葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 新盆(初盆)のやり方とは?準備すべきことや時期、当日の流れも紹介します

葬儀の知識

新盆(初盆)のやり方とは?準備すべきことや時期、当日の流れも紹介します

新盆(初盆)のやり方とは?準備すべきことや時期、当日の流れも紹介します

葬儀後には様々な法要が行われます。新盆の法要もそのひとつで、新盆は故人に対して初めて行われるお盆の法要となります。

新盆を執り行う立場になった場合、また参加することなった場合にはどのようにすればいいでしょうか。

今回は新盆のやり方や準備などについて紹介してまいります。

新盆(初盆)の意味と時期とは

まずは新盆の基本的事項として、新盆の意味や時期について知っておきましょう。

新盆(初盆)とは

新盆とは、故人が四十九日法要後に初めて迎えるお盆のことを指します。新盆は初めて迎えるお盆ということで、通常のお盆よりも盛大に行われる傾向があります。

お盆は、日本独自の民俗に基づく、先祖崇拝と仏教の要素が結びついた習俗的な行事です。

習俗的な行事であるため、お盆のやり方や時期などについては地域差が大きく家庭による違いもあります。

新盆は「にいぼん」「あらぼん」「しんぼん」と読み、初盆(はつぼん)と呼ばれることもあります。

新盆(初盆)の時期とは

新盆は通常のお盆の時期に合わせて行われますが、お盆の時期は地域によって異なり、大別して下記の4パターンです。

種類 時期 地域
7月盆 7月13日~15日又は16日 東京・神奈川・静岡の一部、東北地方など
8月盆 8月13日~15日又は16日 全国的に広く分布
旧盆

旧暦の7月13日~15日又は16日
(現在使われている新暦に換算すると、年度によって日にちが変わります。)

北海道、東日本の一部、関西地方、沖縄など
勝手盆
(田無盆)
7月30日~8月1日又は7月31日~8月2日 東京の多摩地域など

 

 

新盆(初盆)のお供えや飾りとは

前述のとおり、お盆は地域差が大きく、家庭による違いもありますので、お供えや飾り方などについても、一概にお伝えするのは難しいところです。

ここでは一例として、全国的に多く見られる新盆のお供えや飾りについてお伝えしてまいります。

新盆(初盆)のお供えや飾りなど

お供えや飾りは、基本的に通常のお盆と同じです。 新盆と通常のお盆で異なるのは、主に白提灯を設置することと、野菜や果物などのお供え物が多少豪華になるという点です。

盆提灯

盆提灯には、白色無地の提灯と絵柄の入った提灯という2種類があり、白色無地の提灯は新盆のみで使用されます。

白色無地の提灯は1度しか使えないため、近頃は新盆であっても絵柄の入った提灯を飾ることも珍しくありません。

盆提灯は、精霊棚と呼ばれる祭壇の両脇に設置されますが、その他玄関や軒先に白色無地の提灯を吊るす地域も見られます。

精霊棚

精霊棚(しょうりょうだな)は、御先祖様をお迎えする為に設置する祭壇です。

精霊棚には本尊を祀り、位牌やお供え物などが置かれます。

お供え物

主に新鮮な野菜、果物をお供えします。

正式には三宝(さんぽう)と呼ばれる台にお供えしますが、家庭では白系のお皿に半紙を敷いて野菜や果物を盛り付けることが一般的です。

きゅうりとなすび

夏野菜であるきゅうりとなすびは、お盆のお供えの代表格です。それぞれにおがらを挿して、きゅうりを馬に、なすびを馬に見立てます。ご先祖様が馬に乗って早くやって来て、牛に乗ってゆっくり帰っていってほしいという願いが込められた風習です。これらを「精霊馬(しょうりょううま)」とも呼びます。

供花

祭壇両脇に1対のカゴ花を供えます。

スペースを確保出来ないときは花瓶ひとつに生花を活けて祭壇脇に飾ることもあります。

ロウソクと線香

家庭にストックしてあったものではなく、頂き物でも構いませんので、新盆のために用意された新しいロウソクや線香を使用します。

おがら、松の割り木

松の割り木は迎え火、送り火として玄関やお墓で燃やすための木材です。

新盆(初盆)の法要と行事の流れとは

 次に新盆の法要で行う内容や、流れについて見ていきましょう。

先に触れましたように、お盆の時期は大別して4パターンありますので、ここでは7月盆(7月13日~15日又は16日)、8月盆(8月13日~15日又は16日)の例として紹介いたします。

7月と8月で月は異なりますが、両方共13日~15日又は16日ということで日にちは同じです。

新盆(初盆)の法要

現在は、僧侶を呼ばずに済ませてしまう家庭もありますが、本来は僧侶を自宅にお招きして法要を行います。

法要は、14日または15日に行われることが一般的で、地域や寺院の都合などにより前後することもあります。

御先祖様が自宅に帰ってこられるのがお盆です。そのため、自宅で行うことが基本となりますが、参加人数などの事情でやむを得ない場合には、例外として法要会館や寺院で行うことがないわけではありません。

新盆の法要は、通常のお盆よりも主だった親族も招いて盛大に行われるケースが多く見られます。地域によっては、近隣の方々や友人知人にも参加していただくところもあります。

新盆(初盆)の行事の流れ

新盆での主な流れは次のようになります。

迎え火(13日)

  • 午前中に精霊棚を設置し、お供えや飾り付けを行います。
  • 本尊、位牌は仏壇から取り出し、精霊棚に本尊をお祀りし、位牌を据え置きます。
  • 日中にお墓の掃除、お墓参りを行います。
  • 夕方に松の割り木などの木材を使用して自宅の門前や玄関先で迎え火を焚きます。
  • 盆提灯を灯します。

