葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 死亡後の手続き。年金の支給停止手続きの方法、流れについて

葬儀の知識

死亡後の手続き。年金の支給停止手続きの方法、流れについて

死亡後の手続き。年金の支給停止手続きの方法、流れについて

ご家族がお亡くなりになると、葬儀の準備以外にもさまざまな手続きや対応に追われます。 そのひとつが、お亡くなりになったご家族が既に年金の支給を受けていた場合の年金支給停止手続きです。

本記事では、年金支給停止手続きについて知っておきたいこと、手続き期限、必要な書類などの他、未支給年金の請求や準確定申告などについて解説します。

年金の支給停止手続きについて

お亡くなりになったご家族の年金支給が既に開始していた場合、支給を停止するための手続きが必要です。

年金の支給停止手続きとは

公的年金の支給年数はあらかじめ決められておらず、受給者が生存中は継続して支給されます。逆にいえば、受給者が死亡した場合には受給の権利が消失し、支給も停止されます。

しかしながら、市区町村役場に死亡届を提出したからといって、それに連動して年金支給が自動的に停止されるわけではありません。そのため、別途必要となってくるのが年金の支給停止手続きです。

手続きとして、日本年金機構に年金受給権者死亡届(報告書)」を提出する必要があります。 ただし、故人のマイナンバーが収録されている場合は、原則としてこの手続きを省略することができます。

提出先・提出期限

年金の支給を停止するに当たっての必要書類提出先は、年金事務所または年金相談センターです。 故人が厚生年金受給者であった場合は死亡後10日以内に、国民年金受給者であった場合は14日以内に提出します。

必要な書類

年金の支給停止手続きに当たり提出が必要な書類は次のとおりです。

年金受給者死亡届(報告書)

日本年金機構ホームページよりダウンロード可能です。 2部必要なため、ダウンロードした場合は2枚記入することになります。複写式用紙を希望する場合は、ねんきんダイヤルに電話連絡して送付を依頼します。

故人の年金証書

「年金受給者死亡届(報告書)」と併せて提出します。

故人の死亡の事実を明らかにできる書類

戸籍抄本、住民票除票、死亡診断書(または死体検案書)のコピーなど、故人の死亡の事実がわかる書類を、年金受給者死亡届(報告書)に添付します。

年金停止手続きを忘れてしまったら?

年金の支給停止機手続きを忘れてしまい期限内に行なえなかった場合、どういった事態となるのでしょうか。

不正受給となる

年金の支給停止手続きをしない限り、故人の口座に年金が振り込まれ続けることになります。 死亡した時点で受給する権利はなくなっているにもかかわらず受給している以上、受給者の死後に支給された年金については不正受給とみなされます。 不正受給が判明すると、本来支給されるべきでなかった年金の一括返還が求められます。

詐欺罪で逮捕される可能性がある

年金受給者の死亡を故意に隠して年金を受け取り続けるなどの悪質な不正受給が判明した場合、詐欺容疑で逮捕される可能性があります。

国民年金法には、偽りその他不正な手段により給付を受けた者は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金という規定がありますが、厚生年金保険法には、不正受給した場合の具体的な罰則はありません。しかし、いずれも刑法が適用されることになるでしょう。

未支給年金の請求について

支給の停止手続きを取る一方で、未支給の年金の請求も行ないましょう。

未支給年金とは

制度上、公的年金は偶数月の15日付での後払いの形で支給されます。

そのため、新規の年金送金処理が停止されるタイミングと、故人の年金受取口座が名義人死亡を受けて凍結されるタイミングとの兼ね合いによっては、支給されるべき年金が口座に振り込まれないという事態が生じます。 こうした「支給されるべきなのにまだ受け取れていない年金」を未支給年金といいます。

また、受給者の死後に新規送金処理は停止されるにもかかわらず、亡くなった月の分については死亡日にかかわらず当月分の全額支給が定められています。(例・6月1日に亡くなった場合でも、6月分が全額支給される) したがって、仮に年金受取口座へ前月および前々月分の年金が問題なく振り込まれているとしても、未支給年金が必ず発生することになります。

未支給年金の請求方法

未支給年金は請求しなければ支給されませんので、年金を受給していた家族が亡くなった場合には忘れずに請求しましょう。 年金事務所、または年金相談センターに必要な書類一式を提出することにより請求できます。

必要な書類

未支給年金の請求に当たり提出が必要な書類は次のとおりです。

未支給【年金・保険給付】請求書

日本年金機構ホームページよりダウンロード可能です。 2部必要なため、ダウンロードした場合は2枚記入することになります。複写式用紙を希望する場合は、ねんきんダイヤルに電話連絡して送付を依頼します。

故人の年金証書

「未支給【年金・保険給付】請求書」と併せて提出します。

故人と請求者との関係が確認できる書類

戸籍謄本などを添付します。

故人と請求者とが生計を同じくしていた事実を確認できる書類

故人の住民票除票と、請求者の世帯全員の住民票を添付します。 住民票上は故人と請求者の住所が異なっているが実際には同居し生計を同じくしていた、あるいは別世帯ではあったが生計を同じくしていた場合は、その事情を知る第三者(民生委員・家主など)の証明書を添付します。

