葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 家族葬
  4. 家族葬のマナーとは?参列すべきかの判断基準や、親族のみの葬儀のマナーなど紹介します

家族葬

家族葬のマナーとは?参列すべきかの判断基準や、親族のみの葬儀のマナーなど紹介します

家族葬のマナーとは?参列すべきかの判断基準や、親族のみの葬儀のマナーなど紹介します

最近では、家族葬で葬儀を行う人が増えています。しかし、家族葬は時に周囲の人たちを戸惑わせてしまう側面もあります。なぜなら、参列する側としては、最後に故人様に手を合わせられないことが、心残りになってしまうからです。喪主の希望通りに参列を控えるべきかどうか、迷う部分も多いのではないでしょうか。

参列の問題だけでなく、香典は持参すべきなのか、供花を出してもよいのか、さらには家族葬だからこそ参列時に気を付けるべきことはあるのか? など、私たちを迷わせることがたくさんあります。

この記事では、家族葬に関して、参列者としての判断基準や、気を付けなければならないマナーなどを紹介してまいります。

家族葬に参列すべきかどうかの判断基準とは

家族葬は「家族だけで行う葬儀」程度の意味で、明確な定義が存在しません。一般的に「家族および親族を中心として、近しい関係者のみで行う小規模葬儀」と捉えられています。

しかもこの「家族」の指し示すところも曖昧です。同じ屋根の下に住む核家族を指すこともあれば、三親等や四親等などの親戚を含むケースもあります。家族や親族ではなくても、「家族同然にしてきたあの人だけは」「お世話になったご近所さまだけは」などと、参列者の範囲は実にさまざまです。

とはいえ、基本的な方針は、一般的な葬儀のように広く参列者を呼ばず、喪主から直接参列を、喪主から直接参列を促された人だけが家族葬に参列します。

判断基準の詳細については下記となります。

家族葬に参列すべき場合

家族葬に参列すべき人には、どのような人が挙げられるのでしょうか。

●故人の家族

故人の家族は、当然ながら参列すべき対象者です。

●故人の親族

親族も家族葬に参列できます。ただし親族といえども、喪主が自分たちだけで葬儀を行いたいと判断すれば、その想いを尊重しなければなりません。最近では葬儀を終えたあとの事後報告も増えています。

●喪主や遺族に参列を誘われた人

親族ではないけれど、故人や遺族とつながりが強く、「一目見てやってほしい」「最後に見送ってあげてほしい」などと誘われている場合は、家族葬に参列しても構いません。

以上のように、参列の誘いを受けたかどうかが判断基準になります。

なお、案内を受けたのであれば、特別な事情がないかぎり参列するのが礼儀です。

家族葬の参列を控えた方が良い場合

訃報を受けたものの、家族葬のために、参列辞退の案内を受けた場合には、相手の意向を尊重して参列すべきではありません。

参列すべきかどうか迷うのは、人づてに訃報を知った場合かもしれません。もしもその中で家族葬で行う旨を知ったのであれば、参列しないのが賢明です。

参列の可否について不安であれば「家族葬で行うとお聞きしましたが、参列しても構いませんか?」と家族に問い合せてみることは差し支えないでしょう。

家族葬で参列を辞退されている場合のお悔やみの仕方については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

家族葬のお悔やみの仕方とは?辞退されている場合の対処やマナーについて

家族葬のお悔やみの仕方とは?辞退されている場合の対処やマナーについて

家族葬という名前からもわかるように、家族葬は友人、知人や職場仲間という立場では参列することができない葬儀スタイルです。 また家族葬では参列のほか、香典などの弔意を辞退としているケースもあり...

続きを読む

家族葬に参列する際のマナーとは

家族葬への参列時、どのようなマナーに気を付けなければならないのか、特に注意しておきたいポイントを確認しておきましょう。

香典は持参すべきか?

