葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の費用
  3. 火葬式(直葬)の費用相場はどのくらい?補助制度についても説明します

葬儀の費用

火葬式(直葬)の費用相場はどのくらい?補助制度についても説明します

火葬式(直葬)の費用相場はどのくらい?補助制度についても説明します

通夜や葬儀を行わず火葬のみを行う葬送方法のことを「火葬式」や「直葬(ちょくそう・じきそう)」などと呼びます。

色々な葬送方法がある中で、火葬のみを行うスタイルはもっとも費用がかからない方法です。
しかし、実際のところどれくらいの費用が必要なのでしょうか。また、費用を負担するのが厳しい方はどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、火葬式(直葬)の葬儀や火葬場の費用について相場や内訳を中心に解説してまいります。

火葬式(直葬)の費用相場は?

火葬式(直葬)の費用は、主に葬儀社に支払う費用と、火葬場の利用料を合算したものとなります。

相場は、地域や様々な状況により上下しますが、概ね20万円前後が相場です。上はいくらでも費用をかけようと思えばかけられるのでキリがありませんが、最安値としては120,000円が目安です。

なお、火葬場で待合室を利用する場合や、火葬場でお坊さんに読経をしてもらう場合などについては、別途費用がかかってきます。
火葬場待合室の利用料金は1室5,000円~10,000円が相場です。

また火葬場でのみ読経をお願いする場合に、お坊さんへお渡しするお布施は30,000円~50,000円が相場となります。

地域によって費用の相場が異なる?

火葬式(直葬)に係る費用のうち、葬儀社に支払う費用は、地域による差はほとんどありません。
もともと火葬式はお葬式のスタイルとしては最低限の内容になっているので、これにかかる仕入原価や人件費について地域差は出にくいためです。

ただし、火葬場の利用料については費用の相場に地域差があります
市民であれば無料の公営火葬場を持つ市町村もあれば、市民であっても30,000円~40,000円の使用料を設定している公営火葬場もあります。

つまり、お住まいの地域や利用する火葬場によって利用料に数万円の差が出ることになります。
この火葬場利用料の差が、地域によって費用の相場が異なることに影響しています。

お住まいの地域の火葬場について料金設定を知りたいときはインターネットの検索サイトで「〇〇市 火葬場 料金」というキーワードで調べるか、市町村の役所に問い合わせをすれば回答が得られるでしょう。

公営、民間どちらの火葬場かでも費用が変わる

火葬場には、公営と民営があります。
公営か民営かによって費用相場が変わってきます

公営の火葬場では、市民であれば無料~30,000円が利用料の相場です。
一方、民営の火葬場は30,000〜60,000円前後が相場となっています。

一例として、東京都は公営よりも民営火葬場が多く、最低でも59,000円からの料金設定となっています。

なお、公営の火葬場であっても市外の人が利用する場合には、市外料金扱いとなり利用料金も大幅に増加しますので注意が必要です。公営火葬場において市外料金の相場は50,000円~100,000円となります。

火葬式(直葬)の費用に含まれるサービス内容を確認

火葬式(直葬)の費用は、主に葬儀社に支払う費用と、火葬場の利用料を合算したものとなることは前述のとおりです。

ところで葬儀社に支払う火葬式の費用には、どのようなサービス(商品)が含まれているのでしょうか。ここでは何が含まれているのか、一例として紹介いたします。

火葬式(直葬)の内訳の一例

  • 棺用布団
  • 防水シーツ
  • 骨壺(骨箱、覆い含む)
  • ドライアイス
  • 故人のお身体の処置(微量な体液の漏れなど簡易な対応に限ります)
  • 死亡届、火葬場利用手続き代行
  • 火葬場案内
  • 火葬式の進行
  • 葬儀社スタッフ人件費(サービス提供費)
  • 病院から自宅等指定場所への故人の搬送
  • 霊柩車

こちらはあくまで一例