葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 黄檗宗
  4. 黄檗宗の概要や葬儀の流れ・マナーを解説

黄檗宗

黄檗宗の概要や葬儀の流れ・マナーを解説

黄檗宗の概要や葬儀の流れ・マナーを解説

黄檗宗(おうばくしゅう)は、臨済宗や曹洞宗と並んで日本の三禅宗とも言われる宗派です。あまり聞き慣れない宗派であることから、黄檗宗の葬儀に参列したことがあるという方はあまりいないでしょう。

そこで今回は、仏教宗派の一つである「黄檗宗」について、その概要や葬儀の特徴、他の宗派とは異なる葬儀儀礼などについて紹介します。

黄檗宗とは

黄檗宗とは、臨済宗や曹洞宗と並ぶ日本の三大禅宗の一つで、京都府宇治市にある黄檗山萬福寺が総本山です(1661年に後水尾法皇と将軍徳川家綱の庇護のもと、宇治に9万坪の土地が与えられたことをきっかけ)。宗派名は中国の黄檗山万福寺の山名に由来しています。黄檗宗は、江戸時代になってから伝来した新しい宗派で、江戸時代に中国から日本に招かれた隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師によって開かれており、中国式の考え方が強く、座禅に重きを置いているというのが大きな特徴です。

隠元禅師は、臨済宗を代表する費隠通容禅師(ひいんつうよう)の法を受け継いだ高僧です。1592年に中国の福建省で生まれ、母が亡くなったことをきっかけに29歳で出家し、そこから深く修行に励み、日本に来るまでは黄檗山萬福寺で多くの弟子を育成しました。1654年に63歳で20人の弟子を伴って来日し、徳川幕府等の庇護のもとに数多くの崇敬を受け、京都の宇治に黄檗山萬福寺を創建。「弘戒法儀(ぐかいほうぎ)」や「黄檗清規(おうばくしんぎ)」を著し、日本の禅宗に大きな功績を残しました。

また隠元禅師は、文化、芸術、建築、医療など幅広い分野で功績を挙げ、普茶料理(ふちゃりょうり)、インゲン豆、レンコン、孟宗竹(もうそうちく:タケノコが美味しい)などを日本に伝へ、日本文化への貢献度の大きさから、皇室から国師号や大師号を宣下されたとも言い伝えられています。黄檗宗は臨済宗よりも400年以上も遅く日本へ渡りましたが、「経典」を読むことより「看話禅」や「座禅」を重視します。また黄檗宗は日本の宗教とはかなり異なる背景を持っているのが特徴でもあります。

黄檗宗の葬儀

黄檗宗の葬儀の特徴

黄檗宗の葬儀の特徴としては、日本式と言うよりも、中国式の作法を取り入れた方法で行われます。

中国禅の影響が残る葬式

黄檗宗は、江戸時代に広まった宗派として知られています。もともとは中国の僧侶である隠元禅師が開祖となり、広められました。

黄檗宗の起源は臨済宗であるため、「臨済正宗黄檗宗派」と呼ばれていましたが、明治時代に独立したことがきっかけで「黄檗宗」となりました。

この黄檗宗は、臨済宗や曹洞宗と並び、「日本三禅宗」として知られています。黄檗宗は禅宗であるため、修行を行う際、「読経」よりも「座禅」が行われ、それによって自身を見つめ、悟りを開くという考えがあります。

黄檗宗自体は、まだ歴史が浅く新しい宗派だということで、黄檗宗の葬儀が行われる際は、中国禅の作法や礼儀の名残があるのが特徴です。

実際、日本における黄檗宗のお寺は、外観や建築様式を見ても、日本式と言うよりは、どちらかと言うと中国式であるということが一目で分かります。

読経

黄檗宗で唱えるお経は、「般若心経(はんにゃしんぎょう)」を基本としています。明らかに他の宗派と大きく異なる点としては、読経の際に「日本語」を使用するのではなく「唐音(とうおん)」と呼ばれる中国式の読み方で唱えられることです。

