葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 遺族の対応
  3. 四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

遺族の対応

四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

仏教徒の多い日本において、「四十九日」という言葉に耳なじみのある方も多いのではないでしょうか。

しかし、「四十九日」という言葉にどのような意味があるのか、四十九日法要を行うためにはどんな準備をして、当日はどう進行するのか、そして費用はどれくらい掛かるのかなど、詳しいことを知る人はそれほど多くありません。

本記事では、四十九日の意味や四十九日法要のマナーなど、四十九日法要に関する基本的な情報を紹介します。

四十九日法要は亡くなった日を1日目として49日目の「忌明け」に行うとされる重要な法要です(一部の地域では葬儀当日に行われることもあります)。準備に慌てることがないよう、あらかじめ必要な知識を備えておきましょう。

四十九日の意味とは?

そもそも「四十九日」という言葉にはどんな意味があるのでしょうか。仏教では、人は亡くなってから49日かけて極楽浄土へ仏様になるための旅をすると考えられています(「往生即成仏」の考えを基本とする浄土真宗は、考え方が異なります)。

それまでの期間は、7日ごとに閻魔様によって生前の行いを裁かれる審判を受け、7回目、つまり臨終から49日後の裁きで、極楽往生できるかどうかの最終審判が下ります

故人が浄土へと往生できるように、この期間は遺族も仏に供養し、自らの善行によって徳を故人に振り向けて祈ります。これは、存命中に悪行を重ねていた人でも、遺族が7日ごとに追善供養を行うことで、極楽往生が叶うと考えられているからです。

臨終から7日後の法要は「初七日」の法要です。審判が降る49日後には、最終的な裁きによって故人が無事に極楽浄土へ渡るよう祈るため、僧侶を招いて法要を催します。これが「四十九日法要」の本来の意味です。

かつては、こうした考え方に従って、7日ごとに法要が営まれました。しかし現在では、初七日、35日に当たる五七日(いつなのか)、49日に当たる七七日(なななのか)に営むことが一般的です。

また、四十九日は「満中陰」とも呼ばれます。

これは古代インドの輪廻転生に基づく考えで、臨終から次の生を得る間の期間を「中陰」と呼び、その期間は49日間であるとされるためです。中陰の期間は、7日ごとに中陰供養を行い、49日後は中陰が満ちる、あるいは終了するという意味からきています。

さらに、四十九日法要は「忌明け法要」とも呼ばれます。初七日から始まる中陰法要、そして満中陰の法要を行ったことで、故人は仏様の元へ旅立ち、遺族は通常の生活に戻ります。

このように、節目となる四十九日は、「中陰を終える」「中陰の日々が明ける」という意味からきているのです。

四十九日の数え方

「四十九日」は亡くなってから49日目とされています。ただし、地域によって亡くなった日の前日を1日目とするなど、日数の数え方が違うことがあるため注意が必要です。

通常は亡くなった日を命日として1日目と考えます。翌日は2日目、翌々日は3日目で、もし月曜日に亡くなった場合は、次の日曜日が初七日、7週目の日曜日が四十九日です。

例えば、5月1日が命日の方なら、6月18日が四十九日となります。

一方、関西地方では、亡くなった日から6日目に初七日の法要を行うことがあります。月曜日に亡くなった場合は、その週の土曜日が初七日に当たります。その後、毎週土曜日が中陰供養の日となり、7週目の土曜日が四十九日です。

こうした数え方は、関西地方の「逮夜(たいや)」という風習の影響といわれています。

逮夜とは「亡くなった日の前夜」という意味をもち、命日や七日ごとの忌日の前日を指す言葉です。関西地方では逮夜に法要を営むことが多いため、本来の日付より1日早い法要が定着しているのです。

かつては、前日の逮夜と当日の両方に法要を行いました。しかし、現在ではどちらかで法要を営むことが一般化しています。

また、四十九日が平日で親族が集まりにくいといった場合には、土・日曜にずらすことも可能です。この場合は、四十九日の日付より前倒しして法要を行います

四十九日までに必要な準備

四十九日の法要を営むためには、次の内容を確認して準備するとよいでしょう。

日程の候補を決める

まずは法要の日取りの候補を決めましょう。参列者の都合を考えて、多くの人が参列しやすい土・日曜や祝日を選ぶことが多くなっています。

ただし、本来の日付が休日に当たらないことはよくあります。こうした場合は四十九日より前の休日を選ぶのが一般的です。

会場を検討する

日取りの候補を決めたら、法要を行う会場を検討します。菩提寺がある場合は、寺院の本堂などで行うこともあります。

その他、自宅や葬儀会場、最近では「法事プラン」を用意しているホテルもあるので、出席者の数や飲食の手配、交通のアクセスなどを考えて、適した場所を選ぶとよいでしょう。

