葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 曹洞宗
  4. 曹洞宗の葬儀の流れとは?マナーについても解説

曹洞宗

曹洞宗の葬儀の流れとは?マナーについても解説

曹洞宗の葬儀の流れとは?マナーについても解説

仏教は様々な宗派に分かれていて、曹洞宗もそのうちのひとつです。歴史の授業にも出てくるように曹洞宗は日本の仏教を代表する宗派であり、曹洞宗という名前は多くの方が知っているでしょう。

様々な宗派がある中で、一番寺院数が多いのも曹洞宗です。有名な宗派ではありますが、曹洞宗の葬儀がどのようなものなのか?についてはご存知ない方が多いのではないでしょうか。

今回は、曹洞宗の葬儀について特徴や流れなどを紹介します。

曹洞宗とは

葬儀について触れる前に、まず曹洞宗とはどういう宗派なのか主なポイントを確認しておきましょう。

曹洞宗とは

曹洞宗は、仏教でも様々な宗派がある中で、臨済宗や黄檗(おうばく)宗と同じ禅宗(ぜんしゅう)に区分けされる宗派です。

鎌倉時代に道元(どうげん)禅師がお釈迦様の教えを中国から日本に伝え、瑩山(けいざん)禅師によって全国に広められて曹洞宗としての礎が築かれました。

他の宗派では開祖として位置づけられているのは1人ですが、曹洞宗では道元禅師を開祖、瑩山禅師を宗祖として、この2人を同格の両祖としています。

曹洞宗の教えの根幹は座禅にあり、曹洞宗の特徴は「只管打坐(しかんたざ)」という言葉でも表されます。只管打坐とは、無心でただひたすら座禅を行う修行を意味し、この修行を通じて悟りが開かれるとされています。

曹洞宗の概要は次のとおりです。

創始者 道元禅師を開祖、瑩山禅師を宗祖とする
本山 永平寺(福井県)、總持寺(神奈川県)
本尊 釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)
主とする経典

正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)、伝光録(でんこうろく)、

修証義(しゅしょうぎ)、般若心経(はんにゃしんぎょう)

この中で本尊である釈迦牟尼仏とは、仏教を開いた釈迦を、仏(仏陀=悟りを開いた人の意)として敬う際の呼び名です。

曹洞宗の葬儀の特徴

次に、曹洞宗の葬儀の特徴について紹介いたします。

曹洞宗の葬儀の特徴

「授戒」と「引導」が葬儀の中心

曹洞宗の葬儀は、大きく前半と後半とに分けられます。

前半は「授戒(じゅかい)」を中心に、仏弟子にするための儀式が続きます。仏弟子になるということは、出家して僧侶になるということです。 ここでは生きている人が出家をしてお坊さんになるときに行われる儀式と基本的に同様のことが行われます。

後半は「引導(いんどう)」を中心に、この世からあの世へと故人を送り出すための儀式が行われていきます。

鳴り物による音楽供養

葬儀の中で、引磬(いんきん)、鼓(く)、鐃鈸(にょうはち)と呼ばれる鳴り物で鼓鈸(くはつ)という儀式が行われます。引磬は印金と書くこともある手持ち式の鈴(りん)、鼓は太鼓、鐃鈸はシンバルのような仏具です。

「ちん、どん、しゃん」と順番に鳴らしていく様子は、曹洞宗の葬儀でも特徴的な場面でしょう。

葬儀式が長い場合が多い

曹洞宗の葬儀は、式中に行われる項目が多く、またそれぞれに時間がかかるため、全体として他宗派よりも式の時間が長くなる傾向が見られます。そのため寺院によって、一部省略または簡略化して式が進められることもあります。

曹洞宗の葬儀の流れ

曹洞宗以外の宗派でも同様ですが、色々な細かい儀式の積み重ねの全体を称して葬儀式となります。ここでは、曹洞宗の葬儀がどのように進行していくのか、基本的な流れを紹介いたします。

曹洞宗の葬儀の流れ

①導師入場

②剃髪(ていはつ)
仏弟子になるための準備として髪の毛を剃り落とす儀式です。実際に故人の髪の毛を剃るわけではなく、その所作を模倣した作法を行います。

③授戒(じゅかい)
授戒は懺悔(さんげ)、三帰戒(さんきかい)、三聚浄戒(さんじゅじょうかい)、十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)、血脈(けちみゃく)の儀式で構成されます。

生前犯した罪を告白し悔い改めることを誓い、仏弟子として守らねばならない教えや戒(かい)を授けられ、最後に仏弟子となった証明である血脈が授与されます。「戒」とは仏弟子として正しく在るための約束事のことです。

この授戒までが前半部分となります。

④鼓鈸(くはつ)
引磬、鼓、鐃鈸による音で、故人が仏弟子として旅経立つにあたり、その無事と幸福を祈ります。

⑤入棺諷経(にゅうかんふぎん)
故人を棺に納める儀式ですが、現在の葬儀ではこの時点で既に納棺が済んでいます。ここでは『大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)』というお経が読まれます。

⑥龕前念誦(がんぜんねんじゅ)
故人が仏弟子として歩む道が正しく美しくあるよう祈念します。

⑦挙龕念誦(こがんねんじゅ)
故人を含め、その縁ある人々すべてが成仏出来るよう祈念するものです。

⑧引導法語(いんどうほうご)
引導とは誘引開導(ゆういんかいどう)が略された言葉で、亡くなった人に限らず、人々を導いて仏の道に引き入れることをいいます。ここでは導師が故人をあの世(仏の世界)へと導く言葉を漢詩などで表し、読み上げます。

