葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 曹洞宗
  4. 曹洞宗の葬儀とは?特徴や流れを紹介します

曹洞宗

曹洞宗の葬儀とは?特徴や流れを紹介します

曹洞宗の葬儀とは?特徴や流れを紹介します

日本で最も信者数が多いと言われている仏教ですが、同じ仏式であっても宗派が違えば葬儀の様式も異なります。 中でも曹洞宗の葬儀は他の宗派と比較して特徴的であるため、実際に曹洞宗の葬儀に参列すると、その内容に驚かれる方も少なくありません。

普段自分の家が曹洞宗であることを意識していない場合、いざ葬儀を行う際に自分の家の宗派がわかり、戸惑ってしまうこともあるでしょう。 この記事では、葬儀を円滑に進めるためにも曹洞宗の葬儀についての準備やマナーについてご紹介します。

曹洞宗の葬儀

曹洞宗の葬儀について理解を深めるためには、はじめに曹洞宗における葬儀の意味について知ることが重要です。 ここでは、曹洞宗の葬儀の目的は何であるのか、また、他の宗派の葬儀とはどのような点が異なるのかについてご紹介します。

曹洞宗の葬儀の特徴

曹洞宗での葬儀は、故人が仏門に入り悟りを開くことによって、死後の平穏を得ることが目的の儀式です。この目的を達成するため、曹洞宗の葬儀には他の宗派には無い次のような特徴があります。

葬儀を行うことで仏の弟子になるという考えがある

曹洞宗の葬儀は、仏の弟子になるための儀式であると言われています。 故人が生前に仏の弟子であることを示す仏法の系図である血脈を授かっていない場合、葬儀の場で僧侶から戒名を授かり、血脈に名を連ねます。

また同時に、仏の作った規律である戒法を授かる授戒を行います。そうすることによって故人は正式に仏の弟子となり、悟りの世界へ導かれるとされています。

他の宗派と比較して、多少賑やか

曹洞宗の葬儀は他の宗派と比較して多少賑やかであるように感じられるかもしれません。その理由は、曹洞宗の葬儀の中には鼓鈸三通(くはつさんつう)という儀式があるからです。

鼓鈸三通とはシンバルや太鼓、鈴のような仏具を僧侶が三人一組となって打ち鳴らし、リズム良く大きな音を出すことによって故人の魂を迎え、また見送るというものです。

これは故人のご遺体が斎場へ入場する時と出棺する時の2回行われます。

儀式が多いため、他の宗派よりお葬式に時間が掛かる

曹洞宗の葬儀は他の宗派と比較して時間がかかると言われています。理由は、曹洞宗の葬儀目的である故人を仏門へ入門させ、悟りの世界へ導く引導までを行うためには多くの儀式を必要とするからです。

他の宗派の葬儀の所要時間が約30分だとすると、曹洞宗の葬儀は約1時間を超えることもあります。

初めて曹洞宗の葬儀に参列する場合は予想以上の長時間の式で体調を崩してしまわないよう注意が必要です。

曹洞宗の葬儀の流れ

葬儀の流れと儀式の内容

儀式が多いと言われている曹洞宗の葬儀ですが、一つ一つの儀式には当然意味があります。葬儀中で行われる儀式とその内容について儀式が行われる順にご紹介します。

剃髪(ていはつ)

まずは故人を仏弟子とするため、故人の髪を剃刀で剃ります。これは受戒の作法であり、葬儀の一番最初に行われます。

懺悔文(さんげもん)

故人の生前の行いを振り返り、一生の中で犯したとされる罪を反省します。

洒水(しゃすい)

清き水で故人を清める儀式です。

授戒(じゅかい)

故人に戒名と戒法を授けて仏弟子とします。

三帰戒文(さんきかいもん)

仏陀の教えを守り、仏門への帰依を誓います。

三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)と十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)

洒水器の中の水を導師が位牌と自らの頭に注ぎます。

血脈授与(けちみゃくじょうじゅ)

仏弟子となった証である血脈を授かり、霊前に供えます。血脈というのはお釈迦様から弟子たち、そのまた弟子たちを線で繋ぎ、故人まで繋がる法の系図のことをいいます。

入棺諷経(にゅうかんふぎん)

入棺は棺に納める儀式であり、本来であれば納棺時に読経されますが、既に納棺は済んでいるため、ここでは「大悲心陀羅尼」と「回向文」が読経されます。

この間、参列者は焼香を行います。

龕前念誦(がんぜんねんじゅ)

