葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 香典を連名にする場合のマナーとは?夫婦や会社から送る場合などをご紹介します

葬儀の知識

香典を連名にする場合のマナーとは?夫婦や会社から送る場合などをご紹介します

香典を連名にする場合のマナーとは?夫婦や会社から送る場合などをご紹介します

葬儀で香典を包む際、複数人でお金を出し合ったり、同じ家計の方々が出す場合には連名にすることがあります。

香典を連名で出す場合、香典袋の書き方などに決まったルールがあるなど、気をつける点がいくつかあります。

この記事では、香典の連名は何名までならいいのか、連名にする際の注意点などについて、わかりやすく解説します。

香典を連名にする場合とは

どんな場合に香典を連名にするのでしょうか。

団体で用意する場合

会社の部署、学生時代の同窓仲間など、故人とゆかりのある人が複数いて、団体として香典を出す場合には連名にします。

その場合、葬儀に参列する代表者が香典を渡す形となります。

夫婦・家族で用意する場合

夫婦あるいは家族として香典を用意するといった場合にも、連名にすることがあります。

一般的に香典は世帯単位で用意して、香典袋には夫(世帯主)の名前のみを記載すれば良いとされています。

しかし、夫婦ともに故人と縁が深かった、夫婦揃って通夜・葬儀・告別式に参列するといった場合などは、夫婦の連名で香典を用意することがあります。

一方、親子で香典を出すというときには、子どもに収入がなければ世帯単位、収入があれば個別に用意するのが基本です。

ただし、収入があっても、親と同居中で葬儀にも一緒に参列するといったケースでは、連名にすることがあります。

連名での香典袋の書き方

連名で香典を用意する場合の香典袋の書き方を見てみましょう。

団体で用意した場合

団体で香典を用意した場合、香典袋に氏名を記載するのは3名までが一般的で、その3名全員の氏名を書きます。

右から順番に目上の人から氏名を書き、会社関係の場合は右上に会社名を添えることもあります。学生時代の友人同士など特に上下関係のないときには、五十音順に書くと良いでしょう。

4名以上の場合は、表書きは、団体名と「一同」とするか、団体名、代表者氏名と「他一同」あるいは「他○名」と記載するのが一般的です。

その上で、白い無地の便箋などに、全員の氏名・住所・出した金額を記載して、香典袋の中袋に入れておきます。この場合も、右から順番に目上の人から氏名を書き、上下関係のない場合は五十音順にします。

夫婦・家族で用意した場合

夫婦で香典を用意した場合、通常は夫の氏名を書くとされています。

連名にする場合は、香典袋の表の中央に夫の氏名を書いて、その左側に妻の名前だけを書くのが一般的です。

また、夫の代理として妻が通夜、葬儀などに参列する際は、中央に夫の氏名を書いて、その左下に少し小さめの文字で「内」と記載します。

一方、親子で香典を出す場合は、子どもに収入がなければ不祝儀袋の中央に親の氏名を記載します。連名にする際は、世帯主を中央、その左側に子供の名前のみを記載します。

また、故人が子どもの友人といった場合には、親の名前だけでは遺族に誰からの香典かわからないこともあるので、中袋に子どもの氏名と学年を記載することがあります。

連名での香典金額の相場

連名で香典を用意する場合、金額をいくらにすればいいのか悩むのではないでしょうか。

会社などの団体でまとめる場合

会社などでまとめる場合は、「先に金額を決めて人数で割る」という方法と、「一人あたりの金額を決めて合計額を包む」という方法の2通り決め方があります。

先に金額を決める場合は、組織の規模や故人の関係の深さにもよるので一概にはいえませんが、5千円〜1万円が相場です。これを例えば5名で割ると、一人あたり千円〜2千円となります。

一方、一人あたりの金額を決める場合は、千円~2千円程度が相場といわれています。

先に金額を決めて人数割にする場合も、一人あたりの額を合計する場合も、合計額が「4」「9」など縁起が悪いとされる数字にならないように注意してください。

合計額が4千円、9千円となる場合は、それぞれ5千円、1万円になるよう調整しましょう。

連名で香典を渡す場合のマナー

不祝儀袋の記名や金額以外に、香典を連名で用意する際に注意したいポイントを紹介します。

遺族の負担にならないようにする

香典を辞退した場合をのぞいて、遺族は香典をいただいた相手に対して、金額に応じた香典返しを用意して、それぞれに届けなければなりません。

こうした遺族の負担を少しでも軽減できるよう、不祝儀袋の表書きは誰からのものかすぐわかるように心がけ、中袋には包んだ金額も明記してください。

また、人数が多く、それぞれの金額が1千円~3千円程度というときは、低額の香典返しをたくさん用意する遺族の手間を考えて、初めから香典返しを辞退するという手段もあります。

辞退を希望する場合は、中袋または白い便箋などに「香典返しのお気遣いはご無用にお願いいたします」「香典返しは辞退させていただきたくお願いいたします」などと書き添えておくと良いでしょう。

また、連名の全員が葬儀に参列する場合、やはり香典は個別に用意するのが礼儀です。

なぜなら、最近は、葬儀当日に香典返しを受け取ることが多く、香典返しの品物は2〜3千円程度のものが主流なので、一人あたりが少額の連名の香典に見合う品物を用意することが困難だからです。

こうした場合は、友人、知人で5千円~1万円を目安にお金を包むようにしましょう。

まとめ

香典は、個人または世帯ごとに用意するのが一般的ですが、会社の部署などの団体で香典を出す、夫婦ともに故人と親しく葬儀に参列するといった場合は、連名で香典を出すこともできます。

香典袋に氏名を書くのは3名までが目安で、3名までは右から順番に目上の人から名前を書き、特に上下関係ないときは五十音順で記します。

4名以上の場合は、団体名に「一同」とするか、団体名、代表者氏名と「他一同」または「他○名」と記載します。

その上で、白い無地の便箋などに、全員の住所・氏名・出した金額を記載して、不祝儀袋の中袋に入れておきましょう。

夫婦で連名にする場合は、中央に夫の氏名を書いて、その左側に妻の名前だけを書くのが一般的です。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応