葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. お布施をお渡しする際の挨拶とは?その際のマナーも紹介します

葬儀の知識

お布施をお渡しする際の挨拶とは?その際のマナーも紹介します

お布施をお渡しする際の挨拶とは?その際のマナーも紹介します

葬儀や法要など寺院に御布施を納める機会は、そうそう頻繁にあるものではありません。そのため「お布施を渡すときの挨拶やマナーはこうだ」と自信を持って言える方も少ないのではないでしょうか。

特にお布施を納める先が菩提寺であれば、その後もお付き合いが続いていきますし、お布施に関しても失礼のないようにしてお きたいところです。 今回は、お布施をお渡しする際の挨拶やマナーについてお伝えしてまいります。

お布施とは

「お布施」は、葬儀や法要または読経や戒名授与に対する謝礼を意味する言葉として、世間一般的に使われています。 しかし本来お布施は、お釈迦様が示した悟りを開くための修行方法のひとつを意味しています。

お布施という修行方法の中に、金品を誰かに施し与えるという方法(財施・ざいせ)があります。 お布施本来の意味は、宗教行為への対価として寺院に納めるものではありません。

葬儀でお布施を渡すタイミングと挨拶の例

葬儀でお布施を渡すタイミング

お布施をお渡しする適切なタイミングとしては主に下記が挙げられます。

  • 通夜式までに、寺院に挨拶や打ち合わせで伺うとき
  • 通夜式の終了後 ・葬儀式
  • 告別式当日に僧侶がお帰りになる前
  • 葬儀式・告別式の翌日以降に改めて寺院に伺い挨拶するとき

寺院によって、どのタイミングでお布施を受け取りたいかは、様々な考え方がありますので、通夜式を迎える前に「お布施はいつお渡ししたら良いですか」と寺院に確認をしておくことが無難です。

なお、通夜式や葬儀式・告別式の開式の前にお布施を受け取ることは避けたいと考える寺院が多いようです。式中にお布施を持ったままでいるのは儀式を行うにあたり邪魔になってしまいますし、保管しておくというのも難しいからでしょう。

葬儀でお布施を渡す際の挨拶の例

  • 「この度の葬儀につきまして、どうぞ宜しくお願い致します」
  • 「昨日、本日と、ありがとうございました」
  • 「先日の葬儀はありがとうございました」 など

法要でお布施を渡すタイミングと挨拶の例

法要でお布施を渡すタイミング

法要でお布施をお渡しする適切なタイミングとしては主に下記が挙げられます。

  • 法要を迎える当日より前に、寺院に挨拶や打ち合わせで訪問するとき
  • 法要の終了後、もしくは法要後の食事の後

葬儀とは異なり法要の場合には、後日改めて寺院に挨拶に伺ってお布施を渡すというケースは少ないようです。なお、寺院で法要を行う場合には、法要の開式前にお布施を渡しても差し支えありません。

また、合同で行われる法要の場合には、受付でお布施を渡すことが一般的です。受付がない場合は、法要前に僧侶に挨拶をして渡しましょう。 いずれにしましても葬儀の場合と同様に、いつお布施を渡したら良いか事前に寺院のご意向を確認しておくことが無難です。

法要でお布施を渡す際の挨拶の例

  • 「この度の法要、どうぞ宜しくお願い致します」
  • 「本日は、ありがとうございました。お布施をお納めください」 など

お布施を渡す際のマナーとは

お布施袋は素手で直接触れずに渡す

葬祭ホールでは用意されていることの多い黒盆(香典盆)の上に乗せて差し出すか、袱紗を開いてその上に乗せて差し出すことが基本です。

菓子折りを持参して挨拶に伺うときに渡すのであれば、菓子折りの箱の上にお布施を置いて差し出す方法でも問題ありません。袱紗の包み方は弔辞の包み方と同様で、ダイヤ型に置いた袱紗の中央より右側に封筒を置き(袱紗によっては袋を置く場所の印が示してあります)、右下上左の順に包みます。

袱紗の色はシックな色を

紺、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫などが弔事で使える袱紗の色です。この中で、紫は慶事にも使用できます。

その他気を付けること

和室の場合、挨拶をするときは座布団を外した状態で行うことがマナーです。和室でも洋室でも、テービルや座卓のうえにカバンやバッグ類を置くことは避けましょう。 また、菓子折りなど手土産については、手提げ袋から出した状態で差し出すことがマナーです。

最後に

今回は、お布施をお渡しする際の挨拶やマナーについてお伝えしてまいりました。 挨拶やマナーに関して失礼のないよう行うということは、故人の尊厳を守ることにも繋がります。

葬儀、法要ともにお布施に関するマナーは、ほぼ共通です。 また、お布施をお渡しするタイミングは、葬儀および法要も事前に寺院へ確認しておきましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応