葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

葬儀の知識

喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

喪主は葬儀の主催者であり、遺族の代表者です。ほとんどの場合、故人との関係性が深い人が務めます。そのような立場から、葬儀のさまざまな場面において故人に代わって、あるいは遺族を代表して挨拶することが求められます。

しかし、そういった機会は滅多にあるものではなく、戸惑われる方も少なくないでしょう。本記事では、喪主の挨拶が求められる場面、挨拶の内容、挨拶する際のマナー、例文についてご紹介します。

喪主の挨拶を行なう場面

葬儀全体の流れの中で、喪主が挨拶を行なう場面は複数あります。どういった場面があるのかを確認しておきましょう。

通夜式の終了時

通夜式を終えたら、弔問客に対し挨拶を行ないます。また、翌日以降に予定されている葬儀・告別式の日程や場所についても案内します。

続けて通夜振る舞いを予定している場合には、それについての案内も行なうとスムーズです。

通夜振る舞いの開始時

通夜後の通夜振る舞いの席にて、その開始時に(必要であれば終了時にも)挨拶を行ないます。

お斎(おとき)とも呼ばれる飲食の席は仏事の一種であり、故人の供養の意味がありますが、弔問客をもてなし謝意を表す意味合いもありますので、くつろいで召し上がってもらいたい旨を伝えます。

告別式終了時(出棺時)

告別式を終えると、ご遺体を火葬場に移します。その際喪主はじめ遺族も同行しますが、移動の車に乗り込む直前に参列者への挨拶を行ないます。(告別式中に挨拶を行なう場合もあります)

精進落としの席

元来、精進落としとは四十九日の忌明けとともに精進料理から通常の食事へと戻すことを指しましたが、時代の変化とともに初七日法要の宴席を指すようになり、さらにその初七日法要も葬儀当日に火葬場から戻ったタイミングで執り行なわれるようになりました。

精進落としの席を設ける際、その開始時と終了時に挨拶を行ないます。通常、一般参列者は火葬場まで同行しませんので、挨拶する相手は親族だけということが多いようです。

喪主の挨拶で話す内容

喪主という立場での挨拶には、どういった内容が求められるのでしょうか。決まりは特にないものの、盛り込んでおきたい内容もありますので、そうした各内容を確認しておきましょう。

故人との関係

地域性などにもよりますが、通夜や告別式の場に居合わせる人たちが皆顔見知りということは滅多にありません。 そのため、挨拶のはじめにまず、喪主と故人との関係性(夫、妻、子など)を何らかの形で明らかにしておきます。

弔問・参列へのお礼

故人を見送るために来てくださった方々へ遺族を代表し、また故人に代わってお礼を述べます。

生前の厚意へのお礼

遺族を代表し、また故人に代わり、故人に対する生前の厚意に対し、感謝の気持ちを伝えます。

故人の生前のエピソード

決まり文句ばかりで構成され、ほぼ定型文のようになる場合が大半の喪主の挨拶ですが、故人の生前のエピソードだけは別です。告別式終了時の挨拶や精進落としの席での挨拶中で触れられるケースが多く見られます。

故人の人となりを語るエピソードは必ず盛り込まなくてはいけないというものではありませんが、故人の人柄を示すような話や生前の様子などを話すことで、家族として故人に寄せる愛情や想いを伝えることになります。

また、故人の人生を豊かにしてくれた周囲の方々の厚意に対し、改めて感謝することにもつながるでしょう。

今後について

残された家族はこれから心を強く持って生きていかなくてはなりません。遺族への温かな支援を弔問客・参列者にお願いします。

喪主の挨拶のマナー

喪主としての挨拶、言い換えれば葬儀の場での挨拶のマナーや気をつけたいことなど、どういったことがあるでしょうか。確認しておきましょう。

忌み言葉や重ね言葉を使わない

不吉さをイメージさせる言葉(忌み言葉)や、人が亡くなるという不幸が重なることを連想させる言葉(重ね言葉)は用いないようにし、必要であれば他の言葉で言い替えます。 そうしたNGワードの例として、以下のようなものが挙げられます。

  • 落ちる
  • 消える
  • 迷う
  • 重ね重ね
  • いよいよ
  • ますます
  • たびたび
  • 繰り返す、繰り返し
  • 返す返すも
  • 再び
  • 次々
  • 続く、続き、続いて
  • 追う、追って

生死に関する直接的な言葉を使わない

ストレートに生死を表す言葉も、その生々しさから使うべきではないと考えられています。 たとえば「死ぬ」の代わりに「亡くなる」や「逝去する」、「生きていたとき」の代わりに「生前」や「元気だった頃」など、直接的でない言い方をするようにします。

簡潔にまとめる

挨拶は丁寧でなくてはなりませんが、長々と述べることは避けましょう。 特に位牌を手に持った状態で行なう出棺時の挨拶の場合、参列者も(多くは屋外に)霊柩車を見送るために立って待っている状態です。手短に済ませるようにしましょう。

喪主の挨拶例文

挨拶に定まった形があるわけではありませんが、葬儀の場での挨拶に盛り込むべき内容があり、決まり文句も存在します。基本的にはそうした例文を用いて構成しましょう。

場面ごとの挨拶文を、あくまで一例ですが、ご紹介します。

通夜式終了時の挨拶例文

本日は父〇〇のためにお越しいただき、誠にありがとうございました。

心臓の具合が悪くなり、ひと月ほどの間入院しておりましたが、昨日未明に息を引き取りました。故人が生前に賜りましたご厚誼と、入院中のご丁寧なお見舞いに、故人に代わり厚く御礼申し上げます。

なお、告別式は明日午前10時より執り行なう予定でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。別室に粗餐を用意しておりますので、ご都合がよろしければぜひお召し上がりいただきたく存じます。

本日は誠にありがとうございました。

通夜振る舞い開始時の挨拶例文

本日はご多忙のところお運びいただきまして、誠にありがとうございました。

このように皆様にお集まりいただき、賑やかなことの好きだった父もさぞ喜んでいることと存じます。お時間の許す限り、おくつろぎになってお召し上がりいただけましたら幸いです。

告別式終了時(出棺時)の挨拶例文

本日は母〇〇の告別式にご参列いただき、ありがとうございました。

ガーデニングが趣味だった母は、亡くなる前日も庭に出て草花の手入れをしておりました。翌朝そのまま目覚めることなく、家族が様子を見にいったときには冷たくなっておりましたが、最期は安らかな顔をしておりました。

若い頃にはいろいろと苦労もあったようですが、最後まで好きな庭いじりをして静かに旅立ちました母は恵まれた晩年を過ごせたと思います。これも皆様のご厚情の賜物と心より感謝申し上げます。

母亡き後も変わらぬご厚誼を賜りますよう、なにとぞお願い申し上げます。本日はお忙しい中最後までお見送りいただき、誠にありがとうございました。

精進落としの席(開始時)の挨拶例文

父〇〇の葬儀に際しまして、皆様方には大変お世話になりました。

おかげさまをもちまして、通夜ならびに告別式を滞りなく済ませることができました。父もホッとしていることと思います。改めてお礼申し上げます。 ささやかではございますがお食事を用意いたしましたので、ごゆっくりとお召し上がりになりながら、故人の思い出話などお聞かせいただけましたら幸いです。

最後に

喪主はじめ遺族が家族を失いつらい思いをしているということは、その場の誰もがわかっています。よどみなく話す必要などありません。 手にした原稿を読み上げても失礼には当たりませんし、挨拶文を考えることがどうしてもできないのであれば、葬儀会社側で適当な例文を用意してもらいましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応