葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 湯灌とは?手順や逆さ水について解説

葬儀の知識

湯灌とは?手順や逆さ水について解説

湯灌とは?手順や逆さ水について解説

普段の生活の中で「湯灌(ゆかん)」という言葉を、目にしたり聞いたりすることは、まずないでしょう。

湯灌は、人が亡くなった際には広く行われている儀礼のひとつです。故人を送った経験がある方ならともかく、そうでない方は近親者の臨終に際して初めて湯灌を行うかどうかを選択することになります。

万一のときに慌てたり、不本意な結果になったりしないよう、この記事では湯灌についてのさまざまな知識を解説します。

湯灌とは?

「湯灌(ゆかん)」とは、亡くなった人を棺に入れる前に、ぬるま湯を使って体や髪を清浄にすることです。ぬるま湯でご遺体を拭くほか、シャワーや入浴を行う場合もあります。

神道の葬儀では、同様の行為を「沐浴」と読んでいます。また、近年は湯灌が簡略化され、病院で看護士などが行うアルコールによる「清拭(せいしき)」を湯灌の代わりとすることもあります。

湯灌は、ご遺体についたこの世の穢れ、痛みや苦しみを拭き清めるための行為といわれています。

また、ご遺体をお湯で温めることで、急速に進む死後硬直を緩めて、ご遺体を棺に納めやすくしたり、分泌物の汚れなどからご遺体を清潔に保ったりするために行うという説もあります。

宗教的な視点で見ると、赤ちゃんに産湯を使うように、亡くなった人の魂を復活させるという意味合いもあったようです。水道設備の整っていない時代には、川の水で清めたこともあると伝えられています。

かつて湯灌は亡くなった人のために、最後にしてあげられることとして、遺族が行いました。地域によっては、隣組など近所の人が行うとされていた例も、戦前までは見られました。

しかし、近年では葬儀社や専門業者のスタッフが行うことが多く、遺族は湯灌の現場に立ち合うというのが一般的です。とはいえ、多くの場合は、希望すれば業者のスタッフと一緒に遺族が湯灌を行うことも可能です。

湯灌と死化粧・エンバーミングの違い

ご遺体を棺に納める前には、「死化粧」や「エンバーミング」と呼ばれる処置を行うことがあります。これらと湯灌はどう違うのでしょうか?

死化粧

「死化粧」とは、故人の顔に化粧を施すことと考えられる人が多いかもしれませんが、実際にはご遺体を清浄にしたり、衣服を整えたりすることも含んで死化粧と呼んでいます。 故人をより身なりの整った状態にして、浄土へと送り出すために行われるため、意味合いとしては湯灌に通じる部分があります。

湯灌と異なるのは、死化粧ではシャワーや入浴は伴わないということです。ご遺体を清める場合は、通常は病院で行う消毒と同様にアルコールで拭く「清拭(せいしき)」という方法が取られます。

エンバーミング

「エンバーミング(embalming)」は、ご遺体に施す腐敗防止処置あるいは殺菌消毒のことです。

湯灌がご遺体について現世の穢れを洗い流すという儀礼的な意味を伴っているのに対して、エンバーミングはあくまでご遺体を長期間衛生的に保存するために施される科学的な処置です。

「エンバーマー」と呼ばれる資格を持った人が、ご遺体の血管にエンバーミング溶液を注入して防腐処理を施します。

顔色がよくない場合には、溶液に色素を混ぜることで肌に赤みを帯びさせることができ、エンバーミングを施したご遺体は「生前の姿のよう」などと形容されます。

溶液の注入は設備の整った場所で行われるため、ご遺体をいったん専用の施設に移送する必要があります。

湯灌の「逆さ水」とは?

日常生活でぬるま湯が必要な場合、私たちは熱いお湯に水を加えて温度を調整します。これに対して湯灌に使うぬるま湯は、水に熱湯を足して温度を調整します。これを「逆さ水」と呼びます。

逆さ水は、葬儀にまつわる「逆さ事」のひとつです。逆さ事とは、日常とは逆の方法でさまざまな物事を行うことをいいます。

例えば、死装束の経帷子(きょうかたびら)を左前に合わせる縦結び、ご遺体の頭が北に向くように寝かせる北枕、故人の枕元に上下逆さまに立てる逆さ屏風などが知られています。

また、湯灌のお湯をご遺体にかける時には、柄杓の根元を左手で持つ「逆さ手」という風習もかつてはあったそうです。

人が亡くなった際に逆さ事を行うのは、この世と死者の住む世界とをはっきり区別するためといわれています。日常とは逆の手順で物事を行うことで、「死」を非日常的なものととらえるようにしたのです。

