葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬とは?費用やメリット・デメリットなど家族葬について徹底解説します

家族葬

家族葬とは?費用やメリット・デメリットなど家族葬について徹底解説します

家族葬とは?費用やメリット・デメリットなど家族葬について徹底解説します

色々なお葬式の形がある中で、家族葬もそのひとつです。お葬式の形が違えば、流れや費用、メリット・デメリット、そして注意すべき点も他の形とは異なる部分が出てきます。

家族葬は参列する方を限定するため、家族葬に参列する機会は必然的に少なくなります。ですから、家族葬を行う立場にならないと経験することが出来ず、意外と家族葬の実態については知らない方が多いようです。

そこで、今回は費用やメリット・デメリットなど、家族葬について徹底解説をしてまいります。

家族葬とは

家族葬について、はっきりとした定義があるわけではありませんが、家族葬は一般的に身内や親族などを中心に少人数で行うお葬式のスタイルを意味しています。

家族葬は20年くらい前から広まり始めた葬儀スタイルで、現在では約3~4割程度が家族葬で行われていると言われています。

これは平均寿命が延びていることで、故人の死亡年齢が高齢化し、また葬儀を出す側の喪主となる人の年齢も高齢化していることが要因のひとつです。

つまり故人も加齢とともに活動範囲が狭くなり、世間とのお付き合いが減っていき、喪主となる人も現役を引退して世間とのお付き合いが減っているということが影響しています。

また、近所付き合いや親族同士の関係も以前と比べて希薄化していることも家族葬が増加している要因だといえるでしょう。

家族葬は家族や親族以外の方々には、基本的に参列をご遠慮いただくので、一般参列者への気遣いやもてなしをすることがない、ということが特徴のひとつです。

そして小規模な葬儀ということで、家族葬は費用総額が少なくなるというイメージをお持ちの方が多いようです。

しかし、この点は後程述べますが、家計からの実質的な負担分を考えると、費用総額が少なくて良いとも言えない場合があるので注意しましょう。

家族葬を行なう際にどこまで親族を呼べばよいか

家族葬といっても、どこまでを参列者の範囲とするかについて決まりはなく、各家族の考え方や親族とのお付き合いの程度などによって異なります。

家族葬において、どこまでを参列者の範囲とするかは主に次の3つに大別できます。

①家族のみの参列
基本的に同居の家族のみで行います。ただし、同居していなくても直系の子供については対象範囲に含めることが一般的です。参列人数として約3人~10人程度の家族葬となります。

②家族と一部の親族のみの参列
①に加えて、親しいお付き合いをしている親族や、血縁関係の濃い親族については参列していただく形態です。参列人数としては約15名~25名程度の家族葬です。

③家族と親族全ての参列
親族全てといっても、血縁関係があれば範囲とするわけではなく、過去に接点があった親族については全て声をかけるという意味合いです。参列人数としては約20名~40名程度の家族葬になります。

