葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬の服装のマナーとは?親族や参列者など立場の違いによる服装も紹介します

家族葬

家族葬の服装のマナーとは?親族や参列者など立場の違いによる服装も紹介します

家族葬の服装のマナーとは?親族や参列者など立場の違いによる服装も紹介します

近年、葬儀の形式として家族葬が選ばれるケースが増加しています。しかし、家族葬はまだ新しい葬儀形式であるため、家族葬に関するマナーはそこまで知られていないのではないでしょうか。

本記事では、家族葬における服装のマナーについて紹介します。

いざというときに慌てることのないよう、どういった服装が家族葬参列に適切であるかを把握しておきましょう。

家族葬の服装について

家族葬は、主に遺族や親族といった近親者のみで執り行われます。

そのため、幅広く参列者が集まる一般葬と比べて、服装についても気を遣うことは少ないと思われるかもしれません。

しかし、参列者のほとんどが身内とはいえど、葬儀は故人を見送る儀式として厳粛な場となります。あまり場違いな服装で参列するのは、故人や他の遺族に対して望ましくないでしょう。

家族葬でも葬儀の流れはおおむね一般葬と同じであり、規模が小さくなるからといって、儀式として簡略なものとなるわけではありません。

また、どのような葬儀でも、必ず最後に向かう火葬場は、他の喪家も利用する公共施設であり、服装のマナーを守る配慮が必要です。

したがって、参列者に求められる服装についても基本的な考え方は一般葬と同じです。

いわゆる喪服を着用する

家族葬に参列する際は、一般的な喪服(黒のフォーマルな服装)を着用しましょう。仏式や神式などの宗教葬の場合は、基本的に喪服の着用が必須です。

家族葬特有の服装ルールはない

家族葬だからといって特別な服装のルールがあるわけではなく、一般葬に参列する場合と同じ服装で問題ありません。

親族間での取り決めによる格の調整は可能

参列するのは基本的に近親者だけであるため、親族間で事前に話し合って合意しているならば、喪服の格などを調整することは可能です。(喪服の格については後述)

例えば、遠方から来る親族が多い、高齢者が大半であるなどの事情がある場合、体力的なの負担を少しでも軽くするため、参列者は全員平服を着用するといったことも、話し合いの上で取り決めているのであれば可能となります。

ただし、葬儀における「平服」は普段着でよいというわけではなく、「ブラックフォーマルではなくてもよい」という意味合いである点に注意が必要です。

具体的には、黒や黒に近い色味のスーツやワンピースなどを指しており(次項で解説している「略喪服」相当)、まったくの普段着とは異なります。

実際には、家族葬を含む個人葬においては、遺族、親族ともに準喪服を着ることが多くなっています。例えば、10人前後の小規模な家族葬の場合でも、準喪服を着用するのが一般的です。

事前に取り決めをして平服を指定した場合でも、親族の中には戸惑う人がいる可能性もあります。基本的に葬儀では準喪服を着用する、と考えておくのが無難でしょう。

家族葬の服装の種類(格)について

家族葬であっても、その服装の種類(格)についての考え方は一般的な葬儀におけるものと基本的に変わりありません。どういった種類(格)があるかを確認しておきましょう。

正喪服(正礼装)

喪服の中でも最上格とされる服装で、遺族や親族が着用するものとされています。

具体的には、男性であればモーニング、または黒紋付き羽織袴、女性であれば黒のワンピースやアンサンブル、または黒無地染め抜き五つ紋付きの着物です。

しかし、近年では礼を尽くすために、もっとも格の高い喪服を身に付ける立場である喪主でさえ正喪服を着用することは少なくなり、準喪服が一般的になってきています。そのため、喪主以外の遺族・親族の服装も準喪服が一般的です。

