葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 神道
  4. 神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

神道

神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

神道は古代から信仰されている日本独自の宗教です。様々な宗教があるなかで、神道で葬儀を行う方もいらっしゃるでしょう。葬儀は多くの方にとって不慣れなことが当たり前ですが、葬儀の流れやマナーをあらかじめ知っておくだけで余裕が生まれます。

今回は、神道で行う葬儀の流れやマナーについて解説してまいります。

神道の葬儀の特徴とは

神道形式の葬儀は「神葬祭(しんそうさい)」が正式な名称です。まずは神道の葬儀について主な特徴を把握しておきましょう。

死生観

神道では、神様が人間にお任せになった命を神様に返すことを死ととらえます。

葬儀の位置付け

神道には、亡くなった方は子孫や家を守る守護神になるという考え方があります。この考え方を基に、神道の葬儀は亡くなった方を神様にするための儀式という位置づけです。

諡(おくりな)

仏式葬儀では戒名(かいみょう)ですが、神道では諡が授けられます。は、「諡号(しごう)」や「諡り名(おくりな)」と呼ばれる場合もあり、戒名のように階位による差はなく、基本的に年齢と性別で決まります。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

仏式葬儀では焼香を行いますが、神道で焼香にあたるものが玉串奉奠です。玉串とは、榊を枝に紙垂(しで)と呼ばれる白い紙片を付けたもので、神の霊が宿るとされています。

この玉串に自分の気持ちを乗せて、神や故人に手向けることを玉串奉奠と言います。

穢れ(けがれ)

神道では死を穢れと捉えます。このため、葬儀は聖域である神社で行うことはなく、自宅やセレモニーホールなどが葬儀会場として使われます。

神道の葬儀の流れ

次に神道で行う葬儀の流れを見ていきましょう。

神道の葬儀の流れ

神葬祭では1日目に「通夜祭」、2日目に「葬場祭」という2日間に渡って行われることが一般的です。仏教の葬儀で言うところの通夜式にあたるのが通夜祭、葬儀告別式にあたるのが葬場祭となります。

亡くなってから納棺までの流れ

①搬送
葬儀社の寝台車(遺体搬送車両)で自宅などの指定場所へ故人を搬送します。

②帰幽奉告(きゆうほうこく)
「帰幽」とは神道用語で人が亡くなったことを意味します。家族から死者が出た旨を神様や先祖に対して伝えることを帰幽奉告と言います。

③枕直しの儀
頭を北向き、または部屋に向かって右側(上位の場所)の向きになるようにして、故人を安置します。

④葬儀社との打ち合わせ
神社の確認、日程、会場、祭壇や棺などの葬祭用品、供物、料理、返礼品などについて葬儀社と打ち合わせを行います。

⑤納棺の儀
棺は側面に紙垂を下げた注連縄(しめなわ)が巻かれたものを使用することが特徴です。仏教でいう湯灌にあたる沐浴(もくよく)を行ってから故人を棺に納めます。

納棺の際、神道では神様になるための姿として、男性は白丁(はくちょう)、烏帽子(えぼし)、笏(しゃく)、女性は白い小袿(こうちき)、扇が死装束として用意されます。

通夜祭(神葬祭1日目)

通夜祭のことを前夜祭や遷霊祭(せんれいさい)と呼ぶ場合もあります。

①神職参進
神社の神職や雅楽の奏者の方々が会場に入られます。

②修祓(しゅばつ)の儀
会場、神具、神職や奏者、参列者を浄めるためのお祓いが行われます。

③斎主一拝
参列者も起立し、斎主(神職の中で通夜祭進行の中心となる方)に倣って一礼します。

④遷霊(せんれい)の儀
遷霊の儀は「御霊移し(みたまうつし)」と呼ばれることもあり、霊璽(れいじ)という位牌のようなものに故人の霊を招き入れる儀式です。

⑤献饌(けんせん)の儀
お供え物を神様に献上します。このお供え物のことを「神饌(しんせん)」と言います。

⑥玉串奉奠(たまぐしほうてん)
遺族、親族、一般参列者が順次行います。

⑦撤饌の儀
献饌の儀で献上したお供え物を下げる儀式です。実際に下げるのではなく、酒や水の器に蓋をする所作だけ行われることが一般的です。

⑧斎主一拝
参列者も起立し、斎主に倣って一礼します。

⑨神職退下、閉式
神社の神職や雅楽の奏者の方々が退席し、閉式となります。

葬場祭(神葬祭2日目)

