葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬式の流れを解説。マナーや礼儀作法も全て解説

葬儀の知識

葬式の流れを解説。マナーや礼儀作法も全て解説

葬式の流れを解説。マナーや礼儀作法も全て解説

宗教が違えば葬儀の作法もそれぞれ異なってきますが、故人との最後の別れの場として、その全体的な流れは共通しています。

また、日本国内で行なわれるもののうち、多くを占める仏式葬儀の内容に限れば、たとえ宗派を超えていても共通するものは多いでしょう。

本記事では、日本における葬儀の主流である仏式を例にとり、葬儀とその前後を含む葬式全体の流れやマナーなどを解説します。

お葬式全体の流れ

葬式全体の流れとして、危篤状態から始まり、四十九日法要までがひと区切り。今回はこの一連の流れを大きく葬式と捉え、プロセスごとに見ていきましょう。

 

危篤

危篤とは、回復を見込めずいつ息を引き取ってもおかしくない状態を指します。家族の誰かが危篤状態に陥ったと知れば気が動転するものですが、まずはすべきことを迅速に行ないましょう。

その人の息がまだあるうちに会ってもらえるよう、親族はじめ身近な人に至急連絡します。

連絡する範囲の目安としては、まずは親族(一般的には3親等まで)ですが、親族であるかどうかを問わず、本人が最期に会っておきたいと願うであろう相手がいれば、連絡して会ってもらえるようにすることが最善でしょう。

大人数が病室を訪れることを避けるため、病院側より連絡先を限定するよう指示が出ることもあります。そうした場合にはその指示に従い、限られた人にのみ知らせるようにします。

臨終

危篤状態より快復することなく息を引き取ると、臨終となります。医師が死亡確認を行ない、死亡診断書を発行します。発行された死亡診断書は役所への死亡届提出時に必要となりますので、大切に保管しましょう。

多くのケースでは、この段階で依頼先葬儀会社を決定します。慌ただしい中での葬儀会社選びとなりますが、納得のいく葬式のためには複数社から見積もりを取った上で決定するのがおすすめです。

希望する葬儀が実現できるかといった点も確認が必要ですが、安心して任せられる葬儀会社の条件としては、「質問に丁寧に答えてくれる」「契約を急かさない」といったことが挙げられます。 そうした点にも気をつけて葬儀会社を選ぶようにしましょう。

遺体搬送

ご遺体を病院や自宅から葬儀会社の安置施設などに搬送します。(自宅でお亡くなりになり、自宅に安置する場合は搬送不要)

搬送はほとんどの場合、葬儀会社に依頼することになります。死亡診断書の携行を求められますので、いつでも出せるようにしておきましょう。

なお、遺体搬送を依頼する葬儀会社と葬式を依頼する葬儀会社とが異なっていても問題はありません。

安置

葬儀までの間、ご遺体を安置します。遺体は死後24時間以上が経過してからでなければ火葬できないと法律で定められています。

安置場所は、宗教上の規定、予算、自宅環境、故人とのお別れの望ましい形などを考慮して決定します。

自宅に安置する場合、故人とのお別れの時間をゆっくりと過ごせますが、ご遺体の腐敗を防ぐために室温を低くしておくなど遺族側で環境を整えなくてはなりません。(ドライアイスを用いたご遺体の保冷については、通常葬儀社が対応します)

葬儀会社の安置施設で安置する場合は、必要なケアは葬儀会社側で行なってもらえるため、遺族の負担は軽減されますが、安置の形式次第では施設の利用料が発生するので費用面での負担は増します。

打合せ

葬式の日程や会場、喪主を誰にするか、どこの寺院にお勤めをお願いするか、祭壇や棺などのグレード、参列者の席次、葬儀当日に受付係をお願いしたい人などについて葬儀会社の担当者と打ち合わせし、決めていきます。

