葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばいい?種類や費用相場も紹介します

葬儀の知識

葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばいい?種類や費用相場も紹介します

葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばいい?種類や費用相場も紹介します

近親者が亡くなり喪主として葬儀を行なった際には、参列にお越しいただいた方・香典をいただいた方に対して、お礼として会葬返礼品や香典返しをお渡しします。

いただく香典の金額は参列者によって幅がありますが、お礼はその金額に応じて準備しなくてはならないのでしょうか。

今回は、参列者に渡すために喪家側で準備する「会葬返礼品(会葬御礼)」と「香典返し」の内容や、その違いについてご紹介します。

会葬返礼品(会葬御礼)について

まず、会葬返礼品(会葬御礼)について説明します。

会葬返礼品とは

会葬返礼品(会葬御礼)とは、その名称が示す通り、葬儀にお越しくださった方々に感謝の気持ちを込めてお渡しする品です。

厳密には、通夜の弔問客用の「通夜返礼品」と、告別式の参列者用の「会葬返礼品」とがあるとされます。

しかし、通夜が実質的に「平日の日中に営まれる告別式には参列できない人向けのお別れの場」となっている今日では、通夜でも告別式でも同じ品を渡すのが一般的です。

渡すタイミングは当日

会葬返礼品は「お越しくださってありがとう」という意味合いの品ですので、お越しくださったその日、つまり通夜や告別式の当日に渡します。

受付で渡す場合と、焼香後に渡す場合の2通りがありますので、葬儀規模などを考慮してタイミングを決めましょう。

会葬返礼品の注意点

会葬返礼品には必ずお礼状(挨拶状)を添えるのがマナーです。

また、宗旨・宗派により異なるほか、近年では考え方の変化に伴い全体的に減少傾向でもありますが、清め塩が添えられる場合もあります。

会葬返礼品は、集まってくださった方全員にお渡しするもののため、予想される人数ギリギリの数しか用意していないと慌てることになります。ある程度の余裕を見て、多めに用意しておけば安心でしょう。

なお、弔問・参列という行為に対する感謝の意ですので、相手が香典を持参しているかどうかに関係なく渡すのが本来ですが、香典持参者に対してのみ渡されるケースも見受けられます。

会葬返礼品の種類や相場とは

会葬返礼品にはどういった品を選べばよいのでしょうか。また、相場についても確認しておきましょう。

「消えもの」が基本

葬儀は悲しみの儀式であることから、記念品のようになりかねない「後に残る品」は一般的に不適当とされています。

不幸を流すという意味でも、食品や日用消耗品といったいわゆる「消えもの」を選びましょう。

葬儀に集まる方々の年齢層や嗜好には幅があるという点からも、消費すればなくなる消えものが適当と考えられます。

「軽くて持ち運びに楽で、概ねどこの家庭でも使ってもらえそうな物」であれば基本的には問題ありませんが、昔からの定番品としては、お茶や日持ちする菓子類などが挙げられます。

また、消えものといえるかは微妙ですが、一定期間役立って長くは残らないタオルも、その実用性と軽さから選ばれることが多い品です。

最近では、相手の好みを問わず実用性があり、かつ軽量な品として、商品券などの金券類が選ばれることもあるようです。

相場は1,000円から2,000円程度

弔問客・参列者の立場などに関係なく、同一の品が一律で渡される会葬返礼品の相場は1,000円前後、せいぜい2,000円までといったところです。 受け取る側に気を遣わせてしまうような高額な品は避けましょう。

香典返しについて

葬儀参列者に渡される品として、会葬返礼品のほかに香典返しもあります。

香典返しとは

香典返しは、お香典をいただいた方に対するお礼として渡す品です。忌明けの報告を兼ねて贈られることも一般的です。

会葬返礼品同様に、香典返しにもお礼状を添えるようにします。

渡すタイミングは四十九日後、約1ヶ月後、当日のいずれか

香典返しを渡すタイミングには地域差などもあり一様ではありませんが、昔から広く採用されているのは四十九日の忌明け後です。

この場合、お香典へのお礼の言葉に加え、忌明けの法要を滞りなく営んだ旨の報告がお礼状に書かれます。

亡くなった人は即成仏すると説かれているため、四十九日の概念がない浄土真宗の門徒が多い地域や、三十五日法要が一般的な地域などでは、四十九日を待たず葬儀後約1ヶ月程度で香典返しが贈られる例も見られます。