本来であれ棺を閉じるときに読み上げる読経です。「十仏名」と「回向文」が読経されます。

挙龕念誦(こがんねんじゅ)

出棺に際して故人を送り出すため、「大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)」と「回向文」が唱えられます。

また、邪気を払うために太鼓や鐃祓(にょうはつ)を打ち鳴らす鳴り物の儀式「鼓鈸三通(くはつさんつう)」を行います。

引導法語(いんどうほうごう)

故人を仏の世界へと導くため、導師が故人の生涯を漢詩で表します。また、法炬(たいまつ)を使って右回り、左回りに円を描いて故人に引導を渡します。

ただし、実際に使われるのは本物の法炬ではなく法炬に模した線香等の仏具が多いようです。

山頭念誦(さんとうねんじゅ)

山頭とは火葬場のことを指し、本来であれば斎場から埋葬場へ向かう際の儀式でした。仏弟子となった故人が仏性を覚醒できるよう助けてもらうための祈願で、「修証義」が読経されます。

出棺(しゅっかん)、荼毘(だび)

告別式が終わった後、棺に花や故人の思い出の品を入れて出棺します。出棺に際しては再度回向文を唱え、鼓鈸三通で故人を送り出します。

初七日法要(しょなのかほうよう)

以前は故人が亡くなった日を一日目として、七日目に初七日法要を行うケースがほとんどでした。

しかし、参列者の中には遠方からの来訪者もおり、葬儀から約一週間後という短期間のうちに再度集まるためにスケジュールを調整することは困難です。

そういった理由から、最近では葬儀の当日に初七日法要を繰り上げて行う「繰り上げ法要」が行われることが多くなりました。

どのタイミングで初七日法要を行うかは地域や家庭によって異なるため、菩提寺や葬儀社に確認する必要があります。

曹洞宗の葬儀のお布施

お布施とは

お布施とは、僧侶が葬儀や告別式で読経してくれたことや、戒名を授けて供養してくれたことに対する感謝の気持ちを表して渡すお金のことです。

お布施の額の相場

お布施には一律でいくら包まなければならないといった決まりはありません。あくまで感謝の気持ちを伝えるためのものなので、渡す側が自由に金額を決めて良いことになっています。

そのため、いくら包めば良いかお寺へ相談しても「お気持ちで結構です」と言って具体的な金額を教えてもらえないということもあるようです。

ただし、表向きは自由に金額を決めて良いとはいえ、お布施にも相場というものはあります。たとえば、授かる戒名によってお布施の金額は大きく異なります。

戒名というのは仏門に入って戒律の世界で生きる人に与えられる名のことで、戒名を持たない仏教徒が亡くなった場合は葬儀の際に僧侶から戒名を授かります。

故人は戒名を得ることによって仏の力で浄土へ導かれるとされています。戒律の存在しない他の宗派では戒名という言葉は使わず、代わりに法名や法号といいます。

戒名とは院号、道号、戒名、位号から成り、一般的には戒名の字数が長ければ長いほど格や位が高いとされています。そして位の高い戒名ほど授かる場合はそれだけお布施の金額相場も高くなります。

