葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

葬儀の知識

死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

死に化粧(しにげしょう)という言葉をご存知の方は多いのではないでしょうか。しかし、故人に施す処置であるという点以上のことを詳しく知る方は少ないと思います。

本記事では、死に化粧とは何か、誰がいつ行なうのか、類似または関連する事柄(エンゼルケア、エンバーミング、湯灌)との違いは何かといった視点からご紹介します。

死に化粧やエンゼルケアとは

死に化粧(しにげしょう)とは、狭義では故人が穏やかで自然な表情になるよう化粧を施すことを指します。広義ではご遺体の処置全般を指し、「エンゼルケア」と呼ぶこともあります。

具体的には、ご遺体を清拭や湯灌(ゆかん)により清め、治療による傷口などを手当てし、着衣を替え、髪型を整え化粧を施すといった流れでご遺体の外見を整えます。 そうすることにより故人の尊厳が守られ、ひいては遺族の気持ちを癒し慰めることにもなるでしょう。

故人が生前元気だった頃を思い起こさせるような容姿に整えることは、大切な家族の死を受け入れなくてはならない遺族にとって大きな意味を持ちます。 心穏やかにお見送りをすることができる遺族の心理状態のためにも、死に化粧は欠かせない行為であるといえるでしょう。

死に化粧のタイミングとは

死に化粧は、どういったタイミングで誰の手により行なわれるのでしょうか。

死に化粧を行なうタイミング

故人が亡くなってから納棺されるまでの間に行なわれます。言い換えれば、棺に横たえられたご遺体は既に死に化粧を済ませた状態であるということです。

死に化粧を行なう人

故人が病院で息を引き取った場合は、看護師が死に化粧を行なうケースが一般的ですが、提携先の葬儀会社などが行なうシステムとなっている病院もあります。

一方、自宅で亡くなった場合には遺族が行なうことが一般的でしたが、昨今では納棺師(エンゼルケアを職業として専門に行なう人)や葬儀社に依頼するケースが増えてきています。

また、介護施設などで亡くなった場合には、介護士が行なうケースもあります。

死に化粧の流れとは

死に化粧の流れは概ね以下の通りです。 いずれのプロセスについても、生体としての機能が失われているため、ご遺体はダメージを受けやすい状態となっているということを留意し、できる限り刺激を与えることのないよう注意を払いながら進めます。

医療器具の除去

病院で亡くなった場合は、ご遺体に点滴やドレーン(誘導管・排液管)、チューブ、ベッドサイドモニタなどの医療器具・機器が挿入されていたり取り付けられていたりすることも少なくありません。 そうした医療器具・機器を取り外し、必要であれば取り付けていた箇所や傷口のケアを行います。

排泄物や内容物の排出

鼻腔内は吸引され、腹部も圧迫し、尿や便、胃の中の内容物などといった体内に残っているものを排出させます。必要と判断されれば紙オムツやパッドなども利用します。

口腔ケア

アルコールやオキシドールを用い、ガーゼで拭くなどして口の中の汚れを取り去り、臭気の発生を予防します。顎まわりは真っ先に死後硬直が現れる部位のため、硬直が始まる前に手早く行なうようにしなければなりません。

全身の清拭

全身を拭き清めて清潔にします。湯灌(ゆかん。沐浴)を行なう場合もあります。 まだ息のあるときとは異なり、ご遺体の皮膚は自然と皮脂が分泌されて覆われるということがありません。そのため、清拭後は乾燥防止のため保湿ローションなどを用いて保湿します。

綿詰め

体液が漏れ出すことを防ぐ効果があると考えられていた耳・鼻・口・肛門などへの綿詰めですが、近年ではその効果に疑問があるとして行なわれないケースも多くなってきています。 また、脱脂綿の代わりに専用のゼリーを用いる場合もあります。

着替え

ご遺体の着衣を浴衣や死に装束などに替えます。遺族が選んだ服、故人が生前に希望していたお気に入りの服に着替えさせることも可能です。

整髪、化粧

髪を櫛やブラシでとかします。また、必要であればドライシャンプーなどで洗髪します。 顔には、顔色に応じて化粧を施します。男性であれば髭剃りも行ない、皮膚がこわばっている場合は乳液などを使って柔軟にします。

手を合掌の形にする

手を合掌している状態の形(あるいは胸の前に置くような形)にします。

ご遺体を搬送する際に腕が動いて損傷することのないようにとの配慮から合掌バンドと呼ばれる固定紐を使用するケースもありますが、長時間使用すると痕が残ることもあるので、安置後はすぐに外す必要があります。