注意したいのは、僧侶の予定や会場の空き状況によって、希望の日取りに四十九日法要が行えないこともあるということです。このため、葬儀が終了したらすぐに調整を始めることをお勧めします。

寺院に対応可能か確認する

検討している日取りで寺院が対応可能か分かりませんので、僧侶に連絡してその日に対応できるのかを確認しましょう。会場寺院ともに問題ない日程があれば、その日程で確定できます。

菩提寺の僧侶の都合は重要ですので、可能であれば葬儀当日に相談しておくとよりスムーズです。

なお、四十九日に合わせてお墓への納骨を行う場合は、納骨法要の依頼も一緒に行いましょう

案内状を準備する

僧侶への連絡とともに、参列者に送付する四十九日の法要の案内状を作成し、できるだけ早く投函します。身内だけの法要の場合は、電話連絡で済ませることもありますが、日時・会場が明記された案内状があるほうが参列者も安心です。

お墓・納骨の準備をする

一般的に四十九日法要のタイミングで、納骨も同時に行う方が多いです。墓を新たに購入する場合は、どの墓地に納骨するのかやお墓のタイプなどを検討の上、購入手続きを行います。もともとあるお墓に納骨する場合は、墓石店に故人の名前や命日の彫刻を依頼しましょう。

いずれも時間がかかることなので、葬儀終了後早めに準備をすることをお勧めします。

また納骨する場合は、埋葬許可証が必要です。火葬場の認印が押された火葬許可証がそのまま埋葬許可証となりますので、手元にあるかを確認しておきましょう(埋葬許可証は骨壺が収められている木箱に入っているのが一般的です)。

関連記事

納骨式に掛かる費用相場とは?費用を安く抑える方法を紹介します

納骨式に掛かる費用相場とは?費用を安く抑える方法を紹介します

葬儀が終わった後、一般的には四十九日前後のタイミングで遺骨をお墓へと納めます。 葬儀は仏式で行う家庭が多いという現状の中で、遺骨をお墓へ納めるときも仏式の「納骨式」を行うケースが多く見られ...

続きを読む

位牌・仏壇を準備する

四十九日の法要が済むと、それまでの白木の位牌から本位牌に変える必要があります。位牌に戒名の文字入れを行うためには、1〜2週間ほど必要なので、間に合うように手配しましょう。

また、新たに仏壇や本尊を購入する場合も、四十九日法要に合わせて準備するとよいでしょう。法要の際は、僧侶に依頼して白木位牌から本位牌へ魂を移してもらい、仏壇や本尊の開眼法要を行います。

関連記事

位牌の相場や選び方とは?宗派による違いや準備のタイミングを紹介します

位牌の相場や選び方とは?宗派による違いや準備のタイミングを紹介します

身近な方が亡くなると、仏教では多くの場合、位牌を用意して仏壇に祀ります。 位牌を見たことがあっても、実際にどのような意味があるのか把握されている方は少ないでしょう。 この記事では、位...

続きを読む

料理・引き物を準備する

四十九日法要の後に行う会食、参列者に渡す引き物の準備もできるだけ早めに済ませておくことをお勧めします。法要を自宅で行う場合は仕出し料理を、法要を葬儀場などで行う場合はそこから近い料亭などを手配します。手配する際に「四十九日法要での利用」と伝えると、相手方もそれに適した内容の料理を準備してくれます。

最近では、会食をせずに引き物と一緒に折り詰めを渡すケースもあるので、親族と相談の上、どういった形で会食を行うか検討しましょう。

参列者に手渡す引き物は、基本的に後に形の残らない「消えもの」を用意します。海苔やお茶、お菓子などの食品や、タオルや洗剤といった日用品などが選ばれる場合が多いです。

関連記事

香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

香典を受け取ったら、香典返しを贈るというのは、誰もが知っていることだと思います。 しかし、いざ自分が喪主や喪家の立場となると、いつ贈ればいいのか、どれくらいの額にすれば失礼がないのか、宗教...

