葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 三回忌法要に必要な準備とは?お布施の相場や三回忌法要に参加する際のマナーも紹介します

葬儀の知識

三回忌法要に必要な準備とは?お布施の相場や三回忌法要に参加する際のマナーも紹介します

三回忌法要に必要な準備とは?お布施の相場や三回忌法要に参加する際のマナーも紹介します

三回忌の法要は、仏教で葬儀を行った後に行われる年忌法要のひとつです。

基本的にはこれまで行ってきた四十九日法要や一周忌法要と変わる点はありませんが、準備や流れ、費用など、分からないことがたくさんあり、困る方が多くいるかもしれません。

今回は三回忌法要について解説してまいります。

三回忌の意味と行う日程について

最初に三回忌法要の意味など、基本的なところを確認しておきましょう。

三回忌とは

三回忌(さんかいき)とは、亡くなってから満2年目に到来する祥月命日(亡くなった日)のことを言います。

たとえば2018年1月10日に亡くなった方であれば、2020年1月10日が三回忌です。

これは、忌日は亡くなった日も1回に数えるためです。ですから、翌年の一周忌法要は言い方を変えると「二回忌」であり、その翌年に行われる法要が三回忌なのです。

三回忌法要には僧侶にお越しいただき、家族親族で集まり法要を営みます。場所は寺院、自宅、法事専門会館、葬祭ホールのいずれかで行うのが一般的です。

なお、三回忌の法要のように定められた年に行われる法要のことを「年忌法要」と言います。三回忌以降の年忌法要は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続きます。

一般的に年忌法要は、亡くなってから年数が経過するほど簡略化、省略化されていきますが、その中で三回忌の法要は僧侶や親戚にもお声掛けして、比較的盛大にきちんと行われる傾向があります。

三回忌法要を行う日

三回忌の当日(亡くなってから満2年目の祥月命日)に法要を行うことが、最も適切であると思われます。

しかし、もしもこの日が平日であれば、仕事や学校などで親戚や参列者も集まりにくく、三回忌当日に法要を行なえるとは限りません。このため、三回忌当日の手前の土日祝日などの集まりやすい日に法要が行うのが一般的です。

三回忌の施主は誰が務めるか

法要では、家族や親族の誰かが施主を務めます。

法要における施主とは、直接的な意味として「御布施をする人」ですが、実状としては「御布施を含めて法要の費用負担をし、法要を取り仕切る人」という立場となります。

一般的には葬儀で喪主を務めた人が、祭祀者としてその後の供養を中心的に行います。ですから、これに該当する人が三回忌の法要でも施主を務めます。

もし、三回忌法要を行うまでの間に葬儀で喪主を務めた人がお亡くなりになった場合、あるいは何らかの事情で施主を務められない場合には、その次に血縁的に近い方が施主を務めることになります。

施主を決定する際、あとあとトラブルにならないよう、充分に家族や親族間で話し合いましょう。

三回忌の流れ

ここでは、三回忌法要の流れについて紹介いたします。 なお地域や宗派、寺院などによって流れや費用は異なることもありますので、一例として捉えていただければと思います。

三回忌法要の流れ

1. 僧侶入場

2. 法要開始

僧侶が法要を始める旨の案内を行います。(僧侶による案内は無く、ここで施主が挨拶を行う場合もあります)

3. 読経・焼香

僧侶による読経です。読経中、参列者は施主から順番に焼香を行います。

4. 法話

法話とは、僧侶が主に仏様の教えに関してお話される時間です。

5. 僧侶退場

僧侶退場が退場して、法要が終わります。

6. 会食

会食を行う場所が離れている場合は移動します。 もしも自宅など、法要と同じ場所で会食をするのであればすぐにその用意に取りかかります。

会食が始まる前に施主が一言御礼の挨拶し、その後、家族や親族の代表者に「献杯」の発声(音頭)をいただきます。

三回忌法要の準備とは

三回忌法要を行うにあたって、僧侶や集まってくださる方々に失礼のないよう、充分な準備をしておくことが大切です。

日時および場所を決める

お越しいただく寺院、僧侶と相談して三回忌法要の日時や法要をどこで行うか決めます。自宅以外で行う場合には、寺院や法事専門会館などの空き状況も関係します。

特にお盆やお彼岸のシーズンと三回忌法要が重なる場合には、なかなか会場を抑えられないこともありますので、余裕を持って日時や場所を決めるようにしましょう。

会食の場所を決めて予約する

法要を行う場所とは別の場所に移動して会食を行う場合には、予め料理店の予約をしておきます。

寺院や自宅など、法要と同じ場所で引き続き会食を行うのであれば、仕出し業者などに予約注文をして、時間に合わせて配達してもらいましょう。

なお、寺院で会食を行う場合には、寺院で指定の仕出し業者が決まっていることがありますので、事前の確認が必要です。

必ずしも会食の席を設けなければいけないということはなく、数名の家族だけで法要を行う場合には省略されることも珍しくありません。

会食費用の相場は、料理と飲み物を合わせて1人当たり約3,500円~1万円です。

会食を行わない場合は、3回忌法要に参列してくださった家族や親戚に対して御礼としてカタログギフト、食事券、ギフトカードなどをお渡しする場合もあります。

返礼品を発注する

葬儀社、百貨店、贈答品専門店などへ返礼品の注文を行います。 頂く香典の2分の1~3分の1程度の金額の品物を用意しますので、約3千円~5千円ほどの返礼品を用意するケースが多く見られます。