そして、近年とりわけ増加傾向にあるのが、葬儀当日に渡す「即日返し」です。後日改めて郵送する手間が省ける点が、今の時代に合ったスタイルともいえるでしょう。

即日返しの場合、会葬返礼品と混同されがちですが、会葬のお礼とお香典のお礼とはあくまで別物であり、これらの2種類のお礼の品がたまたま同日に手渡されるということに過ぎませんので、注意が必要です。

香典返しの種類や相場とは

香典返しにはどういった品を選べばよいのでしょうか。また、相場についても確認しておきましょう。

消えものが基本だが、カタログギフトは可

会葬返礼品と同じで、香典返しについても後に残らない「消えもの」が基本です。

とはいえ、会葬返礼品よりも値の張る品となるケースが大半で、特に高額のお香典をいただいた場合には香典返しにもそれなりの金額のものが求められます。

そのため、必然的に有名店や高級ブランドの商品が選ばれがちですが、同じお金をかけるなら相手の気に入るものをという考えから、近年ではカタログギフトも定番となっています。

カタログギフトには必ずしも消えものばかりが掲載されているわけではありませんが、受け取った側が好みで選ぶ前提ですので、その点が問題視されることはないでしょう。

香典返しの相場は香典の金額の半分から3分の1

一般に香典返しは「半返し」といわれ、いただいたお香典の半額程度を目安とするのが主流ですが、香典返しの相場には地域差もあり、概ね3分の1程度ということもあります。

基本的には、その地域の傾向に合わせるのが無難です。

元来お香典は「葬儀で物入りな喪家を助けるため」「働き手を失った喪家の今後の生活の足しにしてもらうため」といった相互扶助の意味合いを持つものです。

そのため、たとえば一家の大黒柱が妻とまだ小さな子どもを残して亡くなった場合などには、必ずしも香典返しは必要ではありません。ただし、そうした場合にもお礼状を送るのがマナーとされています。

また、半返しが一般的な地域であっても、親族などからいただく高額の香典に対しては、半返しにこだわる必要はないとされています。

即日返しの場合は軽いものを

香典返しを即日返しとする場合、通夜や告別式の会場まで来てくださった方々に持ち帰っていただくことになります。

遠方から駆けつけてくださった方や、ご高齢の方もいらっしゃるはずですので、軽量なものを選ぶようにしましょう。

例としては、焼き菓子の詰め合わせやドリップコーヒーセットなどが挙げられます。また、かさばらないことからカタログギフトも重宝されています。

香典返しのマナーや金額の相場についてはこちらの記事でも解説しています。

関連記事

香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

香典をいただいたら、香典返しを贈るというのは、誰もが知っていることかと思います。 しかし、いざ自分が喪主あるいは喪家の立場となると、いつ贈ればいいのか、どれくらいの額にすれば失礼がないのか...

続きを読む

香典返しにおける即日返しのマナーとは

香典返しを即日返しで渡す場合のマナーについて確認しておきましょう。

香典返しの内容は一律

忌明け後など、葬儀後に改めて香典返しを贈る場合、いただいたお香典の金額に応じた品とするのが一般的です。

しかし、お香典を受け取ったその場で香典返しをお渡しする即日返しでは、そうした調整はできません。

そのため、いただいたお香典の金額にかかわらず、全員に一律の香典返しを手渡すことになります。 相場としては、2,000円から3,000円程度の品が一般的です。

高額の香典には後日改めて郵送する

葬儀当日に参列者全員に一律の香典返しを手渡す場合、高額のお香典をいただいた方に対するお礼としては不十分となってしまいます。

お香典の金額を確認した結果、葬儀当日に渡した香典返しの内容では明らかに不足すると判断される相手に対しては、後日改めて香典返しを郵送するのが一般的です。

まとめ

  • 会葬返礼品(会葬御礼)とは、葬儀に来てくれた人への感謝の気持ちを込めたお礼の品。
  • 会葬返礼品は葬儀当日に受付にて、または焼香後に手渡す。
  • 会葬返礼品の相場は1,000円前後。
  • 香典返しは、お香典をいただいたことに対するお礼の品。
  • 香典返しは四十九日の忌明け後や葬儀の約1ヶ月後に郵送するか、葬儀当日に手渡す。(即日返し)
  • 香典返しの相場は、いただいたお香典の半額から3分の1程度。即日返しの場合は一律2,000~3,000円程度の品が主流。
  • 香典返しを葬儀当日に手渡した場合でも、いただいたお香典が高額であった相手には、後日改めて香典返しを郵送するのが一般的。
  • 会葬返礼品・香典返しは、基本的に消えものを選ぶ。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能/