葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬式やお通夜でのふくさの包み方とは?ふさわしい色などの選び方も紹介します

葬儀の知識

葬式やお通夜でのふくさの包み方とは?ふさわしい色などの選び方も紹介します

葬式やお通夜でのふくさの包み方とは?ふさわしい色などの選び方も紹介します

葬儀に香典を持参する際、「ふくさ(袱紗)」に包んで持参するのが基本です。

ふくさの存在はなんとなく知ってはいるものの、ふくさの包み方や適した色、マナーなど、詳しくは知らないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、お葬式で使用するふくさの包み方や色などのマナーについてお伝えしてまいります。

ふくさとは?

ふくさとは、ご祝儀袋や香典袋などの金封(きんぷう)を包んだり覆ったりするために使用する四角い布のことを言います。

ふくさを漢字で表記すると「袱紗」となります。袱紗で使われる漢字で「袱」には物を覆う布、「紗」には薄い布という意味があります。

金封とは冠婚葬祭などにおいて、金銭を贈るときに使用する封筒のことを意味し、たとえば祝儀袋、不祝儀袋、香典袋と呼ばれるものがこれにあたります。

ふくさを使用する目的は、金封の汚れや変形や損傷を防ぎ、丁寧な気持ちで金銭を贈るためです。

冠婚葬祭などの行事で金封を持参する際には、この金封をふくさに納めて伺うことで、相手への気持ちや礼儀を丁寧に表現することができます。

葬式やお通夜にふさわしいふくさの色と種類とは

  ふくさは数種類の形状に分けられ、また様々な色があります。 葬式やお通夜など弔事に適しているのは、どのようなふくさなのでしょうか。

弔事にふさわしいふくさの色とは

弔事では寒色系、落ち着いた色合いのふくさを使用することが基本となります。たとえば紺、深緑、緑、うぐいす、灰青(はいあお)、灰などの色です。

その他中性色である紫、無彩色である白や黒については、弔事でも慶事でも使用できる色となります。

冠婚葬祭の両方で使用できることから、特に紫のふくさをひとつだけ所有しているという方も多いようです。

金額にふさわしいふくさの種類とは

ふくさには次の種類があります。

●掛袱紗

切手盆などの上に掛けて使用するタイプの袱紗です。旧来のタイプのふくさですが、最近のように葬儀式場に金封を持参する場合には適していません。

●爪付きタイプ

風呂敷状のものに爪がついたタイプの袱紗です。

●台付きタイプ

爪付きタイプに台が差し込まれたタイプの袱紗です。台の上に金封を置いて、風呂敷で包んで差し出します。

●金封袱紗

包むのではなく、挟み込みスタイルのポケット付きのふくさです。

 

この中で、金封袱紗は、簡易的なふくさという位置づけになりますが、他のふくさ同様に弔事で使用しても問題はありませんし、実際のお葬式の場で一番多く見られる形状です。

包む香典の金額の大小によって、どの形状がふさわしいといった区別は特にありません。

ただし香典袋は、金額の大小によって大きさや装飾などのグレードを使いわけますので、金封タイプのふくさに上手く納まらないこともあります。この場合には、無理して使用せず爪付きタイプや台付きタイプのふくさを使用しましょう。

弔事でのふくさの包み方とは

  ふくさの包み方は、慶事と弔事で異なります。お葬式で慶事用の包み方をして渡すことは失礼にあたるので、気を付けましょう。

弔事でのふくさの包み方

金封ふくさの場合

  1. ふくさの開きが左側にくるようにします。
  2. 表書きが読める向きに香典袋を入れ、ふくさの開きを閉じます。

金封を差し込むときに「弔事では左側から」「慶事では右側から」と覚えておくと良いでしょう。

爪付きふくさ、台付きふくさの場合

爪付きふくさ、台付きふくさも包み方は基本的に同じです。

  1. ふくさの内面(裏面)を上に、自分から見てひし形になる向きで置きます。自分から見てひし形とは、ふくさの4つの角が自分から見て上下左右に位置する向きです。
  2. 開いたふくさの中央よりも少し右側に寄せて香典袋を置きます。香典袋は表書きの面を上にします。(台付きふくさの場合は、香典袋の下に台を置きます)
  3. 右、下、上、左の順番で折りたたみます。
  4. 右側にはみ出した部分を内側に折りこみます。爪付きふくさの場合には、爪を輪っかに刺して留めます。

弔事での香典の渡し方とは

  香典の渡し方にも一定のマナーがあります。通夜など葬儀場では、次の流れで香典を渡します。

弔事での香典の渡し方

香典の渡し方は以下の通りです。

  1. お悔やみの言葉など一言挨拶を申し上げて、一礼します。
  2. 鞄やジャケットの内ポケットからふくさを取り出します。
  3. ふくさから香典袋を取り出します。
  4. 香典袋の表書きが相手から読める向きでふくさの上に置いて両手で差し出します。受付に黒盆が置いてある場合には、ふくさから取り出した香典袋をそのまま黒盆に置いても問題ありません。
  5. 一礼します。

葬儀後に自宅に弔問に伺った際など、遺族に香典を直接渡す場合も上記と同様の流れです。

香典袋を渡す際には、「お納めください」や、「ご霊前にお供えください」などの言葉を添えると良いでしょう。

香典を渡すとき、特に注意すべきポイントもまとめておきます。

  • ふくさに入れたまま渡さない。
  • 香典袋には手で触れずに差し出す。
  • 挨拶は、語尾を濁さずはっきりした口調で行う。

なお、会葬者が多く受付が混雑しているときには、ふくさを取り扱う所作に時間がかかると他の方々に迷惑となってしまいますので臨機応変に行う配慮も大切です。

最後に

今回は、お葬式で使用するふくさの包み方や色などのマナーについてお伝えしてまいりました。

お祝い事でもご不幸ごとでも、ふくさは金銭を贈る際に使用しますが、それぞれに適したふくさの色や使い方があります。

近年は、ふくさを使わない方も増えているようですが、ふくさを正しく使うことで、個人や遺族に対しての気持ちや礼儀を表すことができるのではないでしょうか。

葬儀に参列する際など、今回の内容を参考にしていただければと存じます。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応