葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 葬儀の種類にはどんなものがあるの?家族葬、一般葬などの種類をご紹介します

葬儀の種類

葬儀の種類にはどんなものがあるの?家族葬、一般葬などの種類をご紹介します

葬儀の種類にはどんなものがあるの?家族葬、一般葬などの種類をご紹介します

葬儀にはさまざまな種類があります。宗教による違いのほか、同じ仏式でも宗旨宗派によって、異なります。また、それぞれ特徴や注意したい点があり、費用も大きく異なります。

さらに最近は、音楽葬や自然葬といった、宗教色を感じさせない個性的な葬儀を好む人も増えてきました。

いざという時、故人や遺族の思いにふさわしい葬儀を執り行えるよう、葬儀の種類とそれぞれの特徴、費用などについてわかりやすく解説します。

葬儀の種類について

さまざまな葬儀の種類ごとに、その特徴やメリット、デメリットを見てみましょう。

一般葬

一般葬の特徴

文字通り、以前から執り行われてきた一般的な葬儀の形です。遺族、親戚だけでなく仕事関係者、地域の住民、友人など、故人と生前につきあいがあった方、遺族と関係が深い方に参列してもらって、故人を見送ります。

通夜を行った翌日に葬儀式・告別式を執り行い、さらにお棺を火葬場へと運ぶ出棺式や火葬場での納めの式、精進上げの法要など、いくつもの儀式が執り行われるのが特徴です。

一般葬のメリット

故人や遺族とご縁のあるさまざまな方と、一緒にお別れできるのが一般葬の大きなメリットです。遺族にとっても、参列者に一度に感謝の思いを伝えることができます。

いくつもの儀式のなかで、大切な人を失った気持ちを整理でき、故人としっかりと最後のお別れができるのも一般葬の良さです。

一般葬のデメリット

比較的多くの方が参列されるので、遺族はその対応に気を遣わなければなりません。参列者の数が多くなると、香典の総額も増えますが、それ以上に他の費用がかかってしまうこともあります。

家族葬

家族葬の特徴

高齢化や核家族化に伴って、近年、増加傾向にある葬儀のひとつです。家族を中心に、親族、故人とごく親しかった方のみで行う小規模な葬儀のことです。 規模は小さいながら、通夜から告別式まで一般葬と同じ形式で葬儀を執り行うので、簡略化した葬儀とは異なります。

家族葬のメリット

親しい参列者ばかりの温かな雰囲気のなか、遺族がゆっくりと故人と最期のお別れをできるのが家族葬の大きなメリットです。

参列者の人数も把握しやすく、準備や対応に追われたり、いくらかかるのか費用が気になったりなど、落ち着いて葬儀に臨めないという心配は少ないです。

家族葬のデメリット

限られた人だけで葬儀を執り行うので、誰に来ていただくのかを決めるのが難しいと感じる場合があります。身内だけの家族葬にしたい旨を伝え、希望者の参列を断らなければならないことが、精神的な負担になるケースもあるでしょう。

また、後になって故人の逝去を知った人が弔問に訪れることもあります。

家族葬についてより詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事

家族葬とは?費用やメリット・デメリットなど家族葬について徹底解説します

家族葬とは?費用やメリット・デメリットなど家族葬について徹底解説します

色々なお葬式の形がある中で、家族葬もそのひとつです。お葬式の形が違えば、流れや費用、メリット・デメリット、そして注意すべき点も他の形とは異なる部分が出てきます。 家族葬は参列する方を限定す...

続きを読む

一日葬

一日葬の特徴

通常の葬儀では、通夜と葬儀・告別式は別々の日に執り行います。これに対して、通夜を行わないで、葬儀・告別式、火葬を1日で行うのが一日葬です。 しかし、実際には前日から準備を行うことが多いです。

一日葬のメリット

通常は2日間にまたがる葬儀を1日で済ませることで、時間的な制約が少ないのが一日葬のメリットです。遺族の時間的、精神的負担を軽減することができ、費用も低く抑えられます。

遠方から参列する人や長時間の参列が厳しい高齢の参列者にとっても、負担軽減につながります。

一日葬のデメリット

本来は2日間の葬儀を1日で行うため、故人との最期のお別れが慌ただしくなってしまう心配があります。また、それぞれに宗教的な意味がある儀式を省略、簡略化するので、菩提寺の許可が必要となる場合があります。

