葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 香典の正しい包み方とは?お札の入れ方や金額の決め方を解説

葬儀の知識

香典の正しい包み方とは?お札の入れ方や金額の決め方を解説

香典の正しい包み方とは?お札の入れ方や金額の決め方を解説

葬儀に参列するときには、香典を持参することが一般的です。

みなさんは、この香典を用意する際に注意すべきことや、守るべきマナーを心得ていますでしょうか。

香典袋の種類、表書きの書き方、袋に納めるお札の向き、中袋の扱い方、香典として包む金額の相場など、いざというときにどうしたら良いのか迷う方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は香典の正しい包み方や金額相場などについて解説してまいります。

香典の正しいお札の入れ方とは?

お札は香典袋にどのように入れるのか、まずお札の入れ方や注意点について確認しておきましょう。

新札は避ける

「不幸が起こることを待っていたかのようである」とされることから、新札を香典に使用するのは避けましょう

新札しか手元に無い場合には、一度折り目を入れた後、香典袋に納めるようにします。

お札の向きを揃える

香典袋に複数枚のお札を入れるときには、向きを揃えておきます。

なお、お札の向きについて明確な決まりがあるわけではありませんが、肖像画の無い面を香典袋の表に向け、肖像画が下にくる方向で入れることが一般的です。

4枚および9枚は避ける

数字の「4」と「9」は死や苦しみを連想させるということで忌み言葉にも含まれています。香典袋に複数枚のお札を入れるときにも4枚、9枚にならないように注意が必要です。

中袋の書き方と向きに注意

香典袋には中袋が無い場合もあります。

地域によって不幸が重なることを連想させるという理由で中袋は使用しないところもあり、必ずしも必要というわけではありません。

中袋が有る場合には中袋の表面に金額、裏面に住所と氏名を書き、中袋にお札を納めてから香典袋に入れます。

中袋によっては、金額を書く欄が設けられているものもあります。この場合、指定された箇所に金額を書きましょう。

なお金額の表記は「金伍仟圓也」「金壱萬圓也」など旧漢字を使用することが一般的です。

香典袋(不祝儀袋)の包み方のポイント

香典袋の包み方にも、知っておきたいポイントがあります。

  1. 1香典袋には、裏側の折り返し部分が上と下とにありますが、「上」から「下」へかぶせるように折ります。
  2. 香典袋の表書きは宗教宗派によって異なります。
    • 仏教:「御霊前」「御仏前」「御香典」など
    • 神道:「御榊料」「御玉串料」「御神前」「御霊前」など
    • キリスト教:「御花料」「献花料」など
  3. 葬儀では、いずれの宗派でも表書きは薄墨を使用して書きます。
  4. 香典袋用に表書きや氏名のスタンプが販売されていますが、失礼に感じる方もいらっしゃいますので、お付き合いの程度によって使用を避けるなどの注意が必要です。

香典袋(不祝儀袋)の種類

香典袋には水引の色の違い、絵柄の有無など色々なタイプのものがあります。

水引の色について、宗教宗派や包む金額によって使い分けることはありませんが、全国的に白黒または銀が一般的です。

主に関西地域では黄白の水引が多く見られます。

また、水引は香典袋に印刷されているタイプと、別に付属しているタイプとがあります。

水引が印刷されているタイプの香典袋は、包む金額が5千円未満の場合に使用し、1万円以上は水引が別に付属しているタイプを使用することが選ぶ際の目安となります。

絵柄の有無については、無地であればどの宗教宗派でも使えますが、蓮の絵柄が入った香典袋は仏教のみなど、絵柄によって使用できる宗教宗派が限定される場合がありますので要注意です。

香典の金額の決め方は?

香典の金額は少なすぎれば失礼になるかもしれませんし、多過ぎても遺族のご負担になってしまうかもしれません。

香典として包む金額は、どのように決めたらよいでしょうか。

香典は血縁関係の濃さやお付き合いの程度、社会的立場や役職、自分の年齢、地域などによって包む金額を決めます。

香典の金額は、一般的に下記がおおよその相場です。

  1. 家族および親族内で不幸があった場合:約10,000円~100,000円
  2. 知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円
  3. 近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円

上記のうち、たとえば3の職場で不幸があった場合、同僚や上司の身内または同僚や上司本人の葬儀であれば5,000円、部下の身内や部下本人の葬儀であれば10,000円が香典の金額の目安となります。

なお、地域によって一般参列者の香典は一律3,000円とするなど、暗黙のしきたりが存在することもありますので、転居したばかりの方など地域の事情を知らない場合には、事前に近隣の方や葬儀社に確認しておくと良いでしょう。

また、包む金額に差が生じないように、親戚同士、職場仲間や友人同士で相談することは、故人や遺族などに対して特に失礼にあたることはでありません。

最後に

今回は、香典の正しい包み方や金額相場などについて解説してまいりました。

香典には哀悼の意を示すこと、相互扶助という主に2つの意味を持ち、故人や遺族に対する思い遣りの気持ちを表したものでもあります。

せっかくの思いやりの気持ちですし、今後も良いお付き合いが続くように正しいマナーを知っておきましょう。

葬儀に参列するときなど香典を持参する際には、今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応