準喪服

正喪服よりも一段格を下げた喪服が準喪服です。

具体的には、男性であればダブルまたはシングルのブラックスーツ、女性であれば黒のワンピースやアンサンブルが基本的なスタイルです。

男性の場合、スリーピースのブラックスーツは避けましょう。ベストはおしゃれをするための服装と認識されることが多く、着飾ることを控える葬儀の場にはふさわしくないという考えが一般的です。ただし正喪服のモーニングコートでは、ベストは格式ある服装とされ着用が可能です。

本来は、参列者の立場にある人が着用するものとされていますが、現在では遺族や親族も準喪服を着用する傾向です。

基本的に遺族と親族のみが参列する家族葬の場合、一般参列者を迎えないことから、準喪服を身に付けるケースが大半です。

略喪服

準喪服よりもさらに一段格を下げた喪服が略喪服です。七回忌以降の法要の席や、葬儀の後日に行われるお別れ会などで着用することが多いです。

具体的には、男性はダークグレーや濃紺などの黒に近い色味で無地のスーツ、女性は男性同様に黒に近い色味で無地または無地に近いごく細かな柄(織り柄やピンストライプなど)のワンピースやアンサンブル、スーツなどです。

取り急ぎ駆け付ける通夜(仮通夜)などで略喪服を身に付けるのは問題ありませんが、通夜までに着替える余裕があるなら、準喪服を身に付けて行くのが無難でしょう。

案内状に「平服でお越しください」との記載がある場合は略喪服を着用するのがよいでしょう。しかし、こういった案内がない限りは略喪服を着用することは避けた方が無難です。

家族葬における親族の服装

家族葬であっても、参列する親族の服装のマナーは、一般的な葬儀と基本的には変わりありません。親族の立場で参列する場合の服装マナーについて確認します。

親族の男性

親族の男性は、喪服を着用します。

本来であれば最上格の正喪服を着用する立場ですが、近年では準喪服を着用することが一般的となってきており、身内だけで執り行う家族葬であればなおさら、正喪服までは求められません。喪主と格が同等もしくは上になることは避けるべきなので、むしろ準喪服を着用するのが無難であるといえます。

いわゆるブラックフォーマル(ブラックスーツ、白のワイシャツに、ネクタイや靴下などの小物を黒でまとめた服装)であれば問題ないでしょう。

ブラックスーツと言っても、ビジネススーツのように光沢感のあるものとは異なります。喪服の場合のブラックスーツは、光沢感がなく、深みの強い黒色が特徴ですので注意しましょう。

ジャケットのボタンは、ダブル・シングルのいずれでも問題ありません。装飾品として華やかな雰囲気になるネクタイピンなどは、葬儀の場で着用するのは避けましょう。

参列者が身内に限られることから、つい気を緩めてしまうこともあるかもしれませんが、弔意を示す厳粛な儀式です。汚れやシワなどのない清潔感のある装いが大前提であることを忘れないようにしましょう。

親族の女性

親族の女性は、喪服を着用します。

遺族の女性が黒無地の着物を着用するのであればその限りではありませんが、基本的には洋装が前提と考えましょう(遺族の女性が洋装の場合、和装の親族のほうが格上の喪服を着用している印象となってしまうため)。

黒無地のワンピースやアンサンブルに、黒のストッキング、黒のパンプスといった黒でまとめた服装とします。光沢感のない生地である、膝下丈以上の長さのスカートであるといった点にも気を付けましょう。黒のストッキングは正式には薄手のもの(基本は30デニール以下)を選びます。柄物やタイツはNGです。

指輪は結婚指輪のみとし、ネックレスをする場合は一連のパール(一般的な白の他、華やかなイメージのものでなければブラックパールやグレーパールも可)、真珠以外ではジェットを選びましょう。

二連や三連のネックレスなどは、不幸が重なるという意味につながるので、葬儀の場での着用は避けましょう。

メイクもナチュラルメイクが原則で、派手な色合いは避けます。口紅をつける場合は、赤味が強いものは避け、ベージュを基調としたナチュラルな色味のものを選びましょう。見落としがちですが、ネイル(マニキュア)もきちんと落とした上で参列するようにします。

