葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬とは?家族葬の流れや費用は?参列者の範囲、マナーに加え、メリット・デメリットついても徹底解説

家族葬

家族葬とは?家族葬の流れや費用は?参列者の範囲、マナーに加え、メリット・デメリットついても徹底解説

家族葬とは?家族葬の流れや費用は?参列者の範囲、マナーに加え、メリット・デメリットついても徹底解説

多様な葬式の形がある中で、家族葬もその一つです。葬式の形が違えば、流れや費用が変わります。もちろん、メリット・デメリットがあり、注意すべき点も形によって変化します。

家族葬は参列する方を限定するため、家族葬に参列する機会は必然的に少なくなります。そのため、家族葬を行う当事者もしくは故人に近しい親族でないと経験することができず、その実態については知らない方が多いようです。

そこで今回は、家族葬の費用やメリット・デメリットなどを徹底解説していきます。

家族葬とは

家族葬について、はっきりとした定義があるわけではありませんが、一般的には、身内や親族などを中心に少人数で行う葬式のスタイルを意味しています。

家族葬は20年くらい前から広まり始めた葬儀スタイルで、現在行われている葬儀の中では約3~4割程度が家族葬だと言われています。

これは、平均寿命が延びたことで故人の年齢が高くなったとともに、葬儀費用を出す側の喪主の年齢も高齢化していることが要因の一つです。

つまり加齢とともに活動範囲が狭くなって世間との付き合いが減って亡くなった場合や、喪主となる人も現役を引退して世間との付き合いが減っているということが影響して、葬儀の規模が縮小傾向に向かっているためです。

また、近所付き合いや親族同士の関係も以前と比べて希薄化していることも家族葬が増加している要因だと言えるでしょう。

家族葬は、家族や親族以外の方々には基本的に参列を遠慮してもらうので、一般参列者への気遣いやもてなしをすることがない、ということも特徴の一つです。

小規模な葬儀ということで、家族葬は費用総額が少なくなるというイメージを持つ方も多いようです。

しかし、この点は後程述べますが、家計からの実質的な負担分を考えると、費用総額が少なくてよいとも言えない場合があるので注意しましょう。

家族葬を行う際にどこまで親族を呼べばよいか

家族葬といっても、どこまでを参列者の範囲とするかについては決まりがなく、各家族の考え方や親族との付き合いの程度などによって異なります。

家族葬においての参列者の範囲は、主に次の三つに大別できます。

  1. 家族のみの参列
    基本的に同居の家族のみで行います。ただし、同居していなくても直系の子供については対象範囲に含めることが一般的です。参列人数として約3人~10人程度の家族葬となります。
  2. 家族と一部の親族のみの参列
    ①に加えて、親しい付き合いをしている親族や、血縁関係の濃い親族については参列してもらう形態です。参列人数としては約15名~25名程度の家族葬です。
  3. 家族と親族全ての参列
    親族全てといっても、血縁関係があれば範囲とするわけではなく、過去に接点があった親族全てに声を掛けるという意味になります。参列人数としては約20名~40名程度の家族葬になります。

上記三つの中で範囲の見極めが難しいのは②と③でしょう。血縁関係で言えば、②では1~2親等、③では3~5親等までの親族を参列範囲内とするのが目安です。

声を掛けるか掛けないかの判断に迷った場合は、声を掛けておいた方が無難でしょう。声を掛けても実際に参列するかどうかは、相手の判断次第です。

声を掛けなかったことで、後に「私は呼ばれなかった…」とか「最期のお別れがしたかったのに…」というようなトラブルになることはできる限り避けたいところです。

また家族葬は、近親者のみで行う場合が多いので、葬儀に参列してもらえなかった知人や友人などには、後日近親者のみで執り行ったことを葬儀から1〜2週間後くらいにはがきや手紙で報告します。

以下の記事でも家族葬で声をかける範囲について取り上げていますのでぜひご覧ください。

関連記事

家族葬とはどこまで?声をかける範囲に決まりはあるの?