のしの表書きは「志」または「粗供養」とし「◯◯家」と記載します。

参列者への案内状を送る

案内状は、返礼品を注文する業者に依頼をされる方が多数です。その他、葬儀社や仏壇仏具店でも案内状の作成が可能となっています。

三回忌のお布施とは

三回忌法要では、寺院に納める御布施の用意も忘れずにしておきましょう。ここでは、三回忌法要での御布施について説明してまいります。

三回忌法要のお布施の相場とは

地域や寺院によって変動しますが、三回忌法要での御布施の相場は約3万円~7万円です。

3万円、5万円、7万円というように割り切れない数字で用意する方が多いようです。

その他、寺院以外の場所で法要を行う場合、僧侶が自分の車やタクシーで法要会場まで来られるときには、御車代をお渡します。市内であれば5千円〜1万円が相場でしょう。遠方であればある程度の交通費を計算して包みましょう。

また、僧侶が会食に同席されなかった場合、あるいは会食自体を行わない場合も同様に、御膳料を用意します。御膳料は、約5千円~1万円が相場です。

お布施を渡すタイミングと渡し方

寺院で行う場合、法要前か法要後にお渡しします。

寺院以外の場合は、法要後にお渡しする方が良いでしょう。

御布施は直接手で持つのではなく、名刺盆や香典盆に載せるか、袱紗に載せて差し出すのがマナーです。

お布施の表書き

表書きは「お布施」または「御布施」とし、その下に「〇〇家」と書き入れます。

葬儀における香典は薄墨の筆記具を使用しますが、法要のお布施は通常の黒の筆記具です。

なお、御布施は奉書紙で包むか、市販の白無地の封筒を用います。

三回忌法要に参加する場合のマナーとは

故人に対しても、僧侶に対しても、家族や親族に対しても失礼のないよう三回忌法要におけるマナーを知っておくことも大事です。

ここでは三回忌法要でのマナーを紹介いたします。

案内状について

案内状を受け取ったら可能な限り速やかに返信をします。

一般的なマナーとして、返信はがきに表記されている自分に対する敬称は、二重線で削除してから返信を行います。

服装について

男女ともに喪服ではなく、黒や濃紺など暗めで地味な色合いの服装の着用が一般的です。

男性であれば、無地のブラックスーツに白ワイシャツ、黒ネクタイ、黒靴下、黒の革靴というスタイルがもっとも多く見られます。ブラックスーツ以外にも、深め濃い色合いの紺やグレー系のスーツを着られる方もいらっしゃいます。

女性も色合いは男性同様で、アンサンブル、ワンピース、スーツの着用が基本です。インナーやストッキングは無地で黒系統のシンプルなものを選びます。女性の靴は黒のパンプスが無難です。

なお、時計は派手なものを避け、アクセサリーは外しておくことがマナーです。ただし、結婚指輪とアクセサリーでも真珠および黒曜石は着けても良いとされています。

男性も女性も3回忌ともなりますと、喪服では堅過ぎる印象となりますので、喪服よりも少しカジュアル寄りにした装いをするというイメージで良いでしょう。

香典の相場や、香典袋について

香典についても確認しておきます。

香典の相場

三回忌法要に参加する際の香典の相場は、法要後の会食に参加される場合で約1万円~3万円です。

なお香典で包む金額は、死や苦しみなどの不幸ごとを連想させる4や9の数字を含まないようにしましょう。

香典の表書き

香典の表書きは「御仏前」もしくは「御香典」です。

表書きの下に自分の名前を書きますが、葬儀のときのように薄墨ではなく、三回忌法要では通常の濃さの筆記具を使用します。

参列出来ない場合の郵送

参列出来ないけれど気持ちとして香典を送りたいという場合には、郵送しても問題ありません。

郵送をする場合には現金書留を利用します。その際、手紙を添えて送ると丁寧な印象となります。

最後に

今回は、三回忌について解説してまいりました。

三回忌は亡くなってから満2年目に到来する祥月命日のことで、僧侶を呼び家族親族で集まって法要を行います。

一般的に多く見られる流れやマナーを解説いたしましたが、地域や寺院によって異なることもありますので、実際に三回忌法要を行う際には、寺院や地域の葬儀社などに詳細を確認しながら進めた方が良いでしょう。

三回忌法要を行う、または参加する際、今回の内容を参考にして頂ければと存じます。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応