家族葬にける子供の服装とは

家族葬であっても子供の服装マナーは、一般的な葬儀におけるものと基本的に変わりありません。

乳幼児の場合

乳幼児に喪服を用意してあるというケースは稀で、世間の受け止め方としても乳幼児には喪服を着用させなくてもよいという考え方が一般的です。

乳幼児の服装はモノトーン基調やベージュ、紺などの比較的落ち着いた色目をベースカラーとしたものや、色柄が派手ではないアイテムを組み合わせるなどして、全体として控えめな印象の装いとなるようまとめられれば充分です。

なるべくシンプルなデザインの服装を選び、派手な印象になるキャラクターものは避けましょう。

小学生の場合

小学生の場合も乳幼児同様に、服装に関する制約はそれほどありません。

黒っぽい服を持っていればそれを、なければ白のシャツやブラウスに黒のパンツやスカートなど、モノトーン基調に選べば、まず問題ありません。派手な柄のTシャツなどは避けましょう。

制服のある小学校に通っている場合は、制服を着用します。

中学生・高校生の場合

制服は学生にとっての正装と言えますので、通学している学校に制服があれば制服で参列するのが基本です。

学校によっては赤系統のネクタイやリボン、派手な色柄のパンツやスカートなど、葬儀にはふさわしくないと感じられるものもあるかもしれません。

ですが、そのようなカラフルなアイテムを含む一式をもって制服と定められていることから、基本的に問題はないでしょう。

どうしても気になるようであれば、カラフル過ぎると感じられるアイテムを除いたり、黒っぽい色合いのものに変更します。

なお、制服の指定がない学校に通っている場合は、モノトーン基調のきちんとした印象の装いで参列します。

大学生の場合

大学生は制服がないため、喪服を着用する必要があります。

通夜に参列する場合は、平服に当たるリクルートスーツを着用してもよいですが、葬儀・告別式に参列する場合にはできるだけ喪服を着用するようにしましょう。

学生のうちは必ずしも喪服でなくても許容される傾向にありますが、黒以外のリクルートスーツ(グレー、紺、ストライプなど)はマナー違反となるので避けましょう。

家族葬における靴や髪型の注意点とは

家族葬であっても、参列者の靴や髪型の注意点は一般的な葬儀におけるものと基本的に変わりありません。

家族葬における靴のマナー

男性の場合、レザーシューズで問題ありませんが、クロコダイルのように露骨に皮革をイメージさせるものは避け、カーフスキンのように表面が滑らかでごくシンプルなデザインのものにしましょう。カジュアルな印象を与えるスエード素材や光沢感のあるエナメルも、葬儀にはふさわしくないので避けます。

ストレートチップタイプで、内羽根式の黒靴が最もフォーマルな靴とされています。

女性の場合は、ヒールの高過ぎるパンプスは避け、落ち着いた印象の3~5cmヒール程度のものにします。

ただ、華やかな艶や輝きは葬儀の場にふさわしくないため、エナメルのような光沢のある素材や金具のついたデザインは避けるようにします。

子供の靴の場合、落ち着いた色目、派手過ぎないデザインの靴であれば問題ないとされています。フォーマルな靴を持っていない場合はスニーカーでも問題ありませんが、音が鳴ったり光ったりするものは避けましょう。また、サンダルはNGです。

家族葬における髪型のマナー

「こうすべき」というような特段の決まりはありませんが、清潔感のある控えめな印象の髪型が基本です。

整髪料は香りが強いものやツヤ感の強い仕上がりになるものを避けます、セミロング以上の髪は黒のシンプルな髪留めやヘアゴムですっきりとまとめるといった配慮をしましょう。まとめ髪にする場合は、耳よりも下の位置でまとめるとフォーマルな印象となります。

