葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

葬儀の知識

葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

葬式の食事は伝統やしきたりにのっとったものなので、それぞれに意味やルール、マナーがあります。参列者をもてなす喪家は、こうしたことを理解した上で、食事を振舞うことが求められます。

この記事では、葬式での食事について知っておきたいことを紹介します。葬式の準備を進める際のガイドとして役立てください。

葬式での食事はいつ行う?

葬式の食事には「通夜振舞い」と「精進落とし」があります。それぞれがどのタイミングで振舞われるのかを紹介します。

通夜振舞い

「通夜振舞い」とは、通夜の弔問客に出される食事を指します。軽い食事やお酒を出して、弔問に対する感謝の気持ちを伝え、故人の思い出を語り合って、亡き人を偲ぶしめやかな席です。

参列する際は、飲み過ぎや食べ過ぎに注意し、忙しくしている遺族に配慮して長居をせずに頃合いを見て失礼するようにします。

なお、葬式の世話役やお手伝いの人は、参列者ではなく「裏方」という位置付けなので、通夜振舞いに同席はしません。別室に仕出し弁当か通夜振舞いの料理と同じものを用意して、交代で食べてもらいます。また、お手伝いの方々へは、弔問客の方々が全員帰った後にねぎらいの意味も込めてお酒などをお出しし、もてなすようにします。

最近は、通夜振舞いは行わずに、弔問客に折り詰めや粗供養の品を持ち帰ってもらうこともあります。キリスト教では前夜式を行いますが、派手な通夜振舞いは好まれません。

精進落とし

「精進落とし」は、葬式や初七日法要の際に、お世話になった方や親族に振舞う食事のことです。

本来は、臨終から49日目の四十九日法要の際に提供される食事のことでした。

しかし、時代の流れとともに初七日法要の後に供されるようになり、近年では葬式と同じ日に初七日法要を行うことが増えたため、火葬の待ち時間や火葬が済んだ後に振舞うことが多くなっています。

遺族が参列者に感謝するために供される食事なので、会食中、遺族は参列者の一人ひとりに酌をしながらお礼を述べます。

葬式での食事の意味

「通夜振舞い」「精進落とし」は、どちらも仏教の教えに基づいています。このため、食事を振舞うこと、食事をすることに意味があります。

通夜振舞いの意味

「通夜振舞い」は、通夜の弔問に訪れた人に感謝の気持ちを託した食事です。さらに、故人とともにするこの世で最後の食事という意味や、通夜の穢れを払うという意味も含んでおり、「通夜振舞い」の席では日本酒やビールなどのお酒も食事とともに提供されます。

通夜振舞いは「お斎(おとき・おとぎ)」と呼ばれることもあります。

お斎には、仏様と仏弟子がともに食事をするという意味があり、飲食を楽しむための会食ではありません。法話を聞いたり、亡き人を偲んだりする仏事の一つです。

そのため、決して派手になったり、にぎやかに語り合ったりする時間と捉えないように心掛けましょう。

精進落としの意味

精進落としは、僧侶や親族、参列者など、葬式や初七日の法要でお世話になった方々に、お礼として振舞う食事です。遺族は参列者の一人ひとりにお礼を述べるため、会食中は酌をするなどして席を回ります。

もともと「精進落とし」という言葉には、四十九日の忌明けを迎えて、遺族が肉や魚を避けた精進料理から通常の食事に戻るという意味があります。

その昔、死の穢れは火を通して広がると考えられていたため、喪家の人たちが炊事をはじめ生活のなかで火を使うことを避ける「別火(べっか)」という風習がありました。

精進落としとは、この別火の生活から、通常の生活に戻ることを表しているのです。

葬儀での食事で振舞う料理

葬儀で振舞う食事には、どんな料理が選ばれるのでしょうか。

通夜振舞いの料理

通夜は、弔問客の人数が予測しづらく、短時間で帰宅する人が多いのが特徴です。このため、個別に用意した料理よりも、たくさんの人が来ても対応でき、気軽に食べられるものが好まれる傾向にあります。

通夜振舞いは本来、肉や魚といった生臭物は避けて、精進料理が振舞われていました。しかし最近は、精進料理にしなければならないということはなく、肉や魚も出されています。

ただし、鯛や伊勢エビなど慶事のイメージが強いものは避けましょう。大皿に盛ったサンドイッチやオードブル、すし(桶に入ったもの)、お煮しめなどは、通夜振舞い向きの料理です。また、生前故人が好んで食べていた食事を用意するケースもあります。