家族葬とはどこまで?声をかける範囲に決まりはあるの?

家族葬は限られた範囲の参列者で行われるため、一般葬と比べて他の家の葬儀の様子を窺い知ることが難しいという面があります。 そのため家族葬とは何か?どういう風に行われるのか?など詳しく知る方は...

続きを読む

関連記事

家族葬の案内文とは?通知状や連絡のマナーも紹介します

家族葬の案内文とは?通知状や連絡のマナーも紹介します

昨今、家族葬という形式で葬儀を行う方が増えています。 家族葬は、家族や親族を中心に近しい人達のみに限定して参列してもらうため、案内についても通常の葬儀とは異なる点があります。 今回は...

続きを読む

家族葬のメリット・デメリット

何事にもメリットとデメリットの両面がありますが、それは家族葬も同様です。ここでは家族葬のメリットとデメリットについて紹介します。

家族葬のメリット

  • 式場が小さくて済む
    少人数で行う葬儀ですので、必要な式場のスペースも小さくて済みます。そのため、式場利用料も一般葬に比べて安く済む傾向にあります。
  • 心身の負担が軽くなる
    一般の参列者に対して気を遣ったり、挨拶をしたりすることがない分、一般葬に比べて精神的にも身体的にも負担が軽くなります。
  • 故人とのお別れの時間をより大切に過ごせる
    挨拶など一般参列者への対応で時間を取られないので、故人との最期の時間に専念することができます。
  • 見積額と請求額に差異が生じにくい
    一般葬で見積額と請求額で差異が生じやすいのは、実際の会葬者数によって変動する料理や返礼品などの代金です。
    この点、家族葬では基本的に家族と親族のみの葬儀であり、会葬者数の予想も大きく外れることは少なく、見積額と請求額に差異が生じにくくなります。
  • 用意する料理に無駄が生じにくい
    上記と重なる部分もありますが、会葬者数の予想がつきやすいため、料理を過剰に用意してしまい、多量に余ってしまうという事態が発生しにくくなります。

家族葬のデメリット

  • 参列したかった人が参列できない可能性がある
    「故人にお別れのご挨拶ができなかった…」などと、参列できなかったことを残念に思う方や、不満に感じる方が出てくる可能性があります。

    解決策として、事前・事後に家族葬で行う趣旨について充分に説明し、理解をしてもらえるようにしましょう。「故人の遺志で」という理由にすることで、不満を和らげることができる場合があります。
  • 近隣の方々と不和が生じることがある
    葬儀に近隣の方々が参加する慣習やしきたりが残っている地域もあります。このような地域では、家族葬で行うことに対し、風習やしきたりを守れなかったとして近隣の方々から不満が生じることがあります。

    解決策として、まずは葬儀を行う地域の風習やしきたりを確認しておきます。
    これらは、事前に葬儀社へ相談しておくことが望ましいでしょう。
    葬儀前に地域の自治会長などに話を通しておくことも解決策の一つです。
  • 家族葬後の弔問対応
    家族葬が終わった後、訃報を聞いた方々が自宅や職場へ突然弔問に来られることがあります。この弔問は不定期な場合がほとんどであり、対応する家族は相当な負担、ストレスになるようです。

    解決策として、家族葬が終わった後、葬儀は家族葬で済ませたことと、弔問や香典は遠慮しますという内容の案内を、できる限りの関係先に訃報を伝える文として送付する方法があります。
    それでも弔問に来られる方もいるかもしれませんので、すぐに対応できるよう返礼品は自宅にストックしておくようにしましょう。返礼品は買取分として、葬儀社に相談しておくことが可能です。
  • 一般葬と比べ家計からの実質的負担額が高額となる可能性がある
    家族葬では一般の参列者からの香典による収入がほとんどありません。そのため、一般葬に比べて家族葬は家計からの実質的な負担額(持ち出し分)が大きくなってしまう場合があります。

