葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の費用
  3. 葬儀ローンとは?申請方法や注意点についても解説

葬儀の費用

葬儀ローンとは?申請方法や注意点についても解説

葬儀ローンとは?申請方法や注意点についても解説

葬儀が終われば葬儀費用の支払いが待っています。どのような葬儀を行うかによって上下しますが、葬儀費用は数十万円から数百万円と多くの方にとって高額な支払いとなります。

また、事故や病気の急変などにより急に亡くなられた場合は、手元に葬儀費用として支払える現預金が充分に無いということもあるかもしれません。

そこで、分割で支払う葬儀ローンを利用したいと考える方もいらっしゃるでしょう。今回は、申請方法や利用に関する注意点など葬儀ローンについて解説いたします。

葬儀ローンとは?

葬儀ローンとは、葬儀費用の支払いについて分割払いを行うための金融サービスです。

一般的に、葬儀費用は葬儀の当日から1週間~10日程度を期限として、一括で葬儀社などに支払う必要があります。しかし、手元に一括で葬儀費用を支払える現預金が無い場合や、諸事情で手元の現預金に手を付けたくないという場合も考えられます。

このような場合に葬儀ローンが利用されます。本来、ローンとはお金の借り入れのことを意味しますが、クレジットを利用する場合も含めて葬儀ローンと言われていることが多いようです。

ローンは銀行などの金融機関から借りたお金で、施主が葬儀社などに支払います。 一方クレジットは、直訳すると「信用」となり、信用販売のことを言います。信販会社が葬儀費用を立て替えて葬儀社に支払いますので、施主は信販会社に分割で後払いをしていくことになります。

ただし、葬儀ローンは誰でも利用できるわけではなく、年齢、職業、勤務年数、年収、既存の借入の有無や残高などをもとに行われる与信審査に通ることが条件です。

その他、稀に銀行や信販会社を通さずに葬儀社と施主が直接に分割返済の契約を行う場合もあり、これも葬儀ローンと呼ばれています。

葬儀ローンのメリット・デメリット

ここでは葬儀ローンのメリットとデメリットをお伝えいたします。

メリット

まずはメリットです。

上限額が高い傾向にある

資金使途が葬儀費用に限定される葬儀ローンの場合、資金使途が自由なカードローンやクレジットカードと比べると利用可能な金額の上限が高く設定できる傾向にあります。

一時的に現金の支出が軽減される

いざというときのために今ある現預金にはなるべく手を付けたくない場合や、他に支払予定があるなどの事情により現時点で大きな出費は避けたい場合もあるかもしれません。 このようなとき、葬儀ローンを利用することで一時的に現金支出を抑えることができます。

予算を超えた商品やサービスが利用できる

もっと立派な葬儀にしたいとか、もっと華やかな葬儀にしたいと思っても、手元にある現預金では足りない場合もあります。

しかし葬儀ローンを利用することで、手元にある現預金を超える葬祭用品やサービスを葬儀社に依頼にすることも可能となります。

デメリット

次にデメリットです。

分割手数料や支払利息が発生する

葬儀ローンを利用すると分割手数料や利息が発生するため、実際の葬儀費用よりも支払総額は増えてしまいます。しかも、分割払いの期間が長期になればなるほど、利用額が大きくなればなるほど支払総額も増えていくのが基本です。

(解決策)

  • なるべく低手数料率、低金利のローンやクレジットを利用する。
  • 葬儀費用を抑えたり、内金を入れたりするなどして分割払いの利用額を減らす。
  • 分割払い期間をなるべく短くする。
  • 可能であれば繰り上げ返済をする。

一定期間、継続して返済を続けなければならない

葬儀ローンの契約内容にもよりますが、長ければ数年間に渡って、毎月の返済が続きます。 当然のことながら、毎月返済に必要な金額を確保しておかねばなりません。

(解決策)