そして松明(たいまつ)を用いた作法を行います。現在、松明は模倣品が葬儀で使われていますが、もともとは火葬を行う際の点火の儀式であり、本物の松明で行っていました。

また、引導中に導師が「カーッ」や「ローッ」と大きな声を出すことがあります。これは「雲門の一字関(うんもんのいちじかん)」と言い、「唖」「喝」「露」「咄」「是」などの一文字で仏法の真理を示したものです。

引導の中で、導師は言葉やお経で表わせない教えや気持ちを、この一文字に込めて故人へ伝えています。

⑨山頭念誦(さんとうねんじゅ)
故人に対して火葬を行うことを告げ、冥福を祈念します。ここまでが後半部分となります。

⑩導師退場

⑪鼓鈸
出棺に際し、再度音を用いて旅路の無事と幸福を祈ります。

⑫出棺
霊柩車に故人を乗せ、火葬場へと向かいます。

⑬荼毘(だび)
荼毘とは、故人を火葬することです。

⑭初七日法要
火葬が終了したあと、繰り上げの初七日法要を行うことも多くあります。

曹洞宗の葬儀のマナー

葬儀を出す側としても、葬儀に参列する側としても抑えておきたいマナーがあります。 ここでは曹洞宗の葬儀に関して、主なマナーをお伝えいたします。

曹洞宗の葬儀のマナー

服装

服装については、曹洞宗であっても他の宗教宗派に参列するときと変わりありません

男性であれば、紳士服店などで喪服として販売されているブラックスーツ、白ワイシャツ、その他黒のネクタイ、靴下、革靴が基本です。

女性の場合には、黒色のアンサンブルやワンピースを着用し、黒のインナー、黒のストッキング、黒のパンプスが基本となります。 女性はアンサンブル、ワンピース、スーツのスカートスタイルとパンツスタイルと選択肢が色々ありますが、最も多く見られるのはアンサンブルです。

なお、男性も女性も、余計なアクセサリーや派手な時計は外しておくことがマナーです。

焼香

曹洞宗では、焼香の回数が2回とされています。1回目は「主香(しゅこう)」と呼ばれ、抹香をつまみ、額のところまで掲げてから、香炉にくべます。2回目は「従香(じゅうこう)」と呼ばれ、抹香をつまみ、そのまま香炉にくべます。 2回目の焼香は、すぐに炊いたお香が消えないようにということで追い炊きの意味があります。

曹洞宗の葬儀の香典やお布施

葬儀に関して香典や御布施についても多くの方が気にされているでしょう。ここでは、曹洞宗で行う葬儀の香典やお布施のマナーについて解説いたします。

曹洞宗の葬儀に参列する際の香典

香典袋の表書き

通夜、葬儀に参列するときの香典袋については、「御香典」か「御霊前」が表書きとなります。 「御香典」か「御霊前」の下部分に、自分の氏名を書きます。自分の氏名については薄墨で書くことがマナーです。

香典の相場

曹洞宗であっても、他の宗派で行われる葬儀と包む金額に違いはありません。香典で包む金額は故人や遺族との関係性や、参列者の立場や年齢によって異なります。

地域によって異なる場合がありますが、御香典として包む金額は下記が相場です。

  • 家族や親族内で不幸があり、葬儀に参列する場合:約10,000円~100,000円
  • 知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円
  • 近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円

香典の渡し方

香典袋を直接手で持って差し出すことは、マナー違反です。香典袋は袱紗に包んで持参することが望ましく、この袱紗に乗せた状態で差し出すことがマナーとなります。袱紗が無い場合には、受付にある香典盆に乗せて差し出します。

自宅などに訪問して香典を渡すケースで袱紗が無い場合には、もし併せて持参した菓子折りなどの品物があれば、その品物の上に乗せて一緒に差し出す方法も差し支えありません。

曹洞宗の葬儀を行う際のお布施

御布施で包む金額

地域性、寺院の考え方、寺院とのお付き合いの程度などによっても変わりますので、一概に言うのは難しいところです。

あくまで目安としてですが、曹洞宗の葬儀時における平均お布施額は、信士・信女という一般的な戒名をいただく場合で約30万円〜50万円と言われています。

御布施袋と表書き

御布施袋は、依頼する葬儀社が用意してくださることが一般的です。もし葬儀社で用意していただけない場合には、白無地の封用を使用しても問題ありません。

表書きには「御布施」と書き、その下部に施主の氏名または「〇〇家」というように家の名字を書きます。なお、香典袋では薄墨を使用することがマナーですが、寺院に不幸があったわけではないので御布施袋には薄墨は使用しません。

御布施を渡すタイミング

御布施を渡すタイミングについては、「葬儀後改めて寺院へ挨拶に訪問して渡すのが礼儀だ」という寺院もあれば、「通夜または葬儀のときに渡す方が良い」という寺院もあります。 葬儀を依頼するときに、御布施はどのタイミングでお渡ししたら良いか寺院に確認しておくと良いでしょう。

逆に寺院が御布施を渡されて困るのは、通夜や葬儀の開式前です。大金を持ったまま儀式は行いづらいですし、寺院控室に置いておくのも不安なためです。

最後に

今回は曹洞宗の葬儀について特徴や流れなどを紹介してまいりました。 曹洞宗の葬儀は「授戒」と「引導」が中心であることや、その他焼香や香典など参列する際のマナーなどについてお解りいただけたのではないでしょうか。

大切な故人を滞りなくお見送りをするためにも、葬儀の流れやマナーを知っておくことは大切です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応