葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

葬儀の知識

一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

葬儀は通常、1日目に通夜、2日目に告別式と、2日にわたって行われることが一般的です。

しかし近年では、通夜を行わずに1日だけで儀式を完了する「一日葬」という形式の葬儀が徐々に増加しています。

本記事では、そんな一日葬の流れ、メリットおよびデメリット、費用相場などについて解説します。

一日葬とは?

「一日葬」とは、通夜を行わない形式の葬儀のことを指します。

通夜を省き、告別式から火葬のみを行う形式のため、葬儀が通常の半分の期間に当たる1日で終わることが特徴です。

一日葬の流れとは

一日葬の流れについて確認しておきましょう。

遺体の搬送・安置

遺族の希望に添い、一般的には葬儀社が遺体を入院先だった病院などから、故人の自宅や葬儀社安置施設などに搬送し、葬儀までの間安置します。

遺体の火葬は、法律で死後24時間以上経過した後でないと行えないと定められています(一部の指定感染症で亡くなった場合を除く)。そのため、死亡後すぐに火葬することはできず、火葬前には基本的に一定時間以上安置することになります。

搬送・安置は、一般的に葬儀社へ依頼します。

葬儀社との打ち合わせ

葬式の日程や会場、祭壇や棺などのグレードなどの内容のほか、誰を喪主とするか、参列者の席次をどうするのかといった事柄についても、葬儀社の担当者と打ち合わせし、決定します。

納棺

葬儀を迎える前に、遺体を棺に納めます。

湯灌やお着せ替え、旅支度など、遺族・故人の希望や宗旨宗派にのっとり、見送りの準備を整えます。全てを葬儀社が対応することもありますし、一部を遺族が行うこともあります。

告別式

遺族が希望される意向に従い、僧侶を招き、告別式を執り行います。

告別式は、通夜を営んだ翌日に行うことが一般的ですが、一日葬の場合は通夜が省かれます

出棺

告別式を済ませた後、故人との最期のお別れを行ってから棺の蓋を閉め、霊柩車で火葬場まで運びます。

火葬場に同行しない参列者がいる場合、喪主から挨拶を行い、火葬場へと出発する霊柩車を見送ってもらいます。

火葬

火葬場にて遺体を荼毘に付します。

僧侶が同行している場合には、棺を炉に入れる前にお経が上げられます。

なお、告別式の後に火葬という流れが一般的ですが、告別式に先立って火葬を行うしきたりの地域もあります。

骨上げ

火葬後、遺族・親族が作法や風習などにのっとって遺骨を骨壺に納めます。

散会

一般的な葬儀で設けられる精進落としの席は、一日葬では省略することが多く、火葬が終われば散会となります。

一日葬のメリットとデメリットとは

一日葬のメリットとデメリットには、それぞれどういったものがあるでしょうか。

一日葬のメリット

遺族や参列者の負担が軽減される

2日間かけて行う一般的な葬儀に比べて、所要時間も短く、営む儀式が省略や短縮される場合が多いので、遺族や参列者の心身の負担を減らせます。

火葬式(直葬)よりは故人とのお別れを丁寧にできる

簡略化された葬儀形式としては、火葬のみを行う「火葬式(直葬)」もありますが、故人の顔を見てお別れの時間を持つことやお花入れなどの場を設けることがありません。搬送〜届出手続き〜火葬場という流れになるため、故人とのお別れの時間を取ることが難しい側面があります。

