葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 献杯とは?乾杯との違い、注意点や挨拶例文を紹介

葬儀の知識

献杯とは?乾杯との違い、注意点や挨拶例文を紹介

献杯とは?乾杯との違い、注意点や挨拶例文を紹介

結婚式などお祝いの食事の場では「乾杯」が行われますが、葬儀や法要後に用意される食事の席では「献杯」が行われます。献杯と乾杯は持っている意味がまったく異なり、マナーや注意点にも違いがあります。

正しい献杯のマナーや注意点を知っておき、献杯を行う場の雰囲気を壊すことなく、また故人に対して、失礼のない立ち居振舞いを行えるようにしておきましょう。今回は献杯の意味や注意点などについて解説してまいります。

献杯とは?いつ行うもの?

献杯(けんぱい)とは、相手に敬意や畏敬の念を表すために、酒の注がれた杯(盃・さかずき)を差し出し捧げる行為のことを言います。

一般的に葬儀後の忌中払いや精進落とし、また法要後の会食の場で、食事をいただく前に喪主や施主の挨拶に続いて故人に対して献杯が行われます。

あらたまった場だけでなく、居酒屋などで友人数人が集まり、亡くなった仲間を偲んで飲む場合などで献杯が行なわれるケースも見られます。

お祝いの席で行われる乾杯は西洋から日本に入ってきた風習であると言われています。 乾杯ではビールやワインなど洋酒が用いられますが、献杯では日本酒が用意され、また器もジョッキやグラスではなく杯が用いられることがほとんどです。

なお、献杯は宗教宗派の教義で定められているわけではなく、慣習として行われているものです。 ただし、葬儀や法事における食事の席で必ずしも献杯が行われるわけではありません。

たとえば、キリスト教では献杯を行わないことが通常ですし、仏教でも浄土真宗のように献杯は行わないとしている宗派もあります。

献杯と乾杯の違い

先の項でも献杯と乾杯の違いについて若干触れましたが、主な違いを下表にまとめます。

  献杯

乾杯

行なわれる場

弔事

慶事

目的

故人や先祖を偲ぶため、故人や先祖に

感謝するため、追悼するためなど

場を盛り上げるため、お祝いのため、主催者や

参加者の幸運、健康などを祈るためなど

発声時の声

控えめに落ち着いた声で

大きめの声で元気よく

盃(グラス)を合わせることの有無

互いに盃(グラス)を合わせない

互いに盃(グラス)を合わせる

盃(グラス)を掲げる高さ

胸の高さ程度に留める

顔や胸よりも高く掲げる

上記のなかで「盃(グラス)を合わせることの有無」とは、慶事の席において乾杯時に隣席の方々と杯(グラス)同士を触れさせることがありますが、弔事の席では杯(グラス)同士を触れさせることはないという意味合いです。

献杯の挨拶は誰がする?

献杯の挨拶について、誰がしなければならないという具体的な決まりはありません。

葬儀後の精進落としや忌中払い、法要後の食事は、遺族親族が中心で行われるため、必然的に遺族親族の誰かが献杯の挨拶を行う可能性が高くなります。

遺族親族以外で故人の友人や、地域の方々などをお招きした場合には、これらの方に献杯の挨拶をお願いすることもあります。

一般的な傾向としては、本家筋の方や故人の兄弟など親族の中で年長者が遺族親族を代表して献杯の挨拶を行うケースが多く見られます。

また地域によっては、遺族親族ではなく菩提寺の住職が行うところもあります。 地域による慣習もありますので、誰に依頼するか決める前に、葬儀社や寺院に献杯の挨拶についてのしきたりなど、確認しておくことをオススメいたします。

献杯の注意点

献杯の挨拶や発声は間違いや失礼がありますと、慶事の席のように「まぁまぁ、お祝いの席ですから」と笑って済まされるものではありません。ここでは献杯に関する注意点を紹介いたします。

