葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. お布施の相場はいくら?内訳や作法についても解説

葬儀の知識

お布施の相場はいくら?内訳や作法についても解説

お布施の相場はいくら?内訳や作法についても解説

お葬式に関する作法やしきたりが色々ある中で、多くの方が困ったり悩んだりするもののひとつがお布施です。仏教で葬儀や法要を行う場合には、寺院に対するお布施を用意しなければなりません。

しかし、お布施はいくら包めば良いのか?お布施はどのタイミングで渡したら良いのか?などお布施について詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。

今回はお布施に関して金額の相場、内訳や作法についてお伝えしてまいります。

お布施とは?

本来、お布施とは仏教の修行方法のひとつを意味します。

しかし現在の日本でお布施という言葉は、仏式葬儀および法要での読経、戒名授与などに対する謝礼金という意味で使用されることが一般的です。

本来の意味においてお布施は「財施(ざいせ)」、「法施(ほうせ)」、「無畏施(むいせ)」という3種類に分けられます。

それぞれの意味は、財施は金品を施すこと、法施は仏の教えを伝えること・説くこと、無畏施は安心を与えることです。このうち、わたしたちが一般的にお布施と呼ぶ謝礼金としての「お布施」は「財施」にあたります。

現実的にお布施は謝礼金という捉え方をされていますが、お布施はもともと宗教行為への対価として納めるものではないという本来の意味を理解しておくことは大事です。

お布施をお渡しする場面ごとの金額相場

前述のとおり、本来お布施は葬儀や読経など宗教行為に対する対価ではありません。

寺院にお布施の金額を相談すると「お気持ちで結構です」と答えが返ってくるという話をよく耳にしますが、これはお布施本来の意味を考えれば当然のことです。

しかしながら、お布施は読経や戒名への謝礼金として理解されていることが一般的であり、ある程度の相場も形成されているのが現状です。ここでは場面ごとのお布施の相場について紹介してまいります。

葬儀(葬式・通夜・告別式・火葬)

葬儀で用意するお布施の全国平均は約47万円です。この金額は戒名授与と、通夜から葬儀式・告別式、火葬場での読経など2日間に渡って寺院にお願いする場合のお布施の全国平均です。

葬儀でのお布施は、主に寺院からいただく戒名のランクによって上下し、その他宗教宗派、寺院の考え方、地域などによっても変動します。

戒名のランク別に見ますと、たとえば「信士・信女(しんし・しんにょ)」で約30~40万円、「居士・大姉(こじ・たいし)」で約50~60万円、「院居士・院大姉(いんこじ・いんたいし)」で約80万円~数百万円が相場です。

四十九日法要

四十九日法要でのお布施は、約3~5万円が相場となります。

一周忌法要

一周忌法要でのお布施は、約3~5万円が相場です。

納骨法要・納骨式

納骨のときに用意するお布施は約1~5万円が相場です。ただし、四十九日や一周忌法要の当日に納骨も行う場合には、別々にお布施を包むことはせず、法要~納骨の一日分としてお布施を用意します。

三回忌以降

三回忌以降の法要については、約1~5万円がお布施の相場です。

お盆

お盆のお布施は新盆で約3~5万円、翌年以降のお盆で約5千円~1万円が相場となります。

お彼岸

お彼岸については個別に法要を行う場合で約3~5万円、合同法要として行う場合で約5千円~1万円がお布施の相場です。

仏壇やお墓の開眼供養・閉眼供養

開眼供養は仏壇やお墓を新規に購入したときなどに行われる法要です。一方、開眼供養は仏壇を処分するときや、お墓の改葬をする際などに行われる法要のことです。

開眼供養、閉眼供養におけるお布施の相場は、約1~3万円となります。宗派により開眼供養・閉眼供養とは異なる言い方をする場合もあります(魂入れ、お精入れ、入魂式など)。

以上、場面ごとのお布施の相場を紹介いたしましたが、節目となる法要や、家族だけでなく親族も参列する法要では若干多めにお布施を包むこともあります。

お布施以外に寺院にお渡しする費用

お布施だけでもそれなりの金額ですが、状況によりお布施以外にも寺院に対して用意しなければならない費用があります。

御車代

御車代は葬儀を行う式場まで僧侶が自分で車を運転して来られた場合や、電車やバス、僧侶自身が手配したタクシーを利用して来られた場合にお渡しします。

金額としては市内、近隣市外での移動で約5千円~1万円が相場です。県外など遠方から来られる場合は、飛行機代や新幹線代など実費を調べて、相応の金額を用意することになります。

なお、僧侶の送迎を家族や親族が行う場合や、家族が手配したタクシーを利用していただく場合には御車代は必要ありません。

御膳料

御膳料は、葬儀式・告別式当日に行われる精進落とし(忌中払い)と呼ばれる飲食の席に、僧侶が参加されない場合にお渡しするものです。

御膳料の金額としては約5千円~1万円が相場で、葬儀式・告別式当日に僧侶が複数名で来られた場合には、僧侶の人数分の金額を包みます。

なお複数名で来られた場合、僧侶ごとに御膳料の袋を分けてお渡しするのではなく、ひとつの袋にまとめてお渡しします。精進落としに僧侶が参加される場合には、御膳料を用意する必要はありません。

お布施の作法

ここでは、お布施の袋や渡すタイミングなど、お布施に関する作法として知っておくべき主な事柄を紹介いたします。

お布施の袋や表書きなど

葬儀のときは通常、お布施用の袋を葬儀社が用意してくださいますので、葬儀社が用意した袋を使用すれば問題ありません。自分で袋を用意する場合には、水引の付いていない白無地の封筒が無難です。

表書きは「御布施」とし、中袋には金額、住所、名前を記入します。寺院に不幸があったわけではありませんから、薄墨で書く必要はありません。

お布施をお渡しするタイミング

一般的には通夜式が終わった後か、もしくは葬儀後に改めて寺院へ挨拶に訪問する際にお渡しすることがマナーと言われています。

しかし、どのタイミングが良いかは寺院によって考え方が異なりますので、葬儀前に挨拶をするときなどに、お布施はいつお渡ししたら良いか寺院に確認しておくことをオススメいたします。

読経料や戒名料という言い方は避ける

お布施は宗教行為に対する対価ではないという基本的な考え方がありますので、読経料や戒名料など料金という表現に不快感を示す寺院もあります。

このため読経料や戒名料という言い方は避けるよう注意しておきます。

最後に

寺院とは葬儀後も長いお付き合いとなることが一般的です。良好な関係でお付き合いを続けていくために、お布施の意味や作法を知り、寺院に対して失礼のないようにしておくことは大切です。 喪主や施主を務める方は、今回の内容をぜひ参考にしてください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応