また、昨今では合掌バンドを使用しないことが主流となりつつある傾向です。

布で覆う

遺族の意向などにもよりますが、一般的にはご遺体の顔に白布を、体にはシーツをかけて覆います。

死に化粧の注意点とは

死に化粧を行なうに当たっての注意点にはどういったものがあるでしょうか。

遺族としての希望があれば伝えておく

看護師や納棺師などに死に化粧を依頼する場合、宗教上の理由や慣習などによる特別な希望があれば事前に伝えておくようにします。

また、故人が気に入っていた口紅を塗ってあげてほしい、前髪が額にかかるのを嫌がっていたので前髪をおろさないであげてほしいなどといった遺族としての細かな希望があれば、それも伝えるようにするとよいでしょう。

故人との最後のお別れです。あのとき「ああしてあげればよかった」と悔いても後からやり直しはできません。

また、常日頃であれば気にもならないようなことであっても、大切な家族の死という大事に直面し、遺族の精神状態は本人たちが想像する以上にデリケートになっているものです。

そういった意味でも、特に「それはやめてほしい」といったような内容であれば、たとえ些細なことであってもあらかじめきちんと伝えておくことが大切です。

湯灌やエンバーミングとの違いとは

死に化粧(エンゼルケア)の他にも、ご遺体に行なう処置として「湯灌(ゆかん)」や「エンバーミング」があります。これらは死に化粧とどのように違うのでしょうか。

湯灌とは

湯灌(ゆかん)とは、ご遺体をお風呂に入れて洗い清めることを指します。一種の沐浴であり、清拭だけで済ませる場合には行なわれません。 この世での汚れや苦しみ、煩悩などを清め洗い落とし成仏を願う古くからの儀式であるため、湯灌には決められた作法が存在します。

お湯を準備し、洗髪し、身体を洗い清め、髭を剃ったり化粧を施したりし、衣類を着せるといった一連の流れは、おおよそ1時間~1時間半程度かかるのが平均的です。 一定以上の時間をかけて行なわれることから、遺族にとっては故人を偲ぶひとときともなるでしょう。

伝統的・宗教的な意味合いからだけではなく、死出の旅へと出る故人に最後にゆっくりとお湯に浸かってもらいたい、長かった闘病生活中お風呂に入ることのできなかった故人をねぎらいたいといったような遺族の意向により湯灌が行なわれる場合もあります。

エンバーミングとは

ご遺体の容姿を整える処置という意味は共通ですが、死に化粧とはその目的が大きく異なるのがエンバーミングです。 死に化粧のようにご遺体の見た目を美しく整えることではなく、ご遺体を衛生的に長期間維持・保存することを主目的としています。

したがって、洗髪や化粧なども行なわれますが、内容としてはご遺体の殺菌・防腐処置がメインとなります。 また、ご遺体のダメージや闘病生活によるやつれが著しい場合などには修復作業も行われ、まるで眠っているかのような安らかな表情となるよう処置されます。

ご遺体を消毒・殺菌するだけでなく、ご遺体を切開して体内へ防腐剤を注入するといった専門技術を要する処置であるため、エンバーミング施設においてエンバーマーと呼ばれる資格を持った技術者により行なわれます。

一旦エンバーミング施設へと移されたご遺体が、処置後に自宅や葬儀会場へと移動して安置されるという流れになります。

死に化粧の費用とは

死に化粧を行なってもらうために必要な費用の目安はまちまちで、ご遺体の状態に応じ処置内容が変わってくることもあります。

葬儀会社に依頼した場合は3万円~10万円程度と幅があります。 病院で死に化粧が行なわれるケースでは、死後に必要な処置として無料で行なわれる場合もあれば、実費請求(3千円~1万5千円程度が目安)となる場合もあります。 また、看護師ではなく提携先の業者に依頼するという形になることもあるため、やはり費用の目安には幅があります。

浴衣の用意が必要かどうか、湯灌を行なうかどうかといった内容面での違いにより費用が上下することもありますので、内容および料金を事前に確認しておきましょう。

最後に

亡くなった家族が苦しそうな表情を浮かべているのを目にして心乱れない遺族はいません。穏やかな顔つきをしているのを見てこそ安堵し、故人の死を受け入れていくための心の準備もゆるやかに整っていくのではないでしょうか。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応