葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. エンバーミングとは?手順や費用について解説

葬儀の知識

エンバーミングとは?手順や費用について解説

エンバーミングとは?手順や費用について解説

エンバーミングとは?手順や費用について解説 終活や葬儀の事前相談を行っていると「エンバーミング」という言葉を耳にする機会があるかもしれません。

エンバーミングは「なるべく生前の姿のままお見送りをしてあげたい」「なるべく美しい状態で送ってあげたい」という遺族の希望を叶えます。

また外観の問題だけでなく、衛生的な面においてもエンバーミングを行う価値があります。今回は、このエンバーミングについて手順や費用など詳しくお伝えしてまいります。

エンバーミングとは?

エンバーミングとは遺体の保存、防腐、殺菌、修復を目的に、専門技術者であるエンバーマーが行った遺体に対する特殊な処置のことを言います。日本語では「死体防腐処理」や「遺体衛生保全」などと訳されます。

エンバーミングでは遺体の消毒・殺菌を行い、遺体の一部を切開し血液などの体液を排出するとともに保全液(防腐剤など)を注入します。また、消化器官など体内の残存物除去も行われます。

エンバーミングを行うことで得られる主なメリットは次のとおりです。

1. 常温で遺体の長期保存が可能

ドライアイスや保冷庫を利用する必要がなくなります。夏場の暑い時期や、亡くなってから葬儀を行うまで長期間空いてしまう場合でも、腐敗が進むことなく、見た目もほとんど変わることなく遺体の保全ができます。

2. 衛生的な安全確保

遺体はウイルスや雑菌に感染している可能性が有りますが、エンバーミングで感染リスクを回避することが出来ます。これにより家族が故人の身体に、安心して触れることができるようになります。

3. 生前の姿に近い状態でお別れ

エンバーミングでは遺体修復も行われます。たとえば痩せ細ってしまったお顔を、ふっくらとした様子に再現するなど生前に近い姿に修復します。

また、修復レベルは状態にもよりますが、事故などでお顔の一部が欠損してしまった場合でも、特殊技術を用いて修復がなされます。

エンバーミングが必要な場合とは?

エンバーミングが必要とされるケースには次のような状況や事情があります。

逝去日から葬儀までの日数が長くなる場合

悲しい事ですが、人の身体は亡くなった時点から腐敗が始まり、見た目も劣化が進んでいきます。ドライアイスや保冷庫を使用しても全身を完全に凍結してしまうわけではありませんから、進行は遅くなるものの腐敗は進みます。

このため、亡くなってから葬儀を行うまで日にちが長く開いてしまう場合には、腐敗防止、また見た目維持を目的としたエンバーミングが利用されます。

空輸で遺体搬送を行う

航空機を利用して遺体搬送を行う際、安全上の理由からドライアイスの使用が出来ません。そのため亡くなった方の遺体を保全するためにエンバーミングが行われます。

たとえば、海外で亡くなり航空機を利用して日本に遺体の状態で帰国する場合や、逆に日本国内で亡くなり航空機を利用して他国に遺体の状態で送還する場合にはエンバーミングが必要です。

元気だったころの姿で見送りたい

長い闘病生活で顔がやせ細ったり、逆に点滴や薬剤の影響で膨張したりしてしまうことがあります。葬儀に参列される親族や友人などが抱いている生前のお姿のイメージとは、かけ離れてしまっていることも珍しくありません。

このようなときに元気だった頃の姿でお別れをさせてあげたいという遺族の希望を叶えるため、エンバーミングが必要とされることがあります。

エンバーミングとエンゼルケアの違い

亡くなった方の身体の処置に関して、エンバーミングと混同されがちなのが「エンゼルケア」です。ここでは、エンバーミングとエンゼルケアの違いについて解説いたします。

まずエンゼルケアとは、亡くなった方の身体の処置のことを言います。もともと医療業界において「死後処置」と呼ばれていたもので、エンゼルケアは病院の看護師によって行われることが一般的です。

高齢者施設や自宅死去で亡くなった場合には、施設職員や葬儀社スタッフがエンゼルケアを行うこともあります。病院で行なわれている処置の主な内容は次のとおりです。

  • 点滴やチューブ類の処理、針刺跡の止血
  • 目や口を閉じる
  • 口腔、鼻腔のケア
  • 身体の清拭
  • 肌の乾燥対策(保湿)
  • 体液の漏れ防止対策
  • 寝間着(病院着)の着せ替え

その他、簡単なメイク、洗髪、髭剃りなどが行われる場合もあります。つまりエンゼルケアは、エンバーミングと比べますと表面的に故人の姿を整えることが主な目的とされています。

