葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

葬儀の知識

香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

香典を郵送する際のマナーとは?添える手紙の文例も紹介します

一般的なマナーとして葬儀に参列するときには香典を持参します。しかし、何かしらの事情で葬儀に参列できないこともあるでしょう。

葬儀に参列できないが香典を渡したいという場合、いくつかの対応方法が考えられますが、香典を郵送するのも、その内のひとつです。

丁寧に弔意を示しつつ失礼なく香典を郵送するにはどのような点に注意すべきでしょうか。 今回は香典の郵送について解説してまいります。

香典とは

香典の郵送について触れる前に、香典の意味など基本的な点について確認しておきましょう。

香典とは

香典とは、葬儀や法要など弔事の際に参列者が持参する金封に納めた現金を意味します。

香典には大きく2つの意味合いがあります。ひとつは弔意を示す意味、もうひとつは相互扶助です。

香典は、通夜から火葬までの間に、火を絶やさないようにするなどお香が多量に必要となるため、御不幸のあった家に対して近隣の方々が助け合いの気持ちでお香を持ち寄ったことに由来するといわれています。

これが次第にお香以外の食料品も送る文化になり、そしてお香や食料品の入手が容易になった近代以降は、香典として現金をお渡しするようになったのです。

基本的な香典の包み方

香典の包み方に関して基本的なポイントは下記のとおりです 

香典袋(不祝儀袋)に現金を包む

・お札を入れる向き

明確な決まりがあるわけではありませんが、裏面(肖像画が無い面)を表書き側にし、肖像画を下にして納めることがマナーであると説かれているケースが多く見られます。

実際のところ、お札を入れる向きを気にする必要はありませんが、複数枚のお札を入れる場合には向きを揃えておくことは最低限のマナーです。

・金額の相場(札の枚数)

包む金額がお付き合いの程度や地域などによって異なりますが、概ね下記が相場です。

  1. 1.家族および親族内で不幸があった場合:約10,000円~100,000円
  2. 2.知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円
  3. 3.近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円
・新札を包むことは避ける

「不幸が起こることを前もって準備していた」と捉えることが出来るという理由で、香典で新札を包むことは弔事では避けるべきマナーとされています。

香典袋(不祝儀袋)の表書きは宗教ごとに異なる

  • 仏式:「御霊前」「御香料」
  • キリスト教:「御花料」「御霊前」
  • 神式:「御榊料」「玉串料」

宗教が不明の場合は「御霊前」としておくと良いでしょう。

香典袋(不祝儀袋)の表書きや氏名などは薄墨で書く

薄墨で書く理由は「墨を充分磨っている時間もなく急いて駆けつけました」「涙で墨が薄まってしまいました」という弔意を示すためであると言われています。

コンビニエンスストアなどで弔事用として販売している薄墨の筆ペンを使用される方が多いようです。

香典を郵送する場合と方法とは

香典を郵送して良いのかと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、法理的には問題ありません。

また、葬儀や法事など弔事に関するマナーの観点でも、状況に応じて香典を郵送することについて問題ないといえます。

 ここでは、香典を郵送する状況や具体的な方法、タイミングを紹介してまいります。

香典を郵送する状況とは

どのような状況でも香典を郵送して良いというわけではありません。

香典の郵送は、何かしらの事情で参列が困難であり、香典を持参することが出来ない状況にのみ利用できる方法です。

たとえば次のような例が挙げられます。

  • 葬儀会場が遠方であるため行くことができない
  • 身体的な不自由や不調子のため参列できない
  • 出張などどうしても外せない用事があり参列できない
  • 香典を代理で持参する人もいない