日本語で唱えられるお経は、「まかはんにゃはらみたしんぎょう…」と読まれ、私たちの耳にも明らかに日本語であることが分かります。

しかし黄檗宗では、「ポゼポロミトシンキン…」と読まれ、私たちの耳には何を言っているのかよく分からないということになるのです。

また、黄檗宗のお経は「梵唄(ボンバイ)」という節に従って唱えられ、音楽的な要素を持ち併せている独特なお経に聞こえます。日本人にはあまりなじみがないため、初めて黄檗宗のお経を聞く方は、戸惑うかもしれません。

しかし、実際の内容については、他の宗派と大きく異なる点はありません、読経のみが独特な雰囲気と言えます。

精進料理

黄檗宗には葬儀後の会食にも特徴があります。「普茶料理」と呼ばれる中国式の精進料理が振舞われます。普茶料理は、色合いも鮮やかで豪華な見た目が特徴です。また、一人ひとり個別に配膳される日本の精進料理とは異なり、大皿に盛られた料理を全員で取り分けながら食べるという中国式のマナーでいただきます。

黄檗宗の葬儀のマナー

ここからは、黄檗宗の葬儀における基本マナーを紹介します。

服装のマナー

黄檗宗の葬儀は、中国式作法を取り入れた葬儀となるのが一般的です。冒頭でも説明している通り、お経が日本とは異なり、聞こえもリズムも異なるため、初めて聞く方はとても驚く方が多いようです。

しかし、その他の服装などのマナーに関しては、日本で一般的に行われる葬儀と同じです。遺族は正式喪服、略式喪服を着用し、喪服の色は黒のスーツや暗めの色の服を着用し、弔意を表す服装で参列してください。

特に、装飾品として、男性の場合はネクタイや時計、女性の場合はネイルなどは避けるようにしましょう。パールのピアスや1連ネックレス、結婚指輪といったアクセサリーは着用しても構いませんが、パールだとしても2連ネックレスなどは不幸が重なるという意味につながるため避けましょう。

焼香

葬儀の際に多くの方が戸惑うのが、焼香の手順ではないでしょうか。これも宗派によってその回数や方法が異なります。黄檗宗での焼香の作法について紹介します。

焼香の本来の考え方としては、葬儀や法要の際は故人を偲ぶことが最も大切なことであるため、細かい作法はそこまで気にする必要がないと言われています。

しかし、故人を思う気持ちと正しい作法がなされている方がより哀悼の意を示すことができるため、その宗派に合った焼香の作法を身に付けておくとよいでしょう。

ここからは、黄檗宗の焼香マナーについて解説します。

黄檗宗の焼香マナーについては、他の宗派とほぼ変わりありません。しかし、葬儀へ出席する前に再度黄檗宗の焼香マナーについて確認しておくと安心です。

黄檗宗の焼香を行う際は、祭壇へ進み、遺族と遺影に対して一礼を行います。そして、抹香は人差し指と中指、親指の3指でつまんだら、額へ押しいただき、これを3回行います

3回目の焼香が終わったら、両手を合わせて合掌し、故人の冥福を祈ってください。その後、自身の席へ戻る際に遺族に対して一礼をしましょう。これが黄檗宗の焼香マナーとなります。

数珠

葬儀へ参列する際に必ず持参するものとして「数珠」があります。数珠にはあらゆる種類やタイプがあり、信仰する宗派によってその造りや数珠玉の配置が異なります。

葬儀や法要の場において、宗派が異なる数珠を使用するのは、マナー違反となるため注意が必要です。

どんな宗派であれ共通して使用することができるような略式念珠もありますが、遺族や親族が葬儀へ参列する際は、その宗派に合わせた数珠を準備しておくことが望ましいと言えます。

黄檗宗で使用する数珠は、108粒の玉と2個の親玉、10個ごとの記子が付いた看経念珠が正式なものとされています。葬儀の間は常に手に持っておくことがマナーとなります。

