葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬式でお供えする花である「供花」のマナーや相場とは?各宗教の葬式にふさわしい花も紹介します

葬儀の知識

葬式でお供えする花である「供花」のマナーや相場とは?各宗教の葬式にふさわしい花も紹介します

葬式でお供えする花である「供花」のマナーや相場とは?各宗教の葬式にふさわしい花も紹介します

葬儀会場の祭壇の両脇や壁沿いなどに、スタンド花やフラワーアレンジメントが置かれた光景は、葬儀に参列したことのある人ならきっと、目にしたことがあるのではないでしょうか。 訃報を受けた際に、供花を送る習慣は一般的ではあるものの、いざ自分が手配する立場となったときには戸惑うと思います。

本記事では、供花にふさわしい花の種類、発注方法、マナーや相場など、供花に関して知っておきたい各種知識をご紹介します。

供花(きょうか、くげ)とは

供花は「きょうか」または「くげ」と読み、葬儀の際に故人にお供えする花を指します。 弔意を示し、故人の霊を慰めるという意味とともに、会場や祭壇まわりを美しい花で飾るという役割も持っています。 祭壇の両脇に置かれることが一般的で、供花の数が多かったり祭壇まわりが手狭だったりする場合には、壁沿いに置かれるケースもみられます。

どういう関係性の場合に供花を贈る?

供花の贈り主は、決まりがあるわけではありませんが、基本的には遺族や親族、親しいつきあいのあった人です。

また、葬儀に参列する人だけでなく、遠方であったり、家族葬として遺族・親族だけで営まれたりといった事情で参列できなかった人が贈るケースもあります。 その場合は、供花や香典などを辞退する意向であることも考えられますので、事前に遺族の了承を得ておくようにしましょう。

仕事関係者から贈る際は、会社名(あるいは代表者名)や団体名で、職場の同僚などであれば「営業部一同」といったように連名で贈ることが一般的です。 また、同じ町内の人たちなどから贈る場合は「地域一同」などとするのが一般的です。

供花の手配の方法とは

供花を手配する方法として、実店舗の生花店やネットショップでの手配の他、葬儀社への依頼があります。

まずは葬儀社に要確認

前述の方法の中で手間がかからず確実なのは、葬儀社に依頼する方法です。 地域性、会場の雰囲気や規模と調和する供花を用意してもらえるという点で間違いがありません。また、葬儀社によっては、提携店以外の店で購入した供花を受け入れないという場合もあります。

それでも、馴染みの生花店がある、思い入れのある花材で作りたい、値段の手ごろなネットショップを利用したいといった事情のあるときには、まずは葬儀を執り仕切る担当葬儀社に確認を取りましょう。

その他にも会場全体の調和を乱すことのないよう、どういった種類や色合いの花材が適当かといったことについて尋ねるのもポイントです。 葬儀がどこの葬儀社に依頼されるかを把握できていない場合には、喪主や親族などに依頼先の葬儀社を確認するようにしましょう。

連名にする場合は重複に注意

同じ関係性にある人たちが連名で供花を贈ることもあります。(兄弟一同、孫一同、友人一同、○○株式会社△△部一同など)

その場合には関係者間での連携をきちんととるように注意しましょう。複数人が気を利かせたつもりでそれぞれに手配してしまうと、供花が重複してしまうこととなるためです。

取りまとめている人がいないか要確認

とりわけ親族間では、喪家側(または近しい親族)で取りまとめて手配するケースもあります。個々に手配しようとする前に、その点を確認しておくようにしましょう。

宗教ごとの花の種類とは

供花に用いられる花の種類は宗教ごとに違いがありますので、留意しましょう。

仏式・神式の葬儀の場合

近年では淡いピンクなどの色合いも見られるようになっていますが、基本としては白い花をメインにします。

また、一般的に用いられる花材としては、菊、蘭、百合、トルコギキョウなどが挙げられます。 一般的な色合いや花材ではないとしても、華美にならないようにすることが前提となります。

