葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 通夜振る舞いとは?マナーや挨拶例文も解説

葬儀の知識

通夜振る舞いとは?マナーや挨拶例文も解説

通夜振る舞いとは?マナーや挨拶例文も解説

告別式前日の夕刻に行われることの多い通夜。通夜後には、料理の並んだ別室へと案内されることが一般的です。

これは通夜振る舞いと呼ばれる習慣で、単なる食事会というわけではありません。

本記事では、通夜振る舞いとは何か、その流れや、料理の内容、費用などについて解説します。

通夜振る舞いとは?

通夜振る舞いとは、通夜の後に設けられる食事の席を指し、その趣旨は2つあります。

ひとつには、「喪家が僧侶や弔問客をお酒や食事でもてなし感謝の意を表すこと」、そしてもうひとつの趣旨として、「思い出話をするなどして故人を偲ぶこと」です。

今日では夕刻に1~2時間程度の短い時間で営まれる通夜ですが、本来通夜とは文字通り「夜通し」故人に付き添うものであり、通夜振る舞いもまた、夜通し延々と続けられるものでした。

しかし、近年では弔問客を長時間拘束することのない、1時間前後といった短時間での通夜振る舞いが一般的となっています。

宗教によって通夜振る舞いの行われ方にも違いがあり、神式の葬儀においては通夜祭(仏式の通夜に当たる)の後に直会(なおらい)が行われ、これが通夜振る舞いに相当します。

キリスト教では通夜というもの自体が本来ないため、通夜振る舞いも基本的にありません。

しかし、キリスト教本来のスタイルではありませんが、日本独自の慣習として通夜に当たる儀式が行なわれることもあります。その場合、通夜振る舞いとは性質が異なりますが、お茶菓子などがふるまわれます。

精進落としとの違い

似たような会食の席として精進落としがあります。

通夜振る舞いも精進落としも、僧侶や弔問客(精進落としの場合は主に親族)への感謝やねぎらいの意を表すと同時に故人を偲ぶという趣旨である点は同じですが、いくつかの点で異なります。

席を設けるタイミングの違い

通夜振る舞いの席は通夜の後に設けられます。

一方、精進落としの席は初七日法要(近年では火葬場から戻り次第行なわれるのが一般的)の後に設けられます。

参加者の範囲の違い

地域ごとの違いもありますが、通夜振る舞いには弔問客にも広く参加してもらうのが一般的です。

一方、火葬場から戻ってから設けられることの多い精進落としの席の場合、参加するのは火葬場まで同行した人、すなわち僧侶と親族に限られることがほとんどです。

料理のスタイルの違い

通夜振る舞いの席では、料理は大皿に載せたものがテーブルに並べられます。一方、精進落としの席では、個別のお膳で提供されることが一般的です。

通夜振る舞いの流れ

通夜振る舞いの流れは、概ね次のとおりです。

通夜振る舞いの案内

通夜での挨拶時に併せて行なわれることもありますが、葬儀会社スタッフなどが順に会場へと案内することがほとんどです。

開式の挨拶

通夜振る舞い開始にあたり、喪主が挨拶を行うこともあります。僧侶へのお礼は通夜振る舞い前に行なわれることが一般的です。

会食の開始

会食中、遺族は弔問客にお酌をするなどしつつ挨拶をして回ります。あくまで故人を偲ぶ場であり、通常の宴席とは異なりますので、挨拶は手短に済ませましょう。

閉式の挨拶

頃合いを見計らって、おひらきとする旨を案内します。この際、告別式の案内も併せて行なうことが一般的です。

通夜振る舞いでの挨拶例

通夜振る舞いで喪主が行なう挨拶には、弔問に対する感謝の言葉、くつろいで故人の思い出話などしながら食事をしてほしい旨などを盛り込みます。

開式時挨拶の例

本日はお忙しい中、父〇〇の通夜にお運びいただき、誠にありがとうございます。故人もさぞ喜んでいることと存じます。

こちらに、ささやかではございますがお食事の用意をさせていただきました。お時間の許す限り、ごゆっくりとお召し上がりになりながら故人の生前の話などお聞かせいただければと存じます。

