葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬における香典返しのマナーとは?相場や品物も解説

家族葬

家族葬における香典返しのマナーとは?相場や品物も解説

家族葬における香典返しのマナーとは?相場や品物も解説

どのような場面でも、頂き物をもらえば、お返し物をするのが礼儀であり、それは葬儀でも同様です。

家族葬では香典を辞退するケースがありますが、香典返しについてはどのように考えればよいでしょうか。頂いたご厚志に対して失礼な対応をするわけにはいきません。

そこで今回は、家族葬での香典返しに関するマナーなどをお伝えしてまいります。

家族葬では香典を辞退する?

家族葬では「香典辞退」とするケースが増えています。

喪主側が香典を辞退する理由として、関係者に負担をかけたくないという配慮の気持ちや、香典返しの手間を省きたいなどの考えが背景にあるようです。

また、家族や親族から頂く香典は高額であることが多く、血縁関係によって金額の幅も大きくなりがちです。そのため、葬儀後に金額に応じたお返しをしなければならないのが金銭的負担が大きいという理由もあるでしょう。

ただ、実際には喪主の意向によって、香典辞退を選んでも、香典を受け取ってもどちらでも問題ありません。 もちろん香典を受け取るのであれば、お返しをすることがマナーです。

家族葬の香典返しはいつ渡す?

香典返しを渡すタイミングは主に2つあり、ひとつは「後返し」、もうひとつは「当日返し(即日返し)」と呼ばれます。

全体的な傾向としては、当日返しが多くなっています。

後返し

後返しでは、葬儀後、四十九日法要を終えたあとに香典返しの品物を贈ります。これは、故人の四十九日法要が無事に済んだことの報告をも兼ねているからです。葬儀後に時間の余裕があるため、いただいた金額に応じて品物を選びます。

神道であれば、五十日祭を終えてから。キリスト教では、四十九日法要や五十日祭に相当する行事はありませんので、葬儀後50日過ぎた頃が香典返しを行うタイミングの目安です。

当日返し

当日返しは、通夜または葬儀告別式の会場にて頂いた香典に対して、その場で香典返しをお渡しする方法です。

当日返しでは受け取る香典額に関わらず、一律の品物をお返しすることが基本です。

家族葬での香典返しの相場

香典返しは、一般的に頂いた金額の3分の1~半分程度の品物を用意することがマナーとされています。

後返しの場合には、頂いた香典の金額に応じて香典返しの品物を用意しますので、たとえば1万円の香典を頂いた方には3,000円~5,000円程度の、3万円の香典を頂いた方には10,000円~15,000円ほどの品物をお返しすることになります。

当日返しの場合では、頂く金額に関わらず一律に同一(同額)の香典返しをお返ししますが、用意する香典返しの相場は約2,000円~3,000円です。

ただし、想定を超える高額な香典を頂いたときには、改めて頂いた香典額に相応しい品物をお返しすると良いでしょう。

家族葬の香典返しに向いている品物

香典返しでは基本的に「後々残らないもの」を選択することがマナーです。

慶事では時計や写真立てなど、記念として後々まで形として残る品物が贈られますが、葬儀や法要といった弔事では後々残らないものを選びます。

後々残らないものとして、たとえば御茶やコーヒーなどの飲料、海苔や梅干しなどの食品類、煎餅やクッキーなどの菓子類、醤油やサラダ油など調味料、タオルや洗剤などの日用的消耗品雑貨等々が香典返しとして選ばれています。

また最近は、チョイスギフト(カタログギフト)も人気です。喪主側は品物選びに頭を悩ます必要がありませんし、受け取った方も自由に品物を選べるからです。

当日返しの場合は、大きさや重たさにも気を配り、参列者が帰りの際、持ち帰りやすい品物を選ぶなどの配慮も大切です。

香典返しと一緒に渡す御礼状の書き方とは?

香典返しに御礼状を添えた方が良いのは、後返しで宅配便などを利用して送る場合です。

当日返しでは御礼状を添付しないのが慣例です。これは、御礼状を用意しなくても直接御礼を伝えることができるからです。また、後返しであっても手渡しする場合も同様です。

御礼状を書く際の主なポイント

  • 句読点を使わない
  • 季節の挨拶は使用しない(いきなり本題から入ります)
  • 忌み言葉を使用しない
  • 通常の濃さの筆記具を使用して書きます(薄墨ではありません)

なお、下記に例文を紹介しますが、通常は香典返しを注文する際に、返礼品業者に御礼状の作成も注文してしまうケースがほとんどです。

御礼状の例文

謹啓

父 〇〇〇〇 儀 葬儀に際しましては ご丁重なるご厚志を賜り誠に有難く衷心より深謝申し上げます

 おかげをもちまして 〇月〇日に四十九日法要を滞りなく済ませることができました

つきましては供養のしるしとして 心ばかりの品をお送り致しますので 何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます

本来であれば直接お目にかかりご挨拶すべきところではございますが 略儀ながら書面にてですがご挨拶申し上げます

敬白

令和〇〇年〇月〇日

〇〇〇〇(喪主や施主の名前)

お返し不要と言われた場合の対応は?

香典をもらう際に、稀に「お返しは不要です」という方がいます。

この場合には先方の意向を尊重し、香典返しは渡さないことがマナーとなります。

ただし、品物は送らないにせよ、御礼状を送って感謝の気持ちをを伝えるようにしましょう。

それでも、心情的に何もお返ししないのは抵抗感があるといった場合については、お中元やお歳暮の機会を利用し、もらった香典の金額に見合った品物をお送りするというケースもあります。

最後に

今回は家族葬での香典返しに関するマナーなどをお伝えしてまいりました。

家族葬では「香典辞退」とするケースも見られますが、香典を受け取る場合には香典返しを行うことがマナーであり、この点は特に一般葬と変わることはありません。

家族葬で香典を受け取る場合、どう対応して良いか迷ってしまうことがあるかもしれません。 家族葬での香典の受け取りや香典返しについて検討されるときなど、今回の内容を参考にしていただけると幸いです。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応