第三者の証明書を用意できない場合には、それに代わる書類として次のものの提出が必要です。

  • 健康保険被保険者証(扶養関係を証明する)
  • 給与簿や賃金台帳など(給与上で扶養手当の対象となっていたことを証明する)
  • 源泉徴収票や課税(非課税)証明書など(税法上の扶養親族となっていたことを証明する)
  • 預貯金通帳など(定期的な送金の事実を証明する)

なお、上記に挙げたような第三者の証明書に代わる書類については、コピーを提出してもさしつかえありません。

未支給年金の受取口座がわかるもの

請求者が受取口座として指定する金融機関の預貯金通帳またはそのコピー(金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人フリガナが記載された部分)を持参します。

未支給年金が受け取れる権利の順番について

未支給年金を請求できる人(請求権者)の範囲は法律で定められています。また、その請求権の順位も、故人との関係性により次のとおり決まっています。

  1. 配偶者
  2. 子ども
  3. 父母
  4. 祖父母
  5. 兄弟、姉妹
  6. その他3親等内の親族(子の配偶者、配偶者の父母、孫の配偶者、兄弟姉妹の配偶者、配偶者の兄弟姉妹、配偶者の祖父母、曾孫、曾祖父母、曾孫の配偶者、甥、姪、おじ、おば、甥・姪の配偶者、おじ・おばの配偶者、配偶者の曾祖父母、配偶者の甥・姪、配偶者のおじ・おば。配偶者の前婚における子など民法上における3親等内の親族も含む)

なお、上記の範囲に含まれる立場であっても、故人と生計を同じくしていなかった場合には請求できません。

準確定申告とは

故人が個人事業主、または公的年金などの収入が400万円を超えている場合は、準確定申告を行なわなければなりません。

準確定申告とは

年の途中に亡くなった人の確定申告(所得の申告と納税)を、相続人が行なう手続きのことを準確定申告といいます。

準確定申告の対象期間・申告期限

準確定申告の対象期間は、1月1日から死亡日までで、その期間の所得について手続きを行ないます。 通常の確定申告は翌年1月1日から確定申告期限(原則として翌年3月15日)までの間にしなければなりませんが、準確定申告については相続開始を知った日の翌日から4カ月以内が申告期限です。

亡くなったのが1月1日から確定申告期限(原則として3月15日)までの期間中であり、かつ生前に死亡年の前年分の確定申告をまだ済ませていなかった場合には、前年分についても申告が必要です。 前年分の準確定申告の申告期限も、相続開始を知った日の翌日から4カ月以内です。

準確定申告が必要な場合

基本的には確定申告を故人に代わり行なうのが準確定申告ですので、準確定申告が必要なケースというのは故人に確定申告の必要性があった場合ということになります。

代表的なものとして次のような場合が挙げられますが、その他のケースでも確定申告の必要性があったのであれば、準確定申告が必要となってきます。

  • 故人が個人事業主であった場合 ・給与が年2000万円を超えてあった場合
  • 2か所以上から給与を得ていた場合
  • 故人に公的年金などの収入が400万円を超えてあった場合 ・故人に雑所得以外の所得金額が20万円を超えてあった場合
  • 不動産等の賃貸収入、売却収入があった場合
  • 上場株式などの損益通算や繰越控除の特例を適用する場合
  • 生命保険や損害保険の一時金、満期金を受け取った人
  • 源泉所得税を徴収されていて、医療費控除などの所得控除を受ける場合

年金の源泉徴収票

公的年金の場合、支払者から交付される「公的年金等の源泉徴収票」が、準確定申告用の源泉徴収票として相続人に交付・郵送されます。 企業年金の場合、加入していた年金基金に連絡をし、年金受給停止手続きをとり、源泉徴収票を送付してもらう必要があります。

給与所得の源泉徴収票は従業員の死亡を受けて交付されますが、年金の源泉徴収票は年金支給停止手続きが行なわれてから準備されることになり、送付されるまでに2~3か月ほどかかるケースもあります。 準確定申告の期限は4ヶ月以内ですので、あらかじめ発送時期目安を確認しておくと安心でしょう。

公的年金の源泉徴収票が届くのが遅い場合については、年金事務所またはねんきんダイヤルに、企業年金の場合は企業の年金基金に問い合わせます。

まとめ

  • 故人が年金受給者であった場合、年金の支給停止手続きを行なう必要がある。
  • 手続きを行なわないと、故人(=受給者)の年金の支給が継続し、不正受給となってしまう。
  • 年金の支給停止手続きとは、具体的には「年金受給者死亡届(報告書)」の年金事務所または年金相談センターへの提出である。
  • 年金の支給停止手続きの期限は、厚生年金については死亡後10日以内、国民年金については死亡後14日以内。
  • 手続き時は、指定フォーマットの届け出用紙の他に、故人の年金証書ならびに死亡の事実を明らかにする書類の提出が必要。
  • 故人に受給権があったにもかかわらず生前に受け取れていない年金を未支給年金と呼び、生計を同じくしていた遺族・親族が請求できる。
  • 故人が行なう必要があった確定申告については、相続人が代わって行なう。(準確定申告)
  • 故人の源泉徴収票は、準確定申告用の源泉徴収票として相続人宛に送付される。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応