通常、席に座って読経を聞いている間、数珠は左手首にかけておきます。合掌の際に房を下にして、両手に数珠を挟み、手を合わせてください。

左手に数珠を持つのは、仏の清浄な世界があり、右手には現世があるからという考えからこのような形式をとるようになりました。数珠の持ち方の意味まで理解している方は少ないのではないでしょうか。この機会に改めて数珠の意味や葬儀についてマナー違反とならないよう、事前に知識として持っておくとよいでしょう。

関連記事

お葬式に参列する際のマナーとは?服装や香典に数珠などの基本も紹介

お葬式に参列する際のマナーとは?服装や香典に数珠などの基本も紹介

お葬式には、さまざまなマナーが存在します。亡き人を偲び、遺された家族と悲しみを分かち合うという同じ目的のために、たくさんの人々が式場に集います。だからこそ、そこでは個性の表現を慎み、周りの人と同...

続きを読む

黄檗宗の葬儀の流れ

黄檗宗葬儀の式次第

黄檗宗の葬儀の流れを順を追って解説します。基本的には、禅宗の作法に沿って行われます。

実際に黄檗宗の葬儀を行う際、参列する方も喪主となる方も、事前に葬儀の流れについて把握し、確認しておくことが大切です。

  1. 入堂
    導師(僧)が祭壇へと向かいます。故人の「授戒(じゅかい)」を行い、故人を仏の世界に導くために「引導」を渡すことを伝えます。
  2. 剃髪
    実際には剃髪はしませんが、故人の髪の毛に剃刀を当て、僧侶の出家儀式と同じように剃髪の動作をします。
  3. 懺悔文
    「授戒の儀式」として、故人が生前に犯した小罪を反省するとともに、懺悔して入滅を願います。
  4. 三帰戒文(さんきかい
    仏の教えを受け入れることで、修行者となることを誓います。
  5. 三聚浄戒(さんじゅじょうかい)
    仏の戒めを守り、不殺生を授け、導師が法性水を棺などに注ぎ、浄めの儀式である酒水灌頂(しゅすいかんじょう)を行います。
  6. 血脈授与(けちみゃくじゅよ)
    お釈迦様から故人を結び、仏の弟子となったことを証明し、血脈を霊前に安置します。
  7. 入龕諷経(にゅうがんふぎん)
    大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)の読経と回向文(えこうもん)を読み、焼香を行います。
  8. 龕前念誦(がんぜんねんじゅ)
    読経の後、十仏名(じゅうぶつみょう)を唱え、さらに読経を行った後、回向文を読み上げます。
  9. 起龕諷経(きがんねんじゅ)
    大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)を唱え、太鼓や鐃鈸による鼓鈸三(くはつさんつう)を行います。
  10. 山頭念誦(さんとうねんじゅ)
    故人は仏へと弟子入りし、無事に仏世界へ成仏することを祈願します。ここで遺族による焼香を行い、葬儀参列者は回向文の後に順番に焼香を行います。
  11. 引導法語(いんどうほうご)
    導師が仏具で円を描き、故人を仏世界に送り、導いた後、払子(ほっす)に持ち替えて、引導法語を唱えます。

黄檗宗の読経には、ボンバイという節回しを行うだけではなく、読経が唐音による中国的な読み方をするため、日本国での葬儀と異なる読経を耳にすることになります。

また、葬儀・法要では、楽器のような仏具を鳴らして行うため、葬儀でありながらとても賑やかだと感じるでしょう。

このように、同じ仏教である黄檗宗ですが、日本で信仰される他の宗派とは異なる点がいくつかあることを理解しておきましょう。

あまり黄檗宗についての知識がないまま葬儀へ参列すると、あまりの違いに驚き戸惑ってしまうことも少なくありません。日本の葬儀と同じものだとは考えないようにしましょう。