日程については、亡くなった日の翌日夜に通夜、その翌日に葬儀・告別式ということが一般的です。

しかしながら、その日に葬儀を行なうと友をあの世へ引っ張るといわれている友引の日や、火葬場の混雑状況なども考慮して決めるため、必ずしもその限りではありません。

見積書もこの段階でよく確認するようにしましょう。決定権は喪主はじめ遺族にありますが、葬儀会社は地域の葬儀事情に通じていますので、そのアドバイスも取り入れながら検討するのがおすすめです。

納棺

通夜の前にご遺体を棺に納めます。宗派にもよりますが、必要に応じ故人の死に装束を整えます。遺族の手で行なう場合も葬儀会社側主導で進めてもらえますので、その指示に従いましょう。

お通夜

寺院より僧侶を招き、お通夜を執り行ないます。元来は、葬儀を控えて遺族や親族が夜通し故人のそばにいて線香を絶やさないようにしていた「非公式なお別れの場」がお通夜でした。

告別式は読んで字のごとく「別れを告げる儀式」ですが、お通夜はもともと故人との別れの場ではなく、故人とともに過ごし慰める時間であり、告別式とは性質が異なっていました。

しかし今日では、告別式に参列できない人のためのお別れの場の意味合いで夕刻から2~3時間ほどかけて営まれることが一般的となっており、お通夜と告別式の意味や役割は同じようになってきています。

お通夜の進行については葬儀会社側が受け持ちますので、喪主はじめ遺族は弔問客への挨拶・応対に専念しましょう。通夜終了後は、別室に料理を用意し参列者にふるまいます。(通夜振る舞い)

飲んだり食べたりしながら故人を偲んで語らってほしいという思いに基づいた、喪主から参列者へのふるまいですので、喪主はお酒を注いで回るなどしつつ弔問客ひとりひとりにお礼を述べるようにします。

葬儀・告別式

寺院より僧侶を招き、葬儀・告別式を執り行ないます。一般的にはお通夜を営んだ翌日となります。

葬儀と告別式とひとまとめにして葬式と呼ばれることもあり、両者の違いがはっきりと認識されることはありませんが、厳密には葬儀は宗教的なお見送りの儀式であり、告別式は社会的なお見送りの儀式であると定義されます。

葬儀・告別式の進行については葬儀会社側が受け持ちますので、喪主はじめ遺族は参列者への挨拶・応対に専念しましょう。

火葬

遺族・親族は、葬儀会社側が手配するマイクロバスやタクシー、あるいは自家用車にて火葬場へと向かい、ご遺体を火葬します。(火葬場に併設された葬儀式場の場合は移動不要)

火葬場で納めの式(棺を炉に納める前の読経や焼香)を行なう場合には僧侶が同行します。

告別式閉式後に火葬となるのが一般的ですが、地域によっては葬儀前に火葬を行なう場合もありますので、地域の葬儀事情・慣習に詳しい葬儀会社側の差配に従いましょう。

火葬する際に必要となる火葬許可証も葬儀会社側で手配してくれることが大半です。なお、骨上げ(遺骨を骨壺に収める儀式)などの火葬場での作法については、火葬場の担当者の指示に従います。

初七日法要

お亡くなりになった日を1日目として数えて7日目に故人の供養のために営む法要が初七日法要です。(日にちの数え方は地域によって例外もあります)

親族が集まることが昔よりも難しくなってきていることから、近年では本来の7日目に代え告別式当日の火葬後に営むこと(繰り上げ初七日)が増えています。

また、前倒しする形で式中初七日(繰り込み初七日)といわれる、葬儀・告別式の式中に組み込む場合もあります。

法要自体は僧侶や葬儀会社側で進めてくれますので、遺族側で行なうべきこととしては初七日法要終了後に設けられることの多い精進落としの席での喪主による挨拶程度です。

四十九日法要

命日を1日目として数えて49日目に営む法要が四十九日法要ですが、今日では親族の集まりやすさを考慮して当日より前の週末などに行なうことが一般的です。満中陰法要、忌明け法要と呼ばれることもあります。

宗派によっては例外もありますが、四十九日をもって故人は成仏すると考えられているため、白木の位牌から本位牌に切り替えます。また、お墓の準備ができている場合は併せて納骨式を執り行なうことも多いようです。

