葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

葬儀の知識

危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

近しい方が危篤状態になってしまった際は、気が動転してしまって「何をしていいかわからない」という状態になるかもしれません。

しかしそのような中でもやらなければならないことは多くあります。

この記事では、いざという時に慌てることがないよう、危篤の際に家族がすべきこと、心構え、注意すべきポイントなどをまとめました。

危篤とは

「危篤」とは、病状が悪化して、意識がなくなり、いつ亡くなってもおかしくない状態のことを指します。

症状には波があるので、意識を取り戻すケースもありますが、基本的には回復を期待できない状態といえます。

「危篤です」と医師に告げられると、誰もが思うのは、亡くなるまでどれくらいの時間があるのか、ということです。

しかし、危篤の状態が続く時間には個人差があり、医師にもわからないのが現状です。

若い人の場合は、危篤の状態が長い傾向ですが、危篤と告げられて数時間で亡くなってしまうことや10日以上危篤状態が続くといったこともあります。 通常は、短くて半日、長くても2、3日以内と考えるのが妥当でしょう。

身内が危篤時の心構えとは

危篤を告げられると、誰もが慌ててしまい、悲しみのあまり取り乱すこともあると思います。

こうした時に大切なのは、前項で述べたように「危篤」とはどういう状態を指しているかを理解して、臨終に立ち会う、最期を看取るという覚悟を持つことです。

医療機関などから知らせを受けたら、何を差し置いても、急いでご本人の元へ向かうようにしてください。

危篤状態になると生命が尽きていくのを止めることは、ほぼ不可能です。臨終に立ち会えなかったことを後悔することがないよう、とにかく迅速に用意をして病院などへ向かいましょう。

可能なら、2、3日分の泊まり込みの準備をすると良いのですが、これも絶対ではありません。

準備に手間取って遅くなってしまうおそれがあるなら、準備は後回しでも構わないでしょう。

身内が危篤時に伝えるべき相手やマナー

病院などから「危篤」の知らせを受けたとき、誰にどのような方法で伝えれば良いでしょうか。注意点も含めて説明します。

危篤の知らせを伝えるべき相手は

危篤の知らせを受けたら、自身が病院などへ急ぐとともに、他の人にも危篤であることを伝えなければなりません。通常、危篤の知らせは下記の範囲に伝えるべきとされています。

  •  同居の家族
  •  三親等以内の親族
  •  危篤者と親しい友人、知人

また、危篤者が現職など、必要と判断した場合には勤務先への連絡もおこないます。

ただし、必ずしもこの範囲にとらわれる必要はありません。危篤の連絡で優先すべきは「最期に立ち会っていただきたい人」です。

血縁の濃さだけで決めてしまわずに、おつきあいの度合いを考えて、危篤者が最期に会いたいと思う人、看取りに立ち会ってもらいたい人へ、迅速に連絡しましょう。

とはいえ、あまりにたくさんの人が病室に来ると、他の入院患者や病院の迷惑になるおそれもありますので、注意しましょう。

こうした時に、慌ててしまって連絡が漏れたり、連絡を取りたい相手がわからなかったりすることがないよう、事前に住所録などを用意しておくと良いでしょう。

また、本人の意識があるうちに、いざという時は誰に知らせてほしいのか、確かめておければ連絡先に迷うことがありません。

危篤を伝える方法は

危篤の連絡は急を要することなので、電話で伝えるようにします。一刻を争うことなので、夜中や早朝であっても、電話をかけても構いません。

固定電話で連絡がつかないときは、携帯電話にかけるようにしましょう。相手が電話に出ない場合は、留守番電話にメッセージを残します。

また、電話で連絡が取れないときなどは、必要に応じてメールやSNSも併用して連絡します。

相手が電話に出たら、早朝や深夜なら「こんな時間に申し訳ありません」と一言添えたうえで、下記の内容を簡潔に伝えましょう。

  • 危篤になっている人の氏名
  •  連絡しているのは誰で、ご本人とはどんな関係なのか
  •  どこに来てもらいたいか

遠方の方への伝え方

遠方の方はすぐに駆け付けるのが難しいので、危篤の連絡をする場合には配慮が必要です。

わかる範囲で危篤者の状況を伝えるとともに、すぐに病院などに来てもらうのか、追っての連絡を待ってもらうのか、判断してください。

遠方から来てもらい、宿泊が必要になった場合には、交通費や宿泊費を負担しなければならないこともあります。

連絡の際に配慮が必要な人

遠方でない場合でも、高齢者や病気療養中の人、産前産後の人への連絡は慎重に行ってください。精神的なショックを受けて、体調に悪影響を及ぼす心配があるからです。

ご本人とのつきあいの深さや、その人の気持ち、状況などを察して、すぐに連絡すべきか、連絡しないのか決めてください。

身内が危篤時に電話で伝える場合の会話例

電話で危篤を知らせる際には、どのような内容をどのような言葉で伝えればいいのか解説します。

電話の内容と会話例

電話で伝えるべき内容は、下記になります。

  • 急な電話のお詫び 早朝、深夜の連絡の場合には、「朝早くすみません」「夜分におそれいります」といった一言を添えてください。
  • 危篤者の名前 ・危篤者と連絡している人との関係
  • 危篤者の状態、症状 ・息のあるうちに会ってほしいとのお願い(または、まずは連絡のみを差し上げたという主旨の言葉)
  • 危篤者の病院名、住所、病室、連絡先、交通機関、面会可能時間など
  • 連絡している人の電話番号(携帯電話など)