  • 利用時に可能な限り支払回数を短く設定する。
  • 可能であれば繰り上げ一括返済をして早い段階で返済を完了する。

与信審査に時間がかかることがある

特に銀行や信用金庫などの金融機関が提供している目的別ローンについては、審査を通過して借入が実際に出来るまで時間がかかる場合があります。 少なくともクレジットの与信審査よりも数日余計に時間がかかることが一般的です。このため葬儀社への支払期限に支払額を準備出来ないことも考えられます。

(解決策)

  • 与信審査のスピードを優先するのであれば、クレジットを利用する。
  • 葬儀社に事情を説明し支払期限の延長を依頼する。

葬儀ローンの比較

今までの内容でも少し触れましたが、葬儀ローンは銀行や信販会社など様々な機関や団体が提供している金融サービスです。ここでは葬儀ローンの比較ということで、それぞれ特徴を確認しておきましょう。

なお、それぞれの特徴の中で記載している金利や限度額などは与信審査の結果によって大きく変わってきますので、あくまで参考情報としてお考えください。

葬儀社が提携している信販会社

葬儀社によっては信販会社と提携をしていて、セレモニークレジットといった名称の分割払いサービスが利用できます。

金利は若干高めですが、与信審査のスピードが速いことと、審査基準も銀行ローンと比べると緩い傾向にあることが特徴です。

基本的に葬儀社が窓口となって与信審査や利用手続きを進めていきますので、葬儀の打ち合わせと並行して分割払いの話も進めていけるという利点もあります。

与信審査のスピード 通常1~2時間程度。長くても半日~1日。
金利相場 8~18%
限度額

10万円~500万円

返済(支払い)回数 1~84回
利用できる年齢

20~70歳以下(完済時の年齢)

保証人 原則不要

銀行

銀行では、葬儀費用に資金使途が限定されない多目的ローンやフリーローンとして借り入れを行うことが一般的形式です。銀行ローンは比較的、長期間の返済回数を選択できます

また、希望する借入金額によっては収入を証明する書類や住民票など提出しなければならない書類が多くあるのも特徴です。 

与信審査のスピード 通常5~7日程度。長くて2週間が目安。
金利相場 5~15%
限度額 10~500万円
返済(支払い)回数 6~120回
利用できる年齢 20~65歳以下(完済時の年齢)
保証人 原則不要

労金・信金

労働金庫や信用金庫も銀行と同じように多目的ローンやフリーローンとして借り入れを行うことができますが、一部の労働金庫や信用金庫では、葬儀費用に限定したローンを提供しているところもあります。

労働金庫や信用金庫でのローンは、与信審査が厳しい傾向にあるものの、金利は低めであるという特徴があります。また、提出しなければならない書類も銀行と同様に多くなる傾向にあります。

なお、農協も労働金庫や信用金庫と同じような特徴を持っています。 

与信審査のスピード

最短で3日程度、通常1週間程度。

金利相場

2.5~10%

限度額

10~500万円

返済(支払い)回数

3~84回

利用できる年齢

20~75歳以下(完済時の年齢)

保証人

原則不要

葬儀ローンの申請方法

ここでは葬儀ローンの申請方法について基本的なところをお伝えいたします。

葬儀ローンの申請方法

申請方法は主に次の2パターンです。いずれのパターンでも、葬儀費用の支払いまでは期限がありますので、早い時点での申請をお勧めします。

1.葬儀社が提携している信販会社

  • 葬儀社の葬祭ホールや自宅などで、葬儀社に葬儀ローン利用の希望を伝える。
  • 施主が葬儀ローンの審査申込書の記入。
  • 葬儀社が申込書を信販会社にFAXし、与信審査開始。
  • 与信審査の結果が葬儀社を通じて施主に連絡される。
  • 与信審査に通っていれば、施主は葬儀ローンの契約書類に記入、捺印。

