葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 遺族の対応
  3. 精進落としとは?流れやマナーについて解説

遺族の対応

精進落としとは?流れやマナーについて解説

精進落としとは?流れやマナーについて解説

精進落としと言えば、「葬儀の際に親族が集まっての食事」という認識を持ってはいても、精進落としにそもそもどういった意味があるのか、その流れやマナーなどについてよく知らないという人も少なくないのではないでしょうか。

本記事では、精進落としの意味、流れ、マナー、挨拶例などについて紹介します。

精進落としとは?

元来、精進落としとは、中陰の期間(魚や肉などの「なまぐさもの」を食べずに精進した期間)が終了し(=精進明け)通常の生活や食事に戻ることを指す言葉です。地域によっては精進上げや忌中祓い(きちゅうばらい)とも呼ばれます。

したがって、本来は「忌明け」をもって精進した期間に区切りをつけ、日常生活に戻ることが精進落としの役割と言えますが、今日ではもっぱら、初七日法要の後に振舞われる食事やその席のことを指すようになっています。

精進落としの意味

かつては身内が亡くなった際に四十九日法要までの服喪期間中は、仏教の思想に基づいて、肉・魚を断った「精進料理」を食していました

その精進した期間に区切りをつけ、日常の食生活に戻るという意味合いで四十九日の法要後に設ける会食の席を精進落としと呼んでいたのです。

しかし、現在では四十九日の忌明けまで待たず、初七日法要をもって精進期間は終了という考え方が一般的となり、精進落としという言葉の意味も、初七日法要を終えた後の会席を指すように変化しています。

本来は、故人が亡くなってから7日目に営まれる初七日法要ですが、今日では葬儀当日の火葬後、あるいは葬儀に組み入れる形で初七日法要を行うこと(繰り上げ法要・繰り込み法要)が一般的となっています。

この理由としては、葬儀から日がたたないうちに親族一同が再び集まるということが難しくなってきたことが挙げられます。

このように、初七日法要自体が前倒しで営まれるようになったため、初七日法要終了後の精進落としの意味合いも、初七日法要を含めた葬儀全体を終えた後、改めて故人を偲びながら食事を共にし、故人を縁とした遺族や親族同士が話をし、交わるという意味を持った宴席へと変わりました。

さらに近年では、法要に参加してくれた参列者や僧侶に対して感謝とねぎらいの気持ちを表すために振舞う食事のことを精進落としと呼ぶことも増えてきました。

元来の意味や実態から大きく変貌している精進落としではありますが、忌明けに当たっての節目として機能している点は変わりないと言えるでしょう。

関連記事

繰り上げ法要とは?初七日や四十九日法要、納骨の場合も紹介します

繰り上げ法要とは?初七日や四十九日法要、納骨の場合も紹介します

初七日や四十九日の法要・法事を行う日は、本来、宗教の教えによって決められています。 しかし近年は、参列者の都合などに配慮して「繰り上げ法要」を行う遺族も増えてきました。 忙しい現代社...

続きを読む

通夜振舞いとの違い

精進落としと似たような会席に、通夜の後に主催者によって振舞われる「通夜振舞い」があります。両者の違いについて確認しましょう。

参列者にも参加してもらうか身内だけか

通夜振舞いには一般参列者にも参加してもらうケースが多く、参加人数は流動的です。

一方、精進落としの席に参加するのは火葬場まで同行する人、つまり親族を中心とした近しい人と僧侶に限定され、参加人数はあらかじめ分かっています。

「供養」か「慰労」か

元来、通夜振舞いには、喪家が故人の成仏を願うお布施として人々に食事を振舞うという意味もありました。「ご供養になりますから」と食事の席を勧められるのはこうした理由です。

また参列に対する感謝のもてなしや、集まった人々が故人の思い出を語り合い偲ぶ席としての役割もあります。

同じように、精進落としも故人を偲ぶ席ではあるものの、実情としては僧侶や親族らの労を喪主が感謝しねぎらう宴席という色合いが強いと言えます。

大皿か御膳か

人数の正確な予測が難しい通夜振舞いでは、すしやオードブルといった大皿に載せた料理がテーブルに並びますが、精進落としは参加する顔ぶれがほぼ決まっているために人数を把握できることから、一人ひとり個別の御膳で提供されることがほとんどです。

精進落としの流れ

精進落としは一般的に1~2時間程度を目安として行われます。その流れを確認しましょう。

開始の挨拶

僧侶をはじめとした各出席者が着席したところで、喪主が挨拶を行います。葬儀が滞りなく完了できたことを出席者に報告するとともに、葬儀に参列してくれたことに対する感謝の意を伝えます。