以上が黄檗宗の葬儀の流れとなります。黄檗宗の葬儀方法は他の宗派と異なります。基本方針は同じですが、葬儀前にしっかりと確認しておいてください。

黄檗宗のお供え

ここでは、黄檗宗のお供えについて詳しく説明します。

五供

仏教のお供物には、五つの基本となる「五供(ごくう)」があります。ここからはその五つを解説します。

お香

仏事の際に使用する線香や抹香は、仏壇へ礼拝を行う時に焚くことになります。これを行うことで、周囲の人の心身も清められると言われています。

お香の香りがあらゆる場所まで行き渡ることが、全てを平等にするという仏様の心を表すと言われているのです。そのため、お香は必ず行いましょう。通常は線香が一般的に多く使用されています。

仏壇や墓には花を供えます。新鮮な生花をささげるのは、花のような美しい心を持ってほしいという仏様の教えだと言われているためです。

一般的には仏壇や墓にお供えする花は花屋で生花を購入することになりますが、実際には故人が生前好きだった花をお供えしてください。

この時、派手過ぎる色合いの花や、バラのように棘のある花、香りがきつい花、また、枯れないからと造花をお供えするのは避けましょう。

花はいつか枯れてしまうという人間の生涯を表していると言われているため、お供えする際は生花をお勧めします。

灯明(とうみょう)

灯明は、一般的に使用されるものとしてロウソクがあります。このロウソクには、仏壇を照らすという意味以外にも、供養する人の心を引き締め、仏様の教えを信じ守る気持ちを強くする働きがあります。

また、灯明の明かりで拝む人の心を明るく照らし、抱える不安や心の闇を取り除いてくれるとも言われています。

通常、仏壇や墓には、お水やお茶をお供えします。これは仏教において仏様のような清らかな心でありたいと願う「浄水」と言われています。

飲食

「香飯(こうはん)」は、仏前に供える「ご飯」です。私たちが普段から食べているものと同じものを供えてください。朝夕1日2回、炊きたてのご飯を先に仏様にお供えするようにしましょう。

その他、故人が生前好きだった食べ物や季節の果物、お正月のおせち、お盆やお彼岸など、あらゆる日に心を込めた料理をお供えしてください。お供えした飲食は、仏壇に置いたままにせず、お供えをし合掌した後は、下げていただきます

五つのお供えものについて紹介しましたが、それぞれに意味を持ちます。その意味を理解し、仏様へ感謝の気持ちを持ってお供えをしましょう。

黄檗宗の葬儀の香典

黄檗宗の葬儀の香典

ここからは、黄檗宗の葬儀に準備する香典について解説します。

禅宗での香典袋の書き方

香典袋を準備する際、表書きの書き方に悩む方も少なくありません。これは、信仰する宗教や宗派によって異なるためです。

一般的に「御霊前」と記載しておくとどの宗教でも問題ないという考えがありますが、実際のところ「御霊前」が不適切であると考える宗派もあるため、どの葬儀へ参列する場合でも、その宗派に合った香典袋の書き方を知って、正しく香典を準備するようにしましょう。

とは言え、弔問の際、喪家が信仰されている宗教や宗派を確認して葬儀へ参列するというのもなかなか難しいことです。その場合は自身が信仰している宗教や宗派で表書きをするとよいでしょう。

香典袋の書き方は、多くの仏式の場合、四十九日までは「御霊前」四十九日後は「御仏前」と記入しましょう。この時、宗派によって「御霊前」を使用しない宗派もあるため、注意して香典を準備するようにしましょう。

香典の相場

香典袋の表書きの準備ができても、実際に香典にいくら包むべきか悩む方も多いでしょう。

本来、日本の葬儀における香典の考え方は、故人との関係性や弔問に訪れる方の年齢、故人に対する思い入れによってその金額が異なると考えられています。そのため、香典に包むべき金額にも相場はありません。