本日は誠にありがとうございました。

閉式時挨拶例

お陰様をもちまして、滞りなく通夜を終えることができました。誠にありがとうございます。皆様には温かな励ましのお言葉を頂戴し、遺族一同、心より感謝申し上げます。

お名残り惜しくはございますが、そろそろ夜もふけて参りましたので、この辺りでお開きとさせていただきたく存じます。

なお、明日の告別式は○○時からでございますので、何卒よろしくお願い申しあげます。本日は、まことにありがとうございました。

通夜振る舞いの料理

通夜振る舞いで出される料理はどういったものでしょうか。

大皿料理が主流

通夜自体も短時間ですが、それに続く通夜振る舞いもせいぜい1時間前後というのが一般的で、途中で退出する弔問客も少なくありません。

そういった事情もあり、個別のお膳で供されることが多い精進落としとは対照的に、テーブルに並んだ大皿から各自取り分けるスタイルが主流です。

そのため、大人数が取り分けるのに向いている寿司や煮物、サンドイッチ、オードブル盛り合わせといったメニューが多い傾向です。

お祝い事をイメージさせる料理は避ける

本来であれば忌明けまでは肉・魚を避けるべきと考えられますが、今日ではそういった制限もゆるやかとなっており、お祝い事をイメージさせる伊勢海老や鯛などの食材を避ける程度です。

アルコール有無は宗教による

前述のように、キリスト教の葬儀では通夜振る舞いはありませんが、通夜(前夜祭)の後にお茶菓子などをふるまう習慣が通夜振る舞いに近いといえるでしょう。

通夜振る舞いには、ビールや日本酒などのアルコール類がつきものですが、キリスト教の場合にはアルコール類は出されません。

通夜振る舞いのマナー

通夜振る舞いのマナーにはどういったものがあるでしょうか。 確認しておきましょう。

声をかけられたら基本的に辞退はしない

通夜振る舞いに参加する人の範囲は地域差が大きく、弔問客全員ということもあれば、ほぼ親族に限られるということもあります。

果たして自分が参加してよいものかどうか迷うこともあるでしょうが、通夜振る舞いに参加することは故人の供養ともなります。

基本的には声をかけられたら辞退はせず、ごく短時間でも構いませんので参加するようにしましょう。

故人に関係のない話は慎む

通夜振る舞いは単なる食事会ではなく、故人を偲ぶ席です。したがって故人の思い出などを語らうのが基本ですので、故人と無関係の話は極力慎みます。

大声・大笑いは控える

通夜振る舞いで出される料理は、食事をしながらリラックスしたムードで故人を偲んでほしいという喪家の気持ちの表れでもあります。

実際、故人と親しい関係にあった人などによる生前の思い出話には、思わず笑いを誘われるようなこともあるでしょう。とはいえ、あくまで葬儀の場ですので、大声で話したり、大きな笑い声を立てたりといったことは控えます。

忌み言葉は使わない

飲食氏ながらのくつろいだ雰囲気の中ではつい忘れがちですが、通夜振る舞いも葬儀のうちです。葬儀の場で避けるべきとされている忌み言葉(たびたび、引き続き、迷う、など)を使うことのないよう注意しましょう。

喪主・遺族は弔問客を見送らない

喪主はじめ遺族は、通夜振る舞いがお開きとなっても弔問客を見送ることはせず、自席から目礼するなどにとどめます。

通夜振る舞いにかかる費用

通夜振る舞いにかかる費用について確認しておきましょう。

通夜振る舞いの費用相場

料理の内容や参加人数にもよりますが、1人当たり約2000~3000円程度が相場です。

金額に影響するのは主に量

大皿料理が主流のため、料理の内容も取り分けやすさ重視となることがほとんどです。そのため、料理のクオリティーというよりは、量が値段に影響する傾向です。 なお、想定される参列者数に若干プラスした人数分の料理を用意するのが基本となります。

まとめ

  • 通夜振る舞いの趣旨は、僧侶や弔問客への感謝の意と、故人を偲ぶ場とすることの2つ。
  • 通夜振る舞いの場に招かれる人の範囲は地域によって異なるが、関東圏では弔問客全員が主流。
  • 精進落としは個別のお膳で出されるが、通夜振る舞いは大皿料理。
  • 通夜振る舞いでの喪主による挨拶には、弔問客へのお礼の言葉、食事を楽しみながら故人を偲んでほしい旨、告別式の案内を盛り込むようにする。
  • 通夜振る舞いの場に招かれたら参加するのが基本。
  • 通夜振る舞いの場では、故人と無関係の話、大声・大笑い、忌み言葉は慎む。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応