死という形で退院をするわけですが、退院にあたり亡くなった方は自分自身で身なりを整えることが出来ないので、病院職員が代わりにして差し上げるという考え方でエンゼルケアは行われるものです。

一方、エンバーミングは表面的に故人の姿を整えることができますが、その処置範囲は体内にもおよび、遺体の保存、防腐、殺菌、修復を主目的にしているという違いがあります。

エンバーミングの手順

エンバーミングを依頼する場合、どのような手順で進んでいくのでしょうか。ここではエンバーミングの流れを見てまいります。

①必要書類の提出

エンバーミング施設では、一般的に「エンバーミング依頼書(同意書)」と、「死亡診断書(死体検案書)」の提出が求められます。

あわせて故人の生前の写真が用意してありますと、顔の修復や死化粧の際、エンバーマーが参考にすることができるため、より遺族の方々が持っているイメージに近い施術が期待できます。

②搬送

自宅など故人を安置している場所から、エンバーミング施設に搬送します。

③洗浄および消毒

身体の状態を確認し、身体の表面的な洗浄や消毒が行われます。

④洗髪や洗顔など

洗髪、洗顔、保湿剤の塗布が行われ、顔や顔の周囲が整えられます。遺族の希望や必要に応じて髭剃りや産毛剃りも行われます。

⑤体内の洗浄および防腐保全処置

身体の一部が切開され、血液など体液を排出し、保全液(防腐剤等)が体内に注入されます。身体の状態によって切開する場所が決められ、おおよそ1㎝~1.5㎝の切開が行われます。

保全液は全身を循環し、最終的には血液など体液と保全液を全て置換していきます。これにより体内の清浄や保全を確保します。

⑥消化器官や呼吸器官の残置物除去

食道、胃、腸内など消化器官に残っている食物、呼吸器官の痰など残置物を吸引、除去します。

⑦縫合、修復、洗浄

体液の排出や保全液の注入の際、切開した箇所を縫合し修復します。再度、身体全体の洗浄が行われます、事故などで顔や身体に損壊している部位があるときには、ここで修復もなされます。

⑧衣装の着付け

遺族指定の衣装や宗旨に則った装束を故人に着せます。また着付け後、あらためて顔の表情を整え、整髪を行います。

⑨死化粧、納棺

遺族の希望により死化粧や納棺を行います。死化粧では、亡くなった方専用に作られたプロ仕様の化粧品が使われます。納棺についてはエンバーミング施設では行わず、自宅安置後に葬儀社立ち合いのもとで別途行われる場合もあります。

⑩搬送

故人をエンバーミング施設から自宅など安置先へ搬送します。

以上がエンバーミングの流れです。故人の身体の状態にもよりますが、エンバーミング自体は3~4時間かけて行われます。

自宅に故人を安置していた場合、エンバーミング施設までの距離によっても前後するものの、故人が自宅を出発して、エンバーミングが完了し再び自宅に戻ってくるまで半日~1日を要することになります。

エンバーミングの費用

エンバーミングに興味を持たれている方は、費用面も気になるところではないでしょうか。ここではエンバーミングの費用に関して説明してまいります。

エンバーミング費用の相場

エンバーミング費用は、約15万円~25万円が相場です。ただし、この費用はエンバーミングそのものの費用であり、エンバーミング施設までの搬送料金(往復分)や、業者が用意する衣装や棺代は別途必要になります。

また、事故などによる損壊の大きな箇所の修復については、その程度によって特殊技術料や修復に要する特殊用品代として約5万円~10万円が加算されることもあります。

ドライアイスや保冷庫を使用した場合と比較

エンバーミングを行わない場合には、ドライアイスや保冷庫を使用して故人の身体を保全することになります。亡くなってから葬儀を行うまで10日以上空いてしまうような場合、エンバーミングを行った方が費用的な負担が少なく済むようです。

たとえば、ドライアイス1日分の料金相場は約8千円~1万円なので、10日間で約10万円ほど必要になります。

加えて葬儀社の霊安室などに安置を依頼した場合には、やはり1日1万円程度の安置料がかかってきますので、こちらも10日間で約10万円ほどの負担が発生します。

以上のことから、エンバーミングは故人の身体の保全という目的が主ですが、費用面から見てもエンバーミングを検討した方が良いケースがあります。

最後に

費用負担の面や、故人の身体を切開することなどの理由でエンバーミングに抵抗を感じる方もいますが、実際にエンバーミングを利用された遺族の方々の満足度はとても高いようです。 

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応