なお、地域によっては葬儀場周辺(葬儀会場の出入口前など)に造花で作られた花輪を置く場合もあります。

キリスト教式の葬儀の場合

洋花が用いられることが一般的で、具体的には聖母マリアの象徴とされる白百合や、カーネーションなどが選ばれることが多い傾向です。 仏式のように故人にお供えするためにではなく、あくまで遺族を慰めるために贈るので、葬儀会場となる教会ではなく、自宅に届けるのが原則です。

そのため、スタンド花ではなく、籠花やいわゆるフラワーアレンジメントとします。 その後、供花は自宅から教会へと移されますが、教会で棺の周辺に飾る際には名札のついていない状態の花のみを飾りますので、贈る段階から名札をつけないことがマナーです。

また、供花は生花に限られるため、造花で作られた花輪は使用されません。

供花の相場とは

供花の相場はスタンド花の場合、約15,000円~30,000円程度となっています。1基贈るか、2基1対を贈るかは、差し出す側の自由です。会場が手狭な場合にはスペースの都合上1基でと指定されるケースもあります。

籠花やアレンジメントは、スタンド花に比べ比較的安価なことが多い傾向です。飛び抜けて高価そうな供花では遺族に気を遣わせることになりますし、あまりに貧相な供花だと寂しい印象になってしまいます。

供花に迷う場合は、担当葬儀会社に相談するのが無難でしょう。

供花を手配する際のマナーや注意点とは

供花を手配する際のマナーや注意点にはどういったものがあるでしょうか。

通夜に間に合うように届ける

通夜前には、会場に供花が届くようにします。 通夜前日に依頼すればまず問題ありませんが、当日の依頼となる場合は、通夜開始に間に合うように、遅くとも午前中には依頼しておくようにしましょう。

派手な色合いの花は避ける

近年では用いられる色味も白一色とは限らず、ひと昔前であれば考えられなかったような暖色系の供花なども一般的となってきています。 しかしながら、やはり葬儀会場に飾られるお供えの花であることに変わりはありませんので、落ち着いた色合いとするのが基本です。

見本写真とは違う花材となる場合もあることを理解しておく

温室栽培が増えているとはいえ、花はあくまで自然のものです。 見本写真に使われている花材が季節によっては手に入らないということもあり、代わりとなる花材が使用されることもあります。

供花を並べる順序

供花の配置には決まりがあり、祭壇のすぐ両脇には喪主からの供花を置き、それ以外の供花については、祭壇に近い位置から贈り手の血縁関係が濃い順に並べるのが基本です。

また、祭壇上部から下部へと複数段に分けて飾られる場合は、上段に飾られる供花ほど贈り手の血縁関係が濃くなるように並べます。

お花代とは

お花代という言葉は2つの意味で使われます。1つは文字通り供花の代金、もう1つは香典と同じ意味合いの「お花代」です。 それぞれのケースについて確認しておきましょう。

供花の代金として包むお金

供花の代金は、葬儀会社に依頼した場合、葬儀当日に現金で支払う、あるいは口座振込の方法があります。 弔意を示すものではなく、業者に対しての供花代金の支払いなので、白無地の封筒に入れて手渡せばよいでしょう。

喪家や親族に依頼した場合は、その方に供花代金を渡さなければならないので、香典とは別に包むようにします。

香典代わりとして「御花代」

香典の表書きを「御花代」とするケースもあります。主にキリスト教葬儀や無宗教葬の場合に用いられます。キリスト教葬と分かっている場合は十字架の印刷された不祝儀袋、そうでない場合は白無地の封筒や、一般的な水引のついた不祝儀袋を用いればよいでしょう。

まとめ

  • 供花の手配方法としては担当葬儀社に依頼するのが確実。別途手配する場合にも担当葬儀社に確認の必要がある。
  • 仏式や神式の葬儀では菊・蘭・百合などの花材が主流。キリスト教式では白百合やカーネーションなどの洋花が一般的で、スタンド花ではなく籠花とする。
  • 供花の相場は約15,000~30,000円。
  • 通夜開始前までには届いているように手配する。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応