上記3つの中で難しいのは②と③でしょう。血縁関係で言えば、②では1~2親等、③では3~5親等の親族を参列範囲内とするのが目安です。

声を掛けるか掛けないか判断に迷った場合には、声を掛けておいた方が無難でしょう。声を掛けても実際に参列するかどうかは、相手の判断次第です。

声を掛けなかったことにより、あとあと「私は呼ばれなかった…」とか「最期のお別れがしたかったのに」というようなトラブルになることは出来る限り避けたいところです。

家族葬のメリット・デメリット

何事にもメリットとデメリットの両面がありますが、それは家族葬も同様です。ここでは家族葬のメリット、デメリットについてお伝えいたします。

家族葬のメリット

式場が小さくて済む

少人数で行う葬儀ですので、必要な式場のスペースも小さくて済みます。そのため、式場利用料も一般葬に比べて安く済む傾向にあります。

心身の負担が軽くなる

一般の参列者に対して気を遣ったり、挨拶をしたりすることがない分、一般葬に比べて精神的にも身体的にも負担が軽くなります。

故人とのお別れの時間をより大切に過ごせる

挨拶など一般参列者への対応で時間を取られないので、故人との最期の時間に専念することが出来ます。 

見積額と請求額に差異が生じにくい

一般葬で見積額と請求額で差異が生じやすいのは、実際の会葬者数によって変動する料理や返礼品などの代金です。

この点、家族葬では基本的に家族と親族のみの葬儀であり、会葬者数の予想も大きく外れることは少なく、見積額と請求額に差異が生じにくくなります。

用意する料理に無駄が生じにくい

上記と重なる部分もありますが、会葬者数の予想が行いやすいため、過剰に料理を用意してしまい、多量に料理が余ってしまうという事態が発生しにくくなります。

家族葬のデメリット

参列したかった人が参列できなかった可能性がある

「故人にお別れのご挨拶が出来なかった」などと、参列出来なかったことを残念に思う方や、不満に感じる方がいる可能性があります。

解決策として、事前・事後に家族葬で行う趣旨について充分に説明し、理解をしていただくようにしましょう。「故人の遺志で」という理由にすることで、不満の矛先を避けることも出来る場合があります。

近隣の方々と不和が生じることがある

地域によっては近隣の方々が参加する慣習やしきたりが、残っているところがあります。このような地域では家族葬で行うことに対し、風習やしきたりを守れなかったとして近隣の方々から不満が生じることがあります。

解決策として、まずは葬儀を行う地域の風習やしきたりを確認しておきます。
これは葬儀社に事前に相談しておくことが望ましいでしょう。
また、葬儀前に地域の自治会長などに話を通しておくことも解決策のひとつです。

家族葬後の弔問対応

家族葬が終わったあと、訃報を聞いた方々が自宅や職場へ弔問に来られることがあります。この弔問は不定期な場合がほとんどであり、対応する家族は相当な負担、ストレスになるようです。

解決策として、家族葬が終わったあと、葬儀は家族葬で済ませたことと、弔問や香典は遠慮いたしますという内容の案内を、出来る限りの関係先に送付する方法があります。

それでも弔問に来られる方もいるかもしれませんので、すぐに対応できるよう返礼品は自宅にストックしておくようにしましょう。

一般葬と比べ家計からの実質的負担額が高額となる可能性がある

家族葬では一般の参列者からいただく御香典収入がありません。このため、一般葬に比べて家族葬は家計からの実質的な負担額(持ち出し分)が大きくなってしまう場合があります。

解決策として、葬儀社に見積書を出してもらう際に、実質的な負担額がいくらになるのかという点も確認をしておく必要があります。

もし、実質的な負担額が予算的に厳しいようであれば、葬儀内容の見直しをすることが解決に繋がるひとつの方法です。

家族葬の流れ

ここでは家族葬の流れを見ていきます。地域や宗教によって流れが異なることがありますが、仏教で行う家族葬を例に流れを紹介してまいります。

死亡診断~家族葬の打ち合わせ

①死亡診断
医師による死亡診断が行われたら、なるべく早い段階で葬儀社に連絡を行い、故人のお迎えを依頼します。葬儀社への連絡は電話を使用することが一般的です。

②故人の搬送・故人の安置
葬儀社が、寝台車で故人をお迎えに来ます。寝台車で故人を病院から自宅や葬儀社の霊安室(故人を安置する場所)へ搬送します。故人の安置が済みましたら、家族の方々は線香を手向けます。

③家族葬の打ち合わせ
日程や家族葬を行う場所、喪主の決定、その他祭壇や棺など必要な商品やサービスについて、家族と葬儀社にて打ち合わせを行います。なお日程を決める際、菩提寺があれば住職への連絡も行います。

打ち合わせ時に死亡届の記入も行いますが、死亡届の提出や火葬場の利用手続きは通常、葬儀社が代行します。

通夜当日(湯灌の儀・納棺式~通夜式)

④湯灌(ゆかん)・納棺式
湯灌(または略式の湯灌)を行います。そして、あの世へと向かう故人の旅支度を整え、お身体を棺へと納めます。湯灌は、訪問介護で使用されるようなバスタブが用意され、故人のお身体を洗い清めます。