    解決策として、葬儀社に見積書を出してもらう際に、実質的な負担額がいくらになるのかを確認をしておく必要があります。
    もし、実質的な負担額が予算的に厳しいようであれば、参列者の人数、供花や供物を少なくしたり、また振舞う食事の内容を調整したりなど、葬儀内容の見直しをすることが解決につながる一つの方法です。

関連記事

急増している家族葬の知っておきたいメリットと注意点を解説

急増している家族葬の知っておきたいメリットと注意点を解説

近年増えてきている家族葬は、現代の葬儀のスタンダードと言えるまでに認知され始めています。とはいえ、葬儀そのものに不慣れな人が多いため、家族葬というものについての詳細までは把握されていないというの...

続きを読む

家族葬の流れ

ここでは家族葬の流れを見ていきます。地域や宗教、宗旨宗派によって流れが異なることがありますが、仏教で行う家族葬を例に流れを紹介してまいります。

死亡診断~家族葬の打ち合わせ

①死亡診断

医師による死亡診断が行われたら、なるべく早い段階で葬儀社に連絡を行い、故人のお迎えを依頼します。葬儀社への連絡は電話を使用することが一般的です。

②故人の搬送・故人の安置

葬儀社が、寝台車で故人をお迎えに来ます。寝台車で故人を病院から自宅や葬儀社の霊安室(故人を安置する場所)へ搬送します。故人の安置が済むと、家族の方々は線香を手向けます。

③家族葬の打ち合わせ

日程や家族葬を行う場所や喪主の決定、その他祭壇や棺など必要な商品やサービスについて、家族と葬儀社にて打ち合わせを行います。なお日程を決める際、菩提寺があれば住職への連絡も行います。

打ち合わせ時に死亡届の記入も行いますが、死亡届の提出や火葬場の利用手続きは通常、葬儀社が代行します。

通夜当日(納棺式~通夜式)

家族や親族が故人と最期の時間を過ごすのが通夜です。現在は夜18時ごろから数時間程度で行われる事が多くなっています。

④湯灌(ゆかん)・納棺式

湯灌とは故人の体を清めてから納棺を行うもので、あの世へと向かう故人の準備を整え、身体を棺へと納めます。湯灌には、古式湯灌とシャワー湯灌の2種類があります。後者は、組み立て式の物や訪問介護で使用されるようなバスタブが用意され、故人の体を洗い清めます。

古式湯灌は、湿らせたタオルや、アルコール脱脂綿を使用し、実際に洗うのではなく、体を拭く方法です。

費用はシャワー湯灌の方が高くなっています。

納棺式は、60~90分程度で行われます。

⑤通夜式・通夜振舞い

僧侶に読経をしてもらい、家族・親族の方々は焼香を行います。通夜式が終わると、通夜振舞いという飲食の時間になります。

ただし、家族葬は一般葬と異なり、「身内だけだから」という理由で、改まった飲食の場を設けないことも多々あります。

一日葬で行う場合を含め、僧侶を呼ばない場合もあります。

関連記事

家族葬における通夜の流れ・マナーを解説

家族葬における通夜の流れ・マナーを解説

近年、社会の変化に伴い、家族や親族だけで執り行う家族葬を選ぶ方が増えてきています。 ただ、実際に家族葬の喪主を経験したり、家族葬に参列したことがある方はまだ少ないのではないかと思います。 ...

