葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 一日葬
  4. 家族葬での喪主の挨拶とは?通夜と告別式などでの例文も紹介します

一日葬

家族葬での喪主の挨拶とは?通夜と告別式などでの例文も紹介します

家族葬での喪主の挨拶とは?通夜と告別式などでの例文も紹介します

葬儀で喪主を務めますと、参列してくださった方々に対して挨拶を行う場面があります。

家族葬は「家族および親族を中心にごく近しい関係者のみで行う葬儀」という意味です。

相手が家族や親族であっても喪主として挨拶を行うことがあるのでしょうか。本記事では家族葬での喪主の挨拶について説明します。

家族葬でも喪主は挨拶する必要があるか

家族葬とはいえ、状況に応じて挨拶をする必要があります。 家族葬と一口に言いましても、どこまでの方に参列していただかくかは、家族葬ごとに異なります。たとえば家族2、3人だけで行う家族葬もあれば、家族以外の親族含めて数十人で行う家族葬もあります。

基本的に、家族などのごく近しい血縁者だけの家族葬であれば、挨拶は不要で、実際の喪主の挨拶が行われるケースは稀です。

夫が亡くなった場合で考えますと、親、妻、子供、孫といった近しい人に対して、改まった挨拶をする方が不自然でしょう。

一方で、それ以外の親族その他の方々が参列される場合には、家族葬でも喪主の挨拶を行うことが一般的です。

挨拶の必要性の有無については、状況に応じて変わってきますし、地域によるしきたりの違いもありますので、葬儀社スタッフと相談して決めるのが無難です。

家族葬の挨拶のタイミングとは

  家族葬で喪主が挨拶を行なうタイミングは主に4つあります。

通夜での挨拶

通夜式の開式または閉式に際して、会葬して下さった方々に対して御礼の挨拶をします。

通夜振る舞いでの挨拶

通夜振る舞いの食事の席で行う会葬御礼の挨拶です。立食スタイルの通夜振る舞いで挨拶を行うことは稀で、主に挨拶を行うのは着席スタイルの場合となります。

なお、前述の通夜の開式もしくは閉式時に挨拶を行った場合には、通夜振る舞いでの挨拶はしないことが一般的です。

告別式・出棺時の挨拶

通夜式の翌日、告別式が終わり出棺(火葬場への出発)をする前に行う会葬御礼の挨拶です。喪主が行なう挨拶としては最もイメージしやすいのではないでしょうか。

霊柩車に柩を乗せる前に式場内で行うこともあれば、式場を出て霊柩車に柩を乗せてから行う場合もあります。

精進落としでの挨拶

火葬が終わったあとの精進落とし(忌中払い)の食事を始める前に行う挨拶です。通夜と葬儀の、2日間参列していただいたことに対する御礼の挨拶をします。

なお、ここで紹介する全てのタイミングで挨拶を行うとは限りません。また、地域や葬儀の進め方によっては、ここに挙げたケース以外のものも考えられます。

家族葬の挨拶のポイントとは

家族葬で喪主として挨拶を行う際、留意しておきたいポイントを抑えておきましょう。

挨拶で述べる内容

挨拶で述べる基本的項目は次のとおりです。

  • 自分の名前、故人との関係性
  • 参列してくださったことへの御礼
  • 生前故人がお世話になったことに対する御礼
  • 故人の生前のエピソード、思い出、人柄 ・今後も故人同様に変わらぬお付き合いをお願いする等々、葬儀後について

その他、通夜振る舞い、精進落としで挨拶を行う場合には「お食事をお召し上がりください」というような案内も行うことが一般的です。

また、挨拶の中で故人にまつわるエピソードを簡単に述べる場合もあります。

挨拶は簡潔に手短に行う

挨拶は、他の式次第の時間配分もありますし、簡潔に行うよう配慮が大切です。

時間にして2分~3分、長くても5分以内に挨拶をおさめられるようにしましょう。特に食事の開始前については、出された食事の味も落ちてしまいますので、あまり長くならないように注意が必要です。

声は大きくはっきりと

葬儀では高齢の方が参列されていることも多々あります。

高齢の方は耳の聞こえが良くない可能性が高いことを考え、挨拶の声は大きくはっきりとした口調を意識して行うようにすることもポイントです。マイクが設置されている場合は、きちんと口をマイクに近づけて話しましょう。

原稿を持って挨拶するのは良い?

なかには挨拶の内容を頑張って暗記しようとする喪主もいらっしゃいますが、必ずしも暗記をしなければならないわけではありません。

葬儀は特殊な場です。大切な家族を亡くし、慣れない葬儀を取り仕切らなければならない喪主に対して、さらに完璧な挨拶をしろというのは酷な話です。 家族葬において喪主が原稿を持って挨拶を行っても、特に失礼にあたることはありません。