実際の会話例(親が危篤の場合)

『夜分に(朝早く)恐れいります。◯◯◯◯の息子(娘)の△△◯と申します。 昨年より入院中でした父の症状が急変し、危篤状態になりました。

現在は意識がない状態で息も弱く、主治医には一両日が山といわれています。 日頃から◇◇さんの話をよく聞いていたので、父に会って欲しいと思いご連絡をさせて頂きました。

よろしければ、父の息のあるうちにひと目会っていただけませんでしょうか?

こちらは○○市の□□病院□号室です。
住所は◯◯で、面会時間は何時~何時までです。

どうぞよろしくお願いいたします。 私の電話番号は◯◯です。』

このように危篤者の名前、連絡者の名前、病院名や所在地、面会時間などは忘れず伝えてください。

 

相手が電話に出ず、留守番電話にメッセージを吹き込んだ場合は、先方から電話がかかってくることがあるので、着信があったら出て、上記の内容を伝えます。

実際の会話例(勤め先への連絡)

『○○部の△△です。

実は、入院しておりました○○の容態が昨晩急変いたしまして、危篤状態となっております。

主治医によると、今日、明日が山という状態ということです。

○○部長をはじめ、会社の方々にはいろいろとご迷惑をおかけいたしますが、取り急ぎご連絡をと思い、お電話差し上げました。』

勤め先への連絡は、最期の立会いをお願いするものではないので、親族や親しい友人のような緊急性はありません。

とはいえ、仕事を休むことで、業務に影響が出る可能性もあるので、早めに直属の上司に連絡してください。

直属の上司が不在の場合は、総務課の担当者や同僚に伝えます。 電話連絡が可能な時間帯なら、電話で伝えるようにします。

休日や終業後も、常識的な時間内なら電話連絡をしても問題ありません。

一方、早朝や深夜、休日などの場合は、取り急ぎメール連絡をした上で、電話連絡が可能な時間帯に電話をかけると良いでしょう。

実際の会話例(現職の人が危篤になった場合)

『いつもお世話になっております。○○部〇〇の妻です。

昨夜○○が突然倒れ、危篤状態になりました。主治医によると、一両日が山だということです。

会社の方々にはご迷惑をおかけすることになり、誠に申し訳ございません。

取り急ぎ、連絡を差し上げました。状況を見て、また連絡させていただきます。 どうぞ、よろしくお願いいたします。』

身内が危篤時にメールで伝える場合の文例

病院などから危篤の連絡を受けた場合、近年はメールで危篤を知らせることも少なくありません。

身内が危篤状態になった際、メールで伝えるべき内容や文例を見てみましょう。

親族、友人・知人へのメール

メールで伝えるべき内容は下記です。メールの場合も、伝えるべき内容は電話と基本的に同じです。

  •  急なメールのお詫び 「電話がつながらない」など、メールで連絡している理由も併せて記載します。
  • 危篤者の名前 ・危篤者と連絡している人との関係
  • 危篤者の状態、症状
  • 息のあるうちに会ってほしいとのお願い(または、まずは連絡のみを差し上げたという主旨の言葉)
  • 危篤者の病院名、住所、病室、連絡先、交通機関、面会可能時間など
  • 連絡している人の連絡先

実際の文例(親が危篤の場合)

『夜分遅くに申し訳ございません。

先ほど電話で連絡を差し上げました○○○○の長男の□□でございます。 電話がつながらないようなので、メールにて失礼いたします。

昨年より入院しておりました父の容態が急変し、危篤状態となっております。

現在は、意識がなく、主治医によると持って一両日ということです。 ぜひ、息のあるうちに一目会っていただけないでしょうか。父もさぞ喜ぶことと思います。

入院先は△△市△△の△△病院、△△病棟△階の△△号室です。 一般の面会可能時間は〇時から〇時までですが、時間外窓口で事情を伝えると入れていただけます。

このメールをご覧になられましたら、私の携帯電話090-××××-××××までご一報いただければ助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。』

