葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. キリスト教
  4. キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介します

キリスト教

キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介します

キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介します

宗教の信者数は、神道系が8470万人(46.5%)仏教系が8770万人(48.1%)キリスト教系が191万人(1.1%)となっています(文化庁『宗教年鑑』平成29年版)。

日本ではキリスト教を信仰している人は相対的には少なく、キリスト教のお葬式も全体の1%程度だと言われています。そのため、いざキリスト教で葬儀を行う立場になったり、参列することになった場合、分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、キリスト教で行う葬儀の流れやマナーについて解説してまいります。

キリスト教の葬儀の特徴とは

キリスト教の葬儀は、仏教や神道の葬儀と比べると異なる点が多くあります。まずは、キリスト教の葬儀について主な特徴をお伝えいたします。

カトリックとプロテスタントでの違いがはっきり

キリスト教はイエスを救世主(=キリスト)とする世界三大宗教のひとつです。キリスト教と言いましても、実は多くの分派(教派)があり、そのなかでもカトリックとプロテスタントが主要な二大勢力となっています。

今回は、キリスト教のカトリックとプロテスタントについて葬儀での主な違いをいくつか挙げていきます。

カトリックとプロテスタントで葬儀の流れも様々な呼び名も異なる

詳細は後述いたしますが、カトリックとプロテスタントでは異なる点がいくつかあります。たとえば聖職者(寺院で言えば住職にあたる方)のことを、カトリックでは「神父」、プロテスタントでは「牧師」と呼びます。

聖歌、賛美歌などを歌い、祈りを捧げる

キリスト教の葬儀は、故人に対してではなく、聖歌(カトリック)や讃美歌(プロテスタント)、祈祷、献花などを通じて神に対して祈りを捧げることが中心に行われます。

カトリックにおける葬儀の意味

伝統や儀式を重んじるカトリックの葬儀では、故人を神に委ね、キリストの再臨と死者の復活を、伝統的な儀式の中で願い、祈ります。

プロテスタントにおける葬儀の意味

聖書を重んじるプロテスタントでは故人は神のもとで安らかになるものとし、神への感謝と遺族への慰めの儀式という考え方に基づいて葬儀が行われます。

キリスト教の葬儀の流れ

ここではキリスト教の葬儀の流れについてお伝えいたします。なお、キリスト教ではもともと通夜という考え方がありませんが、日本では慣習に倣って、通夜を行う場合が一般的となっています。

ただし、もともと無かった通夜ということもあり、通夜の内容は地域や教会によって違いがあるようです。 また、葬儀を行う場所については、カトリックは教会で行われることが一般的であるのに対して、プロテスタントは教会の他、葬祭ホールや自宅で行われるなど多様性が見られます。

キリスト教(カトリック)の葬儀の流れ

最初にカトリックの葬儀について、「亡くなってから追悼ミサまでの大まかな流れ」と、その中でも「葬儀~告別式の流れ」とに分けて紹介いたします。

亡くなってから追悼ミサまでの大まかな流れ

①逝去から搬送
医師による死亡診断を受け、葬儀社の遺体搬送車両で自宅など指定場所に搬送します。 カトリックの儀式として、危篤の信者に聖油を塗り(病者の塗油)、息を引き取るとパンとワインを与えることもあります(聖体拝領)。パンはイエスの肉体、ワインはイエスの血を意味します。そして神父が臨終の祈りを唱えます。

②安置
自宅や葬儀社の霊安室に故人を安置します。安置後、教会や遺族の意向により、枕元に十字架、聖書、パンとワインを用意する場合もあります。なお、死亡後24時間以内は法律上火葬することはできません。

③打ち合わせ
日程、教会の確認、会場、祭壇や棺などの葬祭用品、返礼品、料理、受付の設置などに付いて葬儀社と打ち合わせを行います。

④納棺式
神父が祈りを捧げ、故人を棺に納めて生花を添えます。一部の地域や教会では通夜の後に納棺を行う場合もあります。

⑤出棺式 
自宅などの安置場所から、通夜や葬儀を行う会場へと出発、移動します。

⑥通夜の集い
通夜では聖書の朗読、神父の説教、聖歌、祈祷、献花が行われます。

⑦葬儀
主に入堂式と葬儀ミサで構成されます。

⑧告別式
葬儀に続いて行なわれ、故人とのお別れを行う時間となります。

⑨出棺

⑩火葬
火葬場で火葬を行い、遺骨を骨壺に納めます。

⑪納骨
火葬当日に納骨を行うケースもありますが、お墓の準備が出来次第もしくは1年めの命日に行われることが一般的です。

⑫追悼ミサ
仏式の法要にあたるもので、亡くなった日から3日目、7日目、1ヶ月目に行われます。3日目、7日目の追悼ミサは省略されることが多いようです。

【葬儀~告別式の流れ】

カトリックの葬儀は主に入堂式及び葬儀ミサから成る葬儀部分と、告別式部分とに分かれることが特徴のひとつです。

「葬儀」
①入堂式
入堂聖歌が流れる中、神父が教会に入ります。神父が柩に聖水を注ぎ、祭壇と柩に献香を行います。

②開式の辞

③葬儀ミサ
言葉の典礼と感謝の典礼が行われます。言葉の典礼では、神父による聖書の朗読、説教が行われ、最後に神父、参列者全員で祈りを捧げます。感謝の典礼では、遺族がパンとぶどう酒を祭壇に捧げることから始まります。

次に、捧げられたパンとぶどう酒がキリストの体と血に見立てられ、神父が信者(洗礼を受けている信者)にパンを分け与える聖体拝領(せいたいはいりょう)という儀式が行われます。