続きを読む

四十九日法要のマナー

服装のマナー

喪主や遺族は、通常は三回忌までは正式な喪服を着るものとされています。葬儀に参列する際に着用する一般的な喪服(準喪服)で問題ありません。参列者より簡略なものにならないよう、注意しましょう。

男性は黒のスーツまたは略礼服を着用して、ワイシャツは白、ネクタイ(結び方はプレーンノット)、靴、ベルト、靴下は全て黒のものを用意してください。ネクタイピンは光沢感のあるものが多いので着用は避けるのが無難です。ジャケットはシングルでもダブルでも構いません。

髪型は耳を出した清潔感のあるスタイルを心掛け、香りの強いワックスやジェルは使用を控えます。

女性は夏場でも露出はなるべく控え、長袖もしくは五分袖・七分袖で、膝が隠れる長さの喪服(ワンピース、スーツ、アンサンブル)を着用して、ストッキングや装飾品は黒のものを選んでください。靴は黒のパンプスが基本です。ただし、光沢のあるものやヒールの高いもの、つま先が出るものは避けてください。同様に光る金具がついたバッグ、キラキラとした時計なども避けたほうがよいでしょう。

髪が長い場合は黒いヘアゴムやバレッタなどのシンプルな髪留めで耳より下の位置でまとめます。

アクセサリーは、結婚指輪またはあまり派手でないパールやオニキスのものであれば問題ありません。

メイクをする場合もラメ感が強いような華やかなスタイルは避け、ナチュラルメイクを心掛けます。口紅はベージュに近い色味のものを使用すると、派手さを抑えつつ清潔感のある雰囲気になります。

子供は、学校指定の制服があればそれを着用します。制服がない場合、男子は黒、紺、グレーなどのブレザーとズボンを着用します。女子の場合も、黒、紺、グレーのワンピースまたはブレザーとスカートを着用します。

靴は、黒の革靴があればそれを履きます。持っていない場合は、白、紺、黒のスニーカーや普段使いの運動靴(派手な装飾や光る素材でないもの)でも問題ありません。

お布施のマナー

四十九日の法要の際に、僧侶に読経をお願いしたお礼としてお布施を包みます。表書きは「お布施」または「御布施」が一般的ですが、戒名をつけてもらう場合は「戒名料」でも構いません。葬儀の際は、表書きは薄墨を使って記載しますが、四十九日法要の場合は普通の濃さの墨で記載します。

金額は地域や僧侶と喪家との関係によって異なりますが、通常は3万円〜5万円を基準として、四十九日だけでなく開眼法要納骨なども同日にしたり、場所を移動する必要がある場合は、さらに多くの金額を包むようにします。

お布施の他にも、僧侶の会場までの交通費として「御車代」を、法要後の会食に参加されない場合は「御膳料」をそれぞれ用意します。お車代は5000円~1万円程度御膳料も5000円~1万円程度が相場と考えるとよいでしょう。

お布施はお経をあげてもらったことに対する「感謝の気持ち」、御車代は足を運んでくれたことへの「対価」となり、それぞれ包む意味合いが異なります。そのため「お布施」「御車代」「御膳料」はそれぞれ別の封筒に入れて渡すようにしましょう。

また、奉書紙を使うのが正式な包み方ですが、水引のない白い無地の封筒でも問題ありません

渡すタイミングは、読経を終えて僧侶が帰る際、会食をされる場合は食事を終えて帰る際が一般的です。

昔からの風習としては直接手渡しするのではなく、切手盆と呼ばれる小さなお盆または袱紗にのせて、表書きが僧侶から見て正面になるようにして差し出します。ただ、現在は手渡しでも問題はないでしょう。

「お勤めいただきありがとうございます。お供えください」と、お礼の言葉を添えるとよいでしょう。

関連記事

お布施をお渡しする際の挨拶とは?その際のマナーも紹介します

お布施をお渡しする際の挨拶とは?その際のマナーも紹介します

葬儀や法要など寺院に御布施を納める機会は、そうそう頻繁にあるものではありません。そのため「お布施を渡すときの挨拶やマナーはこうだ」と自信を持って言える方も少ないのではないでしょうか。 特に...

続きを読む

四十九日法要に掛かる費用

四十九日の法要に掛かる費用には、会場の使用料飲食費僧侶へのお布施引き物代などがあります。

会場の使用料

自宅以外で四十九日の法要を行うと、会場の使用料が必要になります。会場によって異なりますのでウェブサイトなどを確認するか、直接問い合わせて確認しましょう。寺院の本堂などを借りて行う場合も同様です。

なお、ホテルを使う場合は、「法要プラン」などとして、飲食費などとセットになっていることもあります。

飲食費の相場

飲食費は料理のグレードによって異なってきますが、1人当たり3000円~1万円が相場の目安です。参列する人数や顔ぶれなどを考えて、予算に合わせて決めましょう。

また、会食を行わない場合には、参列者に持ち帰ってもらう折り詰めなどの費用が必要になります。

飲食費は参列者が増えれば増えるほど高額になります。予算が気になる方は、事前に法要にどれぐらいの人数が参列するかをきちんと把握しておくことをお勧めします。

お布施の相場

前項でも紹介したように、四十九日法要のお布施の金額の相場は3万円〜5万円程度と考えてよいでしょう。納骨を同日に行う場合は納骨式のお布施としてさらに1万円〜5万円程度を包みます。また、御車代は5000円〜1万円程度、御膳料も5000円〜1万円程度が相場です。

