葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 弔辞を依頼された時のマナーとは?弔辞の例文も紹介します

葬儀の知識

弔辞を依頼された時のマナーとは?弔辞の例文も紹介します

弔辞を依頼された時のマナーとは?弔辞の例文も紹介します

身近な方に御不幸があった際、弔辞を依頼されることがあるかもしれません。葬儀はたいてい突然の知らせとなるものであり、弔辞も突然に依頼されることになります。

ほとんどの方にとって、弔辞は滅多に経験する機会もありませんし、いざ弔辞をすることになった際は戸惑う方が多いことと思います。

そこで今回は弔辞に関するマナーや例文を紹介してまいります。

弔辞とは

まず弔辞(ちょうじ)とは何かなど、基本的な部分を抑えておきましょう。

弔辞について

弔辞とは、葬儀の際に故人に対して伝える弔意や惜別の想いなどを込めたお別れのメッセージです。「お別れの手紙」や「惜別の辞」と表現されることもあります。

弔辞は通夜式や葬儀・告別式の式中に、弔辞を読む人が参列者の前に進み出て、祭壇に向かって立ち、用意した文書を両手で持ちながら読み上げるスタイルが一般的です。

葬儀・告別式の当日に弔辞の時間が設けられるケースがほとんどですが、通夜に弔辞が読まれることもあります。

なお、全てのお葬式で弔辞が必ず読まれるわけではなく、社葬や無宗教葬では読まれることが多くあります。

また、一般葬や家族葬と規模が小さくなるほど弔辞が読まれる割合は減少していきます。

無宗教葬では弔辞が読まれることが多い?

無宗教葬で弔辞が読まれることが多いのは、葬儀の規模には関係なく式次第の企画上の問題です。

たとえば仏式葬儀であれば式の大部分は僧侶による読経・儀式が行われます。

一方で無宗教葬では、「僧侶による読経・儀式」の時間分、他の何かを行うことになりますが、そのひとつとして弔辞の奉読が行なわれることが多く見られます。

弔辞を依頼される人や人数

弔辞は友人、仕事上の関係者、自治会など地域団体の関係者など故人と親しいお付き合いをしていた方に、遺族から依頼をすることが一般的です。

弔辞を行う人数は、葬儀の規模などによっても異なるものの、概ね1~2名です。

なお弔辞は遺族から依頼することが一般的ですが、依頼を受けなくとも自ら弔辞を行いたいと申し出ても問題はありません。

弔辞を頼まれた場合断れるのか

  人前で話すことが苦手な方、文章を作成することが不得手な方など、弔辞を依頼されても辞退したいと考える方もいるかもしれません。

しかし、弔辞の依頼を受けたときには、基本的に引き受けることが礼儀です。

例外として、故人と親しいと言えるほどのお付き合いが無かったという場合には、弔事を依頼されてもお断りすることはやむを得ないでしょう。

遺族が故人との仲を誤解していて、弔辞の依頼をしてしまう可能性もあるからです。

弔辞を読む時の流れ

弔辞の奉読は次の流れで行います。

  1. 名前を呼ばれたら祭壇前に進み、遺族及び参列者、故人に対して一礼をします。
  2. 弔辞を取り出し、読み上げます。
  3. 弔辞を読み終えたら、奉書や封筒に戻します。
  4. 弔辞台や焼香台にお供えをします。
  5. 故人に対して一礼をして自席に戻ります。

弔辞のマナーとは

弔辞を読むときには気を付けるべきマナーがあります。

故人、依頼してくださった遺族、参列者の方々などに対して失礼のないようにするため、ここでは弔辞に関するマナーを紹介してまいります。

弔辞を読む時のマナー

  • 弔辞台や焼香台に弔辞をお供えするとき、弔辞は両手で持ちます。
  • 故人に語りかけるものが弔辞とはいえ、参列者にも聞こえるようにゆっくり、はっきりと読み上げます。
  • キリスト教では祭壇に向かって弔辞を読むのではなく、遺族や参列者の席に向かって読むことが一般的です。

なお、弔辞を読む場所(立ち位置)、弔辞をお供えする場所など、細かい手順については葬儀場によって異なりますので、式の前に葬儀場係員から説明を受けておくことが大事です。

