葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 繰り上げ法要とは?初七日や四十九日法要、納骨の場合も紹介します

葬儀の知識

繰り上げ法要とは?初七日や四十九日法要、納骨の場合も紹介します

繰り上げ法要とは?初七日や四十九日法要、納骨の場合も紹介します

初七日や四十九日の法要・法事を行う日は、本来、宗教の教えによって決められています。

しかし近年は、参列者の都合などに配慮して「繰り上げ法要」を行う遺族も増えてきました。

忙しい現代社会らしい合理的な考え方といえますが、儀礼を欠くことなく営めるかどうか不安という方もおられることでしょう。

この記事では、繰上げ法要の意味や種類、準備、マナーなど、故人の冥福を祈る法要を行うために必要な知識を解説します。

繰り上げ法要とは

  繰り上げ法要についての基本的な知識を解説します。

繰上げ法要を理解するためには、法要・法事の持つ意味を知っておくことも大切です。

法要・法要とは

「法事」と「法要」は一般的には同じような意味で使われています。

しかし厳密にいえば、故人の冥福を祈って僧侶が読経を行う儀式を「法要」、会食を含めた行事のことを「法事」として区別します。

法要・法事は、故人の冥福を祈るための儀式で、追善供養とも呼ばれています。

仏教では、人が亡くなってからの49日間を「中陰」といい、故人の魂が成仏せずに現世にとどまっている期間とされています。

中陰の期間、故人は7日ごとに閻魔大王のお裁きを受け、49日目に行われる7回目のお裁きで、来世の行き先が決まります。

遺族は故人が極楽浄土に行けるように願って、「期日法要」と呼ばれる初七日や四十九日の法要・法事を営むのです。

さらに、四十九日以降も一周忌、三回忌などの「年忌法要」を営んで、故人の来世での精進を願います。

繰り上げ法要とは

  初七日や四十九日の法要の日程を繰り上げて、葬儀と同じ日に済ませることを繰り上げ法要といいます。

近年は、仕事の休みが取りにくい、遠方に住んでいるなどの理由で、遺族や親族が何度も集まることが難しく、葬儀と同日に初七日を行うことが一般的になってきました。

地域によっては、四十九日の忌明け法要の日程を繰り上げて、葬儀と同じ日に行うこともあります。

繰り上げ初七日の種類とは

  初七日の繰り上げ法要には、「戻り初七日(繰り上げ初七日)」と「式中初七日(繰込み初七日)」の2種類あります。

戻り初七日(繰り上げ初七日)

葬儀を行って火葬を済ませた後、再び葬儀場に戻って初七日法要を行います。

繰り上げ初七日というと、通常はこの戻り初七日のことを指します。故人の遺骨を迎えて行うことから、本来の初七日に近いともいえます。

火葬終了後に行うため、一般会葬者は参加せず、遺族と親族だけで行うのが主流です。

式中初七日(繰込み初七日)

葬儀に続いて初七日法要を行い、法要を終えてから火葬場へ向かいます。火葬の待ち時間に、精進落としを行う場合もあります。

葬儀の参列者がほぼそのまま参列するので、一般会葬者にとっては拘束時間が長くなってしまいます。

また、寺院や葬儀社によっては、火葬前に初七日法要を行わないこともあるので、事前の確認が必要です。

繰り上げ法要の準備とは

初七日を繰り上げて行う場合は、葬儀・告別式の準備に加えて、下記の準備や手続きが必要です。

寺院への連絡

葬式、告別式の読経をお願いする際に、同日に初七日法要を行うことを伝えます。また、式中初七日の場合は、対応いただけるかどうか確認する必要があります。

参列者への連絡

戻り初七日法要を営む場合は、会場を参列者に伝えるとともに、出欠確認を行います。

会食の手配

法要後の会食の場所を決めて予約を取ります。寺院や自宅などで会食を行う場合は、仕出し料理を予約しておきます。

一方、会食を行わない場合は、参列者の持ち帰ってもらう折詰の予約が必要となります。

引き出物の準備

参列者に持ち帰ってもらう引き物の準備をします。値段の相場は約2千~5千円で、海苔やお菓子など後に残らないもののほうが良いでしょう。

お布施の用意

葬儀と同日の法要となるため、お布施は葬儀のお布施に含まれていると考えて別に用意しないのが一般的です。

ただし、葬儀とは別会場に移動する必要がある場合は5千円〜1万円の「お車代」、会食に同席されない場合には5千円〜1万円の「お膳料」を準備しておきましょう。

繰り上げ法要の香典の考え方と香典返しとは

繰り上げ法要は、葬儀と同日に行われるため、香典や香典返しをどうすればいいか戸惑うことがあるかもしれません。

香典については、葬儀と法要それぞれに用意される方、葬儀には香典、法要には供物を用意される方など、さまざまです。

また、精進落としの会食の金額として、法事の香典を用意される方もあります。

都市部の場合は別に用意しないケースが多いので、不明な場合は確認するほうが安心です。

香典返しについても決まったルールがあるわけではありません。

葬儀と法要のそれぞれに香典をいただいた場合は、合計額に対する香典返しを用意するという方法と、葬儀と法要の香典それぞれに香典返しを用意する方法とがあります。

参列者全員に香典返しを用意しておき、高額の香典をいただいた方には、後日別の香典返しを用意するという方法もあります。

いずれにしても、これが正解という決まりはありません。

地域ごとに違いがあり、遺族の考え方も異なるので、お住いの地域のケースを参考にしながら、遺族や親族で相談して決めるようにしてください。

まとめ

法要は故人の冥福を祈る仏教行事で、追善供養とも呼ばれます。

初七日、四十九日など、本来は法事ごとにいつ営むかが定められています。

しかし、仕事が忙しい、遠方に住んでいるなどの理由で、葬儀とは別の日に揃って法要を営むことが難しい時代です。

そこで近年は、繰り上げ法要を選ぶ遺族が増えています。

繰り上げ法要とは、初七日の日程を繰り上げ、葬儀と同じ日に行うことです。

葬儀、火葬を済ませた後に初七日を営む「戻り初七日」と、葬儀に続いて初七日を行う「式中初七日」があり、一般に繰り上げ初七日という場合は戻り初七日を指します。

式中初七日については対応していない寺院や葬儀社もあるので、事前の確認が必要です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応