家族葬では、香典を辞退するケースも珍しくありません。 香典は弔意を表すものなので、ひとまず準備しておけばどちらにも対応できます。

喪服に関するマナー

たとえ家族葬であっても、葬儀では喪服を着用します。仮に式場内に家族しかいないとしても、出棺後には火葬場という公共施設に移動します。まわりの人が不快に思うような服装は避けましょう。

男性の場合、ブラックスーツを着用します。ワイシャツは無地の白、ネクタイと靴下も黒です。靴は内羽根式ストレートチップタイプの黒革靴が適切です。

女性の場合であれば、やはり喪服や礼服として販売されているアンサンブル、ワンピース、スーツのいずれかを着用します。またインナーは黒のカットソーまたはブラウス、ストッキングも黒です。靴は黒のパンプスが適しています。

男女ともに余計な装飾品類は外しておくこともマナーです。

子どもの服装は学生服が一般的です。学生服がなければ、黒や紺を基調とした落ち着いた服装を選びます。男子ならポロシャツとニットのベストにチノパンツ、女子ならばブラウスにワンピースといった具合です。

また、数珠のような持ち物は、葬儀を執り行う宗教によって異なります。神道、キリスト教、無宗教葬では数珠は不要です。

家族葬での服装のマナーについては以下の記事で詳しく解説していますのであわせてご覧ください。

関連記事

家族葬の服装のマナーとは?親族や参列者など立場の違いによる服装も紹介します

家族葬の服装のマナーとは?親族や参列者など立場の違いによる服装も紹介します

近年、葬儀の形式として家族葬が選ばれるケースが増加しています。しかし、家族葬はまだ新しい葬儀形式であるため、家族葬に関するマナーはそこまで知られていないのではないでしょうか。 本記事では、...

続きを読む

お悔やみの言葉

お悔やみの言葉は、参列時に家族に挨拶する際に申し上げる弔慰を示す言葉です。「この度はご愁傷様でございます」という文言が広く使われています。

また、お悔やみの言葉では「忌み言葉」を使用しないよう注意が必要です。

忌み言葉とは死や不幸の発生、繰り返しを連想させる言葉や表現のことをいいます。

たとえば「くれぐれ」「再三」「たびたび」「またまた」「次々」「死ぬ」「苦しむ」「落ちる」「迷う」などが忌み言葉に該当します。

香典について

香典は、辞退の意向が案内されていなければ持参することが、基本的なマナーです。

香典辞退の意向を家族が示されているのであれば、無理に押し付けることは失礼にあたってしまいます。

香典にいくら包むか迷うことも多いかもしれません。家族や親族の場合、1万円~10万円というように、香典額の相場は故人との関係性によって大きな幅があります。

家族間、親族間で金額を示し合わせることは特にマナーに反することではありませんので、事前に相談するのも対応策のひとつとして考えられます。

家族葬の香典の相場やマナーについては以下の記事でより詳しく紹介しています。

関連記事

家族葬の場合は香典を渡すべき?相場や香典辞退の際の対応なども紹介します

家族葬の場合は香典を渡すべき?相場や香典辞退の際の対応なども紹介します

昨今、葬儀を家族葬というスタイルで行う方が増えています。 親戚や知人のご家庭で不幸が発生し家族葬で行うと連絡を受けた際には、香典はどのようにしたら良いのでしょうか。 また、一般葬と比...

続きを読む

供花について

家族葬では、香典同様に供花も辞退するケースが多々ありますので、供花を贈りたい場合には、家族または葬儀社に事前に確認しましょう。

もし、家族が供花を辞退する意向であれば、これに従うことがマナーです。

供花の手配の方法やマナーについては以下の記事に詳しく記載していますのであわせてご覧ください。

関連記事

葬式でお供えする花である「供花」のマナーや相場とは?各宗教の葬式にふさわしい花も紹介します

葬式でお供えする花である「供花」のマナーや相場とは?各宗教の葬式にふさわしい花も紹介します

葬儀会場の祭壇の両脇や壁沿いなどに、スタンド花やフラワーアレンジメントが置かれた光景は、葬儀に参列したことのある人ならきっと、目にしたことがあるのではないでしょうか。 訃報を受けた際に、供花を送...

続きを読む

最後に

今回は、家族葬に関して参列可否の判断基準や主なマナーを紹介してまいりました。

礼儀やマナーは、相手への配慮や思い遣りが具現化され定型化されたものだともいわれます。

大切な方を亡くして大変なときではありますが、参列するそれぞれの方々が適切なマナーを持って温かい家族葬を行って頂けますよう願っています。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能/