遺族側の準備としては、必要に応じて事前に位牌を用意し、法要後の会食の手配など、納骨式に備えておきましょう。

お通夜での流れ

お通夜の流れをより細かく見ていきましょう。

会場準備

通夜会場の受付は、お通夜開始時間の30分前から開始するケースが多く、開始時間の1時間ほど前には葬儀会社担当者から受付係への各種説明がなされるようです。遺族はお通夜開始の概ね1~2時間前には会場入りしておきます。

なお、受付で必要となるアイテムについては、すべて葬儀会社側で整えてくれている場合がほとんどですが、喪主として事前にそれらのアイテムの有無をひと通り確認しておきましょう。

受付開始

受付開始と同時に弔問客が増えていきます。喪主はじめ遺族はお悔やみの言葉を受けることになりますが、その際会場出入口まで自ら出向くことはせず、常に祭壇脇の位置で弔問を受けるのがマナーです。

読経・焼香

僧侶による読経の最中に、喪主→喪主以外の遺族→親族→一般参列者の順で焼香を行ないます。焼香の回数や数珠の持ち方は宗派により異なりますが、宗派ごとの作法が厳密に求められることはまずありませんので、心配は無用です。

お通夜終了・通夜振る舞い

お通夜が終了後、別室にて通夜振る舞いをするのが一般的です。通常、お通夜終了時に喪主から参列者に向けて手短に挨拶が行なわれますので、その挨拶中に通夜振る舞いについても案内しておくとスムーズでしょう。

通夜振る舞いまで終了後、特に喪主は疲れが溜まっていることと思いますので、できる限りゆっくりと身体を休め、告別式に備えるようにします。

葬儀・告別式の流れ

お通夜に続き、葬儀・告別式の流れをより細かく見ていきましょう。

会場準備

遺族は、葬儀開始時間の1時間ほど前には会場入りし、葬儀会社担当者と段取り確認などをしましょう。また、受付の準備状況もチェックします。

受付開始

喪主はじめ遺族は参列者への挨拶・応対を行ないますが、お通夜同様に祭壇脇から動かないのが基本です。

読経・弔電・焼香

僧侶による読経が一旦終わったタイミングで、司会者より弔電が紹介されます。弔辞が読まれるケースもありますので、読み手から一礼を受けた際は、遺族側からも黙礼を返すようにします。

その後再び読経が始まったら、司会者の案内に従い焼香します。

出棺

告別式が閉式となった後、遺族・親族は棺に花を入れてご遺体の周囲を飾る(別れ花)などし、故人との最後の別れを行ないます。

その後、棺を霊柩車まで運び、会場外などで待機している一般参列者に対し、喪主から挨拶を行ないます。

なお、告別式終了後から火葬までの一連の流れは遺族を中心にして運ぶため、遺族はあまりバラバラにならずに固まっているほうがスムーズに進むでしょう。

精進落とし

元来、精進落としは、忌明けとなる四十九日をもって精進料理から通常の料理へと戻すことを指していましたが、現在では火葬を終えて初七日法要を行なった後に設けられる宴席へと姿を変えています。

遺族から参列者(主に親族)への感謝の気持ちの意味合いが強い精進落としですが、故人の供養の意味合いもありますので、たとえば乾杯ではなく献杯(故人に捧げる杯。杯同士を打ち合わせない)とするなどの点に注意しましょう。

お葬式をスムーズに行なうには

お葬式の進行を受け持つのは葬儀会社側であり、喪主は遺族代表として弔問客・参列者への応対に努めます。

したがって、信頼できる葬儀会社に葬儀を依頼した際は、葬儀会社側の指示に従い動くことが葬式全体をスムーズに進めることにつながります。 各場面で喪主はじめ遺族が動くことを指示されますので、基本的にご遺体からあまり離れないようにしましょう。

まとめ

参列者の立場で何度も葬式を見てきていても、喪主として知っておきたい内容は把握しきれていない場合もあります。 前もって要点や注意点を認識しておくためにぜひ本記事をご参考になさってください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応