葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 納棺の手順とは?納棺の流れや注意点なども紹介します

葬儀の知識

納棺の手順とは?納棺の流れや注意点なども紹介します

納棺の手順とは?納棺の流れや注意点なども紹介します

葬儀を行う前には、故人は必ず棺に納められこれを「納棺」と呼びます。納棺は家族や親族が参加しておこないますが、どのように臨めばよいのか戸惑う方も多いことでしょう。

お葬式の一連の流れのなかで「納棺」は、重要な意味を持つ儀式のひとつです。この重要な納棺を滞りなく進めるために、手順や準備、注意点など知っておくとスムーズかと思います。

今回は葬儀における納棺について解説してまいります。

納棺とは

まず、納棺とはどういうものなのか基本的な事柄を説明いたします。

納棺は、故人の身体を棺に納めることです。併せて故人の身体を洗い清め(または清拭したり)、死装束を整え、副葬品を棺に納めます。

一般的には葬儀社や納棺専門スタッフの案内に従いながら、家族や親族の手で納棺が進められていきます。

納棺は自宅で行う場合と、葬祭ホールなどの施設で行う場合とがありますが、最近は病院から直接葬祭ホールなどの施設に搬送することが増えているため、施設で納棺を行うことの方が多くなっています。

納棺は今まで布団に横たわっていた故人を棺に納めるということで、残された方々にとっては大切な方の死を強く実感する場面でもあります。 納棺が行なわれるタイミングや時間については、地域や様々な状況によっても異なりますが、通夜当日に行われることがほとんどです。

たとえば18時から通夜式が始まるのであれば、当日の14時、15時位に納棺が行なわれることが多いようです。納棺の儀式に要する時間は30分から1時間程度が目安です。

納棺の流れ

ここでは、納棺の流れを紹介いたします。

仏式葬儀の場合で、葬祭ホールに安置して、通夜当日に葬祭ホールで納棺を行う例です。亡くなった場所や状況、地域などによって流れは変わることもあるので、あくまで一例でありますことを了承ください。

参加者の集合

納棺に参加するのは一般的に家族と、親しい付き合いのある親族のみです。葬儀社スタッフから納棺の儀を開始する案内があり、参加者は故人のまわりを囲むようにして集まります。参加者全員で合掌および一礼をして納棺の儀が始まります。

湯灌

近年、湯灌は略式の「拭き湯灌」で行うことが多いようです。家族や親族が故人を囲んで、洗浄綿や布を用いて肌を拭き清めます。また、オプションサービスによる湯灌では、バスタブを持ち込み、シャワーを用いて遺体をきれいにして差しあげます。湯灌後、死化粧を行う場合もあります。

納棺師や葬儀社スタッフの案内の元で死装束を整える

納棺師や葬儀社スタッフの説明を受けながら、家族など参加者が故人の身体に死装束を整えていきます。死装束は着せるのではなく、身体の上に掛けるだけの場合もあります。

故人を棺に移動

家族中心に参加者の手で、故人の身体を棺へと納めます。

副葬品を棺へ

故人の愛用品など副葬品を棺の中へ納めます。

棺の蓋を閉じて納棺の儀終了

棺の蓋を閉じた後、今一度参加者全員で合掌、一礼をして終わります。

死装束のしきたりとは

納棺に参加する際、知っておいた方が良いしきたりがあります。

死装束とは

死装束とは、亡くなった方に着せる衣装のことを言います。伝統的な死装束は白の仏衣ですが、宗派によっても異なりますし、最近では故人が愛用していた衣服を着せることもあります。

仏式の場合

仏式では、故人は49日間の旅に出ると言われていて、この旅装束(巡礼衣装)が用意されます。

旅装束は、天冠(てんかん)、手甲(手甲)、頭陀袋(ずだぶくろ)、脚絆(きゃはん)、足袋、杖、編笠、草履などで一式となります。天冠は額につける三角の布当てで、仏様の弟子になった証と言われています。

しかし天冠を付けると顔の印象が変わってしまうため、最近は付けずに棺の中に一緒に納めるだけで済ませる場合が多くなっています。

また、頭陀袋は首から下げる小物入れですが、この中には三途の川の渡し賃として六文銭(印刷物)が納められます。

ただし、49日の旅がないとされる浄土真宗では、旅の姿にはしません。

神式の場合

神式の場合、故人は家や子孫を守る神様になるという考え方があり、神様の姿とするための死装束が用意されます。男性は白い狩衣(かりぎぬ)、烏帽子(えぼし)、笏(しゃく)、女性は白い小袿(こうちき)、扇(または扇子)です。

その他

  • 旅装束や神様の衣装ではなく、スーツや和服など生前に故人が好きだった衣装を死装束とすることもあります。
  • 死後硬直で実際に着せることが困難な場合など、死装束を身体の上から掛けるのみで済ませる場合もあります。
  • 地域によっては「逆さごと」という風習により、身体の上から死装束を掛ける際、上下逆さにするところもあります

副葬品の注意点とは

故人の愛用していたものなどを副葬品として全て棺に納められるわけではなく、棺に納められるものと、納められないものがあります。ここでは副葬品に関する注意点をお伝えいたします。

副葬品の注意点

基本的には燃えるもの
副葬品として棺に納められるものは基本的に燃えるもののみです。

燃えるものならば何でも良いわけではない
たとえば水分を含んだもの、厚い書籍、硬質な木材製品は燃えにくいので避けましょう。

有毒ガスや爆発にも注意
またプラスチック製品など有毒ガスが発生する可能性があるもの、密封された缶や瓶など爆発の危険性があるものは納められません。プラスチック製品は、遺骨に付着してしまう可能性もありますので要注意です。

遺骨に付着する色などにも注意
また色素の強い生花も遺骨に色が残る可能性があると言われていますので避けた方が無難です。

副葬品に向かない品の例

  • 酒瓶
  • メガネ
  • 入れ歯
  • ペースメーカー
  • ゴルフボール
  • 果物
  • 腕時計
  • 貴金属
  • 宝石
  • 金属製の仏具など
  • 厚い書籍

棺に納められないもので、たとえばメガネや入れ歯などの小物ついては火葬が終わった後、骨壺の中に副葬品として納める場合もあります。

副葬品については火葬場によってルールが定められています。事前に葬儀社または該当の火葬場へ確認をすることをオススメいたします。

最後に

今回は納棺の意味、手順、注意点などについてお解りいただけたのではないでしょうか。 家族として故人に対し、最後にして差し上げられることは限られています。

納棺は、その限られたことのひとつである重要な儀式です。 この重要な儀式を滞りなく進めるためにも、今回の内容を参考にしていただければと思います。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応