式の前に説明を受ける必要がありますので、弔辞を読む場合には時間的に余裕を持って葬儀場に到着しておくと良いでしょう。

弔辞の書き方

弔辞を書く時のポイントは次のとおりです。

  • 巻紙や奉書紙に、毛筆を用いて自筆で楷書にて縦書きをすることが正式な形です。しかし最近は筆ペンやサインペンで書かれる方や、パソコンで作成してプリントアウトされたものを用意される方もいらっしゃるのが現状です。
  • 毛筆や筆ペンで書くときには薄墨を使用します。
  • 弔辞は4分程度の内容にします(900~1200文字が目安)。
  • 文末には弔辞を行う年月日を書き、署名をします。

忌み言葉を避ける

御不幸ごとでは忌み言葉を避けることがマナーとされています。これは弔辞でも同様です。

不幸が繰り返されるようなこと、不幸、不吉、不運を連想させる言葉は避けなければなりません。その他、生死や死因に関わる生々しい表現も使用しないよう注意が必要です。

忌み言葉の例

たびたび、またまた、しばしば、くれぐれも、再び、再三、続いて、追って、相次いで、わざわざ、重ね重ね、浮かばれない、しめる、迷う、死ぬ、四および九(数字)など。

弔辞に書く主な内容

弔辞には下記にまつわるエピソードを1つ盛り込み、故人に話しかけるような言葉遣いで作成すると良いでしょう。

  • 故人の尊敬すべき点、感銘を受けた言動
  • 故人との思い出、またそのとき感じたこと
  • 故人の功績や記録

弔辞は故人に対するメッセージですから、あまり堅苦しい言い回しはせず、普段お互いに使っていた言葉遣いの方が、より故人を偲ぶことに繋がりやすいものです。

弔辞の例文

ここでは弔辞に書く内容のポイントと例文を紹介いたします。

故人との関係性

弔辞は故人への語りかけですから、弔辞を読む人と故人との関係性を紹介する内容を必ずしも含める必要はありません。

弔辞を読む人と故人との関係性の説明は、葬儀の司会者が行う形式も多く見られます。

弔辞の内容に故人との関係性を盛り込む場合には、あくまで故人への語りかけとして行い、その中で参列者が理解できるような表現にします。

【例1】

思い起こせば貴方とは社会人10年目くらいの会社行事からの付き合いでした。

【例2】

私が貴女の存在を知ったのは○○市のピアノ演奏会でした。そしてその後の懇親会で貴女が私に声をかけてくださってから…

故人の人となり

弔辞には、印象に残っている言動、何かを一緒にした思い出、故人の功績など故人の人柄を偲ぶことができる具体的エピソードを弔辞の中心的内容とすることが一般的な形です。

【例1】

「なんとかなるよ、1年後は笑い話のネタだろ」。○○君のあの口癖を思い出します。同期入社して約50年の付き合いだったけど、この言葉に自分や仲間が何度救われたか…。

【例2】

80歳を過ぎても卓球を頑張っていたおばあちゃん。普段はのんびり優しい雰囲気なのに、おばあちゃんが卓球の試合のときに出す「よっしゃー!」といった激しい掛け声を小学生のころ初めて聞いた私はとっても驚いたことを今でも覚えています。いつも一生懸命なおばあちゃんの姿は孫としても誇りでした。

ご冥福を祈る言葉

弔辞の最後は故人に対する感謝や敬意、お別れの言葉を述べる形式が一般的です。

【例1】

今後、我々は〇〇会長にお示しいただいた沢山の教えのもとに、メンバー一同力を合わせて本会を守っていくことをお誓い申し上げます。そして生前のご指導に深い感謝を捧げ、お別れのご挨拶とさせていただきます。〇〇会長、ありがとうございました。

【例2】

出来ることならば、もう一度君と一緒に飲みに行きたかったなと思うよ。 〇〇君、心からご冥福をお祈りしています。さようなら。

最後に

今回は弔辞に関するマナーや例文を紹介してまいりました。

葬儀の場で、弔辞の奉読を失礼なくスムーズに行うためには、忌み言葉を避けるなどの最低限マナーを守ることは必須です。

また心に残り、より良い弔辞とするポイントとして、あまり堅苦しい表現に拘らずに自分の言葉をつづり、故人にまつわる具体的なエピソードを中心に作成することをおすすめします。

弔辞を依頼された際には、今回の内容を参考にして頂ければと思います。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応