大切なのは上手に話すことではありません。下手でもよいので、参列者への感謝、故人への想いを伝えることではないでしょうか。

家族葬の各場面での挨拶例とは

通夜時の挨拶、告別式・出棺時の挨拶など、挨拶を行うシチュエーションによって、述べる内容や言い回しなどが変わる部分があります。

ここでは、家族葬における場面ごとの挨拶例を紹介いたします。

なお、大抵の場合、司会者によって「それではここで喪主をお務め頂いた〇〇〇〇様より御挨拶を頂きます」というような案内を受けて挨拶を行うことが一般的な流れです。

通夜での挨拶

私は、故人の長男にあたります、鈴木一郎でございます。

本日はご多用中にも関わらず、亡き父、鈴木太郎の通夜式にご参列賜りましてありがとうございます。そして、生前に故人が皆様より頂戴致しましたご厚誼につきましても、厚く御礼を申し上げます。

故人は藤沢市民病院にて令和2年5月15日、85歳の生涯を閉じました。晩年は俳句を趣味として、全国各地へ旅行に赴いては新しい句が出来ることに喜びを感じている父でした。

この度の葬儀では、祭壇やロビーに故人の作品、句集を飾って頂きましたので、是非ご覧いただければ父も喜ぶと思います。

なお、今後につきましても、家族一同故人の遺志を受け継ぎ精進していく所存でございますが、皆様方におかれましては故人の生前と同様のお付き合いを頂けましたら幸いでございます。

以上、ご挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございます。

通夜振る舞いでの挨拶

本日は亡き父 鈴木太郎の通夜式にご参集賜りましてありがとうございます。

私は故人の長男、鈴木一郎です。この場をお借りしまして、皆様にひとことご挨拶を申し上げます。

故人は大釜市民病院にて令和2年3月10日、68歳にて永眠いたしました。

男性の平均寿命からすれば、若干早過ぎたかなと思う部分もございますが、最後は故人の孫たちに囲まれる生活で、本人はとても満足気であったことは長男として救いのような気も致します。

そして、本日もこのように皆様にお集まり頂きまして、故人も感謝しているものと思います。

ささやかではございますが、お食事をご用意致しましたので、父のことを思い出しながらお召し上がり頂ければ有り難く存じます。

本日は誠にありがとうございます。

告別式・出棺時の挨拶

遺族を代表して一言ご挨拶申し上げます。私は故人の長男、鈴木一郎でございます。

本日は、ご多用中のところ、父 鈴木太郎の葬儀式並びに告別式にご会葬くださいまして、誠にありがとうございました。生前故人が賜りましたご厚誼、ご厚情に対しましても深く感謝申し上げます。

これより父は、大釜市営斎場にて荼毘にふされます。

長期の入院でしたから覚悟はしておりましたものの、実際にこのときを迎えますと何とも言えない虚無感、戸惑い、悲しみで一杯でございます。 しかし、このように皆様にお集まり頂きまして故人も喜んでいるものと思います。

今後は、残された母を支えながら、私達一同頑張っていく所存でございます。 以上、簡単ではございますが御礼のご挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

精進落としでの挨拶

故人の長男、鈴木一郎でございます。

昨夜の通夜式、本日の葬儀式ならび告別式と2日間に渡ってお付き合いを頂き本当にありがとうございました。お陰をもちまして、滞りなく父の葬儀を終えることができました。

今後につきましても納骨、法要等控えておりますが、皆様方のお力添えを頂ければと存じます。

以上、甚だ簡単ではございますがご挨拶とさせて頂きます。 精進落としということでお食事をご用意いたしましたので、どうぞ、父のことをお偲びいただきながら、お召し上がりくださいませ。本日は誠にありがとうございました。

家族葬の挨拶で使ってはいけない言葉とは

喪主の挨拶含めて葬儀では使用を避けるべきとされる「忌み言葉」があります。

忌み言葉とは不幸の発生、不幸の繰り返しを想像させる言葉や数字です。その他、生死に関わる生々しい表現や言葉も避けるべきとされています。

日本には「言霊(ことだま)信仰」という「口に出した言葉には力が生じ、実現に向かう」という考え方がありますが、この言霊信仰が忌み言葉の成り立ちに影響しているといわれています。 忌み言葉の例としては次のようなものがあります。

「くれぐれ、しばしば、たびたび、また、再三、続いて、追って、いよいよ、ますます、浮かばれない、迷う、落ちる、数字の4と9(漢数字の四と九も同様です)、生きる、死ぬ、苦しむ」など。

たとえば、挨拶を行うときに「死にました」という事実を伝えたいときには「亡くなりました」「逝去しました」「息を引き取りました」などと忌み言葉に該当するときには言い換えを行う工夫が必要です。

最後に

今回は、家族葬での喪主の挨拶についてお伝えしてまいりました。

必ずしも喪主挨拶を行うわけではありませんが、家族葬でも状況に応じて喪主が挨拶を行うケースがあります。

挨拶が必要な場合には、せっかくお越しくださった参列者の方々に対して失礼のない挨拶を行えるよう、準備しておきましょう。

しきたりやマナーを守って、上手に挨拶しようと努めるのも大切なことですが、まずはご自身の言葉で、参列者への感謝を伝えること、そしてその場に集まったもの全員で故人を偲べるような挨拶が望まれるでしょう。上手く話せなくても、紙を読みながらでも構わないので、心のこもった挨拶ができればよいですね。

喪主として挨拶を行うことになった場合には、今回の内容を参考にして頂ければと存じます。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応