続きを読む

葬儀・告別式~繰上げ初七日・忌中払い

⑥葬儀・告別式

僧侶に読経をしてもらい、家族・親族の方々は焼香を行います。

弔事や弔電の奉読は、葬儀・告別式中に行われることが多くなっています。

読経が終わると、告別式が行われ、故人と最期のお別れを行う時間となります。

ここで焼香や祈祷を行い、故人と最期のお別れをします。

最後に棺の蓋が開けられ、お別れ花を棺の中へ納めていきます。

棺の蓋が閉じられると、出棺へと移行します。

⑦出棺

出棺とは葬儀を終えた故人を火葬場に運ぶことで、故人を乗せた霊柩車を先頭に、家族・親族も自家用車、タクシー、マイクロバスなどを利用し、火葬場へと向かいます。

霊柩車には位牌を持った喪主も同乗することが一般的です。

⑧火葬・収骨

火葬の開始から終了まで、約1時間~1時間半程度かかります。火葬後、家族・親族にて遺骨を拾い、骨壺へ納めます。これは収骨(しゅうこつ)や骨上げ(こつあげ)と言われます。収骨の方法は、全収骨と部分収骨の二通りあります。全収骨とは遺骨を全て骨壷に収めることで、部分収骨とは喉仏や足、腰、腕、頭などの主な骨のみを骨壷に収めることです。

地域によってこれらの違いがあり、愛知県を境として、東日本では全収骨、西日本では部分収骨が多く行われます。

⑨繰上げ初七日法要・忌中払い

火葬・収骨後に日にちを繰り上げて行う法要のことで、葬儀と同じ日に繰上げ初七日法要と忌中払い(きちゅうばらい)を行います。

忌中払いは、地域によって、精進(しょうじん)落としや仕上げ(しあげ)と呼ばれる飲食を行う場です。

また繰上げ初七日は、本来であれば逝去日から七日目に行う法要であるため、火葬当日は行わないケースもあります。

忌中払いについては、通夜振舞いと同じく、家族だけだからという理由で、改まった席は設けずに火葬・収骨の帰り道の飲食店で済ませることもあれば、飲食をしないで終わる場合もあります。

家族葬を開く際に掛かる予算

葬儀費用はどれくらい掛かるのか?という点は多くの方が気にされるところで、それは家族葬であっても同じでしょう。家族葬を開く際に掛かる予算の相場は、約60万円~110万円と言われています。

この価格には、式場利用費、祭壇、棺、骨壺など葬儀に必要な商品・サービス、飲食や返礼品の費用が含まれています。この他に、僧侶を招いた場合には別途お布施が必要になります。

お布施とは別に、戒名代が発生する場合もあり、「信士(しんし・しんじ)」や「信女(しんにょ)」といった一般的な戒名をもらった場合で、約30万円~40万円が相場です。

僧侶を招いた場合に掛かるのがお布施や御車代で、戒名は別に掛かる場合があります。

また、宗派によっては金額や戒名(浄土真宗では戒名ではなく法名)のレベルによって費用は異なることもあります。そして、お墓に納骨する際に既に入られている方がいる場合、その方よりも高い戒名はつけないとされているため、葬儀社もしくは菩提寺などに併せて確認するとよいでしょう。

一般葬を開く場合の予算は約150万円程度が相場です(お布施分は除く)から、一般葬と比べると、家族葬はトータルで掛かる費用は少なくて済みます。

これは、家族および親族中心の小規模な葬儀であるため、小さい式場を利用することで式場利用費が安く済み、一般参列者に対する料理や飲み物、返礼品も不要となることが要因です。

ただし、トータルでの費用は一般葬に比べて少なくなりますが、一般参列者からの香典による収入がない点には注意が必要です。

一般葬の場合、もらえる香典による金額の範囲内になるように料理や返礼品のグレードを抑えれば、その差額分を飲食や返礼品以外の葬儀費用に充てることができます。

この差額分が大きく、会葬者が多いほど、葬儀費用に充当できる香典収入は増加します。

一方、家族葬では一般参列者からの香典収入がないため、差額分で葬儀費用を賄うことはできず、結果的に一般葬よりも自己負担額が多くなるケースがあるのです。

こちらの記事で家族葬の費用について解説していますので合わせてご覧ください。

関連記事

家族葬に掛かる費用はいくら?相場やメリット・デメリットについても解説

家族葬に掛かる費用はいくら?相場やメリット・デメリットについても解説

社会の変化に伴い年々増えていると言われる家族葬。 しかし、遺族の立場でないと関わることがないのが家族葬の基本スタイルであるため、実際に参列することで情報を得るという機会がめったになく、その...