ただし、故人に授けられる戒名というのは遺族が自由に選択できるものではなく、故人の生前の社会的地位や菩提寺に対する貢献度によって戒名を授ける側の寺院が決めます。

そのため、お布施として渡す金額が大きいからと言って位の高い戒名を授かるとは限りません。

授かる戒名によってお布施の相場が異なり、金額が低い場合で少なくとも10万円以上、高い場合は100万円を超えることもあります。

もし経済的な事情等によってあまり多くのお布施を渡すことができない場合、予め寺院に相談して位の高い戒名は不要であることを伝えておくと良いでしょう。

お布施の書き方

お布施は不祝儀袋に包んで渡します。この不祝儀袋は決して豪華なものである必要はなく、コンビニ等で販売されている一般的な不祝儀袋を使用します。

表面の中心上部に「お布施」または「御布施」と濃い墨で記入し、その下にお布施よりも小さな文字で施主の名前、または家名を記入します。

そして裏面には施主の住所、収める金額を漢数字で書き入れます。

ただし、曹洞宗においてはお布施の不祝儀袋には何も記入せずに渡してもよいとされています。もちろん表面のみ記入し、金額は未記入のまま渡しても問題ありません。

曹洞宗の葬儀の香典

葬儀の際に遺族に渡す香典ですが、昔はお金ではなく線香やお花等を霊前にお供えしておりました。

現在では葬儀による急な出費を相互に扶助しようという考え方のもと、香典として遺族にお金を渡すことが一般的となっています。

金額については故人との親交の深さや渡す側の年齢、社会的立場によって異なり、宗派によっては香典袋の書き方が異なります。

曹洞宗の葬儀の香典

香典袋について

曹洞宗においても他の仏教の宗派と同様に、一般的な不祝儀袋を使用します。包む金額によってはあまり豪華なものではなく、白黒の水引が印字されているものを使用しても問題ありません。

香典の書き方

香典袋の書き方は宗派によって異なるため、表書きをどう書けば良いのか迷う方も多いでしょう。

営まれる葬儀の宗派が予めわかっていれば事前に準備ができますが、故人の宗派がわからない場合は困ってしまいます。一般的には相手の宗派がわからない時には「ご霊前」という言葉がよく用いられるようです。

しかし曹洞宗のような禅宗においては、故人は亡くなった直後に浄土へ導かれて仏となるため、霊という存在を認めておりません。

したがって香典袋にもご霊前という言葉は用いず、「ご仏前」、「御仏前」と記載します。

他の仏教宗派では四十九日の前後で「ご霊前」から「御仏前」へと変化しますが、浄土真宗や曹洞宗では初めから「ご仏前」を用いるため注意が必要です。

香典の金額の相場

では香典の金額はいくら包めば良いかということですが、これは一概にいくらという相場はありません。

故人の親族等、故人と関係の深い方であれば10万円以上包むこともありますし、知人や近隣住民といった比較的関係性の薄い方は5,000円未満が相場のようです。

ただし、田舎に住んでいる場合は地域で申し合わせ事項を定めている場合があります。

これは葬儀や通夜、法要でお金を渡す際に集落内の住民によって渡す金額が異なることによって人間関係に支障をきたすことの無いよう、予め一律で金額を決めておくというものです。

地縁の強い地域に住んでいる方は一度ご自分の地域でそういった取り決め事が無いかを確認しておくと良いでしょう。

曹洞宗の葬儀の費用

先述した通り、曹洞宗の葬儀は荘厳で他の宗派よりも儀式の数が多いのですが、葬儀に掛かる費用は一体どの程度なのでしょうか。

葬儀費用についてはあまり事例が公開されていないため、限られたデータをもとに集計されたものとなります。

実際にかかる費用はお住まいの地域や葬儀のプラン、またご依頼する葬儀社によっても異なりますので、ここでは葬儀の形態別に費用の目安をご紹介します。

曹洞宗の葬儀の費用の相場

一般葬

斎場で行う一般的な葬儀の費用相場は約145万円のようです。ただし葬儀の規模によっては鼓鈸三通を行う僧侶の人数に増減があったりと、葬儀費用にも差が生じます。

家族葬

一般の方の参列をお断りし、家族や親族といった近しい方のみで行う家族葬の費用は約100万円未満のようです。

参列者の人数は少ないとは言え、式次第が少なくなるというわけではないため他の宗派の家族葬よりは高めの金額となっています。

密葬

密葬も家族葬と同じく近しい方のみで行う葬儀で、実は密葬と家族葬との間に明確な違いはありません。

そのため掛かる費用も家族葬と同様100万円未満のようですが、密葬を終えた後に対外的な本葬を行う場合、密葬は比較的低額で行うことがあるようです。

一日葬

お通夜を行わず、葬儀から火葬までを一日で済ませるという一日葬の費用相場は約64万円のようです。

ただし、こちらも葬儀で使用する祭壇やお棺のランクによっては費用が異なるため、一概にこの金額であるとは言い切れない面もあります。

曹洞宗の葬儀のマナー

葬儀における作法やマナーは宗派によって異なります。中でも特に焼香には宗派による違いが顕著に表れます。

ここでは、曹洞宗の葬儀に参列して戸惑うことの無いよう、焼香のルールや数珠の使い方、参列する際の服装等のマナーについて紹介します。

焼香のルール

立礼焼香

斎場を借りて葬儀を行うほとんどの場合、高齢の方や膝の悪い方等に配慮して参列者のために椅子席が用意されています。

このような椅子席の会場で行われるのが立礼焼香であり、多くの方に最も馴染みのある焼香であると言えるかもしれません。

まず、会場スタッフに誘導されて焼香台の前へと進みます。焼香台の二、三歩手前で立ち止まり、遺族と遺影に軽く一礼します。次に焼香台まで進み、右手でお香をつまみ、額に押しいただいて焼香します。