略式の湯灌は、湿らせたタオルや、アルコール脱脂綿を使用し、実際に洗うのではなく、お身体を拭いて差し上げる方法です。

⑤通夜式
寺院による読経をしていただき、家族・親族の方々は焼香を行います。通夜式が終わると、通夜振る舞いという飲食の時間となります。

ただし、家族葬の場合には一般葬と異なり、「身内だけだから」という理由で、改まった飲食の場を設けないことも多々あります。

葬儀・告別式~繰上げ初七日・忌中払い

⑥葬儀・告別式
寺院による読経をしていただき、家族・親族の方々は焼香を行います。弔事や弔電の奉読は、葬儀・告別式中に行われることが多数です。読経が終わると、故人と最期のお別れを行う時間となります。

柩の蓋が開けられ、お別れ花を柩の中へ納めていきます。柩の蓋が閉じられると、出棺へと移行します。

⑦出棺
故人を乗せた霊柩車を先頭に、家族・親族も自家用車、タクシー、マイクロバスなどを利用し、火葬場へと向かいます。霊柩車には位牌を持った喪主も同乗することが一般的です。

⑧火葬・収骨
火葬の開始から終了まで、約1時間~1時間半程度かかります。火葬後、収骨(しゅうこつ)や骨上げ(こつあげ)と言われますが、家族・親族にて遺骨を拾い、骨壺へ納めます。

⑨繰上げ初七日法要・忌中払い
火葬・収骨後、繰上げ初七日法要と、忌中払い(きちゅうばらい)を行います。忌中払いは、地域によって、精進(しょうじん)落としや仕上げ(しあげ)と呼ばれる飲食を行う場です。

また繰上げ初七日は、本来であれば逝去日から7日目に行う法要であるため、火葬当日は行わないケースもあります。

忌中払いについては、通夜ぶるまいと同じく家族だけだからという理由で、改まった席は設けず帰り道の飲食店で済ませることもあれば、飲食をしないで終わる場合もあります。

家族葬を開く際に掛かる予算

葬儀費用はどれくらいかかるのか?という点は多くの方が気にされるところで、それは家族葬であっても同じでしょう。家族葬を開く際にかかる予算の相場は、約60万円~110万円です。

この価格には、式場利用費、祭壇、棺、骨壺など葬儀に必要な商品・サービス、飲食や返礼品の費用が含まれています。この他に、お坊さんをお呼びした場合には別途御布施が必要になります。

御布施は「信士(しんし・しんじ)」や「信女(しんにょ)」といった一般的な戒名をいただいた場合で、約30万円~40万円が相場です。一般葬を開く場合の予算は約150万円程度が相場です(御布施分は除く)。

このように一般葬と比べると、家族葬はトータル的にかかる費用は少なくてすみます。

これは、家族および親族中心の小規模な葬儀であるため、小さい式場を利用することで式場利用費が安く済み、一般参列者に対する料理や飲み物、返礼品も不要となることが要因です。

ただし、トータル的な費用は一般葬に比べて少なくなりますが、一般参列者からの御香典による収入が無い点には注意が必要です。

一般葬の場合、いただける御香典金額の範囲内になるよう料理や返礼品のグレードを抑えれば、その差額分を飲食や返礼品以外の葬儀費用に充てることが出来ます。

この差額分が大きく、会葬者が多いほど、葬儀費用に充当できる御香典収入は増加します。


一方、家族葬では一般参列者からの御香典収入がないため、差額分で葬儀費用を賄うことは出来ず、結果的に一般葬よりも自己負担額が多くなるケースがあるのです。

家族葬を行う葬儀屋さんを選ぶ際の着目点

後悔することなく満足や納得できる家族葬を行うためには、良い葬儀屋さんを選ぶことが重要です。そこで、良い葬儀屋さんかどうか見分けるためのポイントを紹介いたします。

急な人数変更に対応してくれる

家族葬といえども想定外の方々が突然参列してくださるなど、急に人数が増減することがあります。これ対して、料理や返礼品の急な追加に対応出来る葬儀屋さんでないと困ります。