献杯

会食の席では乾杯がつきものですが、精進落としの席では故人に敬意を表して杯をささげる「献杯」を行います。

あくまで故人にささげるためですので、静かに「献杯」と発声して杯をごく控えめに掲げるにとどめ杯と杯とを打ち合わせることや拍手もしません

大きな声で発声し、高々と掲げた杯を皆と打ち合わせ、最後に大きな拍手をする乾杯とは大きく異なる作法です。

なお、挨拶を行った喪主がそのまま献杯へと進める場合もあれば、別の人(多くの場合親族の誰か)が指名されて献杯の音頭を取る場合もあります。その場合、故人を偲ぶ言葉を織り交ぜた簡単な挨拶の後に、続けて献杯の発声を行います。

宴席の開始

献杯が終わったら、喪主や進行の担当者が出席者に食事を進め、皆で食事を開始します。食事が始まってしばらくしたら、喪主と遺族はお酌をしながら各出席者の席を回り、それぞれに参列のお礼や感謝を述べるのが通例です。

また精進落としは、実質的に僧侶や親族などの参列者に感謝し葬儀の労をねぎらう宴席ではあるものの、故人を偲ぶために設けられた場でもあります。みんなで故人の思い出を語りあうのも大切です。ただし、あまり騒がしくならないように気を付けましょう。

火葬中に精進落としを行うことも

地域によっては、火葬中に精進落としを行う場合もあります。火葬場で遺体を炉に納める儀式を行った後に一度控室に戻り、火葬の間に仕出しや折詰をいただくことで精進落としとします。

今後の法要の日時決め

精進落としの席は、その後に営まれる法要に出席してもらうことになるはずの僧侶や親族が一同に会する貴重な機会でもあります。

僧侶に法要や納骨といった今後の予定について尋ねておいたり、親族たちとおおまかな日程の相談をしておけば、その後の準備をスムーズに進められるでしょう。

後日改めて電話などで詳細を打ち合わせることになるでしょうから、必ずしも精進落としの席で法要について話し合う必要はありませんが、お互いにある程度の予定が分かっているほうが安心です。

終了の挨拶

1~2時間を目安に、出席者の食事の進み具合なども見計らい、喪主や遺族代表から精進落としを終了する旨の挨拶を行います。挨拶の中では再度、出席者へ感謝の気持ちを伝えましょう。

法要や納骨の予定がすでに決まっている場合は、このタイミングでアナウンスするとよいでしょう。

引き物・お供え物の配布

帰途に着く出席者に引き物を手渡します。フルーツやお菓子などのお供え物を人数分に分けて持ち帰ってもらうことも一般的です。

会場の出口付近で別れの挨拶をしながら手渡すこともあれば、紙袋にまとめたものを会食中の出席者の足元に置いて回るといったような方法で配られるケースもあります。

精進落としでの挨拶例

精進落としの席では、喪主により開始時と終了時に挨拶が行われます。それぞれの一例を以下に挙げます。

開始の挨拶

「本日は母〇〇のためにお集まりいただき、遺族を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。皆さまのおかげをもちまして、滞りなく葬儀ならびに初七日法要を執り行うことができ、亡き母も一安心していることと存じます。

ささやかではございますが、皆さまへの感謝の意を込めましてお食事をご用意いたしました。故人の思い出など語らいながら、おくつろぎになってお召し上がりいただければと存じます。本日は誠にありがとうございました」

献杯の挨拶

「故人〇〇の息子の△△でございます。皆さま本日はお忙しい中、母のためにお集まりいただきありがとうございました。久しぶりに皆さまにお会いすることができ、母もさぞ喜んでいることと思います。

まだ母が亡くなったことの実感が湧いていないのが正直なところではありますが、今後も残された家族一同支えあっていきたいと思っていますので、今後も皆さまのお力添えを賜りたいと思います。

今日は皆さまから、母のさまざまな思い出話をお聞かせいただければと思っています。

それでは皆さま、献杯のご唱和をお願いいたします。献杯」

終了の挨拶

「本日はお忙しい中、最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。

故人の思い出話などをもっとお聞かせいただきたいところでございますが、皆さまお疲れのところをこれ以上お引き止めするわけにもまいりませんので、この辺りでお開きとさせていただきます。

なお、四十九日法要につきましては改めてご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました」

関連記事

喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

喪主は葬儀の主催者であり、遺族の代表者です。ほとんどの場合、故人との関係性が深い人が務めます。そのような立場から、葬儀のさまざまな場面で故人に代わって、あるいは遺族を代表して挨拶することが求めら...

