葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

葬儀の知識

四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

四十九日の意味とは?必要な準備やマナーについても解説

仏教徒の多い日本での「四十九日」は、耳馴染みのある言葉ではないしょうか。

しかし、どのような意味があるのか、法要を行うためにはどんな準備をして、当日はどう進行するのか、そして費用はどれくらいかかるのかなど、詳しいことを知る人はそれほど多くありません。

葬儀後1カ月程度、場合によっては同時に執り行われることが多い法要なので、慌てることがないよう、あらかじめ必要な知識を身につけておきましょう。

四十九日の意味とは?

「四十九日」にはどんな意味があるのでしょうか。仏教では、人は亡くなってから49日後に仏さまのもとへ旅立つと考えられています。

それまでの期間は、7日ごとに閻魔様の審査を受け、7回目、つまり臨終から49日後の裁きで、極楽往生できるかどうかの最終審判が下ります。

故人が浄土へと往生できるように、この期間は遺族も善行を行い、祈ります。たとえ存命中に悪行を重ねた人でも、遺族が7日ごとに追善供養を行うことで、極楽往生が叶うと考えられているからです。

臨終から7日後の法要は、「初七日」の法要です。審判が降る49日後には、故人のために僧侶を招いて法要を催します。これが「四十九日法要」の本来の意味です。

かつては、こうした考え方に従って、7日ごとに法要が営まれました。しかし現在では、初七日、35日にあたる五七日(いつなのか)、49日にあたる七七日(なななのか)に営むことが一般的です。

また、四十九日は「満中陰」とも呼ばれます。 これは、臨終から49日後までの期間が「中陰」であるためです。中陰の期間は、7日ごとに中陰供養を行い、49日後は中陰が満ちる、あるいは終了するという意味からきています。

さらに、四十九日法要は「忌明け法要」とも呼ばれます。初七日からはじまる中陰供養、そして満中陰の法要を行ったことで、故人は仏様のもとへ旅立ち、遺族は通常の生活に戻ります。

このように、節目となる四十九日は、中陰を終える、中陰の日々が明けるという意味からきているのです。

四十九日の数え方

「四十九日」は亡くなってから49日目とされています。ただし、地域によって日数の数え方が違うことがあるため注意が必要です。

通常は亡くなった日を命日として1日目と考えます。翌日は2日目、翌々日は3日目で、もし月曜日に亡くなった場合は、次の日曜日が初七日、7週目の日曜日が四十九日です。

一方、関西地方では、亡くなった日から6日目に初七日の法要を行うことがあります。月曜日に亡くなった場合は、その週の土曜日が初七日にあたります。その後、毎週土曜日が中陰供養の日となり、7週目の土曜日が四十九日です。

こうした数え方は、関西地方の「お逮夜(おたいや)」という風習の影響といわれています。

お逮夜とは初七日、四十九日、一周忌といった供養日の前夜のことで、関西地方では法要などの前夜に飲食の席を設けて供養を行います。このため、本来の日付より1日早い法要が定着しているのです。

かつては、前日のお逮夜と当日の両方に法要を行いました。しかし、現在ではどちらかに法要を営むことが一般化しています。

四十九日までに必要な準備

四十九日の法要を営むためには、次の内容を確認して準備するとよいでしょう。

日程の候補を決める

まずは法要の日取りの候補を決めましょう。参列者の都合を考えて、多くの人が参列しやすい土曜、日曜・祝日を選ぶことが多くなっています。

ただし、本来の日付が休日に当たらないことはよくあります。こうした場合は四十九日より前の休日を選ぶのが一般的です。

会場を検討する

日取りの候補を決めたら、法要を行う会場を検討します。菩提寺がある場合は、寺院の本堂などで行うこともあります。

その他、自宅や葬儀会場、最近では「法事プラン」を用意しているホテルもあるので、出席者の数や飲食の手配、交通のアクセスなどを考えて、適した場所を選ぶと良いでしょう。

注意したいのは、僧侶の予定や会場の空き状況によって、希望の日時に四十九日が行えないこともあるということです。このため、葬儀が終了したらすぐに、調整を始めることをおすすめします。

寺院に対応可能か確認する

検討している日取りで寺院が対応可能か分かりませんので、僧侶に連絡してその日に対応可能か確認しましょう。会場・寺院共に問題ない日程があれば、その日程で確定できます。

なお、四十九日に合わせてお墓への納骨を行う場合は、納骨法用の依頼も必要です。

案内状を準備する

僧侶への連絡とともに、参列者に送付する四十九日の法要の案内状を作成し、できるだけ早く投函します。身内だけの法要の場合は、電話連絡で済ませることもありますが、日時・会場が明記された案内状があるほうが安心です。

お墓を準備する

四十九日法要のタイミングで、納骨も同時に行う方が多いです。その場合はどの墓地に納骨するかや、お墓のタイプなど検討の上、間に合うように準備しておきましょう。

位牌・仏壇を準備する

四十九日の法要が済むと、それまでの白木の位牌から本位牌に変える必要があります。位牌に戒名の文字入れを行うためには、1〜2週間ほど必要なので、間に合うように手配しましょう。