特に会場が参列者で溢れかえってしまうような事態になってしまったときに、連列者の誘導や案内の仕方については、その葬儀屋さんの対応力が問われます。

説明が解りやすいか

家族葬含めて葬儀は、一般の方々には解りにくいものです。この解りにくいものを解るように説明し、伝えるのもプロの役目のひとつです。

解りにくい説明のときは、再説明を求め、それでも解る説明が得られなければプロ失格の葬儀屋さんと判断して、早々に他の良い葬儀屋さんを探しましょう。

家族の希望や考えを丁寧に聞いてくれるか

家族葬はこういうものだと一方的に決めつけるのではなく、家族の希望や考えを丁寧に聞いて、これに応じた家族葬を一緒に考えながら話を進めてくれるかどうかも着目点です。

たとえ家族葬を希望しているとしても、家族の希望や考えを聞いたうえで判断を行った場合、葬儀のプロとして一般葬など他の葬儀スタイルを薦めるべきときもあります。

葬儀のプロとして他の葬儀スタイルを薦めるべきときがあるとしても、家族の希望や考えを聞かないことには、それも出来ません。

質問の対応が丁寧かどうか

「説明が解りやすいか」にも通じますが、質問に対して丁寧に解りやすく説明してくれるかは大事な点です。

どんなことを質問しても、嫌な顔を見せず、ひとつひとつ丁寧に対応してくれるかどうかチェックしましょう。

葬儀費用のお見積もりを丁寧に対応してくれる

見積りの提示の仕方ですが、なるべく詳細な項目まで記載されているかがまずひとつの着目点です。その他、追加の可能性がある料金についても、しっかり説明があるかも大切です。

葬儀費用の見積もりについて、粗雑な対応をするような葬儀屋さんは、あとあと金銭的なトラブルが発生する可能性も高まりますので注意しましょう。

葬儀後のアフターサポートが充実しているか

家族葬が終わったあとも、家族には行政的な手続きや法事など、行わなければならないことがたくさんあり、分からないことだらけです。そこで葬儀後のアフターサポートが充実しているかも大切な着目点となります。

スタッフの身だしなみや礼儀作法はどうか

応対してくれるスタッフの身だしなみや礼儀作法については、葬儀の知識や経験以前のサービス業としての基本的事項です。

基本的な身だしなみや礼儀作法が出来ていない葬儀屋さんは、家族葬に参列してくださった親族など、参列者に対して無礼な言動をしかねません。これら基本的な部分がしっかりしていない葬儀屋さんは避けた方が無難です。

家族葬で花を贈るべきかどうか

家族葬で行われるお葬式では、供花はどうしたら良いのでしょうか。ここでは花を贈るべきかどうかという点や、その他家族葬での生花について知っておいた方が良いことについてお伝えいたします。

家族葬で花を贈るべきかどうか

家族葬では花を贈るべきかについては、状況によって対応方法の考え方が異なってきます。

家族葬に参列する場合

喪主や施主、その他家族や親族と相談して花を贈るかどうかの判断を行うことが一般的です。他の家族や親族と足並みを揃えることが基本的な考え方です。

家族葬に呼ばれなかった場合、参列しない場合

弔意を表すために生花を贈ります。御香典を辞退された場合にも同様です。

供花や供物の辞退案内を受けた場合は贈らない

家族葬では供花や供物を辞退とすることが一般葬に比べると多くありますので、そのときには生花は贈らないよう注意しましょう。

生花の種類

ところで生花には、どのような種類があるのでしょうか。

・供花
祭壇の両脇にお供えすることが一般的です。

・枕花
故人の枕元にお供えする生花です。
 
・花輪
最近は都市部で見られることは稀になりましたが、花輪もそのうちのひとつです。造花で出来た花輪が一般的ですが、以前は生花で作成された花輪もありました。

・献花
キリスト教や無宗教での葬儀で使われることが多く、祭壇前に捧げるための一輪の花を意味する場合、または形状問わず神仏や故人に対して贈る花のことを献花と言う場合もあります。

花は白や淡い色の花を贈る

生花を贈る際には、お祝いではなくご不幸ごとですから、これに相応しい生花を手配するように気を付けます。葬儀では、白や淡い色の花が使われているのがよく見られます。

花の種類としては菊、百合、カーネーション、トルコキキョウ、カスミソウが比較的多く使用されています。故人の好きだった花が贈られるケースもありますが、この場合には明るい色の花を選んでも良いとされています。