続きを読む

家族葬を行う葬儀社を選ぶ際の着目点

後悔することなく満足で納得できる家族葬を行うためには、良い葬儀社を選ぶことが重要です。そこで、良い葬儀社かどうか見分けるためのポイントを紹介します。

  • 急な人数変更に対応してくれる
    家族葬といえども想定外の方々が突然参列することもあり、急に人数が増減することがあります。このことに対して、料理や返礼品の急な追加に対応できる葬儀社でないと困ります。
    特に会場が参列者で溢れかえってしまうような事態になってしまったときに、参列者の誘導や案内の仕方については、その葬儀社の対応力が問われます。
  • 説明が分かりやすいか
    家族葬含め、葬儀は一般の方々には分かりにくいものです。この分かりにくいものを分かるように説明し、伝えるのもプロの役目の一つです。
    分かりにくい説明のときは、再説明を求め、それでも分かるような説明が得られなければプロ失格の葬儀社と判断して、早々に他の良い葬儀社を探しましょう。
  • 遺族の希望や考えを丁寧に聞いてくれるか
    「家族葬はこういうものだ」と一方的に決めつけるのではなく、遺族の希望や考えを丁寧に聞いて、それらに応じた家族葬を一緒に考えながら話を進めてくれるかどうかも着目点です。
    家族葬を希望しているとしても、遺族の希望や考えを聞いた上で判断した場合、葬儀のプロとして一般葬など他の葬儀スタイルを勧めるべきときもあります。家族葬を希望したのに他の葬儀スタイルを勧められたとしても、遺族の希望を聞いた上での提案であれば、それは葬儀のプロの視点からくるものです。遺族の意見を聞かないまま他の葬儀スタイルを提案するような葬儀社は、こちらもプロ失格と言えるでしょう。
  • 質問の対応が丁寧かどうか
    「説明が分かりやすいか」にも通じますが、質問に対して丁寧に分かりやすく説明してくれるかは大事な点です。
    どんなことを質問しても、嫌な顔を見せず、一つひとつ丁寧に対応してくれるかどうかをチェックしましょう。
  • 葬儀費用の見積もりを丁寧に対応してくれる
    見積もりの提示の仕方ですが、なるべく詳細な項目までが記載されているのかがまず一つの着目点です。その他、追加の可能性がある料金についてしっかり説明があるのかも大切です。そして、それぞれの費用についてを概算ではなく、総額を含め明瞭な数字で見積もりが出されているかを確認しましょう。
    葬儀費用の見積もりについて、粗雑な対応をするような葬儀社は、後に金銭的なトラブルが発生する可能性が高まるので注意しましょう。
    また、金額も大きいため、現金かクレジットカード決済ができるかなどの支払い方法についても確認しておくと安心です。
  • スタッフの身だしなみや礼儀作法はどうか
    応対してくれるスタッフの身だしなみや礼儀作法については、葬儀の知識や経験以前にサービス業としての基本的事項です。
    服装は清潔感があり身だしなみがきちんと整っているのか、言葉遣いなども丁寧で分かりやすいのかをしっかり見極めましょう。
    基本的な身だしなみや礼儀作法ができていない葬儀社は、家族葬に参列してくれた親族など、参列者に対して無礼な言動をしかねません。これら基本的な部分がしっかりしていない葬儀社は避けた方が無難です。

こちらの記事でも葬儀社の選び方について解説していますので合わせてご覧ください。

関連記事

葬儀社の選び方、失敗しないために考慮すべきポイントをご紹介

葬儀社の選び方、失敗しないために考慮すべきポイントをご紹介

故人のために営む葬儀は一度きり。やり直しはできませんので、なおさら納得の行く葬儀社に依頼し、悔いの残らない葬儀としたいものです。 本記事では、確かな葬儀社の選び方について解説します。 ...

