葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 精進落としとは?流れやマナーについて解説

葬儀の知識

精進落としとは?流れやマナーについて解説

精進落としとは?流れやマナーについて解説

精進落としといえば、「葬儀の際に親族が集まってする食事」という認識を持ってはいても、精進落としにそもそもどういった意味があるのか、その流れやマナーなどについてよく知らないという人も少なくないのではないでしょうか。

本記事では、精進落としの意味、流れ、マナー、挨拶例などについてご紹介します。

精進落としとは?

精進落としとは、元来、精進期間(行ないを慎み、肉や酒を断ち、身を清める期間)が終了し(=精進明け)通常の生活や食事に戻ることを指します。

したがって、たとえば精進潔斎が必要な神事や祭礼などが終わった後に、肉食や飲酒を再開することも精進落としといえますが、今日ではもっぱら初七日法要の後に振る舞われる食事やその席のことを指すようになっています。

精進落としの意味

仏教の思想に基づいて、かつては身内が亡くなった際に四十九日法要までの服喪期間中は肉・魚や酒を断った食事である精進料理を食していました。

忌明けにそうした精進料理から普段通りの食事へと戻すことを精進落としと呼んでいたのです。

しかし、現在では四十九日の忌明けまで待たず、初七日法要をもって精進期間は終了という考え方が一般的となり、精進落としという言葉の意味も、初七日法要を終えた後の会席を指すように変化しています。

さらに、本来であれば故人が亡くなってから7日目に営まれる初七日法要ですが、今日では葬儀当日の火葬後あるいは葬儀に組み入れる形で初七日法要を行なうこと(繰り上げ法要・繰り込み法要)が一般的となっています。

葬儀からいくらも経たないうちに親族一同が再び集まるということが難しくなってきたことがその理由です。

このように、初七日法要自体が前倒しで営まれるようになったため、初七日法要終了後の精進落としの意味合いも、初七日法要を含めた葬儀全体を終えた後の慰労会的な宴席へと変わりました。

元来の意味や実態から大きく変貌している精進落としではありますが、服喪期間が明けるに当たっての節目として機能している点は変わりないといえるでしょう。

通夜振る舞いとの違い

精進落としと似たような会席に「通夜振る舞い」があります。両者の違いについて確認しましょう。

参列者にも参加してもらうか身内だけか

通夜振る舞いには一般参列者にも参加してもらうケースが多く、参加者数は流動的です。

一方、精進落としの席に参加するのは火葬場まで同行する人、つまり親族を中心とした近しい人と僧侶に限定され、参加人数はあらかじめ分かっています。

「偲ぶ会」か「慰労会」か

通夜振る舞いは、故人との思い出を語る場としての食事会という一種の「偲ぶ会」であるといえます。

精進落としも同様に故人を偲ぶ席ではあるものの、実情としては僧侶や親族らの労に喪主が感謝しねぎらう宴席という色合いが強いといえます。

大皿か御膳か

通夜振る舞いで出される料理は、大皿に載せたものがテーブルに並びますが、精進落としは、個別の御膳で供されることがほとんどです。

精進落としの流れ

精進落としは一般的に1~2時間程度を目安として行なわれます。その流れを確認しましょう。

開始の挨拶

僧侶をはじめ各出席者が着席したところで、喪主が挨拶を行ないます。葬儀が滞りなく執り行なわれたことを報告し、会葬に対する感謝の意を伝えます。

献杯

会食の席では乾杯がつきものですが、精進落としの席では故人に敬意を表して杯を捧げる「献杯」を行ないます。

あくまで故人に捧げるためですので、静かに「献杯」と発声し、杯をごく控えめに掲げ、杯と杯とを打ち合わせることも拍手もしません。

大きな声で発声し、高々と掲げた杯を皆と打ち合わせ、最後に大きな拍手をする乾杯とは大きく異なる作法です。

なお、挨拶を行なった喪主がそのまま献杯へと進める場合もあれば、別の人(多くの場合親族の誰か)が指名されて献杯の音頭を取る場合もあります。その場合、故人を偲ぶ言葉を織り交ぜた手短な挨拶に続けて発声します。

宴席の開始

精進落としは実質的に僧侶や親族はじめ、参列者に感謝し労をねぎらう宴席ではあるものの、故人を偲ぶために設けられた場でもありますので、故人の生前の思い出を語らいつつもあまり騒がしくならないように気をつけましょう。

喪主、遺族はお酌をしながら各出席者の席を回り、それぞれにお礼を述べるのが通例です。

今後の法要の日時決め

精進落としの席は、その後営まれる法要に出席してもらうことになるはずの僧侶や親族が一同に会する貴重な機会でもあります。

僧侶に法要や納骨といった今後の予定について尋ねておいたり、親族たちとおおまかな日程の相談をしておいたりしておけば、その後の準備をスムーズに進められるでしょう。

後日改めて電話などで詳細を打ち合わせることになるでしょうから、必ずしも精進落としの席で法要について話し合う必要はないともいえますが、お互いにある程度の予定がわかっているほうが安心といえます。

