葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬で供花は送ってもいい?手配方法や注意点も紹介します

家族葬

家族葬で供花は送ってもいい?手配方法や注意点も紹介します

家族葬で供花は送ってもいい?手配方法や注意点も紹介します

お葬式には「お花」がつきものであり、それは家族葬であっても同様です。

お世話になった故人、大切なお付き合いをしている遺族などに供花を贈りたいという思いは多くの方が抱く気持ちです。

しかし、家族葬では参列や香典とともに供花を辞退としているケースもあります。家族葬の場合、供花はどのように考え、対応をしたら良いのでしょうか。

そこで今回は、家族葬における供花のマナーや贈り方などについてお伝えしてまいります。

家族葬の場合、供花は送ってもいい?

ここではまず供花とは何かを確認し、その後家族葬での供花の扱いについて説明していきます。

供花とは

供花とは、神仏や故人に対してお供えする花のことです。

一般的には生花をイメージされる方が多いと思われますが、生花だけでなく造花による供花もあります。

供花にはいくつかの種類があり、葬儀でもっとも多く見られるのはスタンド花やカゴ花と呼ばれる供花です。

スタンド花やカゴ花は、プラスチック製の鉢などにオアシス(生花用吸水スポンジ)を用いて生花を活けたもので、スタンド(脚)を備えつけて飾ります。

その他、小カゴのフラワーアレンジメントの供花、花束による供花もあり、集まった供花で花祭壇を作るケースも見られます。

なお、最近は見かけることが少なくなりましたが、花環(はなわ)も供花のひとつです。花環については通常、造花で作られています。

家族葬での供花の役割

供花の役割は主に2つあります。

供花の役割のひとつは、式場を飾り付けることです。式場内に、もしも花が何もなかったとしたら、それはとても寂しい印象を受けるでしょう。

役割のもうひとつは、出棺前の故人との最後のお別れの際、供花の一部をお棺の中に納める「お別れ花」として利用することです(お別れ花を別途用意するケースもあります)。

また仏教に基いて家族葬を行う場合、仏様をお祀りするに相応しい場を整える(荘厳・しょうごんといいます)ために灯明、お香と併せて花も重要とされています。

家族葬で供花を送っても良いかは遺族の意向次第

家族葬では香典や弔問を辞退する方が多く、同様に供花も辞退される場合があります。

遺族が供花辞退と意志表示されているのであれば、供花は送らないことがマナーです。

供花辞退となっているか意向が分からないときは、遺族に問い合わせる、葬儀会場に問い合わせる、訃報が書面であれば記載内容を確認するなどして把握します。

供花の手配方法、送り先、タイミングについて

供花に関する遺族の意向が確認できたあと、具体的にはどのように供花を手配すれば良いのでしょうか。

ここでは、初めて手配する方でも困ることがないよう供花の手配方法などについて紹介してまいります。

供花の手配方法

供花の注文は葬儀社や生花店を通して行えますが、注文先を決める際はまず、家族葬の施行を担当している葬儀社に供花の手配について確認しましょう(葬儀社が不明な場合は葬儀会場や遺族に確認します)。

これは、葬儀社によって他の葬儀社や生花店からの供花持込みを禁止している場合があるためです。

また、家族葬を施行する葬儀社は、宗教宗派や遺族の意向に合わせた供花を用意していたり、祭壇や他の供花と統一感のある供花を用意していることが考えられるため、別途注文してしまうと統一性が損なわれる可能性があるのも理由として挙げられます。

なお、遺族や親族分の供花は喪主が取り纏めて葬儀社に手配をするケースがあります。

もし、遺族や親族の立場で供花を出したいとお考えの場合は、まず喪主(また実際に葬儀を取り仕切っている家族の方など)に供花の手配について確認をした方が良いでしょう。

自分で供花を手配する場合には次の手順で行います。

  1. 葬儀社や生花店に電話をして供花を送りたい旨を伝えます。
  2. 電話で供花の送り先(喪家名、葬儀会場名や住所)、供花の値段、供花の名札に記載する名前、供花代金の精算方法について確認を行います。名札に記載する名前の文字に誤りが生じないよう、電話のあとFAXの送信を求められる場合もあります。

供花の値段は、もっとも多く見られるスタンド花やカゴ花で、約12,000円~20,000円程度が相場です。

最近は葬儀社でも生花店でも、インターネットのサイトから注文ができるサービスを提供しているところもあり、インターネットを利用して手軽に注文することも可能です。

供花の送り先

供花の送り先は基本的に家族葬が行われる会場です。

葬祭ホールが会場となるのであれば、葬祭ホールが送り先となりますし、自宅で家族葬が行われるのであれば自宅が送り先となります。

その際、宛名は喪主名で送ることが一般的マナーです。喪主名が不明なときは、宛名を「〇〇家様」や「〇〇家ご遺族様」として送るようにします。

供花を送るタイミング

供花は原則、通夜の開式前までに葬儀会場に届くよう手配が必要です。遅くとも通夜の翌日に行われる葬儀告別式の開式前までに届かなければなりません。

通常は、注文を受けた葬儀社や生花店が適切なタイミングで家族葬の会場に供花を届け、飾りつけるところまで対応してくださいます。

家族葬で会社から供花を送る場合の注意点

取引先の関係者や、会社の従業員の身内で御不幸が発生し、家族葬で行われる場合において、会社として供花を送るケースも考えられます。

会社として供花を送る場合には、次の点が注意しておきたいポイントです。

供花を辞退されていないか確認する

供花の手配をする前に、最初に供花を辞退することになっていないか遺族の意向を確認する必要があります。

もし遺族が供花辞退の意向であれば、無理に送ることは却って失礼にあたります。供花辞退の意向が示されていないときにだけ供花の手配をするようにします。

その他、家族葬では香典や弔電についても辞退としている場合がありますので、供花に関する意向と合わせて、辞退されているかどうか確認をしておくと良いでしょう。

供花を送る際の名札の記載

家族葬の会場では、供花を出した人の名前が名札に表記されることになります。

名札には「会社名のみ」または「会社名+代表者名」で記載するケースが多く見られます。

その他「〇〇会社 社員一同」や「〇〇会社 ▲▲課一同」というような名前を名札に記載することもあります。

最後に

今回は家族葬における供花のマナーや贈り方などについてお伝えしてまいりました。

家族葬では「供花辞退」としているケースが珍しくありません。 このため、供花を贈りたいと考える場合には、まず対象の家族葬が供花辞退となっていないかどうかの確認をすることが大事です。

供花辞退となっていないことを確認できましたら、次に葬儀社や生花店に供花の手配を行う手順となります。

訃報を受け家族葬で行われることを知り、供花を贈ろうかとお考えになった際など今回の内容を参考にして頂ければと存じます。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能/