葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 通夜とは?葬儀・告別式との違いについて解説

葬儀の知識

通夜とは?葬儀・告別式との違いについて解説

通夜とは?葬儀・告別式との違いについて解説

葬儀とは、お亡くなりになった方との最後のお別れの場のことですが「通夜」「葬儀」「告別式」などと分けて呼ばれます。 これらの違いはどこにあるのでしょうか?

本記事では、一連の葬儀の流れの中でも「通夜」を中心に、通夜とは何か、通夜と告別式の違い、通夜の流れやマナー、通夜振る舞いの費用などについてご紹介します。

通夜とは?

「お通夜に行ってくる」と言えば、多くの方が「夜間に行うもの」と受け止めるはずです。

今でこそ夕刻から2~3時間ほどかけて執り行われることが一般的な通夜ですが、もともとは遺族や親族がその呼び名の通り夜通し線香を絶やさず、故人が寂しくないようにと、文字通り「夜通し」そのそばにいて見守ることを指しました。

通夜の本来の目的は「故人を見守り別れを惜しむ」ところにあります。

ご遺体を棺に納めることはせず、布団に寝かせた状態のまま、つまり翌日以降に営む葬儀とは異なり、元来あくまで身内だけのお別れの場であったといえます。

また、現在でも死後24時間以内の火葬は認められていないように、医療が未発達であった時代も、亡くなったのか昏睡状態にあるだけなのかを見極めるために一晩安置しておく必要性があったためともいわれています。

今日では参列者の訪れる「夜間の葬儀」的な位置づけとなっており、実質的には翌日の告別式に都合で参列できない人のための参列の場として機能しています。

通夜と葬儀・告別式の違い

通夜や告別式、また葬儀や葬式という言葉もあり、これらはそれぞれ何を指し、どのように違うのでしょうか。

通夜とは

元来は遺族や親族が夜通し線香を絶やさず故人のそばにいて、その冥福を祈る場を指しましたが、現在では翌日以降の告別式の前夜に設けられる故人とのお別れの場としての意味合いが強くなっています。

葬儀とは

葬儀は、通夜、葬儀、告別式、火葬といった故人を弔う一連の儀式をひとまとめにして呼ばれます。

また、通夜の翌日の葬儀を「葬儀・告別式」と呼んだりします。 葬儀は、故人の魂をあの世へと送り出すための宗教的儀式です。僧侶を中心にして行われます。

同じお見送りの儀式ではあっても、葬儀は宗教的儀式、告別式は社会的な儀式です。 したがって、厳密にいえば、無宗教の形式であれば葬儀とは呼ばないということになります。

仏式の場合、葬儀(僧侶による読経や引導など)に続いて告別式が執り行なわれるという順序ですが、近年では葬儀と告別式を一つの儀式として執り行なうケースが増えており、両者の違いは曖昧になってきています。

告別式とは

文字通り「別れを告げる儀式」であり、野辺送り(棺に納めたご遺体を火葬場や埋葬先である墓地まで行列を組んで運ぶ儀式)が時代とともに告別式へと姿を変えたともいわれています。

現在では、親族はもちろん友人・知人、仕事仲間など故人と生前交流のあった人たちが最後のお別れとして故人を見送る儀式を指します。

葬式とは

もともとは「葬儀+告別式」が略されて「葬式」となったと考えられていますが、実情としては「葬儀」とほぼ同じ意味で用いられることが多いようです。

通夜の流れ

通夜全体としては、夜通しではなく短時間で済ませる形式である「半通夜」の流れに基づいて営まれます。地域や寺院により変わってくる部分もありますが、仏式の通夜の流れは概ね次の通りです。

僧侶入場

受付を済ませホールで待機している弔問客に対し、進行役である葬儀会場スタッフが通夜開始を告げますので、会場に入って着席します。親族は、血縁の濃い順に前方から着席していくのが基本です。席順がそのまま焼香の順番になります。 その後僧侶が入場します。

読経

故人の供養のため、僧侶による読経が行われます。宗派によってはともに読経するよう促されますので、その場合は遺族・親族や弔問客も読経するようにします。

読まれるお経の種類は宗派により異なり、告別式で読まれるお経とは別のお経である場合もあります。

焼香

進行役がタイミングを見計らって焼香を促しますので、遺族、親族、弔問客の順に祭壇前へと進み、焼香を行ないます。弔問客の人数にもよりますが、僧侶が読経を続ける中で焼香を行なうことが一般的です。