終了の挨拶

1~2時間を目安に、出席者の食事の進み具合なども見計らい、喪主から精進落としを終了する旨の挨拶を行ないます。

引き出物・お供え物の配布

帰宅の途につく出席者に引き出物を手渡します。大量にあるフルーツやお菓子などのお供え物を人数分に分けて持ち帰ってもらうことも一般的です。

会場の出口付近で別れの挨拶をしながら手渡すこともあれば、紙袋にまとめたものを会食中の出席者の足元に置いて回るといったような方法で配られるケースもあります。

精進落としでの挨拶例

精進落としの席では、喪主により開始時と終了時に挨拶が行なわれます。それぞれの一例を以下に挙げます。

開始の挨拶

「本日は母〇〇のためにお集まりいただき、遺族を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。皆様のおかげをもちまして、滞りなく葬儀ならびに初七日法要を執り行なうことができ、亡き母も一安心していることと存じます。

ささやかではございますが、粗餐をご用意させていただきました。故人の思い出など語らいながら、おくつろぎになってお召し上がりいただければと存じます。本日は誠にありがとうございました。」

終了の挨拶

「本日はお忙しい中最後までおつきあいくださいまして、誠にありがとうございました。

故人の思い出話などをもっとお聞かせいただきたいところでございますが、皆様お疲れのところをこれ以上お引き止めするわけにもまいりませんので、この辺りでお開きとさせていただきます。

なお、四十九日法要につきましては改めてご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。」

精進落としで振る舞う料理

精進落としで振る舞われる料理の内容はどういったものでしょうか。また、注意点についても確認しておきましょう。

内容は基本的に自由

特に決まった形式があるわけではなく基本的に自由ですが、飲食店へ場所を移すのではなく葬儀会場で行なう場合であれば、懐石膳のような和食の献立の仕出し弁当などが一般的です。

本来は精進料理ですので野菜が中心ですが、現在では特にこだわらず肉や魚も供されます。 子どもがいる場合は、子ども用の膳も通常用意されていますのでそれを注文するようにしましょう。

出席人数を把握する

御膳で料理を出す場合、確実に人数分がないと困ります。出席人数をあらかじめ把握しておくとともに、急な人数変更に備えて何時までであれば数量変更可能かをお店に確認しておきましょう。

祝い事向きの食材は避ける

精進落としの料理に決まりはないといっても、祝い事に用いられる鯛や伊勢海老といった食材は使わないようにします。

仕出し弁当店が用意している精進落とし用のメニューから選ぶのであれば、そういったことも当然配慮されていますので、特に心配する必要はありません。

影膳を用意する

影膳(かげぜん)とは、故人様へのお供えです。参列者にもてなすお膳と同じものを、遺影や遺骨の飾られた祭壇にお供えします。葬儀社から提案があるでしょうから、ぜひともお供えして差し上げましょう。

精進落としのマナー

精進落としのマナーにはどういったものがあるでしょうか。

骨上げまで来て頂いた方はお呼びする

親族の他に生前親しいおつきあいのあった友人・知人などをお呼びすることもある精進落としですが、どこまでお声がけすればよいものか迷うこともあるかもしれません。

基本的な考え方としては、火葬場まで同行して骨上げ(お骨を拾って骨壺に納めること)をしてくださった方にはお声がけします。

席次に注意する

精進落としの席には席次が存在し、好きなところへ座ってもらえばよいというものではありません。遺影に近い席が上座です。 僧侶を最上位の席へ、故人の友人・知人は来賓に当たりますので上座に案内するようにし、親族がそれに続き、遺族は一番下座に着席します。

精進落としに出席しない僧侶には御膳代を渡す

予定が詰まっているなどして都合がつかず、僧侶が精進落としに出席しないというケースもあります。そうした場合には食事の代わりとして御膳代を包むようにします。

最長2時間程度でお開きとする

親族が集まる場は積もる話で何かと長引くことも少なくありませんが、1時間程度を目安に、長くとも2時間程度で終えるようにします。

前日の通夜、午前中の告別式を経て思いのほかに疲れているものですし、高齢者が多ければなおのことですので、その点も考慮しましょう。

精進落としにかかる費用

精進落としの料理の1人当たりの相場は約3000~8000円程度といわれますが、寿司屋から出前を取ればそれなりの金額となり、高級料亭の個室で懐石料理となれば費用はさらに大きくなります。

一方、仕出し弁当であれば予算を抑えられることが多いようです。出席人数が多くなればそれだけ必要な費用が増えますので、その点も踏まえて料理内容を検討しましょう。

さらに、食事中にオーダーする飲み物の費用も別途必要となってきますが、ひと昔前に比べアルコール類の消費量は少なめの傾向です。

ただし、もともとお酒好きが多い家系であるといったようなケースでは、ある程度のアルコール代を見込んでおくのが無難と考えられます。

そして、精進落としに関連する費用で見落としてはいけないのが引き出物の代金です。地域によっては引き出物の習慣がないところもありますが全国的には約3000~5000円程度というのが相場です。

また、招かれる側の親族や参列者の立場としては、精進落としに際して香典を用意すべきかどうかを迷うこともあるかもしれませんが、基本的には不要です。

地域によっては用意するということもあるようですので、不確かであれば葬儀社などに確認しましょう。

まとめ

現在では僧侶や参列者の労をねぎらうためのおもてなしの意味合いが強い精進落としですが、和やかなムードで故人の思い出話に花を咲かせることは何よりの供養ともなります。

また、残された家族で力を合わせてやっていかなくてはならない喪主はじめ遺族にとって、精進落としは一つの区切りです。 故人を偲びつつ、悲しみの中にも新たな一歩を踏み出すきっかけとして穏やかな気持ちで精進落としに臨めるよう、ご紹介したようなことを念頭に置いておけば安心ですね。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応