葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. お彼岸の意味とは?彼岸法要についても紹介します

葬儀の知識

お彼岸の意味とは?彼岸法要についても紹介します

お彼岸の意味とは?彼岸法要についても紹介します

「彼岸」は日本の暮らしにすっかり馴染んだ仏教行事のひとつです。

春と秋の2回あり、いずれも祝日を含んでおり、この期間にお墓参りを習慣にしている人も多いでしょう。

この記事では、彼岸にどのようなことを行うのか、その意味や方法について解説します。

彼岸の意味と由来とは

  彼岸にはどのような意味や由来があるのでしょうか。

春分・秋分の日の前後7日間

彼岸は年に2回あります。春彼岸と秋彼岸です。 春彼岸は3月の春分の日を中心とした前後7日間、秋彼岸はと9月の秋分の日を中心とした含む前後7日間のことです。 彼岸の始まりは「彼岸の入り」、最終日を「彼岸明け」、そして彼岸の真ん中にあたる春分・秋分の日を「中日(なかび、ちゅうにち)」と呼びます。

仏教寺院では、彼岸の期間中に彼岸法要を行います(彼岸会(ひがんえ)などとも呼ばれる)。彼岸は仏教行事のひとつで、先祖に感謝を捧げ、善事や供養を行う期間とされています。彼岸法要では檀家や信徒が寺院に集まり、本尊や先祖を供養します。

また、農業の種まき、収穫の時期にもあたることから、自然に感謝し、豊作を祈る期間でもあります。

彼岸会の起源

彼岸会の起源はおよそ1200年前にさかのぼり、全国の国分寺の僧侶が、春と秋の年2回、7日間にわたって読経を行なったことが彼岸会の始まりとされています。

やがて、一般の人たちにも彼岸会の風習は広まり、仏教行事として定着しました。

このため、彼岸会を行なうのは日本だけで、仏教徒の多いインドも含め、ほかの国では彼岸会にあたる行事はありません。

浄土が最も近くなる日

彼岸の中日にあたる春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さが同じになる日です。

太陽は真東から登り、真西に沈みます。 仏教では浄土は西方にあると考えられているため、真西に太陽が沈む春分・秋分の日は現世と浄土が最も近くなる日とされています。

浄土が近くなる彼岸の期間に精進することで、極楽往生がかなうという考え方もあります。

「彼岸」という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」が語源で“向こう岸に至る”という意味があります。現世の向こう岸にあたる彼岸は、仏教の理想世界とされる悟りの境地や浄土のことです。

一方、私たちが生きている現世は此岸(しがん)と呼ばれ、煩悩や迷いの多い世界です。

この此岸から向こう岸の彼岸へ渡るために、功徳を積む期間が彼岸であるといわれています。

彼岸の行事と準備とは

彼岸の期間に行うとされる行事とその準備に関わる情報を紹介します。

お墓参りに行く

彼岸の行事のなかでも、最も広く行なわれているのがお墓参りです。タオルやごみ袋など、お墓を掃除するための道具と、線香やお花、お供えなどを持参して墓地に向かいます。

お寺に着いたら、住職に挨拶をして、本堂にお参りしてから墓地に向かうようにしましょう。

古来、彼岸には季節の花やぼた餅(春彼岸)、おはぎ(秋彼岸)をお供えするのが一般的で、ぼた餅、おはぎの材料の小豆は邪気を払う食材といわれています。

ただし、供物についてはしきたりに縛られる必要はなく、故人の生前の好物などをお供えしても問題ありません。

彼岸会、彼岸法要とお布施

彼岸の期間は、寺院で彼岸会、彼岸法要が営まれることがあります。また、彼岸には檀那寺の僧侶を自宅にお招きして、個別に法要を営むことが通例となっている地域もあります。

本堂などに多くの檀家を招いて行なわれる彼岸会に参加する場合は、お布施を持参します。金額の相場は1万円程度です。

一方、自宅に僧侶をお招きする場合は、お布施のほかにお車代が必要となります。お布施の相場は3〜5万円、お車代は実費を渡すこともありますが、5千円〜1万円を包んで渡すのが一般的です。

なお、遺族が車で僧侶を送迎した場合、お車代は必要ありません。

初彼岸とは

故人の四十九日が過ぎてから最初の彼岸を「初彼岸」と呼びます。

初彼岸を迎える家庭では、彼岸の入りまでに仏壇を掃除して、果物や花をお供えするとともに、お墓参りを行うのが一般的です。

彼岸の中日にあたる春分・秋分の日には、だんごをお供えする風習があります。ただし、この場合も厳しい決まりがあるわけではないので、故人の好物などをお供えしても良いでしょう。

僧侶を自宅に招いて彼岸法要を行なう場合は、前項で記載しているように3〜5万円のお布施とお車代を用意します。

初彼岸の法要の服装について

なお、彼岸法要の際は通常の服装でも問題ありませんが、僧侶をお招きして初彼岸の法要を営む場合には、ある程度フォーマルな服装を心がけましょう。

男性は落ち着いた色のワイシャツとズボン、女性も落ち着いた色のブラウスかスカート、またはワンピースを着用すると良いでしょう。

一方、家族以外も招いて初彼岸の法要を営む場合には、やはり礼服を着用するほうが無難です。招かれたほうも、礼服で出かけるようにしましょう。

まとめ

「彼岸」は春分・秋分の日の前後7日間の期間です。

浄土があるといわれる真西に太陽が沈むことから、浄土に最も近い期間と考えられ、善行、供養を行うことで極楽往生がかなうとされます。

彼岸の期間には、仏壇を掃除して花や供物をお供えし、また墓参りに行き、お墓の掃除もします。

寺院では檀家を集めて彼岸会、彼岸法要が行なわれるほか、僧侶をお招きして自宅で彼岸法要を営む地域もあります。

寺院の彼岸会に参加する場合、お布施の相場は1万円程度、自宅にお招きする場合は3〜5万円が相場です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応