葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬式での香典の相場や香典袋の書き方、マナーについてなど詳しく解説します

葬儀の知識

葬式での香典の相場や香典袋の書き方、マナーについてなど詳しく解説します

葬式での香典の相場や香典袋の書き方、マナーについてなど詳しく解説します

社会に出るようになれば、葬式に参列する機会は多かれ少なかれ出てくるもので、そうした際に考えなくてはならないのが香典です。

本記事では、香典の意味合い、マナー、相場、渡し方や送り方についてご紹介します。

香典の意味と相場

香典とはそもそも、どういった意味合いを持つものなのでしょうか。 また、故人との関係性により変わってくる香典の相場は、それぞれいくら程度でしょうか。

香典の意味

香典は香料ともいわれ、香や線香に代えて故人の霊前に供える金品を指します。

香典はお供えするものという意味もありますが、実際には、葬式という急な出費に直面する喪主を経済的に助けるという、もう一つの意味合いを持っています。

むかしは、どこかの家で誰かが亡くなれば、地域の住民が総出で葬式を手伝うことが当たり前でした。

しかし今日では、周囲の人たちが葬式当日の労働力として喪主を支える習慣は一般的ではなくなりつつあり、香典には金銭面での援助という考え方のみが残っているといえるでしょう。

香典の相場

香典として包む金額は、故人との関係性により変わってきます。

地域や香典を出す人の年代によっても多少異なってきますが、概ね次のとおりです。

  • 両親の場合:5~10万円
  • 兄弟、姉妹の場合:3~5万円
  • 祖父母の場合:1~5万円
  • 伯叔父母(おじ・おば)の場合:1~3万円
  • 友人、知人の場合:5千~3万円
  • 恩師の場合:5千~1万円
  • 近所の方の場合:5千円前後
  • 上司、同僚の場合:5千~1万円
  • 上司・同僚の家族の場合:5千~1万円

基本的には相場を参考に

いくら包もうかと迷った際「多めに包んでおけば間違いないだろう」という判断が通用するのは、結婚祝いなどの御祝儀の場合です。

お祝い事ではありませんので、香典に奮発して包むという発想はありません。

包む金額は、生前の故人との関わりの深さによっても多少変わりますが、いずれにしても相場に準じるようにしましょう。

香典袋の選び方、入手方法

複数の種類がある香典袋は、何を基準に選べばよいでしょうか。また、入手方法も確認しておきましょう。

宗教別に選ぶ

葬式がどの宗教に則って営まれるかにより、香典袋も異なってきます。

なお、香典とは香を供えるという作法のある仏教での用語であり、厳密には神式やキリスト教式の場合に香典・香典袋と称するのは誤りですが、不祝儀袋を広く香典袋と呼ぶことから、ここでも香典袋に統一しています。

仏式の場合

一般的には、無地または仏教を象徴する蓮の花の絵が描かれた香典袋に黒白の水引をかけたものが用いられます。(関西地方や北陸地方などでは黄白の水引をかけたものが使われる場合もあります)

仏式の香典袋の表書きには「御霊前」「御香典」「御佛前」といったものがありますが、四十九日以前か以降かで異なります。

故人がまだ成仏していないと考えられる四十九日前の段階では、その表書きを「御霊前」などとし、故人が成仏するとされる四十九日を過ぎてのお悔やみ時には「御佛前」などとします。

例外は、死後すぐに成仏すると説く浄土真宗や、その教義に浄土の概念がない(=浄土に到達して成仏するまでの期間の概念がない)禅宗(臨済宗・曹洞宗)の場合です。

これらの宗派では、たとえ四十九日前であっても「御霊前」は用いずに「御佛前」または「御香典」などとするのが適当です。

とはいえ、葬式当日(四十九日前)の宗教・宗派が不明な場合は「御霊前」としておくのが無難であり、仮に浄土真宗や禅宗であったとしても特段の失礼には当たりません。

神式の場合

無地の香典袋に双白(左右とも白)または双銀(左右とも銀)の水引をかけたものを用いるのが一般的です。

表書きは「御玉串料」「御神前」などとしますが、「御霊前」も使えます。

キリスト教式の場合

無地または百合の花や十字架が描かれた香典袋、もしくは白無地の封筒を用います。

表書きは「御花料」が一般的です。

無宗教、宗教や宗派が不明の場合

白無地の香典袋に白黒の水引をかけたものを用い、表書きは「御霊前」としておくと良いでしょう。

包む金額に応じて選ぶ

香典袋には前述の宗教による違いに加え、水引が実際にかけられているものと水引の柄が印刷されているものとがあります。

水引がかけられている香典袋にもグレードの幅があり、選び方の基準は包む金額との釣り合いで、具体的には概ね次のようになります。

  • 5千円もしくは1万円以下: 水引柄がプリントされた略式の香典袋
  • 1~2万円程度: ごく一般的な水引のかけられた香典袋
  • 5万円前後: 水引の本数が多い香典袋
  • 10万円以上: ひだ折りされた上質な和紙や手の込んだ水引が使われているような香典袋