聖体拝領は、キリストと一体となり、またキリストと同じように死からの復活を願うものとして重要な儀式です。言葉の典礼と感謝の典礼の後、最後に聖歌の合唱、祈りが行われます。

「告別式」
①入堂聖歌  
葬儀の入堂式と同様です。

②聖歌斉唱

③弔辞、弔電紹介

④献花
神父、教会関係者、遺族親族、一般参列者が献花を行います。柩の蓋が空けられて、棺の中へ献花をする場合と、祭壇に設けられた台に献花をする場合とがあります。

⑤遺族あいさつ
故人との最後のお別れを行い、柩の蓋が閉じられたあとに遺族親族の代表者による会葬御礼の挨拶が行われます。

⑥出棺

キリスト教(プロテスタント)の葬儀の流れ

次にプロテスタントの葬儀について、「亡くなってから記念式までのおおまかな流れ」と、「葬儀・告別式の流れ」とに分けて紹介いたします。

亡くなってから記念式までのおおまかな流れ

①逝去から搬送
医師による死亡診断を受け、葬儀社の遺体搬送車両で自宅など指定場所に搬送します。 信者が危篤となると、牧師を招き、パンとワインを与える「聖餐式」を行うこともあります。

②安置
自宅や葬儀社の霊安室に故人を安置します。安置後、枕元に十字架、聖書を用意する場合もあります。

③打ち合わせ
日程、教会の確認、会場、祭壇や棺などの葬祭用品、返礼品、料理、受付の設置などに付いて葬儀社と打ち合わせを行います。

④納棺式
牧師が祈りを捧げ、故人を棺に納めて生花を添えます。

⑤前夜式 
前夜式はカトリックの通夜の集いにあたります。納棺式を前夜式中や式後に行う場合もあります。聖書の朗読、牧師の説教、讃美歌、祈祷、献花が行われます

⑥葬儀・告別式

⑦出棺

⑧火葬

⑨納骨

⑩記念式
記念式は仏式の法要、カトリックの追悼ミサにあたります。亡くなってから1ヶ月後に行われる記念式は昇天記念日とも呼ばれます。

葬儀・告別式の流れ

カトリックでは葬儀と告別式を分けて考えられていますが、プロテスタントでは特に分けることなく一連の儀式として行われます。

①入場
オルガン演奏の中、牧師、棺、喪主、遺族の順で入場します。参列者は起立して迎えます。

②聖書朗読、祈祷

③牧師による説教

④弔辞、弔電紹介

⑤祈祷、オルガン奏楽

⑥告別の祈り、献花
牧師、喪主、遺族、親族、一般会葬者の順で献花が行われます。

⑦遺族あいさつ
故人との最後のお別れを行い、柩の蓋が閉じられたあとに遺族親族の代表者による会葬御礼の挨拶が行われます。献花の前に挨拶が行われる場合もあります。

⑧出棺

なお、プロテスタントはカトリックと比べると形式に拘らない傾向があることと、細かい教派に分かれていることもあり、教会ごとに葬儀の流れや考え方が違う場合が多くあります。 そのため、実際にプロテスタントで葬儀を行う際には、葬儀の流れなどについて教会に詳細を確認しましょう。

キリスト教の葬儀のマナー

キリスト教では仏教や神道で行われる葬儀とは違うマナーもあります。ここでは、キリスト教で行われる葬儀の主なマナーについて説明します。

不祝儀袋について

キリスト教でも葬儀に参列するときには、お金を包んで持参します。仏式では「御香典」や「御霊前」という表書きですが、キリスト教では「御花料」「感謝」といった表書きが使われます。

不祝儀袋の表に自分の名前をフルネームで書くことは、仏式や神式と同様です。また、不祝儀袋はユリの花や十字架が描かれたもの、もしくは白無地の封筒を使用します。

蓮の花が描かれた不祝儀袋は仏式葬儀を連想させますので使わないよう注意しましょう。

献花について

キリスト教の葬儀では一般的に献花が行われます。 仏式葬儀の焼香、神式葬儀の玉串奉奠にあたるものが献花となります。

献花の行い方

  1. 教会職員または葬儀社スタッフから花を両手で受け取ります。
  2. 左手側に茎の根元、右手側に花びらという向きで花を両手で持ち献花台に進みます。献花台の前で一礼をします(神に対する礼です)。
  3. 茎の根元を祭壇に向けて花を捧げます(台に置きます)。
  4. 一礼をして自席に戻ります。

教会によっては献花台ではなく、柩の中に花を納める場合もあります。実際の葬儀で献花を行う際には教会や葬儀社の案内に従ってください。

キリスト教の葬儀を開く際に掛かる予算

仏式や神式と比べると、キリスト教の葬儀は低予算で済む傾向にはありますが、葬儀の規模や地域などによって必要な予算は大きく変わります。

そのため、葬儀を依頼する葬儀社に個々の状況や希望を伝えたうえで、葬儀に必要な予算について確認を行っていただくことが良いでしょう。

必要な予算を葬儀社に確認するときには、主に下記の項目別に把握することをおすすめいたします。

  • 式場利用費用(親族控え室なども考慮)
  • 祭壇、お棺、骨壷などの物品費用
  • ご遺体の保管、搬送、火葬費用
  • 返礼品や飲食費用など
  • 教会への献金・オルガン奏者などへの謝礼

後々のトラブル防止のためにも、追加される可能性がある項目については特に確認を行っておく必要があります。

最後に

今回は、キリスト教で行う葬儀の流れやマナーについて解説してまいりました。 キリスト教の中で2大教派であるカトリックとプロテスタントの葬儀における違いもお解りいただけたと思います。葬儀の流れやマナーを理解して、参列者など関係者に失礼の無いようにしましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応