その点、一日葬であれば、通夜は省略するものの告別式は営むので、火葬前に故人とのお別れを惜しむ時間が多少は取れる可能性があります。

友人・知人も参列できる

火葬場だけで完結する火葬式の場合は、遺族・親族だけで故人を見送るケースがほとんどです。

一方、遺族が希望された場合には、一日葬ならば親しい友人・知人にも参列してもらうことができます。

通夜の飲食費や会場費が抑えられる

一日葬では通夜を行わないため、通夜で使用する会場費や通夜振舞いでの飲食費が掛かりません。このため通夜に掛かる費用を抑えることができます。

一日葬のデメリット

故人を送るのに慌ただしい印象を与える可能性がある

通夜は本来告別式の前の夜に行われますが、一日葬の場合は、通夜と告別式を1日にまとめて行うため、参列者に慌ただしい印象を与えてしまうことがあります。

通夜がない場合は、遺族が故人とゆっくりお別れする時間も少なくなり、実際に慌ただしかったと感じる場合があり得ます。遺族が故人とのお別れに時間を使いたいと考える場合には、注意が必要です。

寺院によっては一日葬に対応してもらえない可能性がある

寺院によっては、一日葬でのお勤めをお願いできないケースもあります。

菩提寺がある場合は、一日葬でのお勤めを行ってもらえるかどうかをあらかじめ確認しておくと安心です。

声を掛ける範囲が難しい

一日葬は、遺族の負担を軽減することを目的として選ばれることがほとんどで、葬儀規模も小規模なものとなる傾向が多くなっています。

そのため、遺族・親族の他は、ごく限られた親しい間柄の人にのみ声を掛け、結果として、最期のお別れができなかったことを残念に思う友人・知人も出てくる場合もあります。

とはいえ、広く声を掛けすぎても慌ただしくなりますので、声を掛ける範囲はよく検討しましょう。葬儀後に個別に弔問を受けるというのも一つの解決方法です。

葬儀に参列できなかった弔問客への対応が増える

一日葬は1日で葬儀を終えるため、どうしても都合がつかずに参列できなかった弔問客が出てくる場合があります。そういった弔問客のために、後日に弔問の対応をしなければならない場合があります。

そこまで費用が安くはならないことも

一般的には通夜、葬儀・告別式の2日間における儀式を1日にまとめた一日葬であるからといって、費用が半減するかといえばそうとは限りません。

通夜振舞いに掛かる費用のように、確実に減らせる費用がある反面、会場準備費用や棺・祭壇の費用などといった、ほぼ変わらない項目もあるからです。

斎場は1日のみの使用でも2日間の使用料を取られる場合がある

一日葬は1日で告別式と火葬まで行いますが、斎場の使用料を2日分請求されることがあります。

それは会場の設営に事前準備をする使用料が含まれていたり、会場が2日からしか借りられない場合があるためです。事前に何日分の費用になるのかを、確認しておきましょう。

一日葬が向いているケース

どんな方が一日葬が向いているのかを確認していきましょう。

火葬式よりも故人とお別れの場を設けたい場合

大切な人と最期のお別れをしたいと思っている方には、火葬式よりも一日葬がお勧めです。

火葬式の場合は、火葬前のわずかな時間に数人でお見送りしなければならないため、故人の顔を見てお別れをすることは難しいでしょう。

親族に高齢者が多くて2日間来てもらうのが大変な場合

最近では参列者に高齢者が多くなってきているため、通常の2日間掛けて行う一般葬は負担になることがあります。それが1日で終わる一日葬を、負担が軽減できることから選ぶ方が多くなってきています。

故人と最期の時間を持ちたいが、できるだけ費用を抑えたい場合

故人とお別れする時間は持ちたいけれど、葬儀にお金を掛けることが金銭的に難しい場合には一日葬を検討してもよいでしょう。

一日葬は通夜がないため会場代・食事代などの費用の負担がないので一般葬に比べて費用を抑えることができます。

一日葬の費用相場とは

葬儀に掛かる費用には、地域・宗派・葬儀規模などによって幅があるため、あくまで参考としてですが、一日葬の費用の全国平均は約30~100万円ほどと言われています(僧侶へのお布施などは含まず)。

2日間かけて執り行う一般的な葬儀の費用の相場よりは安くなる傾向ではありますが、グレードの高い祭壇や棺などを選んだり、参列者数が増えることがあれば、費用は相場よりも高くなる可能性があります。