ただし故人の好みとはいえ、生花ひとつの色合いやデザインが葬儀会場全体に影響を与えることもありますし、明るい花を贈るときには、遺族の了承を得ていた方が無難でしょう。

また、最近は気にされる方は少なくなりましたが、葬儀で使用する生花では、死や血を連想させるため、赤い色やトゲのある花は避けることがマナーとされていますので注意が必要です。

生花の相場

葬儀で贈る生花の相場は、盛花やかご花で約5,000円~30,000円、スタンドタイプで約7,000円~20,000円が相場です。盛花、かご花、スタンドタイプの生花は大きさや、使われる花の種類によって値段が変化します。

なお、葬儀会場にて祭壇の両脇に供えられる生花は、同じ大きさ種類で揃えたほうが、全体の統一感が出て美しく見えます。

もし、祭壇両脇に供えるための生花を贈る場合には、他に生花を出される親族などと相談して同じ生花を注文した方が良いでしょう。

家族葬のマナー

家族葬に参列する際のマナーは、基本的に一般葬と同じですが、家族葬だからこそ特に気を付けておきたい点をお伝えしていきます。

香典

小規模な葬儀だからといって御香典も少額で良いということではありません。家族葬であっても香典で包む金額は一般葬と同様です。御香典として包む金額の相場は下記のとおりです。

  • 故人と自分の関係が1親等…約5万円~10万円
  • 故人と自分の関係が2親等…約3万円~5万円
  • 故人と自分の関係が3親等~5親等…約1万円~3万円
  • その他友人等…約5千円~1万円

上記のように血縁関係の濃さで包む金額が変わってきますが、それ以外にお付き合いの頻度や深さも考慮する必要があります。

いくら包むかの判断に迷った場合には、他の親族の方と相談して金額を合わせても良いでしょう。香典袋の表書きは仏教であれば「御霊前」や「御香典」とします。

ただし、浄土真宗など一部宗派では本来「御霊前」ではなく「御仏前」が正しい表書きとなる場合があります。

家族からの食事の誘いは受ける

通夜後や、葬儀・告別式後に食事の席が用意されている場合、家族からお誘いを受けた際には参加するようにします。

たとえば、一般葬で200人の参列者のうち1人が断って不参加となるよりも、家族葬という小規模葬儀で20人のうち1人が断って不参加となる方が影響の度合いが大きいのです。

これら食事の席は施主が参列者をもてなす意味もありますが、一方で故人を偲び語らいながら食事をいただくことが供養になるという考え方もあります。

故人への供養でもありますし、特別な事情がない限り食事の誘いは受けるのがマナーです。

家族葬に参列したことを口外しない

家族葬は、ご近所の方や職場の方に知られずに葬儀を済ませたいという理由で利用されることもあります。

また、後から家族葬で行ったことが伝わり、本来ならば参列したかったけれど、声を掛けられなかったという方から不満が出る可能性もあります。

どこから情報が伝達するか分かりませんので、家族葬に参列したことは、あえて口外しないように気を付けておきましょう。もちろん自分のお勤め先に対して慶弔手当を申請する場合などについてはやむを得ないでしょう。

最後に

今回は、費用やメリット・デメリットなど家族葬についてお伝えいたしました。

家族葬は一般会葬者がいないために、気を遣う範囲も狭く、挨拶をする場面も少ないので、その分故人との最期の時間を有意義に過ごせるという点が大きな特徴であり、メリットです。

一方費用面では、小規模な家族葬なのに実質的な負担額は、一般葬と変わらないか、逆に増えてしまうこともあります。

事前相談会などで葬儀社に見積もりを依頼する場合には、家族葬希望であっても、一般葬の見積もりも一緒に依頼し、比較検討していただくことをおすすめします。

家族葬というスタイルは、今後ますます増えていくものと考えられます。それに伴って、葬儀社によって家族葬に関連する商品やサービスの幅も広がりを見せていくでしょう。

いざというときになって、複数の葬儀社を訪ねてどのような家族葬が出来るかや、見積もり比較をするのは時間的に困難です。余裕のあるうちに家族葬について式場見学や見積もり依頼をしておくといいでしょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応