香典袋の入手方法

大きめの文具店に行けば各宗教向けの香典袋が取り揃えられていますし、主に仏式用の一般的なものであれば、スーパーやコンビニなどでも取り扱われています。

また、急いで駆けつけなくてはならない状況で用意が必要な類のものだからでしょう、新幹線ホームにあるキオスクでも手に入れることができる場合があります。

香典袋には何を書くか

香典袋に記入すべきことと、その書き方を確認しておきましょう。

表書き

宗教・宗派に応じて「御霊前」などの表書きを水引の上の部分に書きます。この際、サインペンなどではなく筆を使って書くのが正式です。

また、四十九日以前であれば「涙で墨がにじみました」という意味合いで薄墨(専用の薄墨筆ペンも販売されています)を使います

表書きが印刷済みの香典袋では、薄墨調の濃さで印刷されていることがほとんどです。

 ただし、地域によっては普通の墨を用いる場合もありますし、近年では表書き専用のスタンプもありますので、昔ほど厳格なマナーではなくなりつつあります。

氏名

香典を出す人の氏名(フルネーム)を、表書きの下部分に書きます。表書き同様に薄墨で書くのが正式です。

夫婦で香典を出す場合、一般的には夫の氏名のみを書きます。これは、冠婚葬祭において家(世帯)単位でやり取りを行なう昔の家制度の名残りです。

ただし、妻が特にお世話になっていた人の葬式などでは、夫婦連名でというケースもあります。

また、同僚などが連名で香典を出す場合には、人数が少なければ各自の氏名を向かって右から順に書きます。人数が多い場合には「社員一同」などとし、中に全員の氏名を一覧にしたものを入れます。

住所、金額

香典を出す人の住所と、包んだ金額を書きます。

これは、葬式後に香典返しや礼状などの手配をすることになる喪主が必要とする情報です。 したがって、表立って見える場所ではなく中袋に書きます。(中袋のないタイプの香典袋の場合は裏面に記入)

金額については通常の漢数字の代わりに「壱、弐、参」などの大字(だいじ)を用いるのが正式とされますが、近年では漢数字で書かれるケースも増えている傾向です。

なお、香典袋の表には薄墨で書くのが基本ですが、中袋に関してはサインペンでも構いません。

香典の渡し方

葬式に参列する際に持参する場合は、参列前に受付で記帳とともに係の人に手渡します。

通夜と告別式両方に参列するケースでは、通夜の際に受付にて渡し、告別式では通夜の際に渡した旨を受付係に伝えることが一般的です。

葬式に参列できず、後日郵送する場合には、現金書留で郵送できます。その際は、手紙を添えるようにしましょう。

その他の香典のマナー

新札は避ける

あまりに汚れたお札は避けるべきですが、新札も「不幸を予期して用意していたようである」という理由から避けるべきとされています。

手元に新札しかない場合には、折り目をつけて「まっさらな新札ではありませんよ」と示すようにしましょう。

お札の向きに気を配るべきか

人物像がすぐに見える向きでお札を入れる、あるいはその逆など、香典のお札の向きには諸説あるため、あまりこだわっても仕方がありません。

どちらかというと気にすべきは、お札が2枚以上になったときにすべてのお札の向きを揃えるという点です。

お札の枚数に気をつける

香典に限りませんが、死(四)を連想させる4枚や苦(九)を連想させる9枚は避けます。

また、割り切れる偶数枚も「切れる」「別れる」などに通じるとして、基本的には避けるべきとされています。

まとめ

  • 香典には、故人へのお供えという意味の他に、葬式という急な出費を相互扶助の観点から援助するという意味合いもある。
  • 香典として包む金額は、故人との関係性により変わってくる。
  • 香典袋の表書きは宗教や時期により異なってくる。
  • 香典袋には複数の種類があるため、宗教や包む金額に応じて適切なものを選ぶようにする。
  • 宗教・宗派が不明の場合には、白無地に白黒の水引がかけられたものを用い、表書きを「御霊前」とするのが無難。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応