最後に

一日葬は新しい葬儀形式ではありますが、親族が遠方に住む場合でも日帰りで参列できる、遺族・親族が高齢である場合にも身体的負担を減らせるなどのメリットから、検討される方が今後も増えていくでしょう。

その一方で、簡略化された葬儀に抵抗を感じる人も少なからずいるのが実情です。

一日葬という形式の選択が、遺族はもちろん、その他の人にとっても抵抗なく受け入れられるよう、理解を得ることが大切です。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

    死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

    死に化粧(しにげしょう)という言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。しかし、故人に施す処置(化粧)であること以上に詳しく知る方は少ないと思います。 本記事では、死に化粧とは何か、誰...

    葬儀の知識

  • 葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式の食事は伝統やしきたりにのっとったものなので、それぞれに意味やルール、マナーがあります。参列者をもてなす喪家は、こうしたことを理解した上で、食事を振舞うことが求められます。 この記事で...

    葬儀の知識

  • 遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

    遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

    人が亡くなってから葬儀・火葬を行うまでの間、遺体を適切な場所に保管(安置)しておく必要があります。 本記事では、安置するまでの流れ、安置に必要な準備や費用、宗教ごとの安置方法、各安置場所の...

    葬儀の知識

  • 遺体搬送の費用や流れは?海外からの遺体搬送についても解説

    遺体搬送の費用や流れは?海外からの遺体搬送についても解説

    病院で逝去された場合、最初の段階で家族が行うべきことの一つは、遺体搬送を依頼する業者の手配です。 亡くなる場所は日本国内とは限らず、出張先や旅行中など海外で亡くなって、飛行機で遺体搬送を行...

    葬儀の知識

  • 霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    告別式が終わった後、棺は霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せられ、遺族に見送られながら火葬場まで搬送されます。 霊柩車といえば、豪華な飾り付けがされているイメージを持っている方が多いかもしれませ...

    葬儀の知識

  • 喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主は葬儀の主催者であり、遺族の代表者です。ほとんどの場合、故人との関係性が深い人が務めます。そのような立場から、葬儀のさまざまな場面で故人に代わって、あるいは遺族を代表して挨拶することが求めら...

    葬儀の知識

  • 献体をした場合の葬儀とは?費用や葬儀のタイミングも解説

    献体をした場合の葬儀とは?費用や葬儀のタイミングも解説

    自分や家族の死、葬儀についていろいろと調べたり、考えたりする中で「献体」に興味を持つ方もいるのではないかと思います。しかし、献体は望めば誰でもできるわけではありません。 また、遺された家族...

    葬儀の知識

  • 葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀では、さまざまな案内状を送りますが、その内容はタイミングや目的によって変わってきます。 最近では、電話やファックス、メールなどのいろいろなコミュニケーションツールが利用されていますが、...

    葬儀の知識

  • 訃報の連絡方法を詳しく解説

    訃報の連絡方法を詳しく解説

    家族を失って深い悲しみの中にいても、訃報の連絡は迅速かつ的確に行わなければなりません。 本記事では、訃報の連絡の優先順位やタイミング、連絡方法、連絡先、注意点などについて詳しく解説します。...

    葬儀の知識

  • 葬儀場(斎場)の種類と選ぶ際のポイント

    葬儀場(斎場)の種類と選ぶ際のポイント

    葬儀を満足のいくものにするためには、どこで葬儀を行うかという点も重要なところです。昔であれば自宅やお寺で葬儀をすることが一般的でしたが、現在は公営斎場、葬儀社の葬祭ホール、民間の貸し斎場などいろ...

    葬儀の知識

  • 死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    「死亡診断書」とは、読んで字のごとく、死亡を診断する書類であり、人が亡くなった際には法律上で必ず必要となる書類です。 死亡診断書が発行されて初めて法的に死亡が認められることになるため、家族...

    葬儀の知識

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/