続きを読む

関連記事

家族葬の斎場を選ぶ際のポイントとは?

家族葬の斎場を選ぶ際のポイントとは?

昨今、家族葬という葬儀形式を選ぶ方が増加しています。 家族葬は、家族・親族内で執り行うことが多く、それ以外の方が参列する機会はそう多くありません。家族葬についてよく知っている方は少ないので...

続きを読む

家族葬で花を送るべきかどうか

家族葬で行われる葬式では、供花はどうしたらよいのでしょうか。ここでは花を送るべきかどうかや、その他家族葬での生花について知っておいた方がよいことについて紹介します。

家族葬で花を送るべきかどうか

家族葬で花を送るべきかについては、状況によって考え方が異なってきます。

  • 家族葬に参列する場合
    喪主や施主、その他家族や親族と相談して花を送るかどうかを決めるのが一般的です。他の家族や親族と足並みをそろえることが基本的な考え方です。
  • 家族葬に呼ばれなかった場合、参列しない場合
    弔意を表すために生花を贈ります。香典を辞退された場合にも同様です。
    遺族の希望を酌み、花を贈らず、香典を持って葬儀後日に伺うか送る場合もあります。
  • 供花や供物の辞退案内を受けた場合は贈らない
    家族葬では供花や供物を辞退とすることが一般葬に比べると多くあります。そのときには生花は送らないよう注意しましょう。

生花の種類

ところで生花には、どのような種類があるのでしょうか。

  • 供花
    供花とは故人に供える花のことで、故人へのお悔やみの気持ちを表すものです。祭壇にお供えすることが一般的です。
    供花を送るタイミングは、通夜は午前中、葬儀の場合はその前日に届くように手配しましょう。
    供花で使う花の種類は宗教によって違いがあります。また個人だけではなく、複数人や会社として送ることも可能です。
  • 枕花
    故人の枕元にお供えする生花です。枕花を送るのは、故人との関係が親しい場合が一般的です。
    枕花で選ぶ花に決まりはありませんが、白や青などの色を主に送るのがよいでしょう。
    また派手な色やサイズが大きいものは避けるようにし、長期間飾れるフラワーアレンジメントを選択するのもお勧めです。
    枕花を送るタイミングは通夜前から遅くても通夜当日には届くように手配します。あまり早く送ることは、よい印象がないので注意が必要です。
  • 花輪
    花綸は故人を偲んで通夜や葬儀会場で周りを飾る花のことを言います。
    使用する花の色は白・黄色・青・紫などが一般的で、白い菊や黄色の菊などを中心に作られます。
    最近は都市部で見られることは稀になりましたが、花輪もそのうちの一つです。造花でできた花輪が一般的ですが、以前は生花で作成された花輪もありました。
  • 献花
    焼香の代わりに祭壇にお供えする花のことを献花といいます。
    献花は一人1本ずつお供えをし、他の花と違って喪家が用意するのが一般的です。
    またキリスト教や無宗教での葬儀で使われることが多く、祭壇前に捧げるための一輪の花を意味する場合や形状問わずに神仏や故人に対して送る花のことを献花と言う場合もあります。花の他に、樒(しきみ)である場合もあります。

花は白や淡い色の花を送る

生花を送る際には、お祝いではなく不幸ごとですから、それにふさわしい生花を手配するように気を付けましょう。葬儀では、白や淡い色の花が使われているのがよく見られます。

花の種類としては菊、百合、カーネーション、トルコキキョウ、カスミソウが比較的多く使用されています。故人の好きだった花が贈られるケースでは、明るい色の花を選んでもよいとされています。