また、新たに仏壇を購入する場合も、四十九日法要に合わせて準備するとよいでしょう。法要の際は、僧侶に依頼して白木位牌から本位牌へ魂を移してもらい、仏壇の開眼法要を行います。

料理・引出物を準備する

四十九日法用の後に行う会食、参列者に渡す引出物の準備もできるだけ早めに済ませておくことをおすすめします。最近では、会食をせずに、引出物と一緒に折り詰めを渡すケースもあります。

四十九日法要のマナー

服装のマナー

喪主や遺族は、通常は三回忌までは正式な喪服を着るものとされています。参列者より簡略なものにならないよう、注意しましょう。

男性は黒のスーツまたは略礼服を着用して、ワイシャツは白、ネクタイ、靴、ベルト、靴下はすべて黒のものを用意してください。ジャケットはシングルでもダブルでも構いません。

女性は夏場でも長袖で、膝が隠れる長さの喪服(ワンピース、スーツ、アンサンブル)を着用して、ストッキングや装飾品は黒のものを選んでください。靴は黒のパンプスが基本です。 ただし、光沢のあるものやヒールの高いもの、つま先が出るものは避けてください。

同様に光る金具がついたバッグ、キラキラとした時計なども避けたほうがよいでしょう。アクセサリーは、結婚指輪またはあまり派手でないパールやオニキスのものであれば問題ありません。

子どもは、学校指定の制服があれば着用します。制服がない場合、男子は黒、紺、グレーなどのブレザーとズボンを着用します。女子の場合も、黒、紺、グレーのワンピースまたはブレザーとスカートを着用します。

靴は黒の革靴があればそれを履きます。持っていない場合は、白、紺、黒のスニーカーでも問題ありません。

お布施のマナー

四十九日の法要の際に、僧侶に読経をお願いしたお礼としてお布施を包みます。表書きは「お布施」または「御布施」が一般的で、葬儀の際の薄墨ではなく、普通の濃さで書きます

金額は地域や僧侶と喪家との関係によって異なりますが、通常は3万〜5万円を基準として、四十九日だけでなく開眼法要や納骨なども同日にしたり、場所を移動する必要がある場合は、更に多くの金額を包むようにします。

お布施の他にも、僧侶の会場までの交通費として「お車代」を、法要後の会食に参加されない場合は「御膳料」をそれぞれ用意します。お車代は会場までのタクシー料金を参考に、御膳料は会食のランクなどに合わせて決めるとよいでしょう。

「お布施」「お車代」「御膳料」はそれぞれ別の封筒に入れるのが昔からの風習ですが、現在では一つの封筒にまとめてお渡ししても大丈夫です。また、奉書紙を使うのが正式な包み方ですが、水引のない白い無地の封筒でも問題ありません。

渡すタイミングは、読経を終えて僧侶がお帰りになる際、会食をされる場合は食事を終えて帰られる際が一般的です。

昔からの風習としては直接手渡しするのではなく、切手盆と呼ばれる小さなお盆または袱紗にのせて、表書きが僧侶から見て正面になるようにして差し出します。ただ、現在は手渡しでも問題はないでしょう。

「お勤めいただきありがとうございます。お供えください」と、お礼の言葉を添えるとよいでしょう。

四十九日法要にかかる費用

四十九日の法要にかかる費用には、会場の使用料、飲食費、僧侶へのお布施、引出物代などがあります。

会場の使用料

自宅以外で四十九日の法要を行うと、会場の使用料が必要になります。会場によって異なりますのでWebサイトなどを確認するか、直接問い合わせて確認しましょう。寺院の本堂などを借りて行う場合も同様です。

なお、ホテルを使う場合は、「法要プラン」などとして、飲食費などとセットになっていることもあります。

飲食費の相場

飲食費は料理のグレードによって異なってきますが、1人あたり3千円~1万円が相場の目安です。参列する人数や顔ぶれなどを考えて、予算に合わせて決めましょう。

また、会食を行わない場合には、参列者に持ち帰ってもらう折り詰めなどの費用が必要になります。

お布施の相場

前項でもご紹介したように、四十九日方法のお布施の額は、葬儀のお布施の1割程度を目安にするとよいといわれています。

葬儀の際のお布施は、平均で40万円程度なので、四十九日のお布施は3〜5万円程度と考えてよいでしょう。また、お車代は5千円〜1万円程度、御膳料は5千円〜2万円程度が相場です。

引出物の相場

引出物は1人3千円ほどを目安に、会食を行うかどうか、あるいは料理のグレードとのバランスを考えて決めるとよいでしょう。

まとめ

四十九日は、故人の極楽往生の審査が降りる日とされています。このため遺族は、初七日から7日ごとに供養を行います。

とりわけ49日目は、僧侶を招いて読経を依頼し、参列者に会食をふるまうなどして、盛大な供養を行い、故人の往生を祈ります。

慌ただしい葬儀前後の時間の中でも、大切な法要の準備をしっかりと進め、儀礼や地域の慣習にかなった儀式、真心のこもった四十九日法要が営んでいただけるよう、ぜひこの記事を参考にしてください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応