お墓参りと法要(13日から15日の間)

  • 13日~15日の間は火を絶やさず、お供えや水を毎日交換します。(交換の際、下げたお供えは捨てるのではなく家族でいただきます)
  • 14日または15日には自宅に僧侶を招き、法要を行います。
  • 法要後、墓地に移動してお墓参りを行います。
  • 法要、お墓参りの後には食事の席が設けられるケースが多く見られます。

送り火(15日)

  • 迎え火と同じようにおがらや松の割り木などの木材を使用して、自宅の門前や玄関先で送り火を焚きます。
  • 送り火を焚く際、白提灯を一緒に燃やす場合もあります。

新盆(初盆)のお布施の相場とは

  新盆の法要を僧侶に依頼した場合には、御布施の用意も必要です。

新盆での法要はどれくらい御布施を用意したらいいのか、交通費などもお渡しする必要があるのかなど、分からないという方も多いのではないでしょうか。

新盆(初盆)の法要で用意する御布施の相場

通常のお盆の場合には約5千円~2万円が御布施の相場ですが、新盆では約1万円~3万円となります。

ただし、檀家の軒数など寺院の諸事情や、地域差などによって御布施の金額は変わってきますので、お盆の法要をお願いする際、ざっくばらんに寺院に御布施の金額をお聞きしてみると良いでしょう。

御布施以外に僧侶にお渡しする交通費など

僧侶がご自分の車で来られたり、バスや僧侶が手配したタクシーを利用したりして来られる場合には、御車代をお渡しします。御車代は、約5千円~1万円が相場です。

その他、法要後に飲食の席を設けた場合で、僧侶が同席されないときには御膳料をお渡しします。御膳料も約5千円~1万円が相場です。

宗教ごとの新盆(初盆)の違いとは

お盆に対する考え方など、宗教宗派による違いもあります。

また、仏教行事としてお盆の法要が行なわれることが通常ですが、お盆は習俗として根付いているものでもあるので、その他の宗教でもお盆を行事として行う場合もあります。

お盆は宗教宗派によるものより、地域による差が大きく出ますが、事例として宗教宗派ごとのお盆について紹介いたします。

浄土真宗

浄土真宗では、御先祖様は浄土で仏様となっており、霊として帰ってくることはないという考え方が強くあるため、宗派としては迎え火や送り火などは行う必要はないとしています。

浄土真宗のお盆は御先祖様を縁として、仏様の教えに接する場として捉えられています。

真言宗

真言宗のお盆は精霊棚に精進料理をお供えすることが特徴です。

また、他の宗派よりも野菜や果物のお供え物を多く用意する傾向にあります。

神道

神道の家庭でもお盆は行われます。

大まかな流れとしては、仏教におけるお盆と変わりありませんが、蓮の絵柄が入った盆提灯は使わないこと、神饌物(しんせんもの)と呼ぶお供え物をすることなどの細かい違いはあります。

道での新盆は、新盆祭、新御霊祭と呼ばれることもあります。

新盆(初盆)の服装マナーとは

新盆の法要やお墓参りに参加するときの服装について、迷う方は多いようです。 服装は、親戚や友人など家族以外にもお越しいただくのであれば、喪服を着用された方が良いでしょう。

一方、家族やごく近しい親戚のみで行う場合には、地味な平服で済ませることが一般的です。

喪服は、男性はブラックのフォーマルスーツに、白シャツ、黒ネクタイ、黒靴下、黒い革靴が基本となり、女性はブラックのアンサンブルやワンピース、黒のインナー、黒のストッキング、黒いパンプスとなります。

平服は男女とも黒、紺、グレーなど地味な色合いの服装とします。

男性であれば、スーツもしくは襟付のシャツにジャケットは着用した方が良く、女性はアンサンブルやワンピースで、スカート丈は短すぎないようにするなど、露出を控えた服装が基本です。

喪服であっても平服であっても、夏の暑い季節なので、ジャケットや上着は無理に着なくてもよいでしょう。また、男女ともにアクセサリー類、派手な色やデザインの時計は身に付けないことがマナーです(女性のみ真珠、黒曜石のアクセサリーは良しとされています)

新盆(初盆)の香典の相場とは

  新盆の法要に参加するときには、香典を持参することがマナーです。

法要には都合がつかず参加できないときでも、お盆期間中に訪問する場合には香典を持参しましょう。

香典の相場も地域によって異なりますし、各家庭・親戚ごとの慣習でも違ってきますが、概ね約5千円~1万円が基本となっています。

法要後の飲食席に出席する場合には、これに1人当たり約3千円~1万円を加算して包むのが目安です。

たとえば、自分の兄弟の新盆法要及びその後の会食に、自分の家族4人(自分と妻、子供2人)で参加すると想定します。香典部分が1万円として、プラス会食分5千円×4人=3万円という計算から、合計で3万円を包むことになります。

必ずしもこのように計算しなければならないということではなく、地域性や親戚間のお付き合いの程度を考慮しながら包む金額を決めるようにしましょう。

なお香典を包む際の表書きは、仏式の場合「御仏前」が一般的です。 この他「盆供」や「お供物代」という表書きも使われることがあり、仏式以外でも使用できます。

最後に

今回は新盆のやり方や準備などについて紹介してまいりました。

お盆は、各地域ごとに神道に基づく先祖崇拝と、仏教的な要素が混ざり合うことで形成されてきた習俗的な行事です。

そのため新盆も通常のお盆も、地域によってやり方や準備などが大きく変わることがあります。

新盆を迎えるご家庭は、今回の記事を参考にしていただきながら、各地域の葬儀社、仏壇仏具店、寺院などに詳細を確認していただくことをおすすめいたします。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応