ただし故人の好みとはいえ、生花一つの色合いやデザインが葬儀会場全体に影響を与えることもありますし、明るい花を送るときには、遺族の了承を得てからの方が無難です。

また、最近は気にされる方は少なくなりましたが、葬儀で使用する生花は、死や血を連想させるため、赤い色やトゲのある花は避けることがマナーとされていますので注意が必要です。

最後に、葬儀の際に送るお花のスタイルにも注意が必要です。フラワースタンドの場合はそのまま飾ることができますが、会場が広くないと飾れるスペースがありません。葬儀の会場に合わせて、フラワースタンド・フラワーアレンジメント・かご盛りの3種類から選んで送るようにしましょう。

生花の相場

葬儀で送る生花の相場は、盛花やかご花で約5000円~2万円、スタンドタイプは一基約9000円~2万円、一対(基が2つ。つまり祭壇の両側に設ける)の場合は倍額となるのが相場です。盛花、かご花、スタンドタイプの生花は大きさや、使われる花の種類によって値段が変化します。

なお、葬儀会場にて祭壇の両脇に供えられる生花は、同じ大きさ種類でそろえたほうが、全体の統一感が出て美しく見えます。

もし、祭壇両脇に供えるための生花を送る場合には、他に生花を出される親族などと相談して同じ生花を注文した方がよいでしょう。

関連記事

家族葬で供花は送ってもいい?手配方法や注意点も紹介します

家族葬で供花は送ってもいい?手配方法や注意点も紹介します

お葬式には「お花」がつきものであり、それは家族葬であっても同様です。 お世話になった故人、大切なお付き合いをしている遺族などに供花を贈りたいという思いは多くの方が抱く気持ちです。 し...

続きを読む

家族葬のマナー

家族葬に参列する際のマナーは、基本的に一般葬と同じですが、家族葬だからこそ特に気を付けておきたい点をお伝えしていきます。

家族葬に参列したことを口外しない

家族葬は、近所の方や職場の方に知られずに葬儀を済ませたいという理由で利用されることもあります。

また、後から家族葬で行ったことが伝わり、本来ならば参列したかったけれど、声を掛けられなかった方から不満が出る可能性もあります。

どこから情報が伝わるかわかりませんので、家族葬に参列したことは、あえて口外しないように気を付けておきましょう。もちろん自分の勤め先に対して慶弔手当を申請する場合などについてはやむを得ないでしょう。

家族葬のマナーについては以下の記事もご覧ください。

関連記事

家族葬のマナーとは?参列すべきかの判断基準や、親族のみの葬儀のマナーなどを紹介

家族葬のマナーとは?参列すべきかの判断基準や、親族のみの葬儀のマナーなどを紹介

最近では、葬儀を家族葬で行う人が増えています。しかし、親族とごく親しい人しか参列できない家族葬は、周囲の人たちを戸惑わせてしまう側面もあります。なぜなら、参列できなかった側としては、最期に故人に...

続きを読む

最後に

今回は、家族葬の費用やメリット・デメリットなどについて、全般的に徹底解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

家族葬は一般会葬者がいないために、気を遣う範囲も狭く、挨拶をする場面も少ないので、その分故人との最期の時間を有意義に過ごせるという点が大きな特徴であり、メリットです。

一方費用面では、小規模な家族葬なのに実質的な負担額は、一般葬と変わらないか、逆に増えてしまうこともあります。

事前相談会などで葬儀社に見積もりを依頼する場合には、家族葬希望であっても、一般葬の見積もりも一緒に依頼し、比較検討することをお勧めします。

家族葬というスタイルは、今後ますます増えていくものと考えられます。それに伴って、葬儀社による家族葬に関連する商品やサービスの幅も広がりを見せていくでしょう。

いざというときになって、複数の葬儀社を訪ねてどのような家族葬ができるかや、見積もり比較をするのは時間的に困難です。余裕のあるうちに家族葬について式場見学や見積もり依頼をしておくとよいでしょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安8.7万円から葬儀社をご提案可能/