かつて葬儀は夜に営むものとされていました。これは、死者の世界では物事が逆になっていると考えられていたからです。こちらの世界が夜なら、死者の世界は昼間なので、故人が迷うことなく浄土へと旅立てるように、夜に葬儀を営んだというわけです。

湯灌の手順

湯灌がどのようにして行われるのか、その手順を見てみましょう。

湯灌は通常、葬儀社のスタッフや湯灌師と呼ばれる専門職によって行われます。多くの場合、遺族は湯灌に立ち会いますが、場合によっては遺族の立ち合いなしに進められることもあります。

一方、希望すれば湯灌に参加することも可能です。どのタイミングで行うかについて決まりはありません。ご遺体を棺に入れる納棺前に行われるのが一般的ですが、ご遺体の状態やどこで行うかなどによって判断されます。

場所についても特に決まりはありません。葬儀ホールには湯灌のための設備を備えたところもあります。また、移動式の湯舟を使って行われる場合もあります。湯舟を置けるスペースがあれば、自宅で行うことも可能です。

湯灌の流れ

1.槽の準備
湯灌に使う槽(湯舟)の準備を行います。湯灌設備のある葬儀ホールなどで行う場合、基本的に準備は不要ですが、自宅など設備のない場所で行う場合は専用の槽が運び込まれます。

2.ご遺体のマッサージ
ご遺体の死後硬直をほぐすために、全身マッサージを行います。

3.ご遺体の移動
槽のある場所までご遺体を移動します。肌が見えないようにタオルをかけて移動します。

4.口上
葬儀社のスタッフや湯灌師によって、湯灌の説明が行われます。

5.お清め
槽のお湯を使ってご遺体を清めます。遺族が参加する場合は、足元から胸元へ交代でお湯をかけます。お湯の温度は業者によって異なりますが、通常のお風呂より低めの36〜40度に設定されています。

6.顔・髪のお手入れ
洗髪、洗顔、顔剃りを行います。その後、顔をタオルで拭き、髪にドライヤーを当てて乾燥させます。

7.全身のお清め
シャワーを使うなどして全身を洗い清めます。

8.アロマ
業者によっては、アロマによる香り付けを行うこともあります。

9.着付け・化粧
清めが済むと着付けを行い、顔に化粧を施し、髪を整えます。経帷子のような儀礼に則った着物を着せるほか、故人が生前に愛用していた衣類を着せることもあります。

上記はあくまで一般的な手順です。業者の方法や遺族の希望により多少手順が異なることもあります。湯灌の所要時間は準備や入浴後の着付けなども合わせて、1時間〜1時間半くらいが目安です。

 着付けの後にそのまま納棺を行うこともあります。湯灌に使ったお湯は、かつては日に当てないようにして床下に流すという風習がありました。 現在では、業者によって多少違いはありますが、自宅で湯灌を行った場合のお湯は家庭の排水に流さず、業者が持ち帰って処分するのが一般的になっています。

湯灌の費用

湯灌が葬儀社のプラン料金に含まれていることはほとんどなく、多くの場合はオプション扱いとなるため追加料金が必要です。

ただし、少数ながら湯灌を含む料金プランを設定している葬儀社もあるので、湯灌を希望する場合は早めに確認しておくことをおすすめします。

料金相場は湯灌から納棺までを含めて約5〜10万円が目安です。ただし、金額は業者や湯灌の内容によって異なり、移動式の湯舟を利用するかどうかで価格が変動する業者もあります。

湯舟を使わずに手や足を拭き清める「清拭」の場合は、無料だったり料金プランに含んでいる業者が多いようです。

この他、化粧のみといった希望に対応できる業者もあるので、ご遺体の状態や遺族の希望、葬儀や火葬の日程を踏まえて、どういった内容で依頼するかを決めるようにしましょう。

湯灌は決して安い費用で行えるものとはいえません。体を拭き清めるのなら、病院で行われるアルコールによる清拭で代用するという考え方もできます。

しかし、湯灌を希望する遺族は、「きれいな姿で送ってあげたい」あるいは「故人がお風呂好きだったから」といった理由で、業者に湯灌を依頼しています。

最期をきれいな姿で迎えさせてあげたいと願うなら、湯灌は遺族の思いに応える儀式となるでしょう。

まとめ

湯灌は死化粧やエンバーミングなどと混同されやすく、具体的にどんなことをするのかあまり知られていない儀式です。ご遺体を清浄にするなら病院でのアルコール消毒でも可能です。わからないことがある場合は本記事を参考にしていただけると幸いです。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応