続きを読む

精進落としで振る舞う料理

精進落としで振舞われる料理の内容はどういったものでしょうか。また、注意点についても確認しておきましょう。

内容は基本的に自由

特に決まった形式があるわけではなく基本的に自由ですが、すしや天ぷら、または懐石料理といった料理が提供されることが多いようです。飲食店へ場所を移すのではなく葬儀会場で行う場合であれば、懐石膳のような和食の献立の仕出し弁当などが一般的です。

また、法要終了後の遺族をねぎらうという本来の意味から、比較的華やかなメニューが選ばれることも多いです。

本来は精進料理ですので野菜が中心ですが、現在では特にこだわらず肉や魚も供されます。

子供がいる場合は、子供用の膳も用意されているのでそれを注文するようにしましょう。

お酒を提供しても構いません。出席者にお酒を振舞えば、労をねぎらう意味合いが一層高まるでしょう。

出席人数を把握する

御膳で料理を出す場合、確実に人数分がないと困ります。出席人数をあらかじめ把握しておくとともに、急な人数変更に備えて、何時までであれば数量変更可能かをお店(または手配を行う葬儀社)に確認しておきましょう。

祝い事向きの食材は避ける

精進落としの料理に決まりはないといっても、祝い事に用いられる鯛や伊勢海老といった食材は使わないようにします。

仕出し弁当店が用意している精進落とし用のメニューから選ぶのであれば、そういったことも当然配慮されていますので、特に心配する必要はありません。

影膳を用意する

影膳(かげぜん)とは、故人へのお供えです。参列者にもてなすお膳と同じものを、遺影や遺骨の飾られた祭壇にお供えします。

精進落としのマナー

精進落としのマナーにはどういったものがあるでしょうか。

骨上げまで来てもらった方に声を掛ける

親族の他に、生前親しい付き合いのあった友人・知人などにも声を掛けることがある精進落としですが、どこまで声掛けすればよいか迷うこともあるかもしれません。

基本的な考え方としては、火葬場まで同行して骨上げ(お骨を拾って骨壺に納めること)をしてくれた方には声掛けします。

席次に注意する

精進落としの席には席次が存在し、好きなところへ座ってもらえばよいというものではありません。遺影に近い席が上座です。

僧侶を最上位の席へ、故人の友人・知人は来賓に当たりますので上座に案内するようにし、親族がそれに続き、遺族は一番下座に着席します。葬儀における会食の席では、遺族の立場はあくまでも「もてなす側」になるためです。

精進落としに出席しない僧侶には御膳代を渡す

予定が埋まっているなどして都合がつかず、僧侶が精進落としに出席しないというケースもあります。そうした場合には食事の代わりとして御膳代を包むようにします。

関連記事

お布施の相場はいくら?内訳や作法についても解説

お布施の相場はいくら?内訳や作法についても解説

お葬式に関する作法やしきたりがたくさんある中で、多くの方が困ったり悩んだりするものの一つがお布施です。仏教で葬儀や法要を行う場合には、寺院に対するお布施を用意しなければなりません。 しかし...

続きを読む

最長2時間程度でお開きとする

親族が集まる場は積もる話で何かと長引くことも少なくありませんが、1時間程度を目安に、長くとも2時間程度で終えるようにします。

前日の通夜、午前中の告別式から思いのほか疲れているものですし、高齢者や遠方からの出席者が多ければなおのことですので、その点も考慮しましょう。

料理を進められたら箸を付ける

料理を勧められたら、箸を付けるのが一般的なマナーとされています。無理のない範囲で用意された料理は食べるようにして、事情があって食べられない場合は、喪主や関係者にひと言伝えておきましょう。

地域によっては精進落としの形式が違うことも

地域によっては、一堂に会しての会食を行わず持ち帰り用の折詰を一人ひとりに渡すケースや、金品を包んで渡すケースもあります。どういった形式の精進落としを行うかは、地域の事情を把握している親族や葬儀社に相談するとよいでしょう。

精進落としに掛かる費用

精進落としの料理の一人当たりの相場は約3000円~8000円程度と言われますが、すし屋から出前を取ればそれなりの金額となり、高級料亭の個室で懐石料理となれば費用はさらに大きくなります。

一方、仕出し弁当であれば予算を抑えられることが多いようです。出席人数が多くなればそれだけ必要な費用が増えますので、その点も踏まえて料理内容を検討しましょう。

さらに、食事中にオーダーする飲み物の費用も別途必要となってきますが、ひと昔前に比べアルコール類の消費量は少なめの傾向です。

ただし、もともとお酒好きが多い家系であるといったようなケースでは、ある程度のアルコール代を見込んでおくのが無難と考えられます。

そして、精進落としに関連する費用で見落としてはいけないのが引き物の代金です。地域によっては引き物の習慣がないところもありますが全国的には約3000円~5000円程度が相場です。