穢れを清めるという意味で、ビールや日本酒などのお酒も出し、車で来る人や子供のためにソフトドリンクも用意しておきましょう。

一方、料理は用意せずに、お菓子とお茶、あるいはお茶のみを用意するというケースもあります。

通夜振舞いの食事は葬儀社に手配してもらうことが可能です。自分たちで準備したり、仕出し屋への手配が難しければ、一度相談してみるとよいでしょう。

地域によっては、通夜振舞いは遺族のみで行い、弔問客には折詰とお酒のセットを渡すところもあるため、分からない場合は葬儀社に確認しておきましょう。

精進落としの料理

通夜振舞い同様に、精進落としのメニューにも細かな決まりはありません。

精進落としの場合は通夜と異なり、参加する人の数が分かっています。このため、仕出し弁当、すし、懐石料理など、一人ずつに提供する料理が好まれます。

選ばれるメニューは、うなぎや刺身、中華など多岐に渡ります。ただし、通夜と精進落としの両方に参列する人も多いので、通夜振舞いと同じような内容にならないように注意してください。また、参列者の年齢を考えて、好みに合う料理を用意するようにしましょう。

飲み物の種類も、日本酒やビール、ジュースなどさまざまなものが選ばれますが、参列者の年齢層に合わせて選択する事を心掛けましょう。

葬儀場によっては、料理の持ち帰りが許可されている場合もあります。葬儀の手伝いをしてくれる方の中には忙しくて食事の席につけない方がいる場合もあるため、持ち帰りの弁当を準備しておくのもよいでしょう。

葬儀での食事のマナー

通夜振舞いのマナー

関東地方では、一般の会葬者も通夜振舞いに参加します。一方、関西地方では遺族、親族のみで通夜振舞いを行うこともあるので、葬儀社に尋ねるなどして、参加の範囲を決めるのがお勧めです。

僧侶には声を掛けるのが一般的です。辞退された場合には、白い封筒に入れた「御膳料」を渡しましょう。通夜振舞いは、通常は1~2時間程度で終了するようにし、あまり長引かせないようにしましょう。喪主がお礼の挨拶を述べて、お開きとなります。

また、世話役やお手伝いの方々も、食事を取れるように気遣うことが大切です。弔問客が一段落したら、別室などで順番に食事を取れるように采配してください。

参列者としては、喪主から通夜振舞いへの参加を促された場合は断らないようにしましょう。やむを得ない事情がある場合には、短い時間で退席してもよいですが、食事には必ず箸を付けるようにします。これは、食事に箸を付ける事が故人への弔いになるためです。

お酒が提供される場ではありますが、節度を持って飲むことを心掛け、大声で騒ぐといった行為は止めましょう。

その他には、遺族に故人の死因を尋ねたり、参列者の方同士で名刺交換をするといった行動もマナー違反ですので注意してください。

関連記事

通夜振る舞いとは?マナーや挨拶例文も解説

通夜振る舞いとは?マナーや挨拶例文も解説

告別式前日の夕刻に行われることの多い通夜。通夜後には、料理の並んだ別室へと案内されることが一般的です。 これは通夜振る舞いと呼ばれる習慣で、単なる食事会というわけではありません。 本...

続きを読む

精進落としのマナー

精進落としは参列する人があらかじめ分かっているので、喪主が席順を決めます。僧侶が参加する場合は上座に座ってもらい、喪主は遺族、親族とともに入り口付近に席を取ります。

なお、僧侶が精進落としに参加しない場合は、通夜振舞いと同様に「御膳料」を渡します。

精進落としでは「献杯」を行うのが一般的です。故人に敬意を表すとともに、穢れを清めるという意味もあります。

グラスなどを静かに差し出して、静かに発声する「献杯」をしてください。「乾杯」のようにグラスを高く上げたり、グラスを鳴らし合ったりするのは避けましょう。また、献杯が終わるまでは、料理に手を付けないのがマナーです。

関連記事

精進落としとは?流れやマナーについて解説

精進落としとは?流れやマナーについて解説

精進落としといえば、「葬儀の際に親族が集まってする食事」という認識を持ってはいても、精進落としにそもそもどういった意味があるのか、その流れやマナーなどについてよく知らないという人も少なくないので...