直葬

直葬の特徴

通夜、葬儀・告別式を行わないで、火葬だけを行う葬儀の形です。火葬の前に遺族や関係者が集まり、10分程度の短い最期のお別れをした後、遺体は荼毘に付されます。事前に僧侶に依頼しておき、火葬前に読経を行うことも可能です。

直葬のメリット

さまざまな宗教的な儀式や慣習的に行われる飲食など、すべてを省略化した形式なので、費用と時間を最も少なくすることができる葬儀の形です。高齢の遺族などにとっては、体力的な負担も小さくて済みます。

直葬のデメリット

儀式を省いて短時間で行われるので、故人との最期のお別れの時間が短くなります。参列者も限られてしまうので、葬儀後の弔問に対応しなければならない可能性も高いといえます。

宗教的なしきたりに則っていない部分が多く、菩提寺に認めてもらうのが難しいケースもあるかもしれません。

社葬・合同葬

社葬・合同葬の特徴

社葬とは企業の創業者や代表者が亡くなった際に、企業が主体となって執り行う葬儀のことです。また、事故などで社員が殉職した場合などに行われることもあります。

企業と遺族が共同で営む場合や、複数の企業や団体が施主となる場合は合同葬と呼びます。大規模な社葬・合同葬になると準備に時間がかかるため、家族を中心とした密葬を行った後、参列者を招いて本葬を行うこともあります。

社葬・合同葬のメリット

ビジネス界や社会に影響力を持つ人物が亡くなると、葬儀の参列者も多くなり遺族はゆっくりと最期のお別れをすることが難しくなります。しかし、社葬の前に遺族と故人だけの時間をとることができれば、遺族にも後悔は残らないでしょう。

ちなみに葬儀費用が高くなる傾向にある社葬・合同葬の費用は、損金扱いとして計上できるのも企業にとってはメリットといえます。また遺族にとっても相続財産から控除されるので、相続税の軽減に繋がります。

社葬・合同葬のデメリット

故人が影響力の大きい人物であるほど、社葬・合同葬は規模が大きくなり、参列者が故人とゆっくり最期のお別れをするのが難しくなります。

葬儀の種類ごとの費用(値段)について

葬儀の種類が異なれば、当然、葬儀にかかる費用も違ってきます。代表的な葬儀の種類ごとに、費用の相場や費用の特徴をご紹介します。

一般葬

費用の相場

一般葬の費用は、参列者の人数や会場の規模、宗教関係者の支払う費用などによって大きく違います。地域によってもお金のかけ方は異なりますが、全国的な平均価格は約100〜200万円程度です。

一般葬の費用の特徴

葬儀にかかる費用は、祭壇や会場など葬儀に関する費用、お布施など宗教関係への支払い、飲食や香典返しなどの物品にかかる費用の3つに大きく分類できます。一般葬は最も基本的な葬儀の形なので、これら3つの項目すべてに支出が発生します。

家族葬

費用の相場

一般的に参列者の人数が少なく、会場の規模も小さくなる家族葬は、一般葬に比べて費用は低く抑えられ、約80〜100万円が相場です。

家族葬の費用の特徴

家族葬は一般葬に比べて参列者が少ないものの、通夜、葬儀・告別式といった儀式を簡略化することはあまりありません。このため、葬儀にかかる費用、宗教関係への支払い、飲食・物品にかかる費用のいずれも発生します。

一日葬

費用の相場

一日葬は一連の葬儀の流れから、通夜を簡略化したものなので、一般葬や家族葬と比べて大幅に費用が抑えられる可能性もあります。全般的には参列者の数がそれほど多くないケースがほとんどで、相場は約40〜60万円程度です。

一日葬の費用の特徴

一日葬の場合、葬儀のために用意しなければならないものは通常の葬儀と大差ありません。 会場費などは1日利用でも2日利用でも、どちらも料金設定を同じにしているところもあります。