献杯の挨拶や発声をする方の注意点

  • 参加者の前に歩み出た際、故人(遺影や位牌)への一礼を忘れずに行う
  • 挨拶や発声をするときに故人に背を向けないようにする
  • 挨拶は出来る限り手短にする(1~2分程度で終わるようにすることが理想)
  • 忌み言葉は避ける(「くれぐれも」「再三」「たびたび」「またまた」「つぎつぎ」など)
  • 献杯の発声は控えめに落ち着いた声で行う
  • 過度な笑顔は避ける(微笑は可)

献杯の挨拶や発声をする方および参列者の注意点

  • 盃は基本的に右手で持つ方が無難(左手は不浄という考え方もあるため)
  • 献杯の唱和は控えめに落ち着いた声で行う
  • 盃を高く上げすぎない(盃を掲げるのは胸の高さ程度)
  • 乾杯のように盃を合わせることはしない(音も鳴らしません)
  • 乾杯とは異なり、献杯の発声後に拍手はしません
  • お酒を無理に飲むことは控える(お酒が苦手な方など、盃に口を触れるだけで済ませる)
  • 「献杯の音頭」」ではなく「献杯の発声」という言い方をする。
  • 献杯が終わるまでは食事に手をつけない

献杯の挨拶例文

ここではいくつかのパターンごとに献杯の挨拶例文を紹介いたします。

葬儀後の会食における献杯

喪主の献杯例文

喪主を務めました□□△△と申します。昨日、そして本日と皆様方のご参列を頂きまして、深く感謝申し上げます。

突然の逝去でありましたもので、まだ心もとない気持ちも残っているのが本音ではございますが、今後、残された母を支えながら、私達一同頑張っていく所存でございます。

あらためまして、これからも皆様方のご支援やご協力を頂ければ有り難く存じます。それでは皆様、献杯の御唱和をお願いいたします。献杯。ありがとうございました。

故人の親族の献杯例文

私は、故人の弟であります□□〇〇と申します。通夜、葬儀式・告別式と2日間にわたり、皆様方のご参列ありがとうございました。

兄はお祭りや花火大会など、とにかく賑やかなことが大好きな性格でした。兄もこのように皆様にお集まりいただき、きっと喜んでいることと思います。

ここに兄を偲んで皆様で献杯を行いたいと思います。それでは皆様、献杯の御発声をお願いいたします。献杯。ありがとうございました。

法事・法要後の会食における献杯

喪主の献杯例文

喪主の□□△△でございます。本日は父の一周忌法要にご参集いただき、誠にありがとうございました。

不思議なもので、今でもふと側に父がいるように感じることがあります。特に仕事で落ち込んでいるときは父の口癖だった「やるなら今だろ」という言葉が、父の声で耳の奥に響くように感じます。

今でも存在感のある父ですが、そのような父でいられたのもやはりこうしてお集まりくださる皆様方のお力添えがあってこそだったと思います。

ささやかではございますが御食事をご用意いたしまので、父を偲びながらお召し上がりいただければと思います。それでは皆様、献杯の御唱和をお願いいたします。献杯。ありがとうございました。

故人の親族の献杯例文

私は、故人の弟であります□□〇〇と申します。姉はとにかく優しい人柄であったのを思い出します。

今日も参列している甥っ子、姪っ子を見ていますと、なんとなくその優しい人柄を受け継いでいるのかなと感じることがあり、微笑ましく思います。

きっと姉もあちらの世界で、甥っ子、姪っ子含めて私たちを温かく見守っていてくれているのではないでしょうか。

それでは姉をお偲びいただき、皆様方には献杯の御唱和をお願いいたします。献杯。ありがとうございました。

最後に

「献杯」と「乾杯」言葉は似ているものの、その意味には大きな違いがあります。そして献杯の挨拶は、乾杯以上にその後の会食の雰囲気に大きな影響を与えるものです。 葬儀や法事の場面で、急遽献杯の挨拶をお願いされたときに今回の内容を参考にしてください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応