①神職参進
神社の神職や雅楽の奏者の方々が会場に入られます。

②修祓の儀
会場、神具、神職や奏者、参列者を浄めるためのお祓いが行われます。

③斎主一拝
参列者も起立し、斎主に倣って一礼します。

④献饌の儀
お供え物を神様に献上します。

⑤祭詞奉上
斎主が故人の経歴や人柄を述べて、その安らかな死を祈ります。また遺族や子孫を守ってくださるよう故人に願います。

⑥玉串奉奠
遺族、親族、一般参列者が順次行います。

⑦撤饌の儀
献饌の儀で献上したお供え物を下げる儀式です。

⑧斎主一拝
参列者も起立し、斎主に倣って一礼します。

⑨神職退下
神社の神職や雅楽の奏者の方々が退席します。

⑩弔電奉読
葬儀社スタッフにより弔電の紹介、代読が行われます。

⑪お花入れの儀
柩の蓋が開けられ、遺族と親族を中心に花を柩の中へと納めつつ、故人との最後のお別れを行います。

⑫喪主挨拶
会葬御礼の挨拶です。喪主ではなく遺族親族の代表者が挨拶を行う場合もあります。

⑬出棺
霊柩車に柩を乗せて火葬場へと出発します。出棺祭として修祓や祭詞奏上を行うケースもあります。

⑭火葬祭
火葬を行う前に修祓や玉串奉奠が行われます。

⑮埋葬祭
お墓の準備が出来ている場合には火葬当日に納骨を行うケースもあります。 ⑯帰家祭 葬儀が無事に終わった旨を神様や先祖に報告する儀式です。

⑰直会の儀(なおらいのぎ)
帰家祭が終わったあと、参列者への労いや感謝の気持ちを込めて、直会という飲食の席が設けられます。 上記一連の流れのあとには、後日、仏式の法要にあたる「霊祭」が順次行われます。

神道の葬儀のマナー

神道の葬儀に関する主なマナーも確認しておきましょう。

  • 数珠は使用しない

数珠は仏教で使用するものであり、神道の葬儀に持参する必要はありません。

  • 一般的な喪服を着用

神道の葬儀でも参列する場合には喪服を着用することがマナーです。

  • 不祝儀袋の表書き

神道の場合、不祝儀袋の表書きは「御榊料(おさかきりょう」、「御玉串料」、「御神前(ごしんぜん)」などが用いられます。仏式葬儀でよく使われる「御霊前」は神道でも使えます。

また不祝儀袋は、蓮や十字架など他宗教を想像させる絵柄が入っているものは避けます。

  • 冥福や成仏や供養という言葉は使わない

神道では「御霊のご平安をお祈りいたします。」という声かけをします。特に弔電を送る際は気を付けたいところです。

神道の葬儀を開く際に掛かる予算

神道の葬儀にかかる予算は、規模や会場の広さ、祭壇のグレードなどによって大きく変動します。そのため葬儀社に家庭の状況や希望を伝えて、必要な予算について個々に確認を行うことをおすすめいたします。

確認すべき予算内訳としては主に次の項目です。

  • 施設費用(親族控え室なども考慮)
  • 祭壇、お棺、骨壷などのグレード別費用
  • ご遺体の保管、搬送、火葬費用
  • 返礼品や飲食費用など
  • 神職に払う御祭祀料、雅楽奏者への御礼など

また、良い葬儀を行うためには予算のことだけでなく、神道の葬儀について実績・経験が豊富で、神道式葬具が揃っている葬儀社を選択することも重要なポイントです。

最後に

今回は、神道で行う葬儀の流れやマナーについて解説してまいりました。

神道の葬儀は、仏教やキリスト教とは異なる儀式や作法が多く存在することもお解りいただけたと思います。

神道を信仰されていた故人に対してはもちろんのこと、参列してくださる方々に対しても失礼のないよう葬儀を行うためには、流れやマナーについて知っておくことも大事です。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応