そして一度目に焼香した近くに二度目の焼香をしますが、二度目はお香をつまんだらそのまま焼香します。焼香が済んだら合掌し、正面へ一礼します。そして最後に遺族へ一礼し、自分の席へ戻ります。

座礼焼香

座礼焼香も基本的には立礼焼香と同じやり方ですが、焼香台の前まで立ち上がらずに膝立ちで進みます。会場が和室である場合はこの方法が選ばれることがあります。

回し焼香

回し焼香とは立礼焼香や座礼焼香とは異なり、自分が焼香台に進んで焼香するのではなく、焼香炉が手渡しで参列者を回っていきます。自宅等の比較的狭い会場ではこの方法が選ばれることがあります。

数珠の使い方

数珠には「本式数珠」と「略式数珠」がありますが、曹洞宗の葬儀では略式数珠を使用することが一般的です。ただし、本式数珠を使用してはいけないという決まりがあるわけではありません。

服装や髪型のマナー

服装に関しては他の宗派と同様に男性は喪服、女性は黒いワンピースやスーツを着用するのが一般的です。

どうしてもブラックフォーマルな服装を用意することができない場合、地味な平服でもよしとされています。

ただし、実際に葬儀に参列した経験のあるかたはお分かりかと思いますが、ほぼ全員が喪服や黒いスーツを着用しているケースがほとんどです。 特に理由が無い場合は一般的な葬儀に参列する服装を選んだ方が無難でしょう。

髪型に関しては特に決まりはありませんが、あまり派手ではない清潔感のある髪型が望ましいです。

曹洞宗の葬儀の仏具

曹洞宗の葬儀では他の宗派の葬儀では見られない仏具を使用します。曹洞宗の葬儀では式の最中に「鼓鈸三通」と呼ばれる儀式があります。 しんと静まり返った中で突然大きな音を打ち鳴らすため、初めて聞く方は驚かれるかもしれません。ここでは、鼓鈸三通で用いられる仏具について紹介します。

曹洞宗の葬儀の仏具

鼓鈸三通で用いる仏具には次の3つがあります。

まず1つ目が鐃祓(にょうはち)です。これはシンバルのような形をしており、両手でそれぞれ持って打ち鳴らして音を出します。

元々は鐃と祓は別々にあったようですが、混同されることが多かったためどちらも同じものとして鐃祓と呼ばれるようになったそうです。

次に2つ目が太鼓です。こちらはよく知られている太鼓で、良く知られている通りの使い方として叩いて使用します。

そして3つめが引磐(いんきん)です。こちらは鐘に持ち手が付いているような仏具です。ハンドベルのような形状と言った方が伝わりやすいかもしれません。使い方はハンドベルと同様に、軽く振って音を出します。

鼓鈸三通ではこれらの仏具を僧侶が1つずつ手に持ち、リズム良く鳴らして故人を迎え、また出棺に際して故人を見送ります。

僧侶は3人1組として演奏するため、葬儀の規模が大きくなればなるほど僧侶の数も3人単位で増えていきます。

最後に

日本の宗教の中で仏教の占める割合は全体で最も多く、77%強であると言われています。そのため、今日私たちが参列する葬儀の多くも仏式である可能性が高いでしょう。

さらに、仏教の中で曹洞宗が占める割合は全体の約20%と言われており、曹洞宗は決してマイナーな宗派であるわけではありません。 したがって、自分の宗派が曹洞宗ではない場合でも、曹洞宗の葬儀に参列する機会が無いとは言えません。曹洞宗の葬儀は他の宗派の葬儀と異なる点が多々あります

そのため、何も知らずに参列しては、驚いたり戸惑ったり、時には恥をかいてしまうこともあるかもしれません。

また、自分が喪主となって曹洞宗の葬儀を営む場合、近しい方を亡くして大変な時期に、一から曹洞宗について学んで葬儀の準備を進めることは困難を極めます。

もし曹洞宗についての知識やノウハウに少しでも不安があるのであれば、葬儀社に相談して見積もりだけでも取得しておくことをお勧めします。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応