味を持つ会社行事です。 一般的な葬儀については何となくイメージができる方も、会葬の機会が非常に少ない社葬については、詳しく知らない方がほ...

    葬儀の知識

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/