また、招かれる側の親族や参列者の立場としては、精進落としに際して香典を用意すべきかどうかを迷うことがあるかもしれません。

本来は初七日の香典に含めた形で用意するものとされていましたが、初七日を葬儀と同日に行うことが多い昨今では、葬儀と初七日の香典を別で用意する必要はないという考え方が一般的です。

とはいえ、精進落としまで招かれている場合には、喪家の負担軽減のための食事代として、葬儀の香典に5000円~1万円程度多く包むとよいでしょう

また地域によっては用意するのが当たり前ということもあるようですので、不確かであれば葬儀社などに確認しましょう。

まとめ

現在では僧侶や参列者の労をねぎらうためのおもてなしの意味合いが強い精進落としですが、和やかなムードで故人の思い出話に花を咲かせることは何よりの供養ともなります。

また、遺された家族で力を合わせてやっていかなくてはならない喪主や遺族にとって、精進落としは一つの区切りです。

故人を偲びつつ、悲しみの中にも新たな一歩を踏み出すきっかけとして、穏やかな気持ちで精進落としに臨めるよう、今回の記事を念頭に置いておけば安心ですね。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 死亡届の提出先を詳しく解説

    死亡届の提出先を詳しく解説

    人が亡くなると、さまざまな手続きを行うことになります。その中で最初の手続きとなるのが「死亡届」です。死亡届は、その後のいろいろな手続きにつながる重要な書類です。 今回は死亡届について、その...

    遺族の対応

  • 死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    「死亡診断書」とは、読んで字のごとく、死亡を診断する書類であり、人が亡くなった際には法律上で必ず必要となる書類です。 死亡診断書が発行されて初めて法的に死亡が認められることになるため、家族...

    遺族の対応

  • 死亡届はいつまでに?提出先と必要な書類について分かりやすく解説

    死亡届はいつまでに?提出先と必要な書類について分かりやすく解説

    近親者が亡くなると、遺族は葬儀の準備に加えて、さまざまな法的な手続きも行わなければなりません。 死亡届の提出は、最も早く対処する必要がある手続きの一つで、万一提出が遅れると、罰則が適用され...

    遺族の対応

  • 死亡届の書き方とは?提出場所や期日なども紹介

    死亡届の書き方とは?提出場所や期日なども紹介

    「死亡届」は人が亡くなった際、最初に必要となる公的な書類です。 その後のさまざまな手続きでも必要とされることが多く、正確に記入して、期日までに所定の場所へ確実に提出しなければなりません。 ...

    遺族の対応

  • 忌引休暇の日数の目安は?挨拶マナーについても解説

    忌引休暇の日数の目安は?挨拶マナーについても解説

    大切な家族や親戚が亡くなったとき、喪主として葬儀を行うため、または葬儀に参列するために会社や学校を休まざるを得ないことがあります。 このようなときに利用されるのが忌引休暇ですが、身内に不幸...

    遺族の対応

  • 四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

    四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

    仏教徒の多い日本において、「四十九日」という言葉に耳なじみのある方も多いのではないでしょうか。 しかし、「四十九日」という言葉にどのような意味があるのか、四十九日法要を行うためにはどんな準...

    遺族の対応

  • 香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

    香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

    香典を受け取ったら、香典返しを贈るというのは、誰もが知っていることだと思います。 しかし、いざ自分が喪主や喪家の立場となると、いつ贈ればいいのか、どれくらいの額にすれば失礼がないのか、宗教...

    遺族の対応

  • 葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばよい?種類や費用相場も紹介

    葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばよい?種類や費用相場も紹介

    近親者が亡くなり喪主として葬儀を行った際には、参列に来てくれた方・香典を受け取った方に対してのお礼として、会葬返礼品や香典返しを渡します。 香典の金額は参列者によって幅がありますが、お礼は...

    遺族の対応

  • 遺骨ペンダントとは?手元供養について紹介

    遺骨ペンダントとは?手元供養について紹介

    「遺骨ペンダント」を知っていますか? お葬式のスタイルも多様化している昨今ですが、その後の供養方法も同様にさまざまなスタイルが見られるようになっています。 遺骨の行先といえば、昔は墓...

    遺族の対応

  • 初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介

    初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介

    「初七日」はその名前から、亡くなってから7日目の法要ということで知られています。しかし、7日目に催すことは少なく、名前と現実に食い違いがあります。 また、実際にどんなことをするのか、費用が...

    遺族の対応

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能/