続きを読む

葬儀での飲食に掛かる費用

葬儀での食事は、仕出し弁当店、精進料理店などに注文する他、葬儀社に料理の手配を依頼するのも一般的です。

通夜振舞いの場合、弔問客1人当たりの費用は2000円〜3000円、ホテルなどで立食形式で行う場合は3000円~5000円が相場だと言われています。ただし、人数が事前に予想しづらく、たくさん注文して余るということもあります。

大皿に盛ったすしやサンドイッチ、オードブルなら、人数の変化にある程度対応でき、費用も安く抑えられます。

一方、精進落としの費用は、1人当たり3000円〜8000円が相場です。4000円〜5000円のものを注文すれば、問題はないでしょう。20人が参加した場合、8万円〜10万円程度の費用になります。

一見、大きな出費に思えるかもしれませんが、人数が確定している精進落としはあらかじめ費用が判断しやすいともいえます。予算的に厳しい場合は、招く範囲や料理のグレードを再検討してみてください。

そして、お酒やジュース、ペットボトル入りのお茶といった飲み物については、栓を開けた分だけ精算されるという方式が一般的です。ただし、違う場合もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

また、いずれの場合も参列者に子供がいる場合は、子供向けの料理が必要です。大人向けの料理とは料金が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

「通夜振舞い」と「精進落とし」という、葬儀での代表的な食事について、その儀礼的な意味やマナー、適した料理の内容や費用の相場を詳しく解説しました。

葬式に関わるさまざまな手配のなかで、飲食はともすれば業者に任せっぱなしになりがちです。しかし、参列者のおもてなしに直接関わることだけに、しっかりと吟味した方がよいでしょう。

この記事を参考にして、参列してくれる方々に喪家からの感謝やもてなしの思いが伝わる葬儀の食事を準備してください。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    告別式が終わった後、棺は霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せられ、遺族に見送られながら火葬場まで搬送されます。 霊柩車といえば、豪華な飾り付けがされているイメージを持っている方が多いかもしれませ...

    葬儀の知識

  • 火葬の後に葬儀を行う骨葬とは?流れやマナーも紹介

    火葬の後に葬儀を行う骨葬とは?流れやマナーも紹介

    葬儀にはさまざまなスタイルがありますが、そのうちの一つである「骨葬」というものを知っていますか? 通常の葬儀では、通夜や葬儀告別式を終えてから、火葬場へ出棺し、故人の遺体を火葬します。 ...

    葬儀の知識

  • お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    宗教が違えば葬儀の作法もそれぞれ異なってきますが、故人との最期の別れの場として、その全体的な流れは共通していると言えます。 また、日本国内で行われる葬儀で多くを占める仏式葬儀の内容に限れば...

    葬儀の知識

  • 一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

    一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

    葬儀は通常、1日目に通夜、2日目に告別式と、2日にわたって行われることが一般的です。 しかし近年では、通夜を行わずに1日だけで儀式を完了する「一日葬」という形式の葬儀が徐々に増加しています...

    葬儀の知識

  • 訃報の連絡方法を詳しく解説

    訃報の連絡方法を詳しく解説

    家族を失って深い悲しみの中にいても、訃報の連絡は迅速かつ的確に行わなければなりません。 本記事では、訃報の連絡の優先順位やタイミング、連絡方法、連絡先、注意点などについて詳しく解説します。...

    葬儀の知識

  • 危篤の連絡をする際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども解説

    危篤の連絡をする際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども解説

    身内が危篤に陥った場合、誰にどのように連絡すればよいのでしょうか。反対に危篤の報を受けた場合には、どのように対処すべきでしょうか。 落ち着いて的確に行動するためには、事前にシミュレーション...

    葬儀の知識

  • 危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

    危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

    近しい方が危篤状態になってしまった際は、気が動転してしまって「何をしていいかわからない」という状態になるかもしれません。 しかしそのような中でもやらなければならないことは多くあります。 ...

    葬儀の知識

  • 葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬儀に参列しなければならなくなったとき、子育て世代を悩ませるのが子供たちの服装です。 大人のように喪服を持っていることはほとんどなく、どんな服を着せれば失礼にならないのかが分からないという...

    葬儀の知識

  • 老人ホームで身内が亡くなった場合に必要な手続きを解説

    老人ホームで身内が亡くなった場合に必要な手続きを解説

    近年、老人ホームで息を引き取る人が増えています。 厚生労働書の2019年の統計調査(参考:「死因別統計データ」国土交通省)によると、死亡者全体の71.3%が病院で亡くなっているのに対し、老...

    葬儀の知識

  • 献杯とは?注意点や挨拶の例文を紹介

    献杯とは?注意点や挨拶の例文を紹介

    結婚式などお祝いの食事の場では「乾杯」が行われますが、葬儀や法要後に用意される食事の席では「献杯(けんぱい)」が行われます。献杯と乾杯は持っている意味がまったく異なり、マナーや注意点にも違いがあ...

    葬儀の知識

  • 社葬とは?社葬を行う場合と開催の流れを紹介

    社葬とは?社葬を行う場合と開催の流れを紹介

    社葬は、社内的にはもちろんのこと、対外的にも重要な意味を持つ会社行事です。 一般的な葬儀については何となくイメージができる方も、会葬の機会が非常に少ない社葬については、詳しく知らない方がほ...

    葬儀の知識

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/