香典を郵送する方法

現金は普通郵便ではなく、現金書留で送ることが郵便法で定められています。したがって香典を郵送する場合には、現金書留を利用することになります。

現金書留の送り方

まず、現金を香典袋(不祝儀袋)に納めてから、次に現金書留用の封筒に入れます。

なお差出人の住所や氏名は、香典袋(不祝儀袋)と現金書留の封筒の両方への記入が必要です。

この際、手紙を添えるとより丁寧な印象を与えることができます。

準備が整いましたら、郵便局の窓口で発送を依頼します。

現金書留の際の注意事項

香典を送る際であっても、現金書留の封筒に記入する際は薄墨ではなく通常の濃さの筆記具を使用します。

また、現金書留は、郵便局窓口のみでの受付となります。ポストへの投函やコンビニでの集荷はできないので気を付けましょう。

香典を郵送するタイミングと送付先

郵送するタイミングとしては、なるべく早い方が良いでしょう。

送付先は喪主(遺族)の自宅、または葬儀会場です。通夜または葬儀・告別式に間に合うようであれば、葬儀会場に送ることも可能です。

葬儀会場に香典を郵送する際の注意

現金書留は日付指定で送ることはできませんので、日程的に確実に間に合うときのみ宛先を葬儀会場とします。

宛名はたとえば「○○葬祭ホール ○○家 ○○○○様」として、誰宛に送っているのか分かるように表記にするよう注意が必要です。

受取は宛名に記載されている遺族が葬儀会場にいらっしゃれば、遺族が現金書留を直接受け取ることもありますが、基本的には葬儀会場の係員が代理で受け取りをしてくださいます。

ただし、葬儀会場によっては現金書留を代理で受け取ることをしないところもありますので事前確認をしておいた方が良いでしょう。

一方、通夜または葬儀・告別式に間に合わないようであれば、葬儀の2、3日後から1週間以内を目安に喪主(遺族)の自宅に届くよう発送します。

以上のことから、日付指定できないという点を考えると、喪主の自宅住所を知らない場合を除いて、自宅を送り先として香典を郵送した方が無難ではないでしょうか。

手紙を添えて郵送するのが良い

必ずしなくてはならないわけではありませんが、香典を郵送する場合には、手紙を添えた方が先方に丁寧な印象を与えます

香典に添える手紙には、お悔やみの言葉と参列できないお詫びが主たる内容となります。

手紙は別に封筒を用意する必要は無く、現金書留用の封筒に香典と一緒にそのまま納めれば問題ありません。

香典に添える手紙の文例とは

  香典を郵送する場合に添える手紙の書き方や文例も抑えておきましょう。

香典に添える手紙の注意点

  • 忌み言葉は使用しない(重ね重ね、また、くれぐれも、再度など)
  • 季節の挨拶は不要
  • 遺族とのお付き合いの状況などによっては故人との関係を記しておく
  • 薄墨の筆記具を使用する

香典に添える手紙の文例

手紙は短文でも長文でも構いませんが、気持ちを込めて丁寧に書くことが重要です。実際の文例をいくつか見ていきましょう。

葬儀に参列できない場合

○○○○様、ご逝去の報に接し、ただ驚くばかりです。

本来であればすぐにでも駆けつけたいところでございますが、諸事情により葬儀に参列することがかなわず、大変申し訳なく思います。

心ばかりではございますが、御香典を同封いたしましたので御霊前にお供え頂ければと存じます。 ○○○○様のご冥福をお祈りいたします。

葬儀後に訃報を知った場合

御尊父様がご逝去されたこと、昨日知りました。ご逝去のこと存じ上げず、葬儀に伺うこともできませんでしたことを深くお詫び申し上げます。

取り急ぎ、心ばかりではございますが御香典をお送りいたします。

謹んでご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。

簡潔に記す場合

○○○○様のご訃報に接し、ご家族様のお悲しみをお察し致しますとともに、衷心より哀悼の意を表します。

諸般の事情によりお伺いすることが出来ないため、御霊前を同封いたしました。

略儀ながら書中にてお悔やみ申し上げます。

最後に

今回は香典の郵送について解説してまいりました。

香典を郵送する場合には現金書留を利用することや、関連するマナーなどについてお解りいただけたのではないでしょうか。

葬儀に参列することができないけれど香典は渡したいという方にとって、郵送は便利な方法です。故人や遺族に対して失礼のないよう香典を郵送する場合には、正しいマナーや方法で行いましょう。

今回の内容が皆様の参考になれば幸いです。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応