子供の場合も、長い髪は可能な限りヘアゴムなどでまとめるのが望ましいでしょう。お団子ヘアや編み込みといった、華やかな雰囲気になる髪型は避けましょう。

家族葬における季節ごとの服装とは

家族葬であっても、参列者の季節ごとの服装マナーは一般的な葬儀におけるものと基本的に変わりありません。

夏の服装

葬儀はフォーマルな場ですので、たとえ暑い夏の時期であってもジャケット着用が原則です。そうした制約の中でもできるだけ涼しい装いとするために、半袖の上にジャケットを羽織るというのがお勧めです。

とはいえ、あまりに蒸し暑いときや、式の最中とは異なりいくらかリラックスした雰囲気となる火葬場での待ち時間や精進落としの席などでは、ジャケットを脱いでも失礼には当たらないと考えられます。身内が多い家族葬であればなおさらでしょう。

そうした実情を考慮し、女性の場合、ジャケットを脱いだ際に二の腕まで露出することがないようにノースリーブは避けるようにしましょう。ジャケットを脱いでも差し障りのない半袖~五分袖のワンピースやアンサンブルなどが適当です。

冬の服装

冬の葬儀ではコートなどのアウターが必要となってきます。黒のアウターが望ましいですが、グレーやベージュ、ダークネイビーといった地味で目立たない色であれば問題ないでしょう。

トレンチコートやダッフルコートでも問題ありませんが、派手な柄が入っているコートは避けましょう。毛皮や革を使ったコートは、殺生をイメージさせるため、葬儀の場には適しません。

冬場の靴についての注意点としては、葬儀の場にブーツは一般的に不適切と考えられますが、ブーツを履かざるを得ない雪の日などには会場で履き替えられるよう靴やパンプスを持参するようにしましょう。

家族葬における宗教別の服装とは

家族葬であっても、宗教別の服装のマナーは一般的な葬儀におけるものと基本的に変わりありません。

仏式の場合

仏式の葬儀の場合、一般的に上記のような服装がマナーに適しています。

神道式の場合

神道式の葬儀の場合、服装は仏式に準じ、喪服を着用します。服装ではなく持ち物となりますが、数珠を持参しないという点が仏式の場合との違いです。

キリスト教式の場合

キリスト教式の葬儀の場合も、仏式などの場合とほぼ同様に考えて問題ありません。

男性の場合、パンツの裾はシングルの方がよいとされています。その他のポイントについては、これまでに紹介した喪服と一緒です。

また、女性の場合は自身がカトリック信者であれば、ベールのついた黒い帽子を着用することがあります(カトリック信者でなければ着用しません)。

こういった帽子はトークハットと呼ばれ、正喪服の装いとされます。着用するのは喪主や親族に限られ、参列者が着用するのは失礼に当たるので注意しましょう。

最後に

基本的に身内だけで執り行う家族葬の場合であっても、葬儀という厳粛な儀式であることに違いはなく、その服装マナーも一般的な葬儀におけるものと何ら変わりありません。

遺族・親族の間で事前に話し合って合意しているのであれば、必ずしもその限りではない場合もありますが、一般的には準喪服で参列するものと考えましょう。

たとえ小規模の家族葬であっても、故人にとって人生最後の節目を迎える大切な場であることに変わりはありません。一般的なマナーにのっとった服装で故人を見送りましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /
葬儀のご相談はこちら

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

  • 急いで葬儀社を手配したい
  • 病院からの搬送を急ぎで依頼したい
  • 葬儀の費用相場を知りたい
  • 葬儀費用の複数社見積もりを取りたい
葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /
葬儀のご相談はこちら

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
TV
メディア掲載情報
  • 日本テレビ 「news every.」 / 特集:知りたい!/「終活」の話(2022年12月27日放送)
  • NHK番組「首都圏ネットワーク」/コロナ禍の不安どう解消する?(2022年5月31日放送)
※ 安心葬儀にて実施した「親の終活に関する意識調査」の結果が紹介されました。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能/