2.銀行や信用金庫などの金融機関

  • 銀行の窓口で、ローンの利用を希望する旨を伝える。
  • 与信審査に必要な申込書類の記入。
  • 銀行は仮の与信審査を実行。
  • 仮の与信審査に通ると、銀行から施主に正式な与信審査に移行すると連絡が入る。
  • 場合によっては収入を証明する書類などを提出。
  • 正式な与信審査の結果が施主に入る。
  • 正式な与信審査に通っていれば、金銭消費貸借などの契約書類に記入、捺印。

1、2のどちらとも、インターネットで申請が可能で、最終的な手続きまでネットで完結するサービスを提供している信販会社や金融機関もあります。 インターネットでの手続きは面談形式で行う手続きよりも、スピーディーに完結するばかりか、金利の優遇を受けられることもありますので事前に確認しておくと良いでしょう。

葬儀ローンを行う場合の注意点

ここでは葬儀ローンの利用にあたって、どのような点に注意すべきかをお伝えしてまいります。

葬儀ローンを行う場合の注意点

毎月の返済額が支払い可能な範囲内かどうか

毎月の返済額が支払っていける範囲内になっているか、充分確認をしてから葬儀ローンの手続きを進めるようにしましょう。特に既に他の借入がある場合には注意が必要です。

与信審査に通らなかった場合のことも考えておく

葬儀社提携の信販会社が提供する葬儀ローンでは、葬儀の内容が決定する前に与信審査の結果が分かることが通常なので問題ありません。

しかし、銀行などの金融機関から借入を行う場合には、葬儀内容が決定し葬儀が終わるまでに与信審査が終わらないこともあります。したがいまして、与信審査が通らなかった場合の対応方法も検討しておく必要があります。

分割手数料率や金利を充分に比較検討する

1%違うだけで、葬儀費用や返済(支払)回数によって、支払総額は数万円以上の差が生じます。なるべく有利な手数料率や金利で利用できるよう色々な各種葬儀ローンを比較検討することも大事です。

葬儀ローンの対象にならない費用もある

特に信販会社が提供する葬儀ローンについては、対象になる費用が決められていることがありますので充分な確認が必要です。たとえば御布施や仏壇仏具の購入費用は対象にならないことが一般的です。

葬儀ローンがオススメな方

葬儀ローンについて色々と説明してまいりましたが、葬儀ローンはどのような方にオススメなのか紹介いたします。

葬儀ローンがオススメな方

葬儀社への支払に必要な現金を用意することが困難な方

葬儀費用を支払えるだけの充分な現金や預金がなく、親戚や友人からの支援も受けられない場合には、葬儀ローンがオススメです。

特に病院で亡くなった場合には、葬儀以外にも入院費用の支払いなど大きな出費が重なり葬儀費用に必要な現金の支出が難しいという場合もあります。

手持ち資金で支払える以上の葬儀の内容やサービスを希望する方

たとえば最低限レベルでの葬儀を行うための資金は手元にあるけれど、故人のためにもっと華やかな葬儀にしてあげたいという場合です。手元にある資金を超える部分のみについて葬儀ローンを利用するという方法もあります。

手持ちの資金に余裕を持っておきたい方

突発的な病気や事故で、いつまとまったお金が必要になるか分かりません。そこで葬儀に必要な現預金は手元にあるけれど、いざというときのために出来れば手をつけたくないという方もいます。

このように手元にはある程度の現金を持っておきたいという方にも、一時的に支払額が減らせる葬儀ローンはオススメです。

最後に

今回は、葬儀ローンについて解説してまいりました。 葬儀ローンは、一時的な現金支出を抑えることが出来るという大きなメリットがあります。また手元資金を超えるような、よりグレードアップした葬儀内容を希望する場合にも葬儀ローンはオススメです。

一方、デメリットとなる部分もあり、また返済期間や手数料率・金利など充分に考えておくべき大切なポイントがあることもお解りいただけたのではないでしょうか。 今回の内容を参考に、ぜひ上手に葬儀ローンを利用してください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応