葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬における通夜の流れ・マナーを解説

家族葬

家族葬における通夜の流れ・マナーを解説

家族葬における通夜の流れ・マナーを解説

近年、社会の変化に伴い、家族や親族だけで執り行う家族葬を選ぶ方が増えてきています。

ただ、実際に家族葬の喪主を経験したり、家族葬に参列したことがある方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

そのため「家族葬では通夜を行うべきかどうか」や「家族葬の通夜に参列する場合どうすればいいか」などの疑問をお持ちの方もいると思います。

本記事では、家族葬における通夜の有無、家族葬での通夜の流れ、求められるマナーなどについて解説します。

家族葬におけるお通夜とは?

家族葬について

家族葬とはその名称の示す通り、遺族や親族のみで営む葬儀のスタイルです。

特に親しくしていた友人・知人などがいれば参列してもらうケースもありますが、基本的には近親者だけが参列します。

家族葬が選ばれる理由

遺族や親族の他に会社や学校の関係者、友人・知人、近所の人たちなども集まる一般的な葬儀では、訪れる参列者への対応に追われることが多くあります。

その点、家族葬は参列者の人数が限られ、しかも親族という比較的気遣いの少ない関係性の参列者ばかりのため、落ち着いて故人を偲ぶことができるでしょう。

家族葬では通夜を行うか

参列者が限られる家族葬は、規模が小さめになることがほとんどのため、葬儀の形式も簡略化される傾向にありますが、家族葬とはあくまで参列者の範囲を限定する葬儀で、葬儀の形式自体は一般的な葬儀と同様になります。

夜通し灯りを絶やさず故人を見守る儀式に由来するお通夜は、家族葬でも変わりなく執り行われています。

本来お通夜は、夜通し故人を見守ることを指しましたが、最近では「通夜式」として儀式化され、これをお通夜としています。通夜式は通常18時前後から約1時間かけて執り行われます。その後、通夜振る舞いの料理を囲み、2~3時間後には解散するというケースが大半です。

通夜を開催しない一日葬について

通常、家族葬では通夜を執り行いますが、通夜を省略して告別式のみを行い、1日で葬儀を完了する形式もあり、それは「一日葬」と呼ばれます。

一日葬が選ばれる理由は主に下記の点です。

  • 故人が高齢である場合、親族もまた高齢であることがほとんどなため、2日間かけるところを1日に短縮すれば、それだけ身体的負担を減らせる
  • 多忙な親族や遠方に住む親族を呼び寄せる場合、1日だけで済むのであれば参列してもらいやすい
  • お通夜を省いて告別式のみとすれば、その分だけ葬儀費用を抑えられる

家族葬におけるお通夜の流れ

家族葬におけるお通夜の流れは、一般的な葬儀でのお通夜の流れと概ね同じですが、参列者が遺族・親族に限られていることから若干様子が異なる点もあります。 仏式で営む場合の家族葬のお通夜の流れを確認しておきましょう。

開式の挨拶

通夜の開式にあたり、挨拶をします。司会・進行役を務める葬儀会社の担当者が行うことが一般的です。

僧侶入場

参列者が着席して待つ会場に、僧侶が入場します。なお、参列者の着席順は一般の葬儀と同様、血縁の濃い順に前方から着席するのが原則です。(ただし、故人の配偶者は、血縁はなくても祭壇に一番近い位置に着席します)

この着席の順番が、焼香の順番にもなります。

読経

僧侶がお経を読み、故人を供養します。

焼香

司会・進行役の合図に従い、はじめに遺族、次いで親族と祭壇前へと移動して焼香を行います。

一般的に人数が少ない家族葬の場合は、比較的余裕をもってゆっくりと焼香を行うことが可能です。

僧侶の法話

読経を終えた僧侶より、法話(仏の教えについての話)があります。参列者一同は、傾聴します。

僧侶退場

法話を終えた僧侶が退場します。参列者一同は、着席したまま僧侶を見送ります。

閉式の挨拶

通夜を閉式するにあたり、喪主が挨拶をします。

近親者に限られていますので、一般参列者に対するほど、改まったものである必要はありませんが、謝意はきちんと伝え、礼を尽くすようにしましょう。

通夜振る舞い

故人の思い出を語りながら、皆でお寿司やオードブルなどの料理をいただきます。

家族葬の場合、身内だけでの飲食となるため、リラックスした雰囲気となることが多いようですが、通夜振る舞いはあくまで「喪主が参列者に振る舞う料理」であることを忘れないようにしましょう。

始まりにあたっては喪主より挨拶を行い、通夜振る舞いの最中にも喪主は、お酒を注いで席を回るなどします。

家族葬に参列する際のマナー

家族葬のお通夜のマナーは、通常のお通夜のマナーと概ね同じです。

通夜振る舞いの席に誘われたときには、よほどの事情がない限り辞退せずに受けるのがマナーとされています。

また、参列者は身内だけであっても葬儀は葬儀です。一般的な葬儀同様に準礼装(男性であればブラックスーツ)や略礼装(男性であればダークカラーのスーツ)で参列します。

通夜振る舞いにかかる費用

通夜振る舞いにかかる費用は、参加人数の他に、用意する料理の内容によっても変わってきます。

料理は一般的に、お寿司などの取り分けやすいものが中心で、特別に豪勢な内容となることはありません

また、通夜振る舞いの席は基本的に長時間に及ぶことはなく、参加者の食べ方も「話しながら少しつまむ」といった感じになりますので、それなりの量があれば十分です。

だいたい1人当たり、約2000~4000円が相場といわれます。

最後に

家族葬においても、通夜は一般的な葬儀と同様に行われます。ただ近年では、通夜を省略し1日で済ませる一日葬を選ぶ方も増えてきています。

形式は変わりますが、一般的な葬儀と同様のマナーや配慮は必要となりますので、注意しましょう。 本記事が参考になりましたら幸いです。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応