焼香の回数や方法(抹香をつまんだ指先を額の辺りまで持ってきて押し頂くか否か)は宗派によって異なりますが、宗派の作法を厳格に求められることはまずありませんので、様子を見てご自身の判断で行なえば問題ありません。

法話

僧侶による法話(お話)があります。遺族・親族、弔問客は静かに耳を傾けるようにします。

僧侶退場

僧侶が退場します。

喪主挨拶

喪主により弔問客への挨拶が行なわれます。弔問のお礼の他に、その後の通夜振る舞いの案内や、翌日以降に予定されている告別式の案内なども併せて行ないます。

通夜振る舞い

別室に用意された料理をいただきます。 これは喪主から振る舞われる料理であり、その料理を食べながら故人の思い出を語らってほしいという思いに基づいており、大人数で囲めるようお寿司や各種オードブルなどが大皿に盛られて供されることが一般的です。 喪主はお酒を振る舞うなどしながら、弔問客にお礼を述べて回ります。

通夜振る舞いの場に招かれる人の範囲は地域によっても異なり一定ではありません。ほぼ全員ということもあれば、親族やごく近しい人に限定されるようなケースもあるため、自分が参加してよいものか迷うこともあるでしょう。 そうした場合、基本的には「声をかけられたら参加する」という考え方で判断します。

通夜のマナー

通夜のマナーはどういったものでしょうか。確認しておきましょう。

遺族のマナー

喪主に限らず遺族の立場であれば挨拶をする機会も少なくありません。その際、不適切とされる忌み言葉(死ぬ、浮かばれないなど)や不幸が続くことを連想させる重ね言葉(重ね重ね、ますます、次々など)を用いないよう気をつけます。

また、通夜の場にお越しいただく導師様(僧侶)へのおもてなしや配慮も忘れないようにしましょう。

僧侶が到着されたら、控室として用意した別室へ案内し、通夜でのお勤めをお願いするとともにお茶とお菓子などでもてなします。また、通夜後の通夜振る舞いにもお呼びします。

弔問客のマナー

「通夜に喪服を着ていくのは死を予期していたように見えるためNG」という話を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

確かにかつては「取るものも取りあえず駆けつけた」という意味で、通夜には地味な平服で弔問するべきと考えられていましたが、今や準礼装(いわゆるブラックフォーマル)を着て弔問することが一般的となり、むしろそれが主流となっています。

告別式には参列せずに通夜の弔問だけという人が増えてきたことが影響していると考えられます。もちろん、本当に喪服を用意する時間もなく駆けつける場合には、平服で問題ありません。

また、通夜後の通夜振る舞いに招かれた場合には辞退せず、ごく短い時間だけでよいですので参加するようにします。料理を食べながら故人を偲ぶということは故人の供養にもなると考えられているためです。

通夜振る舞いにかかる費用

通夜後の食事である通夜振る舞いにかかる費用はどの程度でしょうか。

料理のクオリティーにもよりますが、大皿から取り分けていただくスタイルが一般的で、料理内容としても寿司やサンドイッチ、お茶菓子など取り分けやすいものが多いようです。

そのため、どちらかというと質よりも量(想定する参加人数に応じた量)が費用に影響してくるでしょう。

もっとも、通夜振る舞いは長居をする類の食事の場ではなく、ほんの少量食べるだけで退出する人がほとんどですので、それほど大量な食事を用意しておく必要はありません。 とはいえ、足りなくなっては困りますので、葬儀会場の担当者ともよく相談して量を決めましょう。

飲み物として、お茶やソフトドリンク類の他にお酒も出すことがありますが、料理同様少し口をつける程度という弔問客が大半のようです。これについても地域の慣習や実例に詳しい葬儀会場の担当者に相談して決めるようにしましょう。

通夜振る舞いにかかる費用は、1人当たり約2000~4000円程度が相場といわれています。

まとめ

通夜とは、正式に故人をあの世へと見送る儀式ではありませんが、今日の実情として単なる「告別式前に別れを惜しむ場」に留まらず、弔問客にとって故人との最後のお別れの場となっています。

「最後」だからこそ、悔いの残らないよう、また失礼のないよう故人との別れを惜しみ、冥福を祈りましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応