直葬

費用の相場

直葬の相場は、約20万円前後ほどです。利用する火葬場によって費用が異なります。

直葬の費用の特徴

通夜、葬儀・告別式を行うための費用が不要で、宗教関係への費用も火葬前の読経を行わなければ必要ありません。また、飲食や物品の費用も基本的には不要です

社葬・合同葬

費用の相場

社葬は参列者の数によって費用にかなりの幅がありますので、都度見積りが必要です。

社葬・合同葬の費用の特徴

社葬の費用は一般的には企業が負担し、合同葬は企業もしくは企業と遺族の双方が負担することがあります。ただし費用の内訳としてはどちらも変わらず、葬儀そのものにかかる費用、宗教関係へのお支払い、飲食・物品購入費の3つとなります。

近年、普及した葬儀の種類

近年、葬儀の形はいっそう多彩になり、宗教的な要素をあまり感じさせない新しい形式の葬儀も増えています。

音楽葬

音楽葬の特徴

葬儀の会場で故人の好きだった音楽を流したり、オーケストラやバンドによる生演奏を行ったりします。

音楽葬のメリット

故人にゆかりのある音楽には、さまざまな思い出をイメージさせる力があります。音楽葬でかける曲は主に遺族が選曲するため、故人との思い出を確かめ、送る気持ちを音楽に託すことができます。葬儀が参列者の心に印象深く刻まれるのも音楽葬のメリットといえます。

音楽葬のデメリット

音楽葬のような新しい形の葬儀を営む場合は、参列者の理解を得るのが難しいこともあります。

特に家族以外の親族や年配の親族の理解を得られずに、音楽葬をあきらめてしまうということもあるので、音楽葬を希望する場合はエンディングノートなどにその旨を記載しておくことをおすすめします。

生前葬

生前葬の特徴

亡くなる前に行う葬儀のことで、お別れ会という考え方で催します。

生前葬のメリット

お世話になった方々に直接感謝を伝えられるのが大きなメリットです。臨終後に行う葬儀よりも自由な形で行うことができ、本人の希望に沿った式にできるのも利点といえます。

生前葬のデメリット

広く理解されている形式ではないので、家族や親族の理解を得るのが難しい場合があります。また、実際に亡くなった後にどうするのかによって、費用や手間がかさんでしまう可能性も考えられます。

宗派による葬儀内容の違い

宗教・宗派により葬儀の内容はそれぞれ異なります。ここでは、参列者として知っておきたい、宗教・宗派による違いをまとめました。

仏教

仏教式の葬儀には数珠を持参します。しかし、持っていない場合は持参しなくてもマナー違反には当たりません。また、喪家の宗派が自分と異なる場合は、自分の宗派の数珠を持参しても構いません。

数珠は左手の親指と人差し指の間にかけて持ち、焼香は右手で行います。供花は白菊、黄菊、百合、カーネーションなどが一般的です。故人の好きな花を供えてもよいでしょう。

神道

神式の葬儀は神社ではなく、自宅や葬儀会場で行われます。神道では死は穢れ(けがれ)とされ、神域である神社での葬儀は行えないからです。

葬儀では数珠は用いられません。また、焼香は行わず、榊の小枝に紙を付けた玉串を使った「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」という儀式が行われます。身を清める「手水(ちょうず)の儀」や、雅楽の献曲も神式葬儀の特徴です。

供花は仏式と同様に、白や黄色の花がよいとされています。

キリスト教

葬儀は教会で行われるのが一般的ですが、自宅や葬儀会館で営まれることもあります。カトリックでは、聖歌斉唱、聖書朗読、神父による説教、パンやブドウ酒を奉納する感謝の典礼から成るミサが儀式の中心となります。

プロテスタントでは、讃美歌や牧師による聖書朗読、説教、祈祷などがあり、いずれも献花が行われます。キリスト教では供花は白い花に限られており、白菊やカーネーションを祭壇に捧げます。

まとめ

葬儀はその内容や規模によってさまざまな種類があります。近年はこれまでにないタイプの葬儀も増えてきました。

種類ごとにメリット、デメリットがあり、まだあまり定着していないために、同意や理解を得るのが難しい葬儀の形式もあります。

喪家それぞれに適した葬儀は異なり、どのような葬儀を行うかは、故人や遺族の希望はもちろん、さまざまな条件が影響します。

葬儀の種類を選ぶ必要に迫られた際には、遺族の気持ちや条件に見合った葬儀を営むために、ぜひ本記事を参考にしてください。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応