引き物の相場

引き物は1人3000円ほどを目安に、会食を行うかどうか、あるいは料理のグレードとのバランスを考えて決めるとよいでしょう。

まとめ

四十九日は、故人の極楽往生の審判が下る日とされています。このため遺族は、初七日から7日ごとに供養を行います。

とりわけ49日目は、僧侶を招いて読経を依頼し、参列者に会食を振舞うなどして、盛大な供養を行い、故人の往生を祈ります。

慌ただしい葬儀前後の時間の中でも、大切な法要の準備をしっかりと進め、儀礼や地域の慣習にかなった儀式、真心のこもった四十九日法要が営めるように、この記事を参考にしてください。

関連記事

法事の意味と回数とは?年忌法要の計算方法や服装、食事の相場についても紹介します

法事の意味と回数とは?年忌法要の計算方法や服装、食事の相場についても紹介します

「『法事』という言葉は聞いたことはある」 「法事では何をするのか何となくは分かっている」 こういう人は多いと思いますが、いざ自分が施主となって法事を取り仕切る立場になったら、何をすれ...

続きを読む

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 死亡届の提出先を詳しく解説

    死亡届の提出先を詳しく解説

    人が亡くなると、さまざまな手続きを行うことになります。その中で最初の手続きとなるのが「死亡届」です。死亡届は、その後のいろいろな手続きにつながる重要な書類です。 今回は死亡届について、その...

    遺族の対応

  • 死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    「死亡診断書」とは、読んで字のごとく、死亡を診断する書類であり、人が亡くなった際には法律上で必ず必要となる書類です。 死亡診断書が発行されて初めて法的に死亡が認められることになるため、家族...

    遺族の対応

  • 死亡届はいつまでに?提出先と必要な書類について分かりやすく解説

    死亡届はいつまでに?提出先と必要な書類について分かりやすく解説

    近親者が亡くなると、遺族は葬儀の準備に加えて、さまざまな法的な手続きも行わなければなりません。 死亡届の提出は、最も早く対処する必要がある手続きの一つで、万一提出が遅れると、罰則が適用され...

    遺族の対応

  • 死亡届の書き方とは?提出場所や期日なども紹介

    死亡届の書き方とは?提出場所や期日なども紹介

    「死亡届」は人が亡くなった際、最初に必要となる公的な書類です。 その後のさまざまな手続きでも必要とされることが多く、正確に記入して、期日までに所定の場所へ確実に提出しなければなりません。 ...

    遺族の対応

  • 忌引休暇の日数の目安は?挨拶マナーについても解説

    忌引休暇の日数の目安は?挨拶マナーについても解説

    大切な家族や親戚が亡くなったとき、喪主として葬儀を行うため、または葬儀に参列するために会社や学校を休まざるを得ないことがあります。 このようなときに利用されるのが忌引休暇ですが、身内に不幸...

    遺族の対応

  • 精進落としとは?流れやマナーについて解説

    精進落としとは?流れやマナーについて解説

    精進落としと言えば、「葬儀の際に親族が集まっての食事」という認識を持ってはいても、精進落としにそもそもどういった意味があるのか、その流れやマナーなどについてよく知らないという人も少なくないのでは...

    遺族の対応

  • 香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

    香典返しのマナーとは?金額相場についても解説

    香典を受け取ったら、香典返しを贈るというのは、誰もが知っていることだと思います。 しかし、いざ自分が喪主や喪家の立場となると、いつ贈ればいいのか、どれくらいの額にすれば失礼がないのか、宗教...

    遺族の対応

  • 葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばよい?種類や費用相場も紹介

    葬儀の返礼品、香典返しは何を選べばよい?種類や費用相場も紹介

    近親者が亡くなり喪主として葬儀を行った際には、参列に来てくれた方・香典を受け取った方に対してのお礼として、会葬返礼品や香典返しを渡します。 香典の金額は参列者によって幅がありますが、お礼は...

    遺族の対応

  • 遺骨ペンダントとは?手元供養について紹介

    遺骨ペンダントとは?手元供養について紹介

    「遺骨ペンダント」を知っていますか? お葬式のスタイルも多様化している昨今ですが、その後の供養方法も同様にさまざまなスタイルが見られるようになっています。 遺骨の行先といえば、昔は墓...

    遺族の対応

  • 初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介

    初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介

    「初七日」はその名前から、亡くなってから7日目の法要ということで知られています。しかし、7日目に催すことは少なく、名前と現実に食い違いがあります。 また、実際にどんなことをするのか、費用が...

    遺族の対応

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能/