ただし、一般的だと言われている金額を以下に紹介します。どうしても香典の金額に悩まれる場合は参考にしてください。

関係性

金額

家族

5万円〜10万円

親族

1万円~3万円

ご近隣関係

3000円~5000円 

一般の会葬者 

5000円~1万円

関係者

1万円~3万円

黄檗宗の葬儀の弔電

黄檗宗(禅宗)の葬儀の弔電

事情があって葬儀に参列できないという場合は、弔電を送りましょう。弔電を送る際の構成や送り方など、以下に解説します。参考にしてください。

弔電の構成

突然の訃報を受け、すぐに葬儀へ参列できればよいですが、そのような状況ではないことも多々あります。その場合は、弔電を送り、遺族に対し弔意を伝えましょう。

遺族に対してお悔やみの言葉を送ることになりますが、その際「重ね重ね」など、繰り返されるような言葉を送ることは慎むべきです。むしろ、控えることが弔辞のマナーとされているため、改めて注意してください。

また、仏事においては、「冥福」「成仏」という言葉がキリスト教を含めた他の宗派においてもふさわしい表現ではないとされています。弔電を送る際に適切な文面が分からない場合などは、電報サービス業者の文例を使用し、作成しましょう。

手書き文書以外にも、ネット注文など、あらゆる選択肢があります。弔電は喪主宛てに送ることになりますので、相手方の名前を間違えることのないように注意しましょう。

弔電の送り方

弔電を送る際は、葬儀の日時や場所、喪主の方の名前、そして宗教・宗派の確認を行いましょう。弔電を送る場合、葬儀を行う場所が自宅であれば自宅宛てに、また、斎場であれば斎場名を記載し、そちらへ送るようにします。

この際には、受取人となる喪主の名前を必ず記載してください。もし、訃報を関節的に聞いている場合などで、喪主の名前が把握できない場合は、故人のフルネームを記載し、「ご遺族様」として送るとよいようです。

そして、送り主の名前も忘れずに記載します。弔電を送るタイミングは、通夜、葬儀、告別式となるため、そこに間に合うようにきちんと手配しましょう。

電話を使用して弔電を打つ場合は、固定電話や携帯電話から「局番なしの115」へダイヤルし、弔電を希望する旨を伝えましょう。電話口のオペレーターに伝えたら、台紙のデザインや文面など、いくつかの質問に答えると弔電が完了します。

選択した台紙や文字数によって料金が異なるため、相談しながら進めるとよいでしょう。

弔電を送る際の留意点

弔文を書く際の注意点を紹介します。

1.故人の呼び名

故人の呼び名については、敬称はあまり使用しません。しかし、不幸のあった遺族に対して送るものなので、以下の項目を確認しておきましょう。代表的な敬称となります。

受取人の実父

ご尊父様、御尊父様

受取人の実母

ご母堂様、御母堂様

受取人の義理の父 

ご岳父様

受取人の義理の母

ご岳母様

受取人の妻

ご令室様

受取人の夫

ご主人様

受取人の令嬢

お嬢様

受取人の子息

ご子息

受取人の兄弟

ご令兄様、ご令弟様 

受取人の姉妹

ご令姉様、ご令妹様


2.繰り返される言葉を使用しないこと

2度繰り返される言葉は使用してはいけません。例えば、「重ね重ね」「たびたび」などが該当します。音がよくない言葉として「四」「九」があります。

また、信仰されている宗教や宗派が仏教以外の方に送る場合は、「仏」「冥福」「成仏」「ご愁傷様」「供養」「往生」「冥途」などの仏教用語は避けてください。

3. 内容

故人の個人的な内容を弔電で送るのは控えましょう。あなたの一言が後に思わぬトラブルを発生する可能性もあるため、「一般的」な文書に留めることが賢明です。

関連記事

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

何らかの理由で葬儀に参列できない場合、お悔やみ電報(弔電)で弔意を伝えることができます。 実際にお悔やみ電報を送る際に、どこに申し込めばいいのか、どのような文を用意すればいいのかなど、詳し...

続きを読む

まとめ

仏教宗派の一つである「黄檗宗」について、その概要や葬儀の特徴、他の宗派とは異なる葬儀儀礼などについて紹介しましたが、いかがでしたか?