仕事関係へのメール

仕事関係へのメールに記載すべき内容は下記の通りです。

臨終に立ち会ってもらうことはほとんどないので、仕事への支障を詫びるとともに、スムーズに業務が遂行できるように必要な事項を伝えます。

  • 早朝、深夜のメールのお詫び
  • 誰が危篤状態にあるのか 仕事関係へのメールでは、危篤者の状態などを詳しく説明する必要はありません。
  • 自分がどこにいるのか
  • 連絡先(携帯番号など)
  • 休みの要望と休みが延びるかもしれないことに対するお詫び
  • 業務の引き継ぎなど

実際の文例(親が危篤の場合)

『○○部長 ○○部の○○です。夜分遅く(朝早く)メールで失礼します。

私事ながら、父(母)が危篤との連絡が病院からあり、これから入院先へ向かいます。急なことで誠に申し訳ありませんが、数日の休みをいただきたく存じます。

容態によっては休みが延びるかもしれませんが、何卒ご容赦ご理解くださいますようお願いいたします。

現在、私が担当しております○○の案件は、□□さんに一時的に引き継ぎをお願いたしたく存じます。

何かありましたら、私の携帯電話(090-××××-××××)にご連絡いただければと思います。 どうぞ、よろしくお願いたします。』

自分が不在の間も、業務が遂行できるように、担当している仕事については引き継ぎをお願いするなどして対処します。また、緊急時の連絡先についても、はっきりと伝えておくようにしましょう。

危篤状態は、長くても2〜3日程度ですが、場合によっては1週間以上一進一退を繰り返すこともあります。

こうした場合は、危篤人の様子を見ながら、会社に連絡して、業務の進行について上司と相談するのが望ましいといえます。

実際の文例(祖父、祖母が危篤の場合)

『○○部長 ○○部の○○です。夜分遅い時間に誠に申し訳ありません。

私事ながら、同居の祖父(祖母)が危篤状態となりました。

つきましては、付き添いのため明日は休みをいただきたく存じます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

詳細は改めてお電話を差し上げます。 何かありましたら、私の携帯電話(-××××-××××)にご連絡をお願いいたします。

何分、急なことで申し訳ありません。よろしくお願い申し上げます。』

家族の危篤に対して忌引き休暇を適用する会社は、それほど多くなく、祖父母となると忌引きにするのは難しいのが現状です。

このため、祖父母が危篤状態になった場合は、仕事を休めないと考える人もいるかもしれません。

しかし、家族の危篤に対して、どう臨むかはあくまで個人的な問題ですので、付き添いたいと思うのなら、上司に連絡して休みの取得を願い出ましょう。

同居の有無など祖父母との親密性に触れると、付き添いたいという思いがスムーズに伝わります。

身内が危篤時にLINEなどのSNSで伝える場合の注意点

これまで、危篤の連絡は電話や電報が適切と考えられていました。しかし、インターネットが普及した現代においては、電話にこだわりすぎると不便なところがあります。

危篤の連絡で大切なことは、迅速、かつ正確に相手の危篤の状況について伝えることです。

しかし、ほとんどの人が携帯電話を持つ現在、固定電話では連絡がつきにくく、電報も現代の時間感覚では時間がかかります。 そのため、メールでの連絡に加えて、近年ではLINEなどのSNSで危篤の連絡をすることが増えているのは自然なことといえます。

こうした状況を考えると、普段からLINEなどのSNSを使って連絡をしている相手ならば、SNSで危篤連絡をしてもマナー違反には当たらないでしょう。

ただし、電話やメールでの連絡と比べて、くだけた印象を与えてしまうこともあるので、SNSを利用する際は次の点に気をつけてください。

・簡潔に伝える

電話で連絡すると、相手は病院名などメモを取りながら聞くことになります。一方、SNSなら後で確認することができるので、できるだけ簡潔に伝えるようにしましょう。

伝える内容は、電話やメールでの連絡と同様、危篤者の氏名、危篤者の容体、立会い希望の有無、病院名、連絡先などです。

・ フルネームを伝える

SNSといえども、危篤の連絡には危篤者と連絡者のフルネームを伝えなければなりません。

・情報の拡散希望の有無、範囲をきちんと伝える

情報を拡散できるのがSNSの特徴です。情報を拡散しても構わないのかどうか、また、拡散する場合はどの範囲までなら良いのか、しっかりと伝えておかないと不本意な広がり方をするおそれがあります。

まとめ

「危篤」は、症状が悪化して意識がなくなり、いつ亡くなってもおかしくないという状態のことです。基本的に回復は見込めず、早ければ半日、長くても2〜3日で最期を迎えることがほとんどです。

病院などから危篤の連絡があったら、家族は急いで危篤者のもとへ向かいます。同時に、最期に立ち会ってほしいと考える人に、迅速かつ正確に危篤連絡をおこなってください。

連絡は基本的に電話でおこない、早朝や深夜でも遠慮をする必要はありません。電話で連絡がつきにくい場合は、メールなども併用してできるだけ早く危篤の事実を伝えるようにしましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応