葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

葬儀の知識

香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

香典をいただいたら、香典返しを贈るというのは、誰もが知っていることかと思います。

しかし、いざ自分が喪主あるいは喪家の立場となると、いつ贈ればいいのか、どれくらいの額にすれば失礼がないのか、宗教・宗派特有のしきたりがあるのかなど、知らないこと、分からないことの多さに驚かれるのではないでしょうか?

この記事では、香典返しを贈る立場となった方のために、香典返しについてのさまざまな知識を解説します。

香典返しとは?

「香典返し」には、どのような意味があるのでしょうか?香典返しは、葬儀の際に故人にいただいた香典へのお礼として贈ります。弔辞を滞りなく終えたことを伝えるための贈り物でもあります。

一昔前まで、葬儀は式場ではなく、喪家で行われるものでした。遺族の経済的、心理的負担はいまよりずっと大きかったといわれています。 当時、香典は喪家の経済的な負担を少しでも軽減し、葬儀を出せるようにするためのお金で、親戚や近隣が香典を出し合って、喪家を支えました。

香典をいただいた喪家は、香典を出した家に不幸があった際には、同等のお金を香典として返す風習がありました。香典返しは、こうした相互に助け合う精神や、お返しの風習から生まれたと考えられています。

香典返しを贈る時期

前の項で解説した香典返しの意味を考えると、香典返しを贈るタイミングが自ずとわかると思いますが、香典返しは葬儀の際のサポートに対する喪家の感謝の意を表し、弔事を滞りなく終えたことを伝えるためのものです。

本来は、四十九日の忌明け法要が過ぎてから贈りますが、忌明けから1カ月以内を目安にするとよいでしょう。

神道の場合は五十日祭の後、キリスト教の場合はカトリックが30日目の追悼ミサの後、プロテスタントは1カ月後の召天記念日の後にそれぞれ贈ります。

ただし、四十九日の法要の際に参列者に手渡すことはしません。また、忌明けから1カ月を大幅に過ぎてしまった場合は、お詫びの言葉を添えて贈るようにしましょう。

香典返しは喪主が相手の家を直接訪ね、あいさつを添えて贈るものとされていますが、配送業者に依頼してあいさつ状とともに届けてもらうのが一般的です。

また近年は、葬儀当日に会葬御礼とともに参列者に手渡す「当日返し」も多くなっています。この場合、すべての参列者に同じものを贈ることになるので、高額の香典をいただいた場合は、後日、香典の額に見合うものを贈ります。

値段の違う品物をいくつか用意しておき、香典の額に応じて渡すのもひとつの方法です。

香典返しの金額相場

香典返しは「半返し」といわれるように、いただいた香典の額の半分から3分の1程度を目安に品物を選ぶのが一般的です。

神道やキリスト教でもこの半返しが一般的で、1万円の香典をいただいた場合は、4〜5千円の品物を贈ります。

一方、当日返しを行うと、いただいた香典の額と香典返しが釣り合わないことがあります。この場合は、後日、別の商品を用意して贈ります。

例えば、1万円の香典に対して2,500円の品物を当日に返した場合は、日を改めて1,500〜2,500円程度の品物を贈るとよいでしょう。

親族や親戚からの香典に対しては、必ず半返しにしなければならないということはありません。身内からの香典が高額な場合は、4分の1~3分の1くらいのお返しと、丁寧なあいさつ状を添えるなどして、感謝の気持ちを伝えましょう。

勤め先や取引先などから香典をいただいた場合は、企業の風土に合わせるのが一般的です。総務部などで、これまでの例を尋ねるとよいでしょう。

また、連名あるいは部署名でいただいた香典には、香典返しが必要ないこともあります。こうした場合には個別包装されたお菓子などを、人数に合わせて贈るようにしてください。

一方、会社の関係者から個人的に香典をいただいた場合は、一般の参列者と同様に香典返しを贈ります。

香典返しのマナー

掛け紙のマナー

仏式の香典返しには、一般的に熨斗はつけず、白と黒、藍色と銀色の水引がついた掛け紙を用います。また、蓮の絵が描かれた掛け紙は、仏式のみです。

一方、神式やキリスト教式の場合は、黄色と白の水引のついた掛け紙を使います。また、関西地方では仏式でも黄色と白の水引のついた掛け紙を使うことがあります。

表書きのマナー

「志」は宗教を問わずに使える表書きです。この他、仏式なら「忌明志」、関西から西日本では「満中陰志」、神式やキリスト教式では「偲び草」が一般的です。キリスト教式では「召天記念」と書くこともあります。 掛け紙の熨斗の下には、喪主の苗字を書きます。

品物選びのマナー

「不祝儀を残さない」という考え方から、香典返しには後に残らない品物が好まれます。お茶、コーヒー、海苔、砂糖といった食品や石鹸、洗剤といった日用品が定番です。

食品については、日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。肉や魚は「生臭もの」なので、避けるようにしてください。

また、日持ちするものでもお酒、慶事に使われることが多いかつお節や昆布も、香典返しにはあまり用いられません。

まとめ

香典返しは、葬儀の際にお世話になった方や遺族を支えてくださる方に、感謝をこめて贈るものです。四十九日の法要から1カ月以内を目処に、あいさつ状を添えて送るようにしましょう。

品物はいただいた香典の額の3分の1から半分程度を目安に選びます。「不祝儀を後に残さない」という考え方から、食品や日用品が好まれますが、 肉や魚といった生臭ものやお酒などの嗜好品は避けるようにしましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応