信仰される宗教や宗派によって、葬儀や法要で異なる点があります。特に、黄檗宗は法要の方法が他の宗派とは異なるため、初めて聞く方にとって戸惑いが生じやすいと言われています。

そのようなことにならないようこの記事を参考に、事前に黄檗宗の葬儀について確認しておいてください。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 臨済宗の葬儀 作法から費用まで解説

    臨済宗の葬儀 作法から費用まで解説

    近親者が亡くなったとき、遺族は悲しみをこらえながらも、葬儀の準備をしなければなりません。 葬儀に参列した経験はあっても、初めて葬儀を執り行う立場になると、知らないことばかりで戸惑う方も多い...

    臨済宗

  • 華厳宗の葬儀の方法とは?作法や費用相場についても解説

    華厳宗の葬儀の方法とは?作法や費用相場についても解説

    親しい方が亡くなって、その方が華厳宗(けごんしゅう)を信仰していたら、葬儀は「華厳宗の葬儀式を行うもの」と考えてしまいますよね。 ところが華厳宗は密教であり、学問的な要素が高いため、葬儀な...

    華厳宗

  • キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介

    キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介

    宗教の信者数は、神道系が約8790万人(48.5%)仏教系が約8390万人(46.4%)キリスト教系が約191万人(1.1%)となっています(文化庁『宗教年鑑』令和3年版)。 日本ではキリ...

    キリスト教

  • 曹洞宗の葬儀の流れとは?マナーについても解説

    曹洞宗の葬儀の流れとは?マナーについても解説

    仏教はさまざまな宗派に分かれていて、曹洞宗もそのうちの一つです。歴史の授業にも出てくるように曹洞宗は日本の仏教を代表する宗派であり、曹洞宗という名前は多くの方が知っているでしょう。 数ある...

    曹洞宗

  • 神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

    神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

    神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介 神道は古代から信仰されている日本独自の宗教です。さまざまな宗教がありますが、神道で葬儀を行う方もいるでしょう。大切な方を亡くして...

    神道

  • 浄土真宗の葬儀の流れや特徴、マナーなどを分かりやすく解説

    浄土真宗の葬儀の流れや特徴、マナーなどを分かりやすく解説

    多くの宗旨・宗派がある仏教ですが、葬儀における細かな作法は異なっていても、大まかな流れはおおむね同じという場合がほとんどです。 しかしながら、浄土真宗に関していえば「成仏」についての考え方...

    浄土真宗

  • 真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーも紹介

    真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーも紹介

    世界にはいろいろな宗教にのっとったお葬式がある中で、日本では仏教式のお葬式が大多数を占めています。しかし、仏教と一言でいってもその中にはさまざまな宗旨宗派があり、それぞれの宗派で葬儀に対する考え...

    真言宗

  • 神道式の「神葬祭」の流れとは?仏式との違いも解説

    神道式の「神葬祭」の流れとは?仏式との違いも解説

    葬儀と聞いて多くの人がまず思い浮かべるのは仏式の葬儀ではないでしょうか。 実際、日本で葬儀の大半を占めるのが仏式の葬儀と言われていますので、神道形式の葬儀に参列したことがないことはごく普通...

    神道

  • カトリック式葬儀の流れを解説

    カトリック式葬儀の流れを解説

    葬儀の考え方や流れは宗教に強く結びついていて、キリスト教の葬儀は、一般的な仏教の葬儀と比べて多くの違いがあります。また、同じキリスト教でもカトリックとプロテスタントで違いがあります。 いざ...

    カトリック

  • キリスト教の葬式での準備について解説

    キリスト教の葬式での準備について解説

    皆さんは、キリスト教の葬式に参列された経験はありますか? 日本の葬式は仏教の場合がほとんどで、仏教の葬式への参列経験がある方は多いかと思います。